研究者データベース

濱野 高行 (ハマノ タカユキ)

  • 医学研究科腎臓内科学分野 教授
Last Updated :2024/04/04

研究者情報

J-Global ID

研究分野

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学

研究活動情報

論文

書籍

  • 腎臓内科レジデントマニュアル 改訂第8版
    濱野高行 (担当:共著範囲:)診断と治療社 2019年02月
  • 患者さんとご家族のためのCKD療養ガイド2018
    濱野高行 (担当:共著範囲:)東京医学社 2018年12月
  • 腎臓専門医のためのCKD診療 Q&A
    濱野高行 (担当:共著範囲:)東京医学社 2018年11月
  • 骨粗鬆症診療 -骨脆弱性から店頭骨折防止の治療目標へ-Total Careの重要性
    濱野高行 (担当:共著範囲:)医薬ジャーナル社 2018年10月
  • 濱野, 高行; 藤井, 秀毅; 風間, 順一郎; 深川, 雅史 日本メディカルセンター 2018年09月 ISBN: 9784888753081 319p
  • CKD-MBD 3rd Edition
    濱野高行; 岡 樹史; 山口 慧 (担当:共著範囲:)日本メディカルセンター 2018年09月
  • エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018
    濱野高行 (担当:共著範囲:)東京医学社 2018年06月
  • CKD・透析に併発する運動器疾患 内科・整形外科による多角的アプローチ
    濱野高行 (担当:共著範囲:)医薬ジャーナル社 2018年05月
  • 腎と透析 ベッドサイド検査事典
    濱野高行 (担当:共著範囲:)東京医学社 2018年05月
  • 透析療法ネクストXXⅣ エテルカルセチド SHPT治療の次なるステージへ
    濱野高行 (担当:共著範囲:)医学図書出版 2018年05月
  • 今日の治療方針 2018年版 -私はこうして治療している
    濱野高行 (担当:共著範囲:)医学書院 2018年01月
  • こんな時どうすれば!? 透析患者の内科管理コンサルタント
    濱野高行 (担当:共著範囲:)金芳堂 2017年12月
  • 透析療法ネクストXXⅡ 高リン血症治療の新たな選択肢 -スクロオキシ水酸化鉄の果たす役割-
    濱野高行 (担当:共著範囲:)医学図書出版 2017年11月
  • リンの事典
    濱野高行 (担当:共著範囲:)朝倉書店 2017年11月
  • レジデントのための腎臓病診療マニュアル
    濱野高行 (担当:共著範囲:)医学書院 2017年11月
  • 第61回日本透析医学会開催記念「よくわかるシリーズ」透析療法必須知識
    濱野高行 (担当:共著範囲:)東京医学社 2017年06月
  • 今日の治療方針2017年 私はこう治療している
    濱野高行 (担当:共著範囲:)医学書院 2017年01月
  • 腎疾患・透析 最新の治療 2017-2019
    岡 樹史; 濱野高行 (担当:共著範囲:)南江堂 2017年01月
  • Annual Review 腎臓 2016
    松井 功 (担当:共著範囲:)中外医学社 2016年01月 ISBN: 9784498224247

MISC

  • 令和時代の腎性貧血治療
    濱野 高行 日本腎臓病薬物療法学会誌 12 (特別号) S69 -S69 2023年10月
  • GFRスロープと腎皮質容積の関係 CTからの臓器同定と検査推移
    井手 敦基; 太田 圭祐; 神代 崇一郎; 濱野 高行 日本腎臓学会誌 65 (6-E) 632 -632 2023年09月
  • シャント造影とCAG用狭窄指摘深層学習による物体検出モデルの流用
    井手 敦基; 太田 圭祐; 神代 崇一郎; 濱野 高行 日本腎臓学会誌 65 (6-E) 644 -644 2023年09月
  • CKD-MBDガイドライン改訂の方向性
    濱野 高行 日本腎臓学会誌 65 (6-W) 753 -753 2023年09月
  • Zoledronic Acidによる薬剤性Fanconi症候群の一例
    五島 隆宏; 山村 愛美; 家田 研人; 宮口 祐樹; 菅 憲広; 濱野 高行 日本腎臓学会誌 65 (6-W) 777 -777 2023年09月
  • 電解質バスターズ名市大モデルでの警告基準改変による依頼数の変化について
    小野 水面; 水野 晶紫; 村島 美穂; 友齋 達也; 春日井 貴久; 濱野 高行 日本腎臓学会誌 65 (6-W) 778 -778 2023年09月
  • 腎生検で診断しえたIgM-κ型M蛋白血症を伴ったTubulointerstitial nephritis with IgM-positive plasma cells(IgMPC-TIN)の1例
    山村 愛美; 宮口 祐樹; 家田 研人; 菅 憲広; 高橋 直生; 濱野 高行 日本腎臓学会誌 65 (6-W) 784 -784 2023年09月
  • 腎外症状を欠き,遺伝子検査で常染色体顕性Alport症候群と考えられた一例
    石川 香林; 山村 愛美; 家田 研人; 宮口 祐樹; 菅 憲広; 野津 寛大; 濱野 高行 日本腎臓学会誌 65 (6-W) 804 -804 2023年09月
  • ダルベポエチンαからエポエチンκに切替時のHb変化と鉄投与経路
    平塚 真紀; 小山 勝志; 藤川 純一; 細萱 真一郎; 濱野 高行 日本透析医学会雑誌 56 (Suppl.1) 503 -503 2023年05月
  • 視神経脊髄炎に対する血漿交換療法早期導入の有効性
    五島 隆宏; 齋藤 愛美; 家田 研人; 宮口 祐樹; 菅 憲広; 濱野 高行 日本透析医学会雑誌 56 (Suppl.1) 530 -530 2023年05月
  • PD患者におけるCa,リン,PTHとアウトカムの関連
    村島 美穂; 藤井 直彦; 後藤 俊介; 長谷川 毅; 阿部 雅紀; 花房 規男; 深川 雅史; 濱野 高行; 統計調査委員会 日本透析医学会雑誌 56 (Suppl.1) 558 -558 2023年05月
  • 低Na血症の終わらない論争 名古屋市立大学病院における電解質バスターズの取り組み
    村島 美穂; 小野 水面; 水野 晶紫; 春日井 貴久; 濱野 高行 日本腎臓学会誌 65 (3) 220 -220 2023年05月
  • 保存期CKD患者におけるアルブミン尿,蛋白尿の変化と腎予後との関連(CKD-JACII研究)
    遠山 直志; 今泉 貴広; 藤井 直彦; 長谷川 毅; 駒場 大峰; 濱野 高行; 深川 雅史 日本腎臓学会誌 65 (3) 240 -240 2023年05月
  • 高齢イルカで生じるCKDリスクにおけるリンの関与
    西山 成; 北田 研人; 山中 修一郎; 横尾 隆; 濱野 高行; ヤハン・ノウリン 日本腎臓学会誌 65 (3) 255 -255 2023年05月
  • 患者背景によりCanagliflozinの腎保護効果媒介因子・割合は異なる CREDENCE trial
    土井 洋平; 濱野 高行; 猪阪 善隆 日本腎臓学会誌 65 (3) 287 -287 2023年05月
  • CKD合併,輸血依存性,ESA抵抗性の血液疾患に対するHIF-PH阻害薬(HIF-PHI)の使用経験
    友斉 達也; 井出 敦基; 春日井 貴久; 小野 水面; 水野 晶紫; 村島 美穂; 濱野 高行 日本腎臓学会誌 65 (3) 327 -327 2023年05月
  • 慢性腎臓病患者におけるSGLT2阻害薬の投与による血清マグネシウム濃度変化の検討
    山村 愛美; 家田 研人; 宮口 祐樹; 菅 憲広; 濱野 高行 日本腎臓学会誌 65 (3) 330 -330 2023年05月
  • 免疫チェックポイント阻害剤(ICI)関連の膜性腎症(MN)が疑われた5症例の臨床学的・病理学的解析
    赤木 瞭太; 山本 伸也; 松原 雄; 前田 咲弥子; 田邊 香; 鮫島 謙一; 鶴屋 和彦; 原 重雄; 小野 水面; 濱野 高行; 柳田 素子 日本腎臓学会誌 65 (3) 339 -339 2023年05月
  • 水野晶紫; 濱野高行 月刊腎臓内科 17 (4) 2023年
  • 臨床各科 難渋症例から学ぶ診療のエッセンス(File 150) 喉頭癌を背景に進行し,化学療法を契機に悪化した電解質異常
    春日井 貴久; 濱野 高行 日本医事新報 (5132) 10 -11 2022年09月
  • 【腎疾患における臨床研究の進歩】臨床研究の実践 データベース研究におけるバイアスと対処法
    濱野 高行 腎と透析 93 (3) 311 -314 2022年09月
  • 【腎性貧血:HIF-PH阻害薬への期待と課題】CKD患者の貧血治療の変遷 鉄管理に関する考え方
    濱野 高行 腎と透析 93 (2) 164 -170 2022年08月
  • 【Onconephrology】腫瘍に着目した腎性貧血管理
    濱野 高行 日本腎臓学会誌 64 (5) 445 -449 2022年07月
  • 【腎代替療法のすべて】(第9章)透析患者の合併症 CKDに伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)
    濱野 高行 腎と透析 92 (増刊) 505 -509 2022年06月
  • 【腎代替療法のすべて】(第9章)透析患者の合併症 CKDに伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)
    濱野 高行 腎と透析 92 (増刊) 505 -509 2022年06月
  • Anti-neoplastic agents associated with abrupt decline in kidney function(和訳中)
    Murashima Miho; Kasugai Takahisa; Tomonari Tatsuya; Ono Minamo; Mizuno Masashi; Hamano Takayuki 日本腎臓学会誌 64 (3) 246 -246 2022年05月
  • Total kidney volume as an independent predictor of anemia recovery after cardiac surgery(和訳中)
    Tomonari Tatsuya; Murashima Miho; Kasugai Takahisa; Mizuno Masashi; Ono Minamo; Hamano Takayuki 日本腎臓学会誌 64 (3) 275 -275 2022年05月
  • Total kidney volume as a predictor for non-atherosclerotic cardiovascular disease(CVD) in patients with diabetic kidney disease(DKD)(和訳中)
    Mizuno Masashi; Murashima Miho; Kasugai Takahisa; Tomonari Tatsuya; Ono Minamo; Hamano Takayuki 日本腎臓学会誌 64 (3) 287 -287 2022年05月
  • 濱野 高行 腎と透析 92 (3) 635 -639 2022年03月
  • 【Onco-nephrology:悪性腫瘍治療と腎機能障害】がん治療と腎性貧血治療
    濱野 高行 腎と透析 92 (3) 635 -639 2022年03月
  • 西浦 庸介; 太田 圭祐; 小林 利江; 倉知 あかね; 村瀬 景子; 石黒 正崇; 平野 ツヤ子; 伊藤 友一; 井手 敦基; 濱野 高行 日本透析医学会雑誌 55 (3) 215 -220 2022年03月
  • 【水電解質代謝update】慢性腎臓病における電解質・酸塩基平衡異常 Ca、P代謝異常
    濱野 高行 腎臓内科 15 (2) 176 -183 2022年02月
  • 濱野高行 日本小児腎臓病学会雑誌(Web) 35 (2) 2022年
  • 【CKDと透析療法】治療薬解説 正しい鉄補充療法
    濱野 高行 カレントテラピー 40 (1) 81 -87 2022年01月
  • 【必修!レジデントが知っておくべき電解質異常・酸塩基平衡異常】カルシウム・リン代謝
    濱野 高行 月刊レジデント 14 (3) 99 -106 2021年12月
  • 濱野 高行 現代医学 68 (2) 61 -64 2021年12月
  • 【慢性腎臓病-臨床の最新動向-】診断と治療(リスクファクターの治療を含む) 診断と治療(新規治療薬への期待) HIF-PH阻害薬
    濱野 高行 日本臨床 79 (12) 1847 -1852 2021年12月
  • 【腎性貧血とHIF-PH阻害薬】腎性貧血の病態生理(鉄動態を含めて)
    濱野 高行 日本腎臓学会誌 63 (8) 958 -963 2021年11月
  • 難波 倫子; 濱野 高行; 京 昌弘; 谷口 歩; 田中 亮; 山中 和明; 阿部 豊文; 客野 宮治; 今村 亮一; 野々村 祝夫; 猪阪 善隆 移植 56 (総会臨時) O6 -2 2021年09月
  • 【腎疾患治療薬update】(第2章)慢性腎臓病・透析合併症 CKD-MBD治療薬 ビタミンD製剤 天然型ビタミンD
    濱野 高行 腎と透析 91 (増刊) 210 -215 2021年08月
  • 【CKD・薬剤性腎障害・特殊な患者背景への実践的アプローチ!腎臓病薬物療法コンサルテーション】(第3章)症例に学ぶ!薬剤性腎障害の判断と対応 カルシウム濃度異常
    小野 水面; 濱野 高行 薬事 63 (10) 2008 -2012 2021年07月
  • 【CKD・薬剤性腎障害・特殊な患者背景への実践的アプローチ!腎臓病薬物療法コンサルテーション】(第3章)症例に学ぶ!薬剤性腎障害の判断と対応 リン濃度異常
    水野 水面; 濱野 高行 薬事 63 (10) 2013 -2015 2021年07月
  • 過去の腎生検診断による予後予測能の改善:CKD-JACII研究
    濱野 高行; 今泉 貴広; 長谷川 毅; 藤井 直彦; 駒場 大峰; 深川 雅史; CKD-JAC II Scientific Committee 日本腎臓学会誌 63 (4) 426 -426 2021年06月
  • 保存期CKD患者において社会経済因子が腎予後に与える影響(CKD-JAC II研究)
    藤井 直彦; 今泉 貴広; 濱野 高行; 長谷川 毅; 駒場 大峰; 深川 雅史; CKD-JAC IIサイエンティフィックコミッティー 日本腎臓学会誌 63 (4) 426 -426 2021年06月
  • 腎移植後早期からの天然型ビタミンD3補充と骨密度変化 二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験
    土井 洋平; 濱野 高行; 辻田 誠; 猪阪 善隆 日本腎臓学会誌 63 (4) 426 -426 2021年06月
  • 移植後10年以上経過した腎移植患者のグラフト生検の臨床的意義
    難波 倫子; 濱野 高行; 谷口 歩; 川村 正隆; 加藤 大悟; 阿部 豊文; 今村 亮一; 高畠 義嗣; 野々村 祝夫; 猪阪 善隆 日本腎臓学会誌 63 (4) 450 -450 2021年06月
  • 保存期慢性腎臓病患者における血清鉄代謝指標と心血管疾患罹患の関連
    長谷川 毅; 今泉 貴広; 室谷 健太; 濱野 高行; 藤井 直彦; 駒場 大峰; 深川 雅史 日本腎臓学会誌 63 (4) 473 -473 2021年06月
  • 濱野 高行 腎臓内科 13 (5) 617 -624 2021年05月
  • CKD-MBDと貧血のクロストーク HIF-PHI
    濱野 高行 日本透析医学会雑誌 54 (Suppl.1) 245 -245 2021年05月
  • 心不全に対する鉄の意義
    濱野 高行 日本透析医学会雑誌 54 (Suppl.1) 314 -314 2021年05月
  • HD患者で活性型Vitamin D(VDRA)と死亡の関連における活動指標(PS)の影響 統計調査研究
    村島 美穂; 濱野 高行; 鶴屋 和彦; 尾形 聡; 神田 英一郎; 阿部 雅紀; 新田 孝作; 統計調査委員会 日本透析医学会雑誌 54 (Suppl.1) 395 -395 2021年05月
  • 濱野 高行 腎と透析 90 (1) 36 -41 2021年01月
  • 【あなたも名医!選択の根拠と処方の実際がわかる 輸液製剤の種類と使い方】(第2章)特殊な病態の輸液 慢性腎臓病患者(透析患者を含む)の輸液
    水野 晶紫; 濱野 高行 jmed mook (71) 118 -127 2020年12月
  • Kosaku Nitta; Masanori Abe; Ikuto Masakane; Norio Hanafusa; Masatomo Taniguchi; Takeshi Hasegawa; Shigeru Nakai; Atsushi Wada; Takayuki Hamano; Junichi Hoshino; Nobuhiko Joki; Shunsuke Goto; Minako Wakasugi; Keiichi Yamamoto; Hidetomo Nakamoto; Kazuyuki Maeno; Tetsuya Kawata; Chikara Oyama; Koji Seino; Toshinobu Sato; Shigeru Sato; Minoru Ito; Junichiro Kazama; Atsushi Ueda; Osamu Saito; Tetsuo Ando; Tomonari Ogawa; Hiroo Kumagai; Hiroyuki Terawaki; Ryoichi Ando; Masanori Abe; Tetsuya Kashiwagi; Chieko Hamada; Yugo Shibagaki; Nobuhito Hirawa; Hisaki Shimada; Yoichi Ishida; Hitoshi Yokoyama; Ryoichi Miyazaki; Mizuya Fukasawa; Yuji Kamijyo; Teppei Matsuoka; Akihiko Kato; Noriko Mori; Yasuhiko Ito; Hirotake Kasuga; Sukenari Koyabu; Tetsuro Arimura; Tetsuya Hashimoto; Masaaki Inaba; Terumasa Hayashi; Tomoyuki Yamakawa; Shinichi Nishi; Akira Fujimori; Tatsuo Yoneda; Shigeo Negi; Akihisa Nakaoka; Takafumi Ito; Hitoshi Sugiyama; Takao Masaki; Yutaka Nitta; Kazuyoshi Okada; Masahito Yamanaka; Masaharu Kan; Kazumichi Ota; Masahito Tamura; Koji Mitsuiki; Yuji Ikeda; Masaharu Nishikido; Akira Miyata; Tadashi Tomo; Shoichi Fujimoto; Tsuyoshi Nosaki; Yoshinori Oshiro Renal Replacement Therapy 6 (1) 2020年12月
  • CKD-MBD KDIGOと日本のガイドラインについて:未来の改訂に向けて グローバルガイドラインと日本 何が違い、どうしてなのか?
    濱野 高行 日本透析医学会雑誌 53 (Suppl.1) 295 -295 2020年10月
  • 腎性貧血治療の新たな治療:HIF-PH阻害薬 鉄代謝とHIF-PH阻害
    濱野 高行 日本透析医学会雑誌 53 (Suppl.1) 298 -298 2020年10月
  • CKD-MBD:治療介入の意義を再考する 臨床研究実践知 RQの検証に適した研究デザインとは?
    濱野 高行 日本透析医学会雑誌 53 (Suppl.1) 356 -356 2020年10月
  • 透析診療の今と未来 鉄の意義を再考する
    濱野 高行 日本透析医学会雑誌 53 (Suppl.1) 359 -359 2020年10月
  • 大腿骨近位部骨折後の生命予後
    若杉 三奈子; 風間 順一郎; 和田 篤志; 濱野 高行; 政金 生人; 成田 一衛 日本透析医学会雑誌 53 (Suppl.1) 556 -556 2020年10月
  • CKD-MBDにおける臓器連関 CKD-MBDにおけるマグネシウムの役割
    濱野 高行 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 38回 85 -85 2020年10月
  • ミネラル代謝異常症 骨をとりまくミネラル代謝 マグネシウム欠乏と骨
    濱野 高行 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 38回 94 -94 2020年10月
  • HIF-PH阻害薬適正使用に関するrecommendation
    内田 啓子; 南学 正臣; 阿部 雅紀; 岡田 浩一; 武田 憲彦; 花房 規男; 濱野 高行; 矢尾 正祐; 脇野 修; 日本腎臓学会 日本腎臓学会誌 62 (7) 711 -716 2020年10月
  • 濱野 高行 腎と透析 89 (2) 238 -243 2020年08月
  • 濱野 高行 医学のあゆみ 274 (3) 279 -284 2020年07月
  • AMEDと腎疾患実用化研究事業について
    相川 厚; 内田 啓子; 西崎 祐史; 濱野 高行 日本腎臓学会誌 62 (4) 215 -215 2020年07月
  • 新しい腎性貧血治療薬としてのHIF-PHD阻害薬〜これを聞けば全てが分かります〜 HIF-PHD阻害薬の臨床試験における効果について
    濱野 高行 日本腎臓学会誌 62 (4) 238 -238 2020年07月
  • メサンギウム細胞増多はIgA腎症治療時の尿蛋白残存と関連する
    永井 将哲; 小林 直人; 泉 治紀; 大林 孝彰; 濱野 高行 日本腎臓学会誌 62 (4) 265 -265 2020年07月
  • 腎性貧血を伴う日本人保存期(ND)患者のダプロデュスタット実薬対照試験-患者背景による部分集団解析
    濱野 高行; 南学 正臣; 秋澤 忠男; 椿原 美治; 永井 玲子; 奥田 伸彦; 鞍田 京; 永久保 太士; 遠藤 之洋; Cobitz Alexander R. 日本腎臓学会誌 62 (4) 332 -332 2020年07月
  • 濱野 高行 腎臓内科 11 (4) 412 -416 2020年04月
  • 濱野 高行 腎と透析 88 (1) 27 -30 2020年01月
  • 【腎臓学 この一年の進歩】腎性貧血
    濱野 高行 日本腎臓学会誌 62 (1) 34 -40 2020年01月
  • 新田孝作; 政金生人; 花房規男; 星野純一; 谷口正智; 常喜信彦; 後藤俊介; 阿部雅紀; 中井滋; 長谷川毅; 濱野高行; 三浦健一郎; 和田篤志; 山本景一; 中元秀友 日本透析医学会雑誌 53 (12) 2020年
  • 今後の透析液を考える
    濱野 高行 透析フロンティア 29 (Suppl.) 4 -17 2019年12月
  • 透析患者の薬物療法-最新情報
    濱野 高行 日本腎臓病薬物療法学会誌 8 (特別号) S69 -S69 2019年10月
  • 日本人に適したetelcalcetideの使い方
    濱野 高行 日本腎臓病薬物療法学会誌 8 (特別号) S130 -S130 2019年10月
  • 濱野 高行 臨床血液 60 (9) 1092 -1099 2019年09月
  • Hemodialysis productと大腿骨近位部骨折発症
    若杉 三奈子; 風間 順一郎; 菊地 勘; 安田 香; 和田 篤志; 濱野 高行; 政金 生人; 成田 一衛 日本骨粗鬆症学会雑誌 5 (Suppl.1) 293 -293 2019年09月
  • 血液透析患者における活性型VitDの使用と大腿骨頸部骨折の関連
    田川 美穂; 濱野 高行; 尾形 聡; 日本透析医学会統計調査委員会 日本透析医学会雑誌 52 (Suppl.1) 567 -567 2019年05月
  • 尿中mulberry小体のFabry病における臨床的意義の検討
    余西 洋明; 難波 倫子; 濱野 高行; 堀田 真希; 酒井 晋介; 藤村 龍太; 南 聡; 山本 毅士; 高橋 篤史; 高畠 義嗣; 酒井 規夫; 猪阪 善隆 日本腎臓学会誌 61 (3) 355 -355 2019年05月
  • 腎臓病学における臨床試験 腎移植レシピエントにおける貧血治療と無処理ビタミンD補充療法 CANDLE-KIT(Clinical trials in nephrology Correcting Anemia and Native Vitamin D Supplementation in Kidney Transplant Recipients(CANDLE-KIT))
    濱野 高行; 小尾 佳嗣; 市丸 直嗣; 坂口 悠介; 原田 浩; 酒井 謙; 吉田 一成; 岩藤 和広; 高原 史郎 日本腎臓学会誌 61 (3) 250 -250 2019年05月
  • 貧血の積極的な補正が移植腎機能に与える影響 多施設共同RCT
    小尾 佳嗣; 濱野 高行; 市丸 直嗣; 坂口 悠介; 原田 浩; 酒井 謙; 吉田 一成; 岩藤 和広; 高原 史郎; CANDLE-KIT Trial; Study Group 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集 52回 155 -155 2019年02月
  • 天然型ビタミンDが移植腎機能に与える影響 多施設共同RCT
    小尾 佳嗣; 濱野 高行; 市丸 直嗣; 坂口 悠介; 原田 浩; 酒井 謙; 石井 大輔; 岩藤 和広; 高原 史郎; CANDLE-KIT Trial; Study Group 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集 52回 163 -163 2019年02月
  • 日常診療で出会う体液・電解質異常 生体の二つの勘違いが心不全を悪化させる
    濱野 高行 臨床体液 45 42 -48 2019年01月
  • Okada Hirokazu; Yasuda Yoshinari; Kashihara Naoki; Asahi Koichi; Ito Takafumi; Kaname Shinya; Kanda Eiichiro; Kanno Yoshihiko; Shikata Kenichi; Shibagaki Yugo; Tsuchiya Ken; Tsuruya Kazuhiko; Nagata Daisuke; Narita Ichiei; Nangaku Masaomi; Hattori Motoshi; Hamano Takayuki; Fujimoto Shouichi; Moriyama Toshiki; Yamagata Kunihiro; Yamamoto Ryohei; Wakasugi Minako; Ashida Akira; Usui Joichi; Kawamura Kazuko; Kitamura Kenichiro; Konta Tsuneo; Suzuki Yusuke; Tsuruoka Shuichi; Nishio Saori; Fujii Naohiko; Fujii Hideki; Wada Takehiko; Yokoyama Hitoshi; Aoki Katsunori; Akiyama Daiichiro; Araki Shin-ichi; Arima Hisatomi; Ishikawa Eiji; Ishikura Kenji; Ishizuka Kiyonobu; Ishimoto Takuji; Ishimoto Yu; Iseki Kunitoshi; Itabashi Mitsuyo; Ichioka Satoko; Ichikawa Kazunobu; Ichikawa Daisuke; Inoue Shuji; Imai Toshimi; Imamura Hideaki; Iwata Yasunori; Iwazu Yoshitaka; Usui Toshiaki; Uchida Keiko; Egawa Masahiro; Ohara Shinichiro; Omori Norio; Okada Rieko; Okuda Yusuke; Ozeki Takaya; Obata Yoko; Kai Hirayasu; Kato Noritoshi; Kanasaki Keizo; Kaneko Yoshikatsu; Kabasawa Hideyuki; Kawaguchi Takehiko; Kawasaki Yukihiko; Kawashima Keisuke; Kawano Haruna; Kikuchi Kan; Kihara Masao; Kimura Yoshiki; Kurita Noriaki; Koike Kentaro; Koizumi Masahiro; Kojima Chiari; Goto Shunsuke; Konomoto Takao; Kohagura Kentaro; Komatsu Hiroyuki; Komaba Hirotaka; Saito Chie; Sakai Yukinao; Sakaguchi Yusuke; Satonaka Hiroshi; Jimi Kanako; Shimizu Akihiro; Shimizu Sayaka; Shirai Sayuri; Shinzawa Maki; Sugiyama Kazuhiro; Suzuki Tomo; Suzuki Hitoshi; Suyama Kazuhide; Segawa Hiroyoshi; Takahashi Kazuya; Tanaka Kenichi; Tanaka Tetsuhiro; Tsunoda Ryoya; Tsuruta Yuki; Nakakura Hyogo; Nagasawa Yasuyuki; Nakanishi Koichi; Nagahama Masahiko; Nakaya Izaya; Nanami Masayoshi; Niihata Kakuya; Nishi Shinichi; Nishiwaki Hiroki; Hasegawa Shoko; Hasegawa Midori; Hanada Ken; Hayashi Hiroki; Harada Ryoko; Hishida Manabu; Hirano Daishi; Hirahashi Junichi; Hirama Akio; Hirayama Kouichi; Fukagawa Masafumi; Fukuda Akihiro; Fujii Yoshiyuki; Fujisaki Kiichiro; Furuya Fumihiko; Hoshino Junichi; Hosojima Michihiro; Honda Kenjiro; Masuda Takahiro; Matsui Kosuke; Matsukuma Yuta; Matsumura Hideki; Mii Akiko; Miura Kenichiro; Mitobe Michihiro; Miyasato Yoshikazu; Miyamoto Satoshi; Miwa Saori; Yazawa Masahiko; Yata Yusuke; Yamamoto Yoshihiro; Watanabe Kimio; Japanese Society of Nephrology, Committee of Evidence-based Practice Guideline for the Treatment of CKD 2018, Evidence-based Practice Guideline for the Treatment of CKD Production Group(Work group) Clinical and Experimental Nephrology 23 (1) 1 -15 2019年01月 [査読有り]
  • 新田孝作; 政金生人; 花房規男; 谷口正智; 長谷川毅; 中井滋; 後藤俊介; 和田篤志; 濱野高行; 星野純一; 常喜信彦; 阿部雅紀; 山本景一; 中元秀友 日本透析医学会雑誌 51 (12) 699‐766(J‐STAGE) 2018年12月
  • わが国透析患者の大腿骨近位部骨折発症率、2008-2013年までの経年変化
    若杉 三奈子; 風間 順一郎; 和田 篤志; 濱野 高行; 政金 生人; 成田 一衛 日本骨粗鬆症学会雑誌 4 (Suppl.1) 310 -310 2018年09月
  • 難波 倫子; 濱野 高行; 川村 正隆; 中澤 成晃; 加藤 大悟; 阿部 豊文; 今村 亮一; 山中 和明; 岸川 英史; 西村 憲二; 貝森 淳哉; 市丸 直嗣; 野々村 祝夫; 猪阪 善隆 移植 53 (総会臨時) 357 -357 2018年09月
  • Namba-Hamano Tomoko; Kyo Masahiro; Hamano Takayuki; Yamaguchi Yutaka; Kawamura Masataka; Nakazawa Shigeaki; Kato Taigo; Abe Toyofumi; Imamura Ryoichi; Ichimaru Naotsugu; Takahara Shiro; Nonomura Norio; Isaka Yoshitaka TRANSPLANTATION 102 S488 2018年07月 [査読有り]
  • 保存期病態からみた導入期早期死亡リスク
    宮崎 真理子; 政金 生人; 濱野 高行 日本透析医学会雑誌 51 (Suppl.1) 405 -405 2018年05月
  • わが国の透析患者数動向と東日本大震災
    中井 滋; 宮崎 真理子; 和田 篤志; 若井 建志; 濱野 高行; 政金 生人 日本透析医学会雑誌 51 (Suppl.1) 814 -814 2018年05月
  • Namba-Hamano Tomoko; Hamano Takayuki; Matsui Isao; Kawamura Masataka; Nakazawa Shigeaki; Kato Taigo; Abe Toyofumi; Imamura Ryoichi; Kaimori Junya; Ichimaru Naotsugu; Takahara Shiro; Nonomura Norio; Isaka Yoshitaka NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 33 1581 2018年05月 [査読有り]
  • 慢性維持透析患者に対するスクロオキシ水酸化鉄とランタンとの無作為化2 by 2 factorial design試験
    猪阪 善隆; 藤井 秀毅; 辻本 吉広; 手良向 聡; 濱野 高行 日本透析医学会雑誌 51 (Suppl.1) 509 -509 2018年05月
  • 藤村龍太; 山本毅士; 高畠義嗣; 南聡; 酒井晋介; 高橋篤史; 難波倫子; 松田潤; 松井功; 坂口悠介; 濱野高行; 新村文男; 松阪泰二; 猪阪善隆 日本腎臓学会誌 60 (3) 350 -350 2018年04月
  • 政金生人; 谷口正智; 中井滋; 土田健司; 和田篤志; 尾形聡; 長谷川毅; 濱野高行; 花房規男; 星野純一; 後藤俊介; 水口潤; 山本景一; 中元秀友 日本透析医学会雑誌 51 (1) 1‐51(J‐STAGE) 2018年
  • Nobuhiro Hashimoto; Isao Matsui; Tomoko Namba; Tatsufumi Oka; Daisuke Mori; Yusuke Sakaguchi; Masayuki Mizui; Takayuki Hamano; Yoshitsugu Takabatake; Yoshitaka Isaka KIDNEY INTERNATIONAL 91 (4) 989 -990 2017年04月
  • 政金 生人; 谷口 正智; 中井 滋; 土田 健司; 後藤 俊介; 和田 篤志; 尾形 聡; 長谷川 毅; 濱野 高行; 花房 規男; 水口 潤; 中元 秀友 日本透析医学会雑誌 50 (1) 1 -62 2017年01月
  • 新田 孝作; 政金 生人; 友 雅司; 土田 健司; 池田 潔; 小川 智也; 神田 英一郎; 菅野 義彦; 小松 康宏; 谷口 正智; 瀧 史香; 長谷川 毅; 花房 規男; 濱野 高行; 深川 雅史; 水口 潤; 山本 裕康; 鷲田 直輝; 和田 隆志; 渡邊 有三 日本透析医学会雑誌 49 (7) 453 -462 2016年07月
  • Takehiko Kawaguchi; Moritoshi Kadomura; Takafumi Yamakawa; Motonobu Nishimura; Yohei Tsuchiya; Maiko Nagata; Mao Watanabe; Takayuki Hamano; Ikuto Masakane; Toshiyuki Imasawa NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 31 282 -282 2016年05月
  • Chikako Nakano; Yoshitaka Isaka; Takayuki Hamano NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 31 1535 -1535 2016年05月
  • Tatsufumi Oka; Takayuki Hamano; Masamitsu Senda; Sayoko Yonemoto; Yusuke Sakaguchi; Chikako Nakano; Yoshitaka Isaka NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 31 73 -73 2016年05月
  • Masamitsu Senda; Takayuki Hamano; Yusuke Sakaguchi; Yoshitaka Isaka; Toshiki Moriyama NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 31 1457 -1458 2016年05月
  • Sayoko Yonemoto; Takayuki Hamano; Naohiko Fujii; Daisuke Hayashi; Isao Matsui; Yoshitaka Isaka NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 31 193 -193 2016年05月
  • Tomoko Namba; Masahiro Kyo; Takayuki Hamano; Yutaka Yamaguchi; Yoshitaka Isaka; Shiro Takahara NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 31 1565 -1566 2016年05月
  • 和田 英治; 林 由起子; 吉田 瑞子; 松田 良一; 濱野 高行; 松井 功 東京医科大学雑誌 = The Journal of Tokyo Medical University 74 (2) 219 -219 2016年04月
  • 政金 生人; 長谷川 毅; 尾形 聡; 木全 直樹; 中井 滋; 花房 規男; 濱野 高行; 若井 建志; 和田 篤志; 新田 孝作; 日本透析医学会統計調査委員会 日本透析医学会雑誌 49 (1) 35 -45 2016年01月
  • Masakane I; Nakai S; Ogata S; Kimata N; Hanafusa N; Hamano T; Wakai K; Wada A; Nitta K Ther Apher Dial 19 (6) 540-574 2015年12月 [査読有り]
  • 西脇宏樹; 長谷川毅; 濱野高行; 政金生人 日本透析医学会雑誌 48 (Supplement 1) 411 2015年05月
  • Naohiko Fujii; Takayuki Hamano; Chikako Nakano; Satoshi Mikami; Yoshitsugu Obi; Noriyuki Okada; Yoshitaka Isaka NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 30 2015年05月
  • Sayoko Yonemoto; Takayuki Hamano; Naohiko Fujii; Isao Matsui; Yoshitaka Isaka NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 30 2015年05月
  • Chikako Nakano; Takayuki Hamano; Isao Matsui; Hiromi Rakugi; Yoshitaka Isaka NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 30 2015年05月
  • Hiroki Nishiwaki; Takeshi Hasegawa; Takayuki Hamano; Ikuto Masakane NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 30 2015年05月
  • 濱野 高行 The Japanese journal of nephrology = 日本腎臓学会誌 57 (8) 1297 -1302 2015年
  • 政金 生人; 長谷川 毅; 尾形 聡; 木全 直樹; 中井 滋; 花房 規男; 濱野 高行; 若井 建志; 和田 篤志; 新田 孝作 日本透析医学会雑誌 48 (1) 33 -44 2015年
  • 藤井 直彦; 濱野 髙行 骨粗鬆症治療 = Journal of osteoporotic medicine 13 (2) 139 -145 2014年08月
  • Chikako Nakano; Takayuki Hamano; Naohiko Fujii; Isao Matusi; Satoshi Mikami; Kodo Tomida; Daisuke Mori; Yasuo Kusunoki; Akihiro Shimomura; Yoshitsugu Obi; Terumasa Hayashi; Hiromi Rakugi; Yoshitaka Isaka; Yoshiharu Tsubakihara NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 29 380 -380 2014年05月
  • Mori Daisuke; Inoue Kazunori; Hamano Takayuki; Matsui Isao; Shimomura Akihiro; Kusunoki Yasuo; Nakano Chikako; Obi Yoshitsugu; Tsubakihara Yoshiharu; Isaka Yoshitaka; Rakugi Hiromi NEPHROLOGY 19 69 -69 2014年05月
  • Kusunoki Yasuo; Matsui Isao; Hamano Takayuki; Shimomura Akihiro; Mori Daisuke; Nakano Chikako; Obi Yoshitsugu; Inoue Kazunori; Tsubakihara Yoshiharu; Isaka Yoshitaka; Rakugi Hiromi NEPHROLOGY 19 69 -69 2014年05月
  • 長谷川 毅; 中井 滋; 森石 みさき; 伊藤 恭彦; 伊丹 儀友; 政金 生人; 花房 規男; 谷口 正智; 濱野 高行; 庄司 哲雄; 山縣 邦弘; 篠田 俊雄; 風間 順一郎; 渡邊 有三; 重松 隆; 丸林 誠二; 守田 治; 和田 篤志; 橋本 整司; 鈴木 一之; 木全 直樹; 若井 建志; 藤井 直彦; 尾形 聡; 土田 健司; 西 裕志; 井関 邦敏; 椿原 美治; 中元 秀友; 日本透析医学会統計調査委員会腹膜透析レジストリ小委員会 日本透析医学会雑誌 47 (2) 107 -117 2014年02月
  • 濱野 高行 The Japanese journal of nephrology = 日本腎臓学会誌 56 (8) 1233 -1242 2014年
  • 小尾 佳嗣; 濱野 高行 オステオポローシスジャパン : 日本骨粗鬆症学会雑誌 22 (1) 34 -38 2014年
  • 中井 滋; 花房 規男; 政金 生人; 谷口 正智; 濱野 高行; 庄司 哲雄; 長谷川 毅; 伊丹 儀友; 山縣 邦弘; 篠田 俊雄; 風間 順一郎; 渡邊 有三; 重松 隆; 丸林 誠二; 守田 治; 和田 篤志; 橋本 整司; 鈴木 一之; 中元 秀友; 木全 直樹; 若井 建志; 藤井 直彦; 尾形 聡; 土田 健司; 西 裕志; 井関 邦敏; 椿原 美治 日本透析医学会雑誌 47 (1) 1 -56 2014年
  • 小尾 佳嗣; 濱野 高行 Vascular medicine : journal of vascular medicine 9 (2) 154 -161 2013年10月
  • 血清25水酸化ビタミンD濃度は、移植腎予後の予測因子である
    小尾 佳嗣; 濱野 高行; 市丸 直嗣; 冨田 弘道; 藤井 直彦; 松井 功; 貝森 淳哉; 高原 史郎; 猪阪 善隆; 椿原 美治 日本透析医学会雑誌 46 (Suppl.1) 952 -952 2013年05月
  • Obi Yoshitsugu; Hamano Takayuki; Ichimaru Naotsugu; Tomida Kodo; Fujii Naohiko; Matsui Isao; Kaimori Jun-ya; Rakugi Hiromi; Takahara Shiro; Isaka Yoshitaka; Tsubakihara Yoshiharu NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 28 38 -39 2013年05月 [査読有り]
  • ビタミンD欠乏は移植後貧血のリスク因子である
    小尾 佳嗣; 濱野 高行; 市丸 直嗣; 冨田 弘道; 松井 功; 藤井 直彦; 貝森 淳哉; 楽木 宏実; 椿原 美治; 高原 史郎; 猪阪 善隆 日本腎臓学会誌 55 (3) 374 -374 2013年04月
  • 中井 滋; 渡邊 有三; 政金 生人; 和田 篤志; 庄司 哲雄; 長谷川 毅; 中元 秀友; 山縣 邦弘; 風間 順一郎; 藤井 直彦; 伊丹 儀友; 篠田 俊雄; 重松 隆; 丸林 誠二; 守田 治; 橋本 整司; 鈴木 一之; 木全 直樹; 花房 規男; 若井 建志; 濱野 高行; 尾形 聡; 土田 健司; 谷口 正智; 西 裕志; 井関 邦敏; 椿原 美治 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 46 (1) 1 -76 2013年01月
  • 濱野高行; 猪阪善隆; 楽木宏実; 椿原美治; 飯室聡; 渡辺毅; 新田孝作; 秋澤忠男; 松尾清一; 今井圓裕; 槇野博史; 大橋靖雄; 菱田明 日本腎性骨症研究会プログラム抄録集 24th 96 2013年
  • 藤井 直彦; 濱野 高行; 片山 正哉; 猪阪 善隆 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 45 (11) 1008 -1009 2012年11月
  • Chikako Nakano; Chikako Nakano; Takayuki Hamano; Naohiko Fujii; Yoshitsugu Obi; Isao Matsui; Satoshi Mikami; Kazunori Inoue; Akihiro Shimomura; Hiromi Rakugi; Yoshitaka Isaka NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 27 127 -128 2012年05月
  • Naohiko Fujii; Takayuki Hamano; Chikako Nakano; Sayoko Yonemoto; Ayako Okuno; Masaya Katayama; Yoshitaka Isaka NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 27 293 -293 2012年05月
  • Sayoko Yonemoto; Takayuki Hamano; Naohiko Fujii; Yoshitugu Obi; Isao Matsui; Satoshi Mikami; Chikako Nakano; Kazunori Inoue; Akihiro Shimomura; Noriyuki Okada; Yoshiharu Tsubakihara; Hiromi Rakugi; Yoshitaka Isaka; Masaya Katayama NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 27 19 -20 2012年05月
  • Takayuki Hamano; Chikako Nakano; Naohiko Fujii; Yoshitugu Obi; Satoshi Mikami; Kazunori Inoue; Isao Matsui; Noriyuki Okada; Yoshiharu Tsubakihara; Yoshitaka Isaka; Hiromi Rakugi NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 27 104 -104 2012年05月
  • 活性型ビタミンDが腎移植レシピエントにおける移植後悪性腫瘍の発生を予防する可能性
    小尾 佳嗣; 市丸 直嗣; 濱野 高行; 冨田 弘道; 藤井 直彦; 松井 功; 貝森 淳哉; 楽木 宏実; 高原 史郎; 猪阪 善隆 日本腎臓学会誌 54 (3) 337 -337 2012年04月
  • 中井 滋; 井関 邦敏; 伊丹 儀友; 尾形 聡; 風間 順一郎; 木全 直樹; 重松 隆; 篠田 俊雄; 庄司 哲雄; 鈴木 一之; 谷口 正智; 土田 健司; 中元 秀友; 西 裕志; 橋本 整司; 長谷川 毅; 花房 規男; 濱野 高行; 藤井 直彦; 政金 生人; 丸林 誠二; 守田 治; 山縣 邦弘; 若井 建志; 和田 篤志; 渡邊 有三; 椿原 美治 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 45 (1) 1 -47 2012年01月
  • 活性型ビタミンD製剤は、追加免疫抑制療法のリスクを軽減しうる
    小尾 佳嗣; 濱野 高行; 市丸 直嗣; 高原 史郎; 猪阪 善隆 移植 46 (総会臨時) 281 -281 2011年10月
  • 活性型ビタミンDが腎移植患者の拒絶反応を減少させる可能性
    小尾 佳嗣; 冨田 弘道; 藤井 直彦; 濱野 高行; 市丸 直嗣; 貝森 淳也; 高原 史郎; 奥見 雅由; 矢澤 浩治; 京 昌弘; 小角 幸人; 楽木 宏美; 猪阪 善隆 腎と骨代謝 24 (4) 315 -315 2011年10月
  • 活性型ビタミンD製剤の投与は追加免疫抑制療法の投与リスクを軽減する
    小尾 佳嗣; 藤井 直彦; 市丸 直嗣; 冨田 弘道; 貝森 淳哉; 山本 陵平; 濱野 高行; 岩谷 博次; 長澤 康行; 堀尾 勝; 楽木 宏実; 高原 史郎; 猪阪 善隆 日本腎臓学会誌 53 (3) 422 -422 2011年05月
  • 中井 滋; 井関 邦敏; 伊丹 儀友; 尾形 聡; 風間 順一郎; 木全 直樹; 重松 隆; 篠田 俊雄; 庄司 哲雄; 鈴木 一之; 谷口 正智; 土田 健司; 中元 秀友; 西 裕志; 橋本 整司; 長谷川 毅; 花房 規男; 濱野 高行; 藤井 直彦; 政金 生人; 丸林 誠二; 守田 治; 山縣 邦弘; 若井 建志; 和田 篤志; 渡邊 有三; 椿原 美治 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 44 (1) 1 -36 2011年01月
  • Isao Matsui; Takayuki Hamano; Satoshi Mikami; Hiromi Rakugi; Yoshitaka Isaka Kidney International 78 (11) 1188 -1189 2010年12月
  • Isao Matsui; Takayuki Hamano; Satoshi Mikami; Hiromi Rakugi; Yoshitaka Isaka KIDNEY INTERNATIONAL 78 (11) 1188 -1189 2010年12月
  • 猪阪 善隆; 濱野 高行; 楽木 宏実 最新医学 65 715 -722 2010年03月
  • 中井滋; 鈴木一之; 政金生人; 和田篤志; 伊丹儀友; 尾形聡; 木全直樹; 重松隆; 篠田俊雄; 庄司哲雄; 谷口正智; 土田健司; 中元秀友; 西慎一; 西裕志; 橋本整司; 長谷川毅; 花房規男; 濱野高行; 藤井直彦; 丸林誠二; 守田治; 山縣邦弘; 若井建志; 渡邊有三; 井関邦敏; 椿原美治 日本透析医学会雑誌 43 (1) 1 -35 2010年01月
  • 今井 圓裕; 濱野 高行 The Japanese journal of nephrology 52 (1) 13 -27 2010年01月
  • Isao Matsui; Takayuki Hamano; Satoshi Mikami; Yoshitaka Isaka; Hiromi Rakugi KIDNEY INTERNATIONAL 76 (8) 915 -916 2009年10月
  • Isao Matsui; Takayuki Hamano; Kodo Tomida; Kazunori Inoue; Yoshitsugu Takabatake; Yasuyuki Nagasawa; Noritaka Kawada; Takahito Ito; Hiroshi Kawachi; Hiromi Rakugi; Enyu Imai; Yoshitaka Isaka Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association 24 (8) 2354 -61 2009年08月 [査読有り]
  • Isaka Yoshitaka; Hamano Takayuki; Matsui Isao; Rakugi Hiromi Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 73 104 -104 2009年03月
  • 市丸 直嗣; 角田 洋一; 阿部 豊文; 奥見 雅由; 今村 亮一; 児島 康行; 藤井 直彦; 濱野 高行; 冨田 弘道; 猪阪 善隆; 高原 史郎; 奥山 明彦 日本泌尿器科学会雑誌 100 (2) 255 -255 2009年02月
  • 中井 滋; 政金 生人; 重松 隆; 濱野 高行; 山縣 邦弘; 渡邊 有三; 伊丹 儀友; 尾形 聡; 木全 直樹; 篠田 俊雄; 庄司 哲雄; 鈴木 一之; 谷口 正智; 土田 健司; 中元 秀友; 西 慎一; 西 裕志; 橋本 整司; 長谷川 毅; 花房 規男; 藤井 直彦; 丸林 誠二; 守田 治; 若井 建志; 和田 篤志; 井関 邦敏; 椿原 美治 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 42 (1) 1 -45 2009年01月
  • 腎移植後患者の高カルシウム血症の頻度とその寄与因子の深索
    藤井 直彦; 濱野 高行; 冨田 弘道; 田中 啓隆; 今井 圓裕; 猪阪 善隆; 樂木 宏美; 市丸 直嗣; 高原 史郎 腎と骨代謝 21 (4) 343 -343 2008年10月
  • 三次性副甲状腺機能亢進症の有病率の超音波検査による評価(UltraSonographical Evaluation of the Prevalence of Tertiary Hyperparathyroidism)
    冨田 道弘; 濱野 高行; 田中 啓隆; 今井 圓裕; 樂木 宏美; 藤井 直彦; 市丸 直嗣; 猪阪 善隆; 高原 史郎 腎と骨代謝 21 (4) 351 -351 2008年10月
  • Furumatsu Y; Nagasawa Y; Hamano T; Iwatani H; Iio K; Shoji T; Ito T; Tsubakihara Y; Imai E Nephrol Dial Transplant. 2008 Mar;23(3):984-90. 23 (3) 984 -90 2008年
  • Iio K; Nagasawa Y; Kimura T; Yamasaki K; Takeda Y; Hamano T; Iwatani H; Sumitsuji S; Nagai Y; Ito T; Imai E; Hayashi T Nephron Clin Pract. 109 (2) c72-9 2008年
  • MIKAMI Satoshi; HAMANO Takayuki; FUJII Naohiko; NAGASAWA Yasuyuki; ISAKA Yoshitaka; MORIYAMA Toshiki; MATSUHISA Munehide; ITO Takahito; IMAI Enyu; HORI Masatsugu Hypertension research : clinical and experimental : official journal of the Japanese Society of Hypertension 31 (6) 1163 -1170 2008年
  • Naohiko Fujii; Takayuki Hamano; Satoshi Mikami; Yasuyuki Nagasawa; Yoshitaka Isaka; Takahito Ito; Enyu Imai NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 22 77 -77 2007年
  • Takayuki Hamano; Kodo Tomida; Satoshi MIkami; Yasuyuki Nagasawa; Yoshitaka Isaka; Toshiki Moriyama; Masaru Horio; Takahito Ito; Enyu Imai NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 22 218 -218 2007年
  • Naohiko Fujii; Takayuki Hamano; Satoshi Mikami; Takah Ito ito; Yukito Kokado; Yoshitaka Isaka; Shiro Takahara; Enyu Imai NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 21 527 -527 2006年07月
  • Takayuki Hamano; Naohiko Fujii; Satoshi Mikami; Yasuyuki Nagasawa; Yoshitaka Isaka; Masaru Horio; Takah Ito ito; Enyu Imai NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 21 132 -133 2006年07月
  • Satoshi Mikami; Takayuki Hamano; Naohiko Fujii; Yasuyuki Nagasawa; Yoshitaka Isaka; Toshiki Moriyama; Masaru Horio; Takah Ito ito; Enyu Imai NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 21 408 -408 2006年07月
  • 小角 幸人; 任 幹夫; 横溝 智; 高原 史郎; 猪阪 善隆; 市丸 直嗣; 難波 行臣; 今村 亮一; 奥見 雅由; 濱野 高行 日本泌尿器科学会雑誌 97 (2) 299 -299 2006年03月
  • 濱野 高行; 藤井 直彦; 三上 聡司 オステオポローシスジャパン 14 (2) 249 -252 2006年
  • 中井 滋; 鈴木 一之; 政金 生人; 和田 篤志; 伊丹 儀友; 尾形 聡; 木全 直樹; 重松 隆; 篠田 俊雄; 庄司 哲雄; 谷口 正智; 土田 健司; 中元 秀友; 西 慎一; 西 裕志; 橋本 整司; 長谷川 毅; 花房 規男; 濱野 高行; 藤井 直彦; 丸林 誠二; 守田 治; 山縣 邦弘; 若井 建志; 渡邊 有三; 井関 邦敏; 椿原 美治 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 36 (1) 1 -31 2003年01月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2022年04月 -2025年03月 
    代表者 : 難波 倫子; 猪阪 善隆; 山中 和明; 野々村 祝夫; 水井 理之; 土井 洋平; 今村 亮一; 濱野 高行; 阿部 豊文
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 濱野 高行; 村島 美穂; 安部 賀央里
     
    当院で2018年から2020年までの間に抗癌剤治療を受けた2644名の後方視的観察研究を行った。eGFRが前回のeGFRに比して30%以上低下するものをAKIと定義して、AKIに関連する抗がん剤をまずは見だした。平均年齢は65歳で平均eGFR は71 (59-84) mL/min/1.73m2であった。Pembrolizumab, trastuzumabと oxaliplatinがAKIと関連し、そのオッズ比(95%信頼区間)はそれぞれ 1.52 [1.03-2.23], 2.78 [1.26-6.12],1.72 [1.20-2.46]であった。 抗癌剤以外のリスク因子は高いCRPとループ利尿薬やトルバプタン、抗血小板薬の使用であった。PembrolizumabやtrastuzumabとAKIの関連はNSAIDs使用患者で特に強かった。 抗腫瘍薬による電解質異常を早期に捕捉できるようにするため、2021年5月から当院で電子カルテ上で自動的に各科主治医に腎臓内科受診を促す「電解質バスターズ」なるシステムを構築した。実際に依頼を行うかどうかは担当医師の判断にゆだねた。紹介基準はNa<125, Na>160, K<2.5, K>6.0, 補正Ca<7.5, 補正Ca>11.5, Mg<1.0, Mg>4.0 mEq/Lとした。電解質バスターズ導入前後6か月の依頼箋数を比較したところ、K異常は導入前後で紹介数は変わらなかったが、Na, Ca, Mg異常は各々2倍に増え、3つの電解質異常をまとめると依頼のincident rate ratioは2.01(95% CI: 1.00-4.24)となった。依頼の最も多い低Na血症16例のうち、5例がSIADH、5例が薬剤性(抗癌剤や利尿剤)を含む腎性Na喪失、3例が水中毒と診断され、SIADHの2例にトルバプタンを導入しNa濃度が改善した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 難波 倫子; 猪阪 善隆; 野々村 祝夫; 高畠 義嗣; 今村 亮一; 濱野 高行; 松井 功; 加藤 大悟; 阿部 豊文
     
    生体腎移植は腎不全患者にとって生命予後および医療経済学的側面においても有益な点が多い治療である。世界的にもドナー不足の状態が続いており、本邦では圧倒的に生体腎移植が多数を占めている。生体腎移植後の腎提供ドナーの予後について、海外では大規模な研究結果が出ているが、本邦での報告は小規模かつ短期間のものに限られる。また、ドナー不足に対して通常のドナーの適応を拡大したマージナルドナーというものが増えてきている。マージナルドナーは、通常のドナーに比べて腎不全に至るリスクが高い。そこで、本研究では対象症例数、観察期間共に統計学的な解析が可能なコホートを作り、ドナーの予後、マージナルドナーの適正などを評価することを目的とした。 大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学(泌尿器科学)の協力のもと、データ集積システムであるREDCapを用いて2010年4月から2016年10月までに生体腎移植を行った症例を対象にドナーコホートを確立した。抽出データは、術前データとしてドナーの性別、続柄、年齢、グラフト採取側、身長、体重、BMI、GFR(イヌリンクリアランス)、eGFR、HbA1c、血圧(収縮期・拡張期)、糖尿病の有無、高血圧の有無、降圧剤の数をすでに収集完了した。術後のデータについては術後1年目のGFR(イヌリンクリアランス)を収集できたが、通院毎の血清クレアチニン、eGFR、血圧(収縮期・拡張期)、降圧剤の有無、検尿所見(蛋白、潜血)について は、予後解析に必要なデータであるため、長期の観察期間を得るために現在収集を継続している。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 濱野 高行
     
    本研究課題は、腎疾患における腎間質浮腫、および急性心不全におけるうっ血腎に着目し、その水・Na 代謝、ADH・RAS系との関係を検討するものである。 まず腎疾患における腎間質浮腫について、大阪大学腎臓内科で過去3年間に行われたの腎生検症例69症例について、マッソントリクロム染色標本、シリウスレッド染色標本を作成し、それらの顕微鏡観察で得られた画像情報をもとに、間質浮腫を定量的に評価する手法の確立を試み、現時点で概ね確立した。定量評価した間質浮腫の程度(%)および、症例の検査データ、病歴データを用いて、間質浮腫の寄与因子を検討し、腎機能が有意な寄与因子であった。また、血清Na濃度と腎間質浮腫の程度に非線形の負の相関が認められ、ADH系の亢進と間質浮腫との関連が示唆された。現在、さらに82症例を追加し計151症例として解析を進めている。 次に心不全におけるうっ血腎について、前向き心不全コホートに40例を症例登録しフォローしている。既に得られた40例にて、Liver Stiffness(LS)値と腎臓超音波検査での腎長径が正の相関を有する知見を得ており、LSが腎うっ血のマーカーとしても有用な可能性を探っている。また、V2受容体拮抗薬であるトルバプタンが心不全の急性期のLS低下に寄与するとの知見も得ている。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2017年04月 -2019年03月 
    代表者 : 難波 倫子; 猪阪 善隆; 高畠 義嗣; 濱野 高行
     
    有症状ファブリーモデルマウスを作製し、腎障害の発現を蛋白尿および病理組織像で確認を行った。電子顕微鏡ではZebra体の蓄積は糸球体より尿細管細胞に多くみられた。また、このマウスは野生型に比して、尿細管マーカーであるメガリンの染色性の低下と遺伝子レベルでの発現の低下を認めた。 ファブリーモデルマウスに酵素補充+活性型ビタミンD投与の検討を行い、尿蛋白の減少効果を確認した。腎障害が軽微であるため、治療効果の検討には長期間での観察が必要と考え、現在観察期間を延長した検討を進めている。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 濱野 高行; 松井 功
     
    短期リン負荷では腎のエリスロポエチン発現は減少するが、貧血は生じなかった。一方、長期負荷をかけると貧血は惹起されるが、腎線維化も惹起されていた。このことは、リン負荷が腎性貧血を惹起することを示しても、「腎機能を悪化させずに貧血を惹起する」というリン性貧血の概念は成立しないことを示す。 そこで当初の仮説を放棄し、長期リン負荷が寿命を短くすることがげっ歯類でも成立するか検証した。マウスにリン吸着薬を投与し2年間観察したところ、オスのみにおいて、3.0%炭酸ランタン追加群で寿命が延びていた。また腎機能に差があったので、低リン食が加齢による腎機能悪化を抑制することが一因と思われ、その機序を今後検証する。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 松井 功; 猪阪 善隆; 濱野 高行
     
    Vitamin D の生理・薬理作用は、肝臓で25位、腎臓で1位が水酸化された1,25(OH)2Dがvitamin D受容体(VDR)に結合することで発揮され、25-hydroxyvitamin D [25(OH)D]は1,25(OH)2Dの前駆体に過ぎないと一般的に考えられている。しかしながら、多くの疫学研究において腎予後と関連するのは血清25(OH)D濃度であり血清1,25(OH)2D濃度ではない。我々は本研究において、片側尿管結紮による腎尿細管間質線維化モデルを用いて、25(OH)Dが1,25(OH)2Dに変換されることなくVDRを介して薬理的作用を発揮することを明らかにした。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
    研究期間 : 2012年08月 -2014年03月 
    代表者 : 濱野 高行
     
    患者リクルートの結果、欧米とは違い日本人腎移植患者の貧血は軽度であり、登録基準を満たす患者は少なかった。そのため、当初の予定施設に加え新規施設を増やしつつある。現段階の登録患者96名の介入前データを解析したところ、平均透析歴は約6年で、平均Crは1.96mg/dL,平均ヘモグロビン11.0g/dLであった。約半数の患者で長期間ESA製剤が処方され、鉄充足を登録の条件としたため、平均フェリチンは149 ng/mL、TSATは36%であった。比較的重度の貧血の患者を選定したためか、尿蛋白は多く平均は0.99g/gCrであった。現在介入しながら、さらに登録患者数を増やしつつある。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 濱野 高行
     
    アデニン腎不全モデルラットは腎機能の低下に伴い血管石灰化が高度になり、Fetuin-Aの肝臓での産生が著しく低下した。しかし血中でのFetuin-Aの低下は非常に軽微であった。ここで我々はFetuinmineralcomplex(FMC)に注目し、各血清を遠心処理することで分離可能な血中FMCが、腎機能低下に伴い徐々に増加していることを、質量分析を用いることでつきとめた。腎不全における血管石灰化に対して血中FMCは重要な役割を果たしていることが予想され、引き続き石灰化とFMCの関係を明らかにすべく、アデニンラットにalendronateによる治療介入を行った。すると治療群では有意に血管石灰化が改善したが、肝臓でのfetuin-Aの産生も血中のtotalfetuin-A濃度にも差を認めなかった。しかし治療群においては、血清中のtotalfetuin-AのうちFMCの占める割合は非治療群に比し著しく減少していた。つまり血管石灰化ストレス下では、血中のFeuin-Aは石灰化の担体であるCa,リン,Mgを取り込むことでFMCを形成し血管石灰化に対して保護的に働いている可能性が示された。腎不全のヒト血清においても、ラットと同様の方法でFMCを分離することに我々は成功した。さらにELISAによる血中Fetuin-A濃度の検討では血清を遠心することで濃度が有意に低下しており、ヒトELISAkitはFMCとそれ以外のfreeのFetuin-Aをともに測定していることが分かった。約100名の保存期糖尿病性腎症の患者では、冠状動脈石灰化指数は、totalfetuin-Aの濃度とは全く有意な関係はなかったが、FMCとは有意な正の相関、freefetuin-A濃度とは有意な負の相関関係があった。このことより、fetuin-Aの存在様式をみることで、血管石灰化ストレスを評価できることが示唆された。

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.