Researcher Database


Freeword

NAKAGAWA Ryu

FacultyGraduate School of Design and Architecture Informatics and Media Design
PositionAssociate Professor
Mail
HomepageURLhttp://nakagawalab.com
Birthday
Last Updated :2019/10/12

Researcher Profile and Settings

Profile & Settings

    Research funding number:60631124

Education

  •   2006 04  - 2010 03 , Tokyo University of the Arts, Graduate School of Fine Arts, doctoral program
  •   2004 04  - 2006 03 , Tokyo University of the Arts, Graduate School of Fine Arts, master’s degree program
  •   2000 04  - 2004 03 , Tokyo University of the Arts, Faculity of Fine Arts, Painting, Oil Painting

Degree

  • Doctor of Philosophy, Tokyo University of the Arts

Association Memberships

  • The Society for Art and Science
  • The Virtual Reality Society of Japan
  • Japanese Association OF MINDFULNESS
  • Association for Computing Machinery

Academic & Professional Experience

  •   2015 04  - 現在, Nagoya City University, Graduate School of Design and Architecture, Associate Professor
  •   2014 04  - 2015 03 , Yamaguchi College of Arts, Department of Arts Expression, Lecturer
  •   2012 07  - 2014 03 , JST-ERATO Okanoya Emotional Information Project, 2012-2014, Research Assistant
  •   2012 04  - 2014 03 , Tokyo University of the Arts, Department of Intermedia Art, Researcher
  •   2010 04  - 2014 03 , Musashino Art University, Department of Imaging Arts and Sciences, Lecturer

Research Activities

Research Areas

  • Art studies, Art at large

Research Interests

    Art, Contemporary Art, New media art, XR, Mixed Reality, Virtual Reality, Audiovisual art

Misc

  • Drawing Sound in MR Space, Ryu Nakagawa, Ryo Komatsubara, Taku Ota, Ken Sonobe, Takahisa Mitsumori, Katsutoshi Hata, and Hidefumi Ohmura, Proceedings of SIGGRAPH’19 Virtual, Augmented, and Mixed Reality, Article No. 18,   2019 07 , Refereed
  • A Mobile VR Museum of SATREPS BHUTAN Project - A Public Information VR Content of SATREPS BHUTAN Project for Bhutanese People -, Sayuri Ohashi, Taku Ota and Ryu Nakagawa, TE Tech. Rep, vol. 43, (no. 9) 165 - 168,   2019 03
  • Multimodal ConnectoR : A Multiplayer Audiovisual System using Mixed-Reality, Ryo Komatsubara, Ryu Nakagawa, NICOGRAPH 2018,   2018 11 , Refereed
  • Seeing from Things ver.2, OTA Taku, TOMIISHI Suzuka, HAYANO Fuuka, NAKAGAWA Ryu, NICOGRAPH 2018,   2018 11 , Refereed
  • Air Maestros: A Multi-User Audiovisual Experience Using MR, Ryu Nakagawa, Ryo Komatsubara, Taku Ota, Hidefumi Ohmura, SUI '18 Proceedings of the Symposium on Spatial User Interaction,   2018 10 , Refereed
  • Drawing Sound in MR Space: A Multi-User Audiovisual Experience in Mixed Reality Space, Ryu Nakagawa, Ryo Komatsubara, Taku Ota, Takahisa Mitsumori, VRIC '18 Proceedings of the Virtual Reality International Conference - Laval Virtual, Article No. 20,   2018 04 , Refereed
  • A Virtual Reality Content for Disaster Mitigation Education in Bhutan, Sayuri Ohashi, Taku Ota and Ryu Nakagawa, TE Tech. Rep., vol. 42, (no. 12) 145 - 148,   2018 03
  • Wander and Wonder ~ A pop-up book using mixed reality and the possibilities of communication using it ~, Ryo Komatsubara, Yuri Kogiso and Ryu Nakagawa, ITE Tech. Rep., vol. 42, (no. 12) 141 - 144,   2018 03
  • Seeing from Things ~ A virtual reality experience focusing on film transition of 360-degree video ~, Taku Ota, Suzuka Tomiishi, Fuuka Hayano and Ryu Nakagawa, ITE Tech. Rep., vol. 42, (no. 12) 123 - 123,   2018 03
  • MUCCAプロジェクトの活動: タブレット端末を用いた複合現実表現の可能性, Ryu Nakagawa, Takayuki Hamano, 芸術工学への誘い : 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科紀要, vol. 22,   2018 03
  • ``Development of a System to Generate Artificial Ambiance based on Entropy,'' , H. Ohmura, T. Shibayama, M. Yuasa, T. Hamano, and R. Nakagawa., Proceedings of the 10th International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART 2018),, Vol. 1,   2018 01 , Refereed
  • 音による雰囲気と色による雰囲気の関係についての検討, 大村 英史, 湯浅 将英, 中川 隆, 信学技報, 117, (72) 19 - 22,   2017 06 , 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 「コミュニケーションと雰囲気」
  • AEVE: An Audiovisual Experience Using VRHMD and EEG, Ryu Nakagawa, Shotaro Hirata, NIME 2017 Papers and Posters Proceedings,   2017 05 , Refereed
  • VRとニューロフィードバックによるマインドフルネス実践システムの検討, 長谷川 阿華把,小松原 崚,中川 隆, 情報処理学会 インタラクション2017論文集,   2017 03 , 第20回一般社団法人情報処理学会シンポジウム (インタラクション2017)
  • 複合現実によるマルチプレイ・オーディオビジュアル表現システム“MUSICAR”について, 小松原 崚, 中川 隆, 先端芸術音楽創作学会会報, Vol.8, (No.3) 12 - 15,   2016 12 , 第30回JSSA研究会 (インターカレッジ・ソニックアーツ・フェスティバル 2016)
  • Musical chord progression and alpha band desynchronization of EEG, Gen Hori, Takayuki Hamano, Hidefumi Ohmura, Ryu Nakagawa, Kiyoshi Furukawa, Kazuo Okanoya, CogMIR 2016,   2016 08
  • “MUCCA”: an Integrated Educational Platform for Generative Artwork and Collaborative Workshops, T. Hamano, T. Kawamura, R. Nakagawa and K Furukawa., Proceedings of the 42st International Computer Music Conference,   2016 06 , Refereed
  • 空間楽器: 全身没入型ワイヤレスVR環境におけるインタラクティブ・オーディオビジュアル・システムの試作, 中川 隆, 松本 直也, 古川 聖, 情報処理学会 インタラクション2016論文集,   2016 03 , 第19回一般社団法人情報処理学会シンポジウム (インタラクション2016)
  • Possibilities for Art Education Using 3D Printers, NAKAGAWA Ryu, 山口芸術短期大学研究紀要, 47,   2015 03
  • Creating a place as a medium for musical communication using multiple electroencephalography, T. Hamano, H. Ohmura, R. Nakagawa, H. Terasawa, R. Hoshi-Shiba, K. Okanoya, and K. Furukawa, Proceeding of Joint 40th International Computer Music Conference (ICMC) and 11th Sound and Music Computing (SMC),   2014 09 , Refereed
  • ‘it’s almost a song...’ For Brain-Player and Clarinet, Kiyoshi Furukawa, Takayuki Hamano, Hiroko Terasawa, Reiko Hoshi-Shiba, Ryu Nakagawa and Tomasz Rutkowski, The 2013 edition of the New Interfaces for Musical Expression (NIME2013),   2013 05

Awards & Honors

  •   2018 03 , 映像表現・芸術科学フォーラム, 優秀発表賞
  •   2018 03 , 映像表現・芸術科学フォーラム, CG-ARTS人材育成パートナー企業賞
  •   2006 04 , 高橋芸友会賞
  •   2004 03 , サロン・ド・プランタン賞

Research Grants & Projects

  • 複合現実における空間音描手法の開拓, 日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(C),   2018 04  - 2021 03 , NAKAGAWA Ryu
  • 芸術表現に適した脳波計と脳波分析方法の開発, 日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(C),   2017 04  - 2020 03 , 寺澤洋子
  • Creating a Shared Space Using a Music Creation Software for Tablet Devices, Inamori Foundation, Research Grants,   2016 04  - 2018 03 , NAKAGAWA Ryu
  • 共鳴の輪の中で:音楽の場とその形成について, 日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤研究(B),   2015 04  - 2018 03 , 古川 聖
  • A form of new cognition by intersection of auditory rhythm and visual rhythm, HAYAO NAKAYAMA Foundation for Science & Technology and Culture, research grants B,   2013 04  - 2014 03 , NAKAGAWA Ryu

Others

  •   2019 08 , 【イベント・展示】VRクリエイティブアワード 2019, 薗部健、中川隆,Encounters, ファイナリスト作品出品, デジタルハリウッド大学, 東京
  •   2019 07 , 【国際会議(査読有)・展示】SIGGRAPH 2019, Ryu Nakagawa, Ryo Komatsubara, Taku Ota, Ken Sonobe, Takahisa Mitsumori, Katsutoshi Hata, and Hidefumi Ohmura, Drawing Sound in MR Space, Immersive Pavilion - Virtual, Augmented, and Mixed Reality Program (Village), Los Angeles Convention Center, Los Angeles
  •   2019 03 , 【国内会議・ポスター】映像表現・芸術科学フォーラム 2019, 大橋 さゆり, 太田 拓, 中川 隆, A Mobile VR Museum of SATREPS BHUTAN Project ~ ブータン国民に向けたSATREPS(ブータン)プロジェクトの広報用VRコンテンツ ~, 早稲田大学, 東京
  •   2018 11 , 【国内会議・ポスター】NICOGRAPH 2018, 太田 拓, 富石 鈴華, 早野 楓香, 中川 隆, Seeing from Things ver.2, 九州大学, 福岡
  •   2018 11 , 【国内会議・ポスター】NICOGRAPH 2018, 小松原 崚, 中川 隆, Multimodal ConnectoR: 複合現実によるマルチプレイ・オーディオビジュアル表現システム, 九州大学, 福岡
  •   2018 10 , 【国際会議(査読有)・デモ】ACM Spatial User Interaction (SUI) 2018, Ryu Nakagawa, Ryo Komatsubara, Taku Ota, Hidefumi Ohmura, Air Maestros: A Multi-User Audiovisual Experience Using MR, Park Inn By Radisson Alexanderplatz Berlin, Germany
  •   2018 04 , 【国際会議(査読有)・展示】Laval Virtual ReVolution 2018, Ryu Nakagawa, Ryo Komatsubara, Taku Ota, Takahisa Mitsumori, Drawing Sound in MR Space: A Multi-User Audiovisual Experience in Mixed Reality Space , Laval Virtual 2018, Laval, France
  •   2018 03 , 【国内会議・ポスター】映像表現・芸術科学フォーラム 2018, 太田 拓, 富石 鈴華, 早野 楓香, 中川 隆, Seeing from Things ~ 全天球実写映像におけるトランジション表現に着目したVR体験 ~, 東京工科大学, 東京
  •   2018 03 , 【国内会議・ポスター】映像表現・芸術科学フォーラム 2018, 小松原 崚, 小木曽 友梨, 中川 隆, Wander and Wonder ~ ーMixed Realityを用いた仕掛け絵本とコミュニケーションの可能性ー ~, 東京工科大学, 東京
  •   2018 03 , 【国内会議・ポスター】映像表現・芸術科学フォーラム 2018, 大橋 さゆり, 太田 拓, 中川 隆, ブータンにおける減災教育用VRコンテンツ, 東京工科大学, 東京
  •   2017 12 , 【展覧会・展示】N/O/W/H/E/R/E – ニューメディアの場所(ユートピア)をめぐって, 中川隆、小松原崚、太田拓、光森貴久, Draw Sound in MR Space, N/O/W/H/E/R/E – ニューメディアの場所(ユートピア)をめぐって,東京藝術大学
  •   2017 05 , 【国際会議(査読有)・デモ】NIME 2017, Ryu Nakagawa, Shotaro Hirata, AEVE: An Audiovisual Experience Using VRHMD and EEG, Aalborg University Copenhagen, Denmark
  •   2017 03 , 【国内会議・展示】インターカレッジ・ソニックアーツ・フェスティバル 2016, 小松原 崚,中川 隆,MusicaR, 名古屋市立大学,愛知
  •   2017 03 , 【国内会議・デモ】インタラクション2017, 長谷川 阿華把,小松原 崚,中川 隆,VRとニューロフィードバックによるマインドフルネス実践システムの検討,明治大学,東京
  •   2016 09 , 【イベント・展示】名古屋電子音響音楽コンサート“プチット・フォルム, 中川隆、平田昌太郎,AEVE: An Audiovisual Experience Using VRHMD and EEG, 名古屋電子音響音楽コンサート“プチット・フォルム”,名古屋市立大学
  •   2016 12 , 【掲載】芸術科学会誌「DiVA41号」DiVAディスプレイ, 中川隆、松本直也、平田昌太朗, AEVE: An Audiovisual Experience Using VRHMD and EEG, 作品解説映像掲載,芸術科学会誌「DiVA41号」DiVAディスプレイ, p.35.
  •   2016 03 , 【国内会議・デモ】インタラクション2016, 中川 隆, 松本 直也, 古川 聖,空間楽器: 全身没入型ワイヤレスVR環境におけるインタラクティブ・オーディオビジュアル・システムの試作,科学技術館,東京
  •   2015 07 , 【展示・ワークショップ】みんなの森 ぎふメディアコスモス開館記念事業「みんなのアート それぞれのらしさ」, 古川聖、濵野峻行、中川隆「音の宇宙〜つくる、みせる、あわせる〜」,ワークショップ実施・作品展示(共同), ワークショップ開催期間: 2015年7月19, 20日, 作品展示期間:2015年7月21日–8月16日
  •   2015 04 , 【イベント・展示】六本木アートナイト2015, 古川聖, 濱野峻行, 中川隆, 堀玄, 寺澤洋子, 二藤宏美, 柴玲子, 大村英史, 柴山拓郎,脳波ビジュアリゼーション&ソニフィケーション体験, Brain Dreams Music - 脳が夢みる音楽 by .pf, 体験型作品展示, ヒルズカフェ/スペース,六本木
  •   2014 09 , 【国際会議(査読有)・展示】ICMC 2014, K. Furukawa, T. Hamano, H. Ohmura, R. Nakagawa, H. Terasawa, R. Hoshi-Shiba, K. Okanoya, “it’s almost a song...” an audio-visual installation for three EEG systems and Clarinet, Athens, Greece
  •   2014 03 , 【展覧会・展示】“garden with cognitive dissonance”-“認知的不協和の庭”, 中川隆,古川聖,“garden with cognitive dissonance”-“認知的不協和の庭”, art space kimura ASK?企画展, art space kimura ASK?, 東京
  •   2013 05 , 【国際会議(査読有)・パフォーマンス】NIME 2013, Kiyoshi Furukawa, Takayuki Hamano, Hiroko Terasawa, Reiko Hoshi-Shiba, Ryu Nakagawa and Tomasz Rutkowski, ‘it’s almost a song...’ For Brain-Player and Clarinet, KAIST, Daejeon, Korea
  •   2012 10 , 【イベント・パフォーマンス】岡ノ谷情動情報プロジェクトOEIP成果発表会「情動から感情へ:心の動きの法則を求めて」, 脳波音楽プロジェクトにおける視覚表現担当,JST主催,東京フォーラム ホールD5, 東京
  •   2012 07 , 【イベント・パフォーマンス】東京藝術大学 芸術大学交流演奏会2012 世界の芸術大学~ベルリン芸術大学とともに~, 「《それはほとんど歌のように》弦楽四重奏と脳波楽器のための(古川聖) 」における視覚表現担当(共同), 東京藝術大学主催演奏会,東京藝術大学奏楽堂, 東京
  •   2011 10 , 【展覧会・展示】鷹見明彦追悼展, CG作品出品, 表参道画廊企画によるグループ展,表参道画廊+MUSEE F, 表参道
  •   2010 06 , 【展覧会・展示】data and vision, インスタレーション作品出品,美術批評家・粟田大輔氏による企画グループ展(出品作家:大庭大介、利部志穂、栗山斉、小牟田悠介、中川隆、山本努), AKI Gallery, 台北
  •   2010 03 , 【展覧会・展示】災厄の星-Unstern!/Sinistre-, インスタレーション作品出品, 美術批評家・鷹見明彦氏による企画グループ展(出品作家:白井美穂、奥村綱雄、中川隆), 表参道画廊+MUSEE F, 表参道,
  •   2009 12 , 【展覧会・展示】東京芸術大学大学院美術研究科博士審査展, インスタレーション作品出品,東京藝術大学主催,東京藝術大学大学美術館,上野
  •   2007 , 【プロジェクト参加】Man With a Movie Camera: The Global Remake, 映像制作,Perry Bird主催, グローバル映像プロジェクト(http://dziga.perrybard.net),特派メンバー ,関連記事(https://www.ejumpcut.org/archive/jc52.2010/FeldmanVertov/index.html)
  •   2007 , 【展覧会・音響デザイン】第1回リスボン建築トリエンナーレ帰国展, 音響デザイン, リビングデザインセンターOZONE, 新宿
  •   2005 , 【展覧会・展示】Short Short -6 Short Exhibitions-, インスタレーション作品出品, 東京藝術大学絵画科油画技法材料研究室主催美術展, 東京藝術大学絵画棟1F展示スペース, 東京
  •   2005 , 【展覧会・展示】Voice of Site NY-Tokyo, インスタレーション作品出品, ON/Megumi Akiyoshi, Kate Gilmore企画展, Visual Arts Gallry, ニューヨーク
  •   2005 , 【展覧会・展示】Reflex, インスタレーション作品出品(単独), 東京藝術大学絵画科油画技法材料研究室主催美術展, 東京藝術大学大学美術館陳列館, 上野
  •   2004 , 【展覧会・展示】谷中日和, インスタレーション作品出品, Gallery J2企画展,Gallery J2, 上野
  •   2004 , 【イベント・展示】Second Lobby, インスタレーション作品出品, BULLET'S企画イベント, BULLET'S, 六本木
  •   2004 , 【展覧会・展示】Voice of Site Tokyo - Chicago - NY, インスタレーション作品出品, 東京藝術大学主催, 東京藝術大学大学美術館陳列館, 東京
  •   2001 , 【展覧会・展示】第1回森岳Art Contemporanous, パフォーマンス作品における音響担当, 木下悌二企画現代美術展『第1回森岳Art Contemporanous』,森岳商店街, 長崎

Social Contribution Activities Information

Social Contribution

  • ”VR technology and Art expression”, Lecturer, 名古屋市立大学・千種生涯学習センター,   2017 11 24
  • 「数学と芸術学から不確実性に迫る〜不確実性を知ることで見えてくるものとは?〜」, Lecturer, 名古屋市立大学,   2015 10 24
  • 「脳波がつくり出す『創造』の世界」, Lecturer, 福島大学付属中学校,   2013 08 31 , 福島大付属中学生のための第3回学術文化体験講座「脳波がつくり出す『創造』の世界」講師。


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.