研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

河野 孝夫コウノ タカオ

所属部署薬学研究科病態生化学分野
職名講師
メールアドレスtkohnophar.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://www.phar.nagoya-cu.ac.jp/hp/bsk/indexj1.html
生年月日
Last Updated :2020/01/09

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:70581742
    ORCID ID:0000-0003-2557-4281

学歴

  •  - 2010年, 名古屋市立大学大学院薬学研究科博士後期課程 修了
  •  - 2007年, 名古屋市立大学大学院薬学研究科博士前期課程 修了
  •  - 2005年, 名城大学, 薬学部, 薬学科 卒業

学位

  • 名古屋市立大学大学院薬学研究科博士後期課程 修了/博士(薬学)

所属学協会

  • 日本薬学会
  • 日本生化学会
  • 日本神経科学学会
  • Society for Neuroscience

経歴

  • 2016- 名古屋市立大学大学院薬学研究科 講師
  • 2010-2016 名古屋市立大学大学院薬学研究科 助教
  • 2008-2010 日本学術振興会特別研究員

研究活動情報

研究分野

  • 神経科学, 神経生理学・神経科学一般
  • 薬学, 生物系薬学

研究キーワード

    大脳皮質, 神経細胞, 神経細胞移動, 樹状突起, 神経回路形成, リーリン, プロテオリシス, プロテアーゼ, アルツハイマー病, 精神疾患

論文

  • Expression and Preparation of Recombinant Reelin and ADAMTS-3 Proteins., Kohno T, Ogino H, Yamakage Y, Hattori M, Methods in molecular biology, 2043, 93 - 104,   2020年, 査読有り
  • Assay for Reelin-Cleaving Activity of ADAMTS and Detection of Reelin and Its Fragments in the Brain., Ogino H, Yamakage Y, Yamashita MB, Kohno T, Hattori M, Methods in molecular biology , 2043, 105 - 111,   2020年, 査読有り
  • Semaphorin 6A–Plexin A2/A4 interactions with radial glia regulate migration termination of superficial layer cortical neurons, Hatanaka Y, Kawasaki T, Abe T, Shioi G, Kohno T, Hattori M, Sakakibara A, Kawaguchi Y, Hirata T, iScience, 21, 359 - 374,   2019年, 査読有り
  • A disintegrin and metalloproteinase with thrombospondin motifs 2 cleaves and inactivates Reelin in the postnatal cerebral cortex and hippocampus, but not in the cerebellum., Yamakage Y, Kato M, Hongo A, Ogino H, Ishii K, Ishizuka T, Kamei T, Tsuiji H, Miyamoto T, Oishi H, Kohno T, Hattori M, Molecular and cellular neurosciences, 100,   2019年09月, 査読有り
  • Differential binding of anti-Reelin monoclonal antibodies reveals the characteristics of Reelin protein under various conditions., Ishii K, Kohno T, Hattori M, Biochemical and biophysical research communications,   2019年05月, 査読有り
  • Reducing ADAMTS-3 Inhibits Amyloid β Deposition in App Knock-in Mouse., Yamakage Y, Tsuiji H, Kohno T, Ogino H, Saito T, Saido TC, Hattori M, Biological & pharmaceutical bulletin, 42, (3) 354 - 356,   2019年, 査読有り
  • Reelin deficiency leads to aberrant lipid composition in mouse brain., Mizukami T, Ikeda K, Shimanaka Y, Korogi K, Zhou C, Takase H, Tsuiji H, Kono N, Kohno T, Arai H, Arita M, Hattori M, Biochemical and biophysical research communications,   2018年09月, 査読有り
  • Genetic and animal model analyses reveal the pathogenic role of a novel deletion of RELN in schizophrenia., Sobue A, Kushima I, Nagai T, Shan W, Kohno T, Aleksic B, Aoyama Y, Mori D, Arioka Y, Kawano N, Yamamoto M, Hattori M, Nabeshima T, Yamada K, Ozaki N, Scientific reports, 8, (1) ,   2018年08月, 査読有り
  • Secreted Metalloproteinase ADAMTS-3 Inactivates Reelin, Ogino H., Hisanaga A., Kohno T., Kondo Y., Okumura K., Kamei T., Sato T., Asahara H., Tsuiji H., Fukata M., and Hattori M., The Journal of Neuroscience, 22, 3181 - 3191,   2017年, 査読有り
  • Determination of cleavage site of Reelin between its sixth and seventh repeat and contribution of meprin metalloproteases to the cleavage., Sato, Y., Kobayashi, D., Kohno, T., Kidani, Y., Prox, J., Becker-Pauly, C., and Hattori,M., J. Biochem, 159, (3) 305 - 312,   2016年, 査読有り
  • Mice that lack the C-terminal region of Reelin exhibit behavioral abnormalities related to neuropsychiatric disorders., Sakai K, Shoji H, Kohno T, Miyakawa T, Hattori M, Sci Rep., 6, (28636) ,   2016年, 査読有り
  • CUB and Sushi multiple domains 3 regulates dendrite development., Mizukami T, *Kohno T, Hattori M., Neurosci Res., 110, 11 - 17,   2016年, 査読有り, *Corresponding author
  • The C-terminal region of Reelin is necessary for proper positioning of a subset of Purkinje cells in the postnatal cerebellum, Nakamura K., Beppu M., Sakai K., Yagyu H., Matsumaru S., Kohno T., and Hattori M., Neuroscience, (336) 20 - 29,   2016年, 査読有り
  • Importance of Reelin C-Terminal Region in the Development and Maintenance of the Postnatal Cerebral Cortex and Its Regulation by Specific Proteolysis, Kohno T, Honda T, Kubo KI, Nakano Y, Tsuchiya A, Murakami T, Banno H, Nakajima K, Hattori M, J. Neurosci., 35, (11) 4776 - 4787,   2015年, 査読有り
  • Cleavage within Reelin Repeat 3 Regulates the Duration and Range of the Signaling Activity of Reelin Protein., Koie M, Okumura K, Hisanaga A, Kamei T, Sasaki K, Deng M, Baba A, Kohno T, Hattori M., J Biol Chem., 289, (18) 12922 - 12930.,   2014年, 査読有り
  • Aberrant fragment of Dab1 protein is present in yotari mouse., Onoue A, Takeuchi M, Kohno T, Hattori M., Neurosci Res., 88, 23 - 27,   2014年, 査読有り
  • Differential localization of sphingomyelin synthase isoforms in neurons regulates sphingomyelin cluster formation., Kidani Y, Ohshima K, Sakai H, Kohno T, Baba A, Hattori M., Biochem Biophys Res Commun., 417, (3) 1014 - 1017,   2012年, 査読有り
  • A disintegrin and metalloproteinase with thrombospondin motifs 4 (ADAMTS-4) cleaves Reelin in an isoform-dependent manner., Hisanaga A, Morishita S, Suzuki K, Sasaki K, Koie M, Kohno T, Hattori M., FEBS Lett., 586, (19) 3349 - 3353,   2012年, 査読有り
  • Functional importance of covalent homodimer of reelin protein linked via its central region., Yasui N, Kitago Y, Beppu A, Kohno T, Morishita S, Gomi H, Nagae M, Hattori M, Takagi J., J Biol Chem., 286, (40) 35247 - 35256,   2011年, 査読有り
  • Re-evaluation of protease activity of reelin., Kohno T, Hattori M., Biol Pharm Bull., 33, (6) 1047 - 1049,   2010年, 査読有り
  • Mechanism and significance of specific proteolytic cleavage of Reelin., Kohno S, Kohno T, Nakano Y, Suzuki K, Ishii M, Tagami H, Baba A, Hattori M., Biochem Biophys Res Commun., 380, (1) 93 - 97,   2009年, 査読有り
  • C-terminal region-dependent change ofantibody-binding to the eighth Reelin repeat reflects the signalingactivity of Reelin., Kohno T, NakanoY, Kitoh N, Yagi H, Kato K, Baba A, Hattori M., J Neurosci Res., 87, (14) 3043 - 3053,   2009年, 査読有り
  • The extremely conserved C-terminal region of Reelinis not necessary for secretion but is required for efficient activation of downstream signaling., Nakano Y, Kohno T, Hibi T, Kohno S, Baba A, Mikoshiba K, Nakajima K, Hattori M., J Biol Chem., 282, (28) 20544 - 20552,   2007年, 査読有り

MISC

  • 分泌タンパク質リーリン分解酵素の同定と応用, 河野 孝夫、服部 光治, 酵素トランスデューサーと酵素技術展開,   2019年11月
  • リーリンによるアルツハイマー病抵抗メカニズムと,リーリン分解酵素の特定, 山影 祐子、河野 孝夫、服部 光治, アルツハイマー病発症メカニズムと新規診断法・創薬・治療開発,   2018年08月
  • 分泌タンパク質リーリン分解酵素の同定と応用, 河野 孝夫、服部 光治, BIO INDUSTRY, 1,   2018年
  • Regulatory Mechanisms and Physiological Significance of Reelin Function., Kohno T, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 137, (10) 1233 - 1240,   2017年
  • 脳の大きさは何によって制御されるのか?, 河野 孝夫, ファルマシア, 52,   2016年
  • 巨大分泌タンパク質リーリンによる神経細胞移動の制御機構, 河野孝夫、服部光治, 生化学, 88, (1) 105 - 113,   2016年
  • リーリン, 河野 孝夫、服部 光治, 脳科学辞典,   2013年
  • 「細胞外シグナル分子リーリンの分解機構と生理的意義」, 河野孝夫、服部光治, 生化学, 82, (10) 963 - 971,   2010年

講演・口頭発表等

  • 大脳皮質形成におけるリーリンの機能制御機構, 河野孝夫、服部光治, 第92回日本生化学会大会,   2019年09月19日
  • Roles of Reelin in neocortical formation, Takao Kohno, 2018 NCU life science retreat,   2018年08月30日
  • 脳機能改善を目指した、巨大分泌タンパク質リーリンの活性制御, 河野孝夫、服部光治, 2017年度生命科学系学会合同年次大会 (ConBio2017),   2017年12月06日
  • 巨大分泌タンパク質リーリンの機能は、ADAMTS-3による特異的切断により制御される, 河野孝夫、荻野ひまり, 久永有紗, 近藤佑多, 築地仁美, 服部光治, 日本薬学会第137年会,   2017年03月24日
  • 巨大分泌蛋白質リーリンの機能制御機構と、その生理的意義の解明, 河野孝夫, 第62回日本薬学会東海支部会,   2016年07月09日, 招待あり
  • 巨大分泌蛋白質リーリンのC末端領域を介した大脳皮質形成機構, 河野孝夫、本田岳夫、久保健一郎、中野良美、土屋綾香、村上達郎、阪野英幸、仲嶋一範、服部光治, 第61回日本薬学会東海支部総会・大会,   2015年07月04日
  • 精神神経疾患の治療を目指した、リーリンの特異的分解機構の解明, 河野孝夫, 第57回日本薬学会関東支部大会,   2013年10月26日, 招待あり
  • 脳の形成を司る細胞外因子リーリンのプロテオリシスによる機能制御機構の解明, 河野孝夫、本田岳夫、久保健一郎、中野良美、村上達郎、仲嶋一範、服部光治, 生理研研究会「シナプス恒常性維持の分子基盤とその破綻」,   2013年06月06日, 招待あり

特許

  • 抗体とその利用, 2011-179161
  • ADAMTS-3を用いたリーリン分解, 2012-180354

受賞

  •   2017年, 平成29年度 名古屋市立大学 高インパクト論文賞
  •   2016年, 平成28年度 日本薬学会東海支部学術奨励賞

競争的資金

  • 巨大分泌蛋白質リーリンのシグナル活性機構と、その精神神経疾患における重要性の解明, 基盤研究(C),   2017年 - 2019年, 河野孝夫
  • 脳機能に必須な分泌蛋白質リーリンの活性制御とその創薬への応用, 公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団・学術奨励金,   2015年 - 2016年, 河野 孝夫
  • 脳の形成と機能を司る分泌蛋白質リーリンの、機能制御機構の解明とその創薬への応用, 若手研究(B),   2014年 - 2016年, 河野 孝夫
  • 精神神経疾患の診断・治療を目指した、巨大分泌蛋白質リーリンの特異的分解機構の解明, 若手研究(B),   2012年 - 2014年, 河野 孝夫
  • 脳形成に必須な分泌蛋白質リーリンの、特異的分解による機能制御機構の解明, 研究活動スタート支援,   2010年 - 2012年, 河野孝夫
  • 脳形成に必須な分泌蛋白質リーリンの、特異的分解による大脳皮質層構造形成機構の解明, 名古屋市立大学・特別研究奨励費,   2010年 - 2011年, 河野 孝夫

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 病態生化学, 名古屋市立大学
  • 生物系実習IV, 名古屋市立大学
  • 薬学演習II, 名古屋市立大学
  • くすりと社会, 名古屋市立大学
  • 病態生化学特論, 名古屋市立大学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.