研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

中川 隆ナカガワ リュウ

所属部署芸術工学研究科情報環境デザイン領域
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://nakagawalab.com
生年月日
Last Updated :2018/12/01

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:60631124

学歴

  • 2006年04月 - 2010年03月, 東京藝術大学, 大学院美術研究科, 博士後期課程
  • 2004年04月 - 2006年03月, 東京藝術大学, 大学院美術研究科, 修士課程
  • 2000年04月 - 2004年03月, 東京藝術大学, 美術学部, 絵画科油画専攻

学位

  • 博士(美術), 東京藝術大学

所属学協会

  • 芸術科学会
  • 日本バーチャルリアリティ学会
  • 日本マインドフルネス学会
  • ACM

経歴

  •   2015年04月 - 現在, 名古屋市立大学, 大学院芸術工学研究科, 准教授
  •   2014年04月 - 2015年03月, 山口芸術短期大学, 芸術表現学科, 専任講師
  •   2012年07月 - 2014年03月, JST- ERATO 岡ノ谷情動情報プロジェクト, 研究補助員
  •   2012年04月 - 2014年03月, 東京藝術大学, 先端芸術表現科, 専門研究員
  •   2010年04月 - 2014年03月, 武蔵野美術大学, 映像学科, 非常勤講師

研究活動情報

研究分野

  • 芸術学, 芸術一般

研究キーワード

    メディアアート, オーディオビジュアルアート, バーチャルアート

MISC

  • Multimodal ConnectoR: 複合現実によるマルチプレイ・オーディオビジュアル表現システム, 小松原 崚, 中川 隆, NICOGRAPH 2018,   2018年11月, 査読有り
  • Seeing from Things ver.2, 太田 拓, 富石 鈴華, 早野 楓香, 中川 隆, NICOGRAPH 2018,   2018年11月, 査読有り
  • Air Maestros: A Multi-User Audiovisual Experience Using MR, Ryu Nakagawa, Ryo Komatsubara, Taku Ota, Hidefumi Ohmura, SUI '18 Proceedings of the Symposium on Spatial User Interaction,   2018年10月, 査読有り
  • Drawing Sound in MR Space: A Multi-User Audiovisual Experience in Mixed Reality Space, Ryu Nakagawa, Ryo Komatsubara, Taku Ota, Takahisa Mitsumori, VRIC '18 Proceedings of the Virtual Reality International Conference - Laval Virtual, Article No. 20,   2018年04月, 査読有り
  • ブータンにおける減災教育用VRコンテンツ, 大橋 さゆり, 太田 拓, 中川 隆, 映情学技報, vol. 42, (no. 12) 145 - 148,   2018年03月
  • Wander and Wonder ~ ーMixed Realityを用いた仕掛け絵本とコミュニケーションの可能性ー ~, 小松原 崚, 小木曽 友梨, 中川 隆, 映情学技報, vol. 42, (no. 12) 141 - 144,   2018年03月
  • Seeing from Things ~ 全天球実写映像におけるトランジション表現に着目したVR体験 ~, 太田 拓, 富石 鈴華, 早野 楓香, 中川 隆, 映情学技報, vol. 42, (no. 12) 123 - 123,   2018年03月
  • MUCCAプロジェクトの活動: タブレット端末を用いた複合現実表現の可能性, 中川 隆, 濵野 峻行, 芸術工学への誘い : 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科紀要, vol. 22,   2018年03月
  • ``Development of a System to Generate Artificial Ambiance based on Entropy,'' , H. Ohmura, T. Shibayama, M. Yuasa, T. Hamano, and R. Nakagawa., Proceedings of the 10th International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART 2018),, Vol. 1,   2018年01月, 査読有り
  • VRとニューロフィードバックによるマインドフルネス実践システムの検討, 長谷川 阿華把,小松原 崚,中川 隆, 情報処理学会 インタラクション2017論文集,   2017年03月, 第20回一般社団法人情報処理学会シンポジウム (インタラクション2017)
  • 音による雰囲気と色による雰囲気の関係についての検討, 大村 英史, 湯浅 将英, 中川 隆, 信学技報, 117, (72) 19 - 22,   2017年, 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 「コミュニケーションと雰囲気」
  • AEVE: An Audiovisual Experience Using VRHMD and EEG, Ryu Nakagawa, Shotaro Hirata, NIME 2017 Papers and Posters Proceedings,   2017年, 査読有り
  • 複合現実によるマルチプレイ・オーディオビジュアル表現システム“MUSICAR”について, 小松原 崚, 中川 隆, 先端芸術音楽創作学会会報, Vol.8, (No.3) 12 - 15,   2016年12月, 第30回JSSA研究会 (インターカレッジ・ソニックアーツ・フェスティバル 2016)
  • “MUCCA”: an Integrated Educational Platform for Generative Artwork and Collaborative Workshops, T. Hamano, T. Kawamura, R. Nakagawa and K Furukawa., Proceedings of the 42st International Computer Music Conference,   2016年06月, 査読有り
  • 空間楽器: 全身没入型ワイヤレスVR環境におけるインタラクティブ・オーディオビジュアル・システムの試作, 中川 隆, 松本 直也, 古川 聖, 情報処理学会 インタラクション2016論文集,   2016年03月, 第19回一般社団法人情報処理学会シンポジウム (インタラクション2016)
  • Musical chord progression and alpha band desynchronization of EEG, Gen Hori, Takayuki Hamano, Hidefumi Ohmura, Ryu Nakagawa, Kiyoshi Furukawa, Kazuo Okanoya, CogMIR 2016,   2016年
  • 3Dプリンターを活用した芸術教育の可能性, 中川 隆, 山口芸術短期大学研究紀要, 47,   2015年
  • Creating a place as a medium for musical communication using multiple electroencephalography, T. Hamano, H. Ohmura, R. Nakagawa, H. Terasawa, R. Hoshi-Shiba, K. Okanoya, and K. Furukawa, Proceeding of Joint 40th International Computer Music Conference (ICMC) and 11th Sound and Music Computing (SMC),   2014年09月, 査読有り
  • ‘it’s almost a song...’ For Brain-Player and Clarinet, Kiyoshi Furukawa, Takayuki Hamano, Hiroko Terasawa, Reiko Hoshi-Shiba, Ryu Nakagawa and Tomasz Rutkowski, The 2013 edition of the New Interfaces for Musical Expression (NIME2013),   2013年, Concert performance, 2013.

受賞

  •   2006年04月, 高橋芸友会賞
  •   2004年03月, サロン・ド・プランタン賞

競争的資金

  • 複合現実における空間音描手法の開拓, 日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(C),   2018年04月 - 2021年03月, 中川 隆
  • 芸術表現に適した脳波計と脳波分析方法の開発, 日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(C),   2017年04月 - 2020年03月, 寺澤洋子
  • タブレット端末用音楽創作ソフトウェアが創り出す新しい場, 公益財団法人稲盛財団, 研究助成,   2016年04月 - 2018年03月, 中川 隆
  • 共鳴の輪の中で:音楽の場とその形成について, 日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B),   2015年04月 - 2018年03月, 古川 聖
  • 聴覚的リズムと視覚的リズムの交錯による新しい認知の形式, 公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団, 研究助成 B,   2013年04月 - 2014年03月, 中川 隆

その他

  •   2018年04月, 【国際デモ公募展】Laval Virtual ReVolution 2018, MR体験作品出品(共同), Laval Virtual 2018, Laval, France
  •   2017年12月, 【企画展】N/O/W/H/E/R/E – ニューメディアの場所(ユートピア)をめぐって, MR体験作品出品(共同), N/O/W/H/E/R/E – ニューメディアの場所(ユートピア)をめぐって,東京藝術大学
  •   2016年, 【掲載】芸術科学会誌「DiVA41号」DiVAディスプレイ, 作品解説映像・テキスト掲載(共同),芸術科学会誌「DiVA41号」DiVAディスプレイ, p.35.
  •   2016年09月, 【企画展】名古屋電子音響音楽コンサート“プチット・フォルム, VR体験作品出品(共同), 名古屋電子音響音楽コンサート“プチット・フォルム”,名古屋市立大学
  •   2015年07月, 【企画展】音の宇宙 〜つくる、みせる、あわせる〜 by .pf, ワークショップ実施・作品展示(共同), みんなのアート,ぎふメディアコスモス,ワークショップ開催期間: 2015年7月19, 20日, 作品展示期間:2015年7月21日–8月16日
  •   2015年, 【企画展】脳波ビジュアリゼーション&ソニフィケーション体験:Brain Dreams Music - 脳が夢みる音楽 by .pf, 体験型作品展示(共同)アートイベント六本木アートナイト2015, ヒルズカフェ/スペース,六本木
  •   2014年, 【企画展】“garden with cognitive dissonance”-“認知的不協和の庭, インスタレーション作品出品(共同), art space kimura ASK?企画展, art space kimura ASK?, 東京
  •   2012年, 【パフォーマンス】岡ノ谷情動情報プロジェクトOEIP成果発表会「情動から感情へ:心の動きの法則を求めて」, パフォーマンス作品における視覚表現担当(共同), JST主催,東京フォーラム ホールD5, 東京
  •   2012年, 【パフォーマンス】東京藝術大学 芸術大学交流演奏会2012 世界の芸術大学~ベルリン芸術大学とともに~, パフォーマンス作品における視覚表現担当(共同), 東京藝術大学主催演奏会,東京藝術大学奏楽堂, 東京
  •   2011年, 【企画展】鷹見明彦追悼展, CG作品出品(単独), 表参道画廊企画展,表参道画廊+MUSEE F, 表参道
  •   2010年, 【企画展】data and vision, インスタレーション作品出品(単独),粟田大輔企画展, AKI Gallery, 台北
  •   2010年, 【企画展】災厄の星-Unstern!/Sinistre-, インスタレーション作品出品(単独), 鷹見明彦企画展, 表参道画廊+MUSEE F, 表参道,
  •   2009年, 【博士展】東京芸術大学大学院美術研究科博士審査展, インスタレーション作品出品(単独),東京藝術大学主催, 東京藝術大学大学美術館, 上野
  •   2007年, 【音響デザイン】第1回リスボン建築トリエンナーレ帰国展, 音響デザイン(単独), リビングデザインセンターOZONE, 新宿
  •   2007年, 【プロジェクト参加】Man With a Movie Camera: The Global Remake, 映像制作(共同), Perry Bird主催, グローバル映像プロジェクト特派メンバー
  •   2005年, 【企画展】Reflex, インスタレーション作品出品(単独), 東京藝術大学絵画科油画技法材料研究室主催美術展, 東京藝術大学大学美術館陳列館, 上野
  •   2005年, 【企画展】Voice of Site NY-Tokyo, インスタレーション作品出品(単独), ON/Megumi Akiyoshi, Kate Gilmore企画展, Visual Arts Gallry, ニューヨーク
  •   2005年, 【自主企画展】Short Short -6 Short Exhibitions-, インスタレーション作品出品(単独), 東京藝術大学絵画科油画技法材料研究室主催美術展, 東京藝術大学絵画棟1F展示スペース, 東京
  •   2004年, 【企画展】Voice of Site Tokyo - Chicago - NY, インスタレーション作品出品(単独), 東京藝術大学主催, 東京藝術大学大学美術館陳列館, 東京
  •   2004年, 【企画イベント】Second Lobby, インスタレーション作品出品(単独), BULLET'S企画イベント, BULLET'S, 六本木
  •   2004年, 【企画展】谷中日和, インスタレーション作品出品(単独), Gallery J2企画展,Gallery J2, 上野
  •   2001年, 【企画展】第1回森岳Art Contemporanous, パフォーマンス作品における音響担当(共同), 木下悌二企画現代美術展『第1回森岳Art Contemporanous』,森岳商店街, 長崎

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 「バーチャルリアリティ技術と芸術表現」, 講師, 名古屋市立大学・千種生涯学習センター,   2017年11月24日 - 2017年11月24日
  • 「数学と芸術学から不確実性に迫る〜不確実性を知ることで見えてくるものとは?〜」, 講師, 名古屋市立大学,   2015年10月24日 - 2015年10月24日
  • 「脳波がつくり出す『創造』の世界」, 講師, 福島大学付属中学校,   2013年08月31日 - 2013年08月31日, 福島大付属中学生のための第3回学術文化体験講座「脳波がつくり出す『創造』の世界」講師。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.