研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

日比 陽子ヒビ ヨウコ

所属部署医学研究科高度医療教育研究センター
職名准教授(診療担当)
メールアドレスyokohmed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

学歴

  • 1992年04月 - 1994年03月, 名古屋市立大学大学院, 薬学研究科修士課程
  • 1994年04月 - 1997年03月, 名古屋市立大学大学院, 薬学研究科博士課程

学位

  • 博士(薬学), 名古屋市立大学

所属学協会

  • 日本薬学会
  • 日本薬理学会
  • 日本癌学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本基礎老化学会
  • 日本生化学会
  • 日本病院薬剤師会
  • 日本医療薬学会
  • 日本神経精神薬理学会
  • 日本神経化学会
  • 愛知県病院薬剤師会
  • Society for Neuroscience
  • 日本神経科学学会

経歴

  •   1997年06月01日 - 2001年07月31日, 名古屋市立大学大学院薬学研究科 助手
  •   2001年08月01日 - 2002年12月31日, 国立長寿医療センター研究所老年病研究部 流動研究員
  •   2003年01月01日 - 2005年09月30日, 平成14年度採用 日本学術振興会特別研究員PD(国立長寿医療センター研究所老年病研究部)
  •   2005年10月01日 - 2007年03月30日, 国立長寿医療センター研究所再生再建医学研究部 流動研究員
  •   2007年04月01日 - 2009年03月30日, 平成19年度採用 財団法人長寿科学振興財団 リサーチレジデント(名古屋大学医学部附属病院薬剤部・大学院医学系研究科医療薬学講座)
  •   2009年04月01日 - 2010年04月30日, 名古屋大学医学部附属病院薬剤部・大学院医学系研究科医療薬学講座 GCOE特任助教
  •   2010年05月 - 2014年03月, 名古屋大学医学部附属病院薬剤部 特任助教
  •   2014年04月 - 2018年03月, 名古屋大学医学部附属病院, 薬剤部, 薬剤師
  •   2018年04月 - 現在, 名古屋市立大学大学院, 医学研究科・薬学研究科, 准教授

研究活動情報

論文

  • Neuronal PAS domain protein 4 (Npas4) controls neuronal homeostasis in pentylenetetrazole-induced epilepsy through the induction of Homer1a., Shan W, Nagai T, Tanaka M, Itoh N, Furukawa-Hibi Y, Nabeshima T, Sokabe M, Yamada K, Journal of neurochemistry, 145, (1) 19 - 33,   2018年04月, 査読有り
  • Behavioral impairment in SHATI/NAT8L knockout mice via dysfunction of myelination development., Sumi K, Uno K, Noike H, Tomohiro T, Hatanaka Y, Furukawa-Hibi Y, Nabeshima T, Miyamoto Y, Nitta A, Scientific reports, 7, (1) ,   2017年12月, 査読有り
  • Decreased DNA methylation in the Shati/1 Nat8l promotor in both patients with schizophrenia and a methamphetamine-induced murine model of schizophrenia, Uno K., Kikuchi Y., Uehara T., Matsuoka T., Sumiyoshi T., Furukawa-Hibi Y., Nabeshima T., Miyamoto Y., Nitta A., PLoS One. , 11, (6) ,   2016年, 査読有り
  • Conditioned medium from the stem cells of human dental pulp improves cognitive function in a mouse model of Alzheimer's disease., Mita T, Furukawa-Hibi Y, Takeuchi H, Hattori H, Yamada K, Hibi H, Ueda M, Yamamoto A, Behavioural brain research, 293, 189 - 197,   2015年10月, 査読有り
  • Induction of neuronal axon outgrowth by Shati/Nat8l by energy metabolism in mice cultured neurons., Sumi K, Uno K, Matsumura S, Miyamoto Y, Furukawa-Hibi Y, Muramatsu S, Nabeshima T, Nitta A, Neuroreport, 26, (13) 740 - 746,   2015年09月, 査読有り
  • Stress increases DNA methylation of the neuronal PAS domain 4 (Npas4) gene., Furukawa-Hibi Y, Nagai T, Yun J, Yamada K, Neuroreport, 26, (14) 827 - 832,   2015年09月, 査読有り
  • Aberrant DNA methylation is associated with a poor outcome in juvenile myelomonocytic leukemia., Sakaguchi H, Muramatsu H, Okuno Y, Makishima H, Xu Y, Furukawa-Hibi Y, Wang X, Narita A, Yoshida K, Shiraishi Y, Doisaki S, Yoshida N, Hama A, Takahashi Y, Yamada K, Miyano S, Ogawa S, Maciejewski JP, Kojima S. , PLoS One. , 10, (12) ,   2015年, 査読有り
  • [Practical program to gather patient information from a diversified perspective and provide appropriate therapies in practical hospital training]., Tsubai T, Noda Y, Hibi Y, Mouri A, Nishikawa S, Yamada K, Nakao M, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 135, (3) 507 - 518,   2015年, 査読有り
  • Alteration of gene expression and DNA methylation in drug-resistant gastric cancer., Maeda O, Ando T, Ohmiya N, Ishiguro K, Watanabe O, Miyahara R, Hibi Y, Nagai T, Yamada K, Goto H, Oncology reports, 31, (4) 1883 - 1890,   2014年04月, 査読有り
  • Npas4 Regulates Mdm2 and thus Dcx in Experience-Dependent Dendritic Spine Development of Newborn Olfactory Bulb Interneurons., Yoshihara S., Takahashi H., Nishimura N., Kinoshita M., Asahina R., Kitsuki M., Tatsumi K., Furukawa-Hibi Y., Hirai H., Nagai T., Yamada K., Tsuboi A. , Cell Reports , 8, (3) 843 - 857,   2014年, 査読有り
  • Overexpression of Shati/Nat8l, an N-acetyltransferase, in the nucleus accumbens attenuates the response to methamphetamine via activation of group II mGluRs in mice., Miyamoto Y., Ishikawa Y., Iegaki N., Sumi K., Fu K., Sato K., Furukawa-Hibi Y., Muramatsu S., Nabeshima T., Uno K., Nitta A., Int. J. Neuropsychopharmacol. , 17, (8) 1283 - 1294,   2014年, 査読有り
  • Deletion of SHATI/NAT8L increases dopamine D1 receptor on the cell surface in the nucleus accumbens, accelerating methamphetamine dependence., Toriumi K., Kondo M., Nagai T., Hashimoto R., Ohi K., Song Z., Tanaka J., Mouri A., Koseki T., Yamamori H., Furukawa-Hibi Y., Mamiya T., Fukushima T., Takeda M., Nitta A., Yamada K., Nabeshima T. , Int. J. Neuropsychopharmacol. , 17, (3) 443 - 453,   2014年, 査読有り
  • SHATI/NAT8L regulates neurite outgrowth via microtubule stabilization., Toriumi K., Ikami M., Mouri A., Koseki T., Ibi D., Furukawa-Hibi Y., Nagai T., Mamiya T., Nitta A., Yamada K. and Nabeshima T., J. Neurosci. Res., 91, (12) 1525 - 1532,   2013年, 査読有り
  • Correlation of CYP2C19 Phenotype with Voriconazole Plasma Concentration in Children, Narita A., Muramatsu H., Sakaguchi H., Doisaki S., Tanaka M., Hama A., Shimada A., Takahashi Y., Yoshida N., Matsumoto K., Kato K., Kudo K., Furukawa-Hibi Y., Yamada K. and Kojima S., J. Pediat. Hematol. Onc. , 35, (5) 219 - 223,   2013年, 査読有り
  • Neuronal PAS domain protein 4 (Npas4) regulates neurite outgrowth and phosphorylation of synapsin I. , Yun, J., Nagai, T., Furukawa-Hibi, Y., Kuroda, K., Kaibuchi, K. and Yamada, K., J. Biol. Chem., 288, (4) 2655 - 2664,   2013年, 査読有り
  • [Functional analysis of stress-responsible transcription factor Npas4 in stress-induced brain dysfunction]., Nagai T, Yun J, Ibi D, Koike H, Hibi Y, Yamada K, Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 139, (4) 147 - 151,   2012年04月, 査読有り
  • Transcriptional suppression of the neuronal PAS domain 4 (Npas4) gene by stress via the binding of agonist-bound glucocorticoid receptor to its promoter., Furukawa-Hibi, Y., Yun, J., Nagai, T. and Yamada, K. , J. Neurochem., 123, (5/6) 866 - 875,   2012年, 査読有り
  • Absence of SHATI/Nat8l reduces social interaction in mice., Furukawa-Hibi, Y., Nitta, A., Fukumitsu, H., Somiya, H., Toriumi, K., Furukawa, S., Nabeshima, T. and Yamada, K., Neurosci. Lett. , 526, (2) 79 - 84,   2012年, 査読有り
  • Somatic mosaicism for oncogenic NRAS mutations in juvenile myelomonocytic leukemia., Doisaki, S., Muramatsu, H., Shimada, A., Takahashi, Y., Mori-Ezaki, M., Sato, M., Kawaguchi, H., Kinoshita, A., Sotomatsu, M., Hayashi, Y., Furukawa-Hibi, Y., Yamada, K., Hoshino, H., Kiyoi, H., Yoshida, N., Sakaguchi, H., Narita, A., Wang, X., Ismael, O., Xu, Y., Nishio, N., Tanaka, M., Hama, A., Koike, K. and Kojima, S., Blood, 120, (7) 1485 - 1488,   2012年, 査読有り
  • Using peripheral blood circulating DNAs to detect CpG global methylation status and genetic mutations in patients with myelodysplastic syndrome., Iriyama, C., Tomita, A., Hoshino, H., Shirahata, M., Furukawa-Hibi, Y., Yamada, K., Kiyoi, H., Naoe, T., Biochem Biophys Res Commun, 419, (4) 662 - 669,   2012年, 査読有り
  • Periocular injection of in situ hydrogels containing Leu-Ile, an inducer for neurotrophic factors, promotes retinal ganglion cell survival after optic nerve injury, Nakatani, M., Shinohara, Y., Takii, M., Mori, H., Asai, N., Nishimura, S., Furukawa-Hibi, Y., Miyamoto, Y., Nitta, A., Experimental Eye Research, 93, (6) 873 - 879,   2011年, 査読有り
  • Butyrylcholinesterase inhibitors ameliorate cognitive dysfunction induced by amyloid-β peptide in mice., Furukawa-Hibi, Y., Alkam T., Nitta, A., Matsuyama, A., Mizoguchi, H., Suzuki, K., Moussaoui, S., Yu, Q-S., Greig, N., Nagai, T. and Yamada, K., Behavioural Brain Research, 225, (1) 222 - 229,   2011年, 査読有り
  • The hydrophobic dipeptide Leu-Ile inhibits immobility induced by repeated forced swimming via the induction of BDNF., Furukawa-Hibi, Y., Nitta, A., Ikeda, T., Morishita, K., Liu W, Ibi D., Alkam, T., Nabeshima, T., and Yamada, K., Behavioural Brain Research, 220, (2) 271 - 280,   2011年, 査読有り
  • [Identification of Piccolo as a regulator of behavioral plasticity and dopamine transporter internalization]., Nitta A, Hibi Y, Miyamoto Y, Nabeshima T, Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence, 45, (6) 525 - 529,   2010年12月, 査読有り
  • Over expression of Piccolo C2A domain induces depresstion-like behavior in mice., Furukawa-Hibi, Y., Nitta, A., Fukumitsu, Y., Somiya, H., Furukawa, S., Nabeshima, T., Yamada, K., Neuroreport, 21, (18) 1117 - 1181,   2010年, 査読有り
  • Oral supplementation with Leu-Ile, a hydrophobic dipeptide, prevents the impairement of memory induced by amyloid beta in mice via restraining the hyperphosphorylation of extracellular signal-regulated kinase,, Alkam, T., Nitta, A., Furukawa-Hibi, Y., Niwa, M., Mizoguchi, H, Yamada, K., Nabeshima, T., Behavioural Brain Research, 210, (2) 184 - 190,   2010年, 査読有り, 招待有り
  • [Possible relation of BDNF and GDNF to neuropsychiatric disorders]., Hibi Y, Nitta A, Nabeshima T, Yamada K, Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology, 29, (2) 85 - 89,   2009年04月, 査読有り
  • SIRT1 is critical regulator of FOXO-mediated transcription in response to oxidative stress., Kobayashi Y, Furukawa-Hibi Y, Chen C, Horio Y, Isobe K, Ikeda K, Motoyama N, International journal of molecular medicine, 16, (2) 237 - 243,   2005年08月, 査読有り
  • SIRT1 is critical regulator for FOXO-mediated gene transcription in response to oxidative stress, Kobayashi, Y.*, Furukawa-Hibi, Y.*, Chen, C.*, Horio, Y., Isobe, K., Ikeda, K., Motoyama, N., J. Mol. Med., 16,   2005年, 査読有り
  • FOXO forkhead transcription factors induce G2-M checkpoint in response to oxidative stress., Furukawa-Hibi, Y., Yoshida-Araki, K., Ohta, T., Ikeda, K., and Motoyama, N., J. Biol. Chem., 277, (30) 26729 - 26732,   2002年, 査読有り
  • Calcium signals in rat bashophilic leukemia (RBL-2H3) cells primed with the neuropeptide substance P., Furukawa, Y., Furuno, T., Teshima, R., and Nakanishi, M., Biol. Pharm. Bull., 24, (9) 1060 - 1063,   2001年, 査読有り
  • Mutational analysis of the C-terminal signal peptide of bovine liver 5'-nucleotidase for GPI-anchoring. A study on significance of the hydrophilic spacer region., Furukawa, Y., Tsukamoto, K., Ikezawa, H., Biochim. Biophys. Acta, 1328,   1997年, 査読有り
  • Mutational analysis of the COOH-terminal hydrophobic domain of bovine liver 5'-nucleotidase as a signal for glycosylphosphatidylinositol (GPI) anchor attachment., Furukawa, Y., Tamura, H., Ikezawa, H., Biochim. Biophys. Acta, 1190, (2) 273 - 278,   1994年, 査読有り
  • Purification and cDNA cloning of bovine liver 5'-nucleotidase, a GPI-anchored protein, and its expression in COS cells., Suzuki, K., Furukawa, Y., Tamura, H., Ejiri, N., Suematsu, H., Taguchi, R., Nakamura, S., Suzuki, Y., Ikezawa, H., J. Biochem., 113,   1993年, 査読有り

MISC

  • アルツハイマー型認知症治療薬について, 日比陽子, ファルマシア, 49,   2013年, 招待有り
  • DNAメチル化と正常大腸 -特にfield cancerizationについて-, 前田 修、安藤貴文、石黒和博、渡辺 修、日比陽子、永井 拓、山田清文、舩坂好平、宮原良二、大宮直木、後藤秀実、Jean-Pierre J.Issa, 生物物理化学, 56,   2012年
  • ストレスにより誘発される脳機能障害とストレス応答性転写因子Npas4の機能解析, 永井 拓、尹 在錫、衣斐大祐、小池宏幸、日比陽子、山田清文, 日本薬理学雑誌, 139,   2012年
  • 神経系におけるブチリルコリンエステラーゼの機能, 日比陽子、山田清文, Clinical Neuroscience, 30,   2012年, 招待有り
  • ストレスによる精神疾患の発症にDNAメチル化が関与する, 日比陽子, ファルマシア, 47,   2011年07月01日, 招待有り
  • 第2回認定実務実習指導者連絡会報告, 日比 陽子, 愛知県病院薬剤師会雑誌, 39,   2011年
  • 名古屋大学医学部附属病院における6年制実務実習の特色, 日比陽子、葛谷孝文、重野克郎、椿井 朋、野田幸裕、山田清文, 愛知県病院薬剤師会雑誌, 39,   2011年, 招待有り
  • 薬物依存におけるピッコロの役割, 新田淳美、日比陽子、宮本嘉明、鍋島俊隆, 日本アルコール・薬物医学会雑誌, 45,   2010年
  • 脳由来神経栄養因子およびグリア細胞由来神経栄養因子と神経精神疾患との関係., 日比陽子、新田淳美、鍋島俊隆、山田清文, 日本神経精神薬理学雑誌, 29,   2009年, 招待有り
  • FOXO Transcription factors in cell cycle regulation and the response to oxidative stress., Furukawa-Hibi Y., Kobayashi Y, Chen C, Motoyama N., Antioxid. Redox Signal., 7,   2005年, 招待有り
  • 酸化ストレスによるフォークヘッド型転写因子FOXOファミリーの活性制御, 日比(古川)陽子、小林 洋介、本山 昇, 基礎老化研究, 29,   2005年, 招待有り
  • 11th CongressoftheInternationalAssociation ofBiomedicalGerontology(IABG)参加記, 日比 陽子, 基礎老化研究, 29,   2005年, 招待有り

書籍等出版物

  • 薬学生のための病院実務実習ワークブック 第2版, 共著, 分担執筆, 第4章 病棟実習(薬物血中濃度モニタリング(TDM)実習), じほう,   2013年03月

講演・口頭発表等

  • 名古屋大学医学部附属病院の新コアカリキュラム実務実習に向けた調査 ~主に「代表的な8疾患」の経験について~, 日比陽子、伊藤教道、梅村 朋、堀場崇志、白松貴子、吉見 陽、野田幸裕、山田清文, 日本薬学会第138年会,   2018年03月25日
  • 名古屋大学医学部附属病院における実務実習の現状 ~新コアカリキュラム実習に向けて~, 日比陽子、伊藤教道、椿井 朋、白松貴子、吉見 陽、野田幸裕、山田清文, 医療薬学フォーラム2017,   2017年07月01日
  • 脳神経疾患に対するジペプチドLeu-Ileの効果について, 日比陽子、アルカム トルソン、鍋島俊隆、新田淳美, 第18回応用薬理シンポジウム,   2016年08月05日
  • 名古屋大学医学部附属病院における実務実習, 日比陽子、伊藤教道、矢野亨治、野田幸裕、毛利彰宏、椿井 朋、西川佐紀子、山田清文, 医療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム,   2015年07月04日
  • メマンチンはアミロイドβ誘発性認知機能障害を改善する, 日比陽子、山田清文, 第24回日本医療薬学会年会,   2014年09月27日
  • 名古屋大学医学部附属病院における実務実習スケジュール改訂, 日比陽子、矢野亨治、椿井 朋、西川佐紀子、野田幸裕、毛利彰宏、山田清文, 日本薬学会第134年会,   2014年03月28日
  • 長期ストレスはGABA神経関連転写因子Npas4遺伝子のDNAメチル化を亢進する, 日比(古川) 陽子、永井 拓、山田 清文, 第23回日本臨床精神神経薬理学会・第43回日本神経精神薬理学会合同年会,   2013年10月24日
  • 脳特異的転写因子Npas4欠損マウスにおける異常行動とGABA作動性神経系マーカーの変化, 日比(古川) 陽子、横井 順平、永井 拓、山田 清文, 第123回日本薬理学会近畿部会,   2013年07月12日
  • Transcriptional suppression of the neuronal PAS domain 4 (Npas4) gene by stress via glucocorticoid receptor in the brain, Yoko Hibi, Jaesuk Yun, Taku Nagai, and Kiyofumi Yamada, 11th WFSBP,   2013年06月23日
  • グルココルチコイド受容体は神経分化関連因子NPAS4の転写を直接抑制する, Yoko Hibi, Jaesuk Yun, Taku Nagai, and Kiyofumi Yamada, 第86回日本薬理学会,   2013年03月21日
  • Glucocorticoid reduces the gene expression of neuronal PAS domain 4 (Npas4) in the brain., Yoko Hibi, Jaesuk Yun, Taku Nagai, and Kiyofumi Yamada, ASCB2012,   2012年12月15日
  • Stress regulates the gene expression of neuronal transcription factor Npas4 via glucocorticoid, Yoko Hibi, Jaesuk Yun, Taku Nagai, and Kiyofumi Yamada, 第4回GCOE国際シンポジウム,   2012年11月15日
  • Transcriptional regulation of neuronal PAS domain 4 (NPAS4) by glucocorticoid receptor, Yoko Hibi, Jaesuk Yun, Taku Nagai, and Kiyofumi Yamada, The 11th APSN The 55th JSN,   2012年09月30日
  • Stress regulates the gene expression of neuronal PAS domain 4 (Npas4), via glucocorticoid receptor., Yoko Hibi, Jaesuk Yun, Taku Nagai, and Kiyofumi Yamada:, CINP2012,   2012年06月03日
  • 名古屋大学医学部附属病院における薬学部学生の長期実務実習カリキュラムの見直し, 日比陽子、葛谷孝文、重野克郎、椿井 朋、野田幸裕、山田清文, 日本薬学会第132年会,   2012年03月28日
  • グルココルチコイドによる転写因子NPAS4の発現抑制機構, 日比 陽子、ユン ジェスク、永井 拓、山田 清文, 第7回統合失調症学会,   2012年03月16日
  • ブチリルコリンエステラーゼ阻害剤のアミロイドベータ誘発性認知機能障害改善効果, 日比(古川)陽子、アルカム・トルソン、新田淳美、松山明裕、永井拓、山田清文, 第85回日本薬理学会年会,   2012年03月14日
  • 神経発達関連転写因子NPAS4の発現調節機構の解明, 日比(古川)陽子、ユン ジェスク、永井 拓、 山田 清文, 第34回日本分子生物学会年会,   2011年12月13日
  • 名古屋大学医学部附属病院における実務実習初年度の成果と平成23年度の新たな試み, 日比陽子、葛谷孝文、重野克郎、椿井 朋、野田幸裕、 山田清文, 第21回日本医療薬学会年会,   2011年10月01日
  • Stress reduces the expression of transcription factor, neuronal PAS domain 4 (NPAS4)., Yoko Hibi, Jaesuk Yun, Taku Nagai, Kiyofumi Yamada, AsCNP,   2011年09月23日
  • The Role of Npas4 in Neurite Outgrowth and phosphorylation of Synapsin I, Jaesuk Yun, Taku Nagai, Yoko Hibi, Keisuke Kuroda, Kozo Kaibuchi, Kiyofumi Yamada, AsCNP2011,   2011年09月23日
  • Role of a novel molecule ,shati, in animal model of dystonia, Eriko Saika, Yoshiaki Miyamoto, Yoko Furukawa-Hibi, Shin-ichi Muramatsu, Toshitaka Nabeshima, and Atsumi Nitta., AsCNP2011,   2011年09月23日
  • Overexpressions of, shati, in the dorsal striatum or nucleus accumbens affect emotional behaviors in mice, Noriyuki Iegaki, Yoshiaki Miyamoto, Yudai Ishikawa, Yoko Furukawa-Hibi, Shin-ichi Muramatsu, Toshitaka Nabeshima and Atsumi Nitta., AsCNP2011,   2011年09月23日
  • OVER EXPRESSION OF PICCOLO C2A DOMAIN INDUCES DEPRESSION-LIKE BEHAVIOR IN MICE, Atsumi Nitta, Yoko Furukawa-Hibi and Toshitaka Nabeshima., AsCNP2011,   2011年09月23日
  • ストレスによるneuronal PAS domain 4 (NPAS4)の転写制御 , Yoko Hibi, Jaesuk Yun, Taku Nagai, Kiyofumi Yamada, Neuroscience 2011,   2011年09月14日
  • 神経発達関連転写因子NPAS4のストレスによる転写抑制機構の解明, 日比(古川)陽子、ユン ジェスク、永井 拓、 山田 清文, 第119回日本薬理学会近畿部会,   2011年07月08日
  • ストレスによる脳特異的転写因子NPAS4の転写抑制機構の解明, 日比(古川)陽子、Yun Jaesk、永井拓、山田清文, 第84回日本薬理学会年会,   2011年03月22日
  • Stress regulates the expression of neuronal PAS domain 4 (NPAS4), Yoko Hibi, Jaesk Yun, Taku Nagai, Kiyofumi Yamada, GCOEグローバルリトリート,   2011年02月25日
  • ストレスによる脳特異的転写因子NPAS4の転写抑制機構の解析, 日比-古川 陽子、Yun Jaesk、永井 拓、山田 清文, BMB2010(第33回日本分子生物学会年会、第83回日本生化学会合同年会),   2010年12月07日
  • 名古屋大学付属病院における6年制実務実習の特色~利点と問題点~, 日比陽子、葛谷孝文、重野克郎、椿井 朋、野田幸裕、山田清文, 日本薬学会東海支部会,   2010年11月28日
  • 脳特異的転写因子NPAS4はストレスにより転写抑制される, 日比(古川)陽子、Jaesk Yun、永井拓、山田清文, 第118回日本薬理学会近畿部会,   2010年11月19日
  • 名古屋大学医学部附属病院における6年制実務実習, 日比陽子、葛谷孝文、重野克郎、椿井 朋、野田幸裕、山田清文, 第20回日本医療薬学会年会,   2010年11月13日
  • Neuronal PAS domain 4 (NPAS4)のストレスによる転写制御機構の解明, 日比陽子、Yun Jaesk、早川浩史、永井拓、山田清文, GCOE第3回国内シンポジウム,   2010年11月05日
  • ブチリルコリンエステラーゼ阻害剤はアミロイドベータにより誘発される認知機能障害を改善する, 日比(古川)陽子、アルカム トルソン、新田淳美、松山明裕、Nigel H. Greig、永井拓、山田清文, 第20回日本臨床精神神経薬理学会第40回日本神経精神薬理学会 合同年会,   2010年09月15日
  • アミロイドベータにより誘導されるチロシンニトロ化に対するアセチルコリンエステラーゼ阻害剤の効果, 日比(古川)陽子、アルカム・トルソン、新田淳美、松山明裕、永井拓、山田清文, 第33回日本基礎老化学会,   2010年06月18日
  • Dipeptide Leu-Ile inhibits immobility induced by repeated forced swimming via induction of BDNF. , Furukawa-Hibi, Y., Nitta, A., Ikeda, T., Morishita, K., Nabeshima, T. and Yamada, K., The 6th Nagoya / Nanjing / Shenyang Symposium of Pharmaceutical Sciences,   2009年09月14日
  • Oxidative stress induces the FOXO activation by dephosphorylation. , Furukawa-Hibi, Y., Ito, Y., Matsumoto, M., Iemura, S.-I., Natsume, T., Watanabe, K., Nitta, A. and Motoyama, N., 37th Annual Meeting of Society for Neuroscience,   2007年11月03日
  • Nuclear Accumulation of FOXO in Response to Oxidative Stress Is Regulated by Protein Phosphatase 2A., Yoko Furukawa-Hibi, Shun-ichiro Iemura, Tohru Natsume, Ken Watanabe and Noboru Motoyama., 2006 Gordon Research Conference, Aging, Biology Of,   2006年
  • Oxidative stress activates the forkhead transcription factor, FOXO family, Yoko Furukawa-Hibi, Yosuke Kobayashi, Kyoji Ikeda, Noboru Motoyama, 2004 Spring Conference of the Korean Society for Gerontology and the 4th Korea-Japan Gerontologist Joint Meeting,   2004年
  • Forkhead transcription factors activate the stress-inducible gene GADD45 in response to oxidative stress, Yoko Furukawa-Hibi, Kiyomi Yoshida-Araki, Tsutomu Ohta, Kyoji Ikeda, Noboru Motoyama, Cold Spring Harbor Laboratory Molecular Genetics of Aging meeting (CSHL),   2002年
  • Mutational analysis of the C-terminal Signal peptide of bovine liver 5'-nucleotidase for the GPI-anchoring, Yoko Furukawa, Kikuo Tsukamoto, Hiroh Ikezawa, 37th International Conference on the Biochemistry of Lipids (ICBL),   1996年

特許

  • 眼科用薬剤, 中谷正義,篠原結子,平林美紀,鈴森千智,西村茂,新田淳美,日比陽子, 特願2008-206491, 特許5340667

競争的資金

  • ストレス感受性転写因子NPAS4を標的とした神経精神疾患治療薬の開発, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業,   2017年04月 - 2020年03月, 日比 陽子
  • ストレス感受性転写因子NPAS4の機能破綻による精神疾患発症機構の解析, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業,   2014年04月 - 2018年03月, 日比 陽子
  • ストレスによる精神疾患発症における脳特異的転写因子NPAS4の役割, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業,   2011年04月 - 2014年03月, 日比 陽子
  • 認知機能障害モデルマウスを用いた治療薬の開発とその作用機序の解明, 科学研究費助成事業,   2009年04月 - 2010年03月, アミロイドベータを脳室内投与したモデルマウスに新規物体認知試験を行うと、認知記憶の低下が認められる。このモデルを用い、認知機能改善薬の薬効解析を行った。アミロイドベータの投与は海馬蛋白質のニトロ化など酸化ストレスを引き起こすが、認知機能改善薬の数日投与により、この海馬蛋白質ニトロ化が抑制された。
  • 神経・精神疾患に関与する新規分子の機能解明および臨床応用への可能性, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業,   2009年04月 - 2010年03月, 新田淳美
  • 新規薬物依存タンパクshatiの生理機能解析, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業,   2009年04月 - 2010年03月, 新田淳美
  • フォークヘッド型転写因子FOXOの機能解析, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業,   2004年01月 - 2005年10月, 細胞分化や細胞保護作用を示すFOXOファミリー転写因子が酸化ストレスにより脱リン酸化されて核局在し、脱アセチル化酵素SIRT1で脱リン酸化され活性化することを明らかにした。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.