研究者データベース

木谷 名都子 (キタニ ナツコ)

  • 経済学研究科経済学専攻 准教授
Last Updated :2020/08/07

研究者情報

学位

  • M.Phil in History(ストラスクライド大学)
  • 博士(学術)(大阪外国語大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • 綿花   ボンベイ   英領インド   イギリス帝国   

研究分野

  • 人文・社会 / 経済史
  • 人文・社会 / ヨーロッパ史、アメリカ史
  • 人文・社会 / アジア史、アフリカ史

経歴

  • 2011年4月- 名古屋市立大学大学院経済学研究科 准教授
  • 2008年4月-2011年3月 名古屋市立大学大学院経済学研究科 専任講師
  • 2007年10月-2008年3月 大阪大学外国語学部 非常勤講師
  • 2005年4月-2007年9月 大阪外国語大学 非常勤講師
  • 2005年4月-2008年3月 立命館大学 非常勤講師

学歴

  • 2000年04月 - 2005年03月   大阪外国語大学   大学院言語社会研究科
  • 2000年09月 - 2002年06月   ストラスクライド大学

所属学協会

  • 大阪大学西洋史学会   アジア政経学会   日本南アジア学会   日本西洋史学会   社会経済史学会   

研究活動情報

論文

  • 1930年代の国際経済秩序をめぐる研究動向 ―イギリス帝国特恵関税体制(オタワ体制)の意義をめぐって―
    オイコノミカ 52 3 81 - 88 2016年
  • The Network of Entrepreneurs in Bombay in the 1920s
    木谷名都子
    オイコノミカ 第47巻 第3・4号 43 - 72頁 2011年
  • 両大戦間期インドにおける農業繁栄と工業発展 ―1926年・1932年関税委員会による政策提言を通じて―
    木谷名都子
    パブリック・ヒストリー 第6号 63 - 79頁 2009年
  • 1930年代前半のイギリス帝国と日本の通商関係 ―日英通商交渉(1933-34年)の挫折要因をめぐる分析を通して―
    木谷名都子
    EX-ORIENTE Vol. 14 271 - 294頁 2007年
  • 1930年代前半のインド棉花輸出問題に関するタークルダースの見解 ―タークルダース・ペーパーの紹介を通じて―
    木谷名都子
    アジア太平洋論叢 第17号 131 - 148頁 2007年
  • インド棉花輸出問題から観た英印民間会商と第一次日印会商 ―1930年代前半の対英特恵関税問題再考―
    木谷名都子
    社会経済史学 第71巻 第6号 25 - 47頁 2006年

書籍

  • 「ジャングル・ブック ―イギリスの支配とインドの対応―」
    山川出版社 2015年 ISBN: 9784634640740 
    藤川隆男・後藤敦史編『アニメで読む世界史2』第7章
  • 「植民地支配下のインドにおける資本家の動向 ―1930年代を中心に―」
    晃洋書房 2015年 ISBN: 9784771026186 
    井上泰夫編著『日本とアジアの経済成長』第4章
  • 「帝国経済の対立と宥和 ―日印会商(1933-34年)をめぐる日英印の三国関係―」
    東京大学出版会 2007年 ISBN: 9784130301442 
    籠谷直人氏との共著、石田憲編『傍聴する帝国 拡散する帝国 ―第二次大戦に向かう日英とアジア』第二章
  • 大阪外国語大学博士論文シリーズVol.34 Cotton, Tariffs and Empire: the Indo-British Trade Relationship and the Significance of Japan in the First Half of the 1930s
    木谷 名都子 大阪外国語大学言語社会学会 2005年10月

講演・口頭発表等

  • 「1930~40年代におけるインドの対応 ―イギリス・アメリカ・日本との経済関係において―」  [招待講演]
    木谷 名都子
    経済・政治外交史研究会 2015年01月
  • 第二次世界大戦前後におけるイギリスの戦後経済体制の模索  [通常講演]
    広島史学研究会大会西洋史部会 2013年10月 口頭発表(一般)
  • 「1930年代における日英印通商関係 ―イギリスと日本の間でインドはどう対応したか―」  [通常講演]
    木谷 名都子
    イギリス史研究会第23回例会シンポジウム 2011年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • "Japan's Presence in the Indo-British Trade Relationship in the 1930s"  [通常講演]
    木谷 名都子
    The International Workshop on Historical and Institutional Approach to Modern Capitalism 2008年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 1920年代のボンベイにおける企業家ネットワーク  [通常講演]
    第46回経営史学会中部ワークショップ 2008年05月 口頭発表(一般)
  • 1850年代~1920年代のボンベイにおける企業家活動  [通常講演]
    日本南アジア学会第18回全国大会 2005年10月 口頭発表(一般)
  • 対インド経済政策をめぐるランカシャー綿業利害と日本の存在 ―1933年英印民間会商とリース・モーディー協定をめぐって―  [通常講演]
    日本西洋史学会第54回全国大会 2004年05月 口頭発表(一般)
  • 第一次日印会商と英印関係の変容 ―インド原棉問題をめぐって―  [通常講演]
    社会経済史学会第72回全国大会 2003年06月 口頭発表(一般)

MISC

  • 書評「神田さやこ著『塩とインド―市場・商人・イギリス東インド会社』」
    木谷 名都子 『経営史学』 53 (1) 51 -54 2018年 [招待有り]
  • 書評「ロバート・ロス著、平田雅博訳『洋服を着る近代―帝国の思惑と民族の選択―』」
    木谷 名都子 『社会経済史学』 83 (2) 147 -149 2017年08月 [招待有り]
  • 書評「I. ウォーラーステイン著、川北稔訳『近代世界システムⅣ ―中道自由主義の勝利 1789-1914―』」
    木谷 名都子 『社会経済史学』 80 (4) 159 -161 2015年 [招待有り]
  • 書評「上田知亮著『植民地期インドのナショナリズムとイギリス帝国観 ―ガーンディー以前の自治構想―』」
    木谷 名都子 『西洋史学』 (254) 80 -82 2014年 [招待有り]
  • 'India's Response to the Paradox of British Imperialism during the Inter-War Period'
    木谷 名都子 Discussion Paper No. 529, The Society of Economics, Nagoya City University 2011年
  • 新刊紹介「藤川隆男編『白人とは何か? ホワイトネス・スタディーズ入門』刀水書房、2005年」
    木谷 名都子 『パブリック・ヒストリー』 2006年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • インド経済成長過程の歴史的背景
    科学研究費補助金・若手研究(B)
    研究期間 : 2012年04月 -2015年03月 
    代表者 : 木谷名都子
  • 近代アジアにおける植民地都市と商業・金融・情報ネットワーク
    科学研究費補助金・基盤研究(B)
    研究期間 : 2010年04月 -2013年03月 
    代表者 : 脇村孝平; 木谷名都子
  • 「アフリカ諸国の脱植民地化と経済成長過程の比較歴史学的研究」
    創価大学次世代共同研究プロジェクト
    研究期間 : 2009年04月 -2011年03月 
    代表者 : 前川一郎
  • 1930年代における英印経済関係の変容と日本の果たした役割
    科学研究費補助金・若手研究(スタートアップ)(2009年度)/科学研究費補助金・研究活動スタート支援(2010年度)
    研究期間 : 2009年04月 -2011年03月 
    代表者 : 木谷名都子

社会貢献活動

  • 講演「インドおよび日本との関係からみるイギリス帝国経済」
    期間 : 2018年05月22日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 愛知日英協会
  • 愛知県立大学・名古屋市立大学連携事業 公開授業「イギリス帝国の支配構造とインド経済」
    期間 : 2018年01月26日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛知県立大学(協力:名古屋市立大学)
  • 市民公開講座
    期間 : - 2016年11月03日
    主催者・発行元 : 名古屋市立大学事務局学術課
     名古屋市立大学桜山キャンパス医学研究科・医学部研究棟11階講義室A 平成28年度名古屋市立大学第5回市民公開講座「自然を拓く東海の歴史」討論・司会
  • 愛知県立大学・名古屋市立大学連携事業
    期間 : - 2016年01月22日
    主催者・発行元 : 愛知県立大学(協力:名古屋市立大学)
     愛知県立大学 公開授業「イギリスの帝国支配 ―インドとの関係を中心に―」講師
  • 第26回 愛知サマーセミナー2014
    期間 : - 2014年07月19日
    主催者・発行元 : 第26回愛知サマーセミナー実行委員会
     名古屋市立大学 「世界経済のなかのイギリス ―その歴史と現在―」講師
  • 名古屋市女性会館連携講座「女性と経済 ~今こそ女性のチカラを生かすとき~」
    期間 : - 2014年06月20日
    主催者・発行元 : 名古屋市女性会館(イーブルなごや)・名古屋市立大学経済学研究科
     名古屋市女性会館(イーブルなごや) 第4回「アジアの経済成長と日本」講師
  • 授業公開
    期間 : - 2014年01月15日
    主催者・発行元 : 名古屋市立大学経済学部
     名古屋市立大学滝子キャンパス3号館201教室 平成25年度後期経済学部専門科目「経済史Ⅱ」授業公開担当

その他

  • 2019年03月 - 2019年03月  「インドの工業発展とイギリス」 
    中部経済新聞オープンカレッジ、2019年3月22日
  • 2019年01月 - 2019年01月  「100年前の世界で何が起きていたか」 
    名古屋市立大学経済学部e-column
  • 2017年06月 - 2017年06月  「世界経済の中のイギリス」 
    中部経済新聞オープンカレッジ、2017年6月9日
  • 2016年01月 - 2016年01月  「インド企業と日本」 
    中部経済新聞オープンカレッジ、2016年1月22日
  • 2015年03月 - 2015年03月  「イギリス帝国と日本の通商関係」 
    中部経済新聞オープンカレッジ、2015年3月18日
  • 2014年02月 - 2014年02月  「産業革命と貿易 ―何が変わったのか―」 
    名古屋市立大学経済学部e-column
  • 2013年04月 - 2013年04月  「日印経済関係の歴史的背景」 
    中部経済新聞オープンカレッジ、2013年4月8日
  • 2011年 - 2011年  ラナ・ミッター著、木谷名都子訳「日中戦争前後のイギリス外交と中国観の変容」 
    西村成雄・石島紀之・田嶋信雄編『日中戦争の国際共同研究4 国際関係のなかの日中戦争』第9章、慶應義塾大学出版会、翻訳
  • 2003年 - 2003年  B. R. トムリンソン著、木谷名都子訳「「関係の悪化」? ―1950-70年の英印経済関係―」 
    水島司・秋田茂編『現代南アジア6 世界システムとネットワーク』第3章、東京大学出版会、翻訳
  • 1999年 - 1999年  ステフェン・アヴリル著、秋田茂・木谷名都子訳「中国および”非西洋”世界の歴史研究に関する最近の研究動向」 
    『現代中国研究』第4号、63-87頁、翻訳

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.