研究者データベース

中務 邦雄 (ナカツカサ クニオ)

  • 理学研究科生命情報系 准教授
Last Updated :2020/08/07

研究者情報

学位

  • 博士(理学)(名古屋大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • 応用生物化学   応用分子細胞生物学   細胞生物学   機能生物化学   代謝生化学   

研究分野

  • ライフサイエンス / 応用生物化学
  • ライフサイエンス / 細胞生物学
  • ライフサイエンス / 機能生物化学

経歴

  • 2017年04月 - 現在  名古屋市立大学システム自然科学研究科准教授
  • 2015年10月 - 2017年03月  名古屋大学 大学院理学研究科 生命理学専攻 情報機構学講師
  • 2009年04月 - 2015年09月  名古屋大学大学院理学研究科 生命理学専攻助教
  • 2004年04月 - 2009年03月  ピッツバーグ大学生物科学教室研究員
  • 2004年02月 - 2004年03月  日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2002年04月 - 2004年01月  日本学術振興会特別研究員(DC2)

学歴

  • 2000年04月 - 2004年01月   名古屋大学大学院理学研究科博士後期課程
  • 1998年04月 - 2000年03月   京都大学大学院理学研究科修士課程   Graduate School of Science
  • 1994年04月 - 1998年03月   京都大学理学部   Faculty of Science

所属学協会

  • 日本農芸化学会   日本細胞生物学会   日本分子生物学会   日本生化学会   

研究活動情報

論文

  • Msp1 Clears Mistargeted Proteins by Facilitating Their Transfer from Mitochondria to the ER
    Matsumoto S; Nakatsukasa K; Kakuta C; Tamura Y; Esaki M; Endo T
    Molecular Cell 76 1 191 - 205 2019年10月 [査読有り]
  • Harmonizing experimental data with modeling to predict membrane protein insertion in yeast
    Guerriero C.J; Gomez Y.K; Daskivich G.J; Reutter K.R; Augustine A.A; Weiberth K.F; Nakatsukasa K; Grabe M; Brodsky J.L
    Biophysical Journal 117 4 668 - 678 2019年08月 [査読有り]
  • Heterologous expression and functional analysis of the F-box protein Ucc1 from other yeast species in Saccharomyces cerevisiae
    Nakatsukasa K; Kawarasaki T; Moriyama A
    Journal of Bioscience and Bioengineering 2019年06月 [査読有り]
  • Hepatic Sdf2l1 controls feeding-induced ER stress and regulates metabolism
    Sasako T; Ohsugi M; Kubota N; Itoh S; Okazaki Y; Terai A; Kubota T; Yamashita S; Nakatsukasa K; Kamura T; Iwayama K; Tokuyama K; Kiyonari H; Furuta Y; Shibahara J; Fukayama M; Enooku K; Okushin K; Tsutsumi T; Tateishi R; Tobe K; Asahara H; Koike K; Kadowaki T; Ueki K
    Nature Communications 10 1 2019年02月 [査読有り]
  • The HECT-type ubiquitin ligase Tom1 contributes to the turnover of Spo12, a component of the FEAR network, in G2/M phase.
    Nakatsukasa K; Sone M; Alemayehu D.H; Okumura F; Kamura T
    529 10 1716 - 1724 2018年05月 [査読有り]
  • Ubiquitin ligase SPSB4 diminishes cell repulsive responses mediated by EphB2.
    Okumura F; Joo-Okumura A; Obara K; Petersen A; Nishikimi A; Fukui Y; Nakatsukasa K; Kamura T
    Molecular Biology of the Cell 28 24 3532 - 3541 2017年09月 [査読有り]
  • Christopher J. Guerriero; Karl-Richard Reutter; Andrew A. Augustine; G. Michael Preston; Kurt F. Weiberth; Timothy D. Mackie; Hillary C. Cleveland-Rubeor; Neville P. Bethel; Keith M. Callenberg; Kunio Nakatsukasa; Michael Grabe; Jeffrey L. Brodsky
    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL 28 15 2076 - 2090 2017年07月 [査読有り]
  • Hypoxia-inducible factor-2α stabilizes the von Hippel-Lindau (VHL) disease suppressor, Myb-related protein 2.
    Okumura F; Joo-Okumura A; Nakatsukasa K; Kamura T
    PLOS ONE 12 4 1 - 13 2017年04月 [査読有り]
  • Keiji Uematsu; Fumihiko Okumura; Syunsuke Tonogai; Akiko Joo-Okumura; Dawit Hailu Alemayehu; Akihiko Nishikimi; Yoshinori Fukui; Kunio Nakatsukasa; Takumi Kamura
    JOURNAL OF CELL BIOLOGY 215 1 95 - 106 2016年10月 [査読有り]
  • Okumura, F; Uematsu K; Byrne S.D; Hirano M; Joo-Okumura A; Nishikimi A; Shuin T; Fukui Y; Nakatsukasa K; Kamura T
    Molecular and Cellular Biology 36 12 1803 - 1817 2016年06月 [査読有り]

書籍

  • SCFUcc1ユビキチンリガーゼはグリオキシル酸回路の代謝スイッチとして機能する
    中務邦雄; 嘉村巧 (担当:共著範囲:)実験医学 2015年 2613-2615
  • Elongin BC 型E3ユビキチンリガーゼと細胞機能制御
    奥村文彦; 奥村晶子; 中務邦雄; 嘉村巧 (担当:単著範囲:)生化学 2013年 76-88
  • Cullin型E3リガーゼの機能と制御機構(実験医学増刊 タンパク質分解系による生体制御)
    中務邦雄; 嘉村巧 (担当:共著範囲:)羊土社 2011年07月 1933-1937
  • In vitro reconstitution of the Selection, Ubiquitination, and Membrane Extraction of a Polytopic ERAD Substrate
    Nakatsukasa K; Brodsky J.L (担当:共著範囲:)Springer, Methods in Molecular Biology 2010年 365-376
  • The Enzymes "The Role of BiP/Kar2p in the translocation of Proteins Across the ER membrane"
    Kunio Nakatsukasa; Jeffrey L. Brodsky (担当:共著範囲:)ACADEMIC PRESS 2007年 245-273
  • 実験医学増刊 細胞内タンパク質の社会学 第3章3)-1 タンパク質のOマンノシル化と小胞体品質管理
    中務邦雄 (担当:共著範囲:)羊土社 2005年09月 2333-2337
  • 蛋白質核酸酵素増刊 「細胞におけるタンパク質の一生」 小胞体品質管理におけるシャペロンと糖鎖の役割:何が異常で何を除去すべきか
    西川周一; 中務邦雄; 遠藤斗志也 (担当:共著範囲:)共立出版 2004年05月 988-991

MISC

担当経験のある科目

  • 生化学名古屋市立大学
  • 理学情報概論名古屋市立大学
  • 分子生物学名古屋市立大学
  • 生体分子化学名古屋市立大学
  • 遺伝学名古屋大学
  • 基礎生物学演習名古屋大学
  • 基礎セミナー名古屋大学

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.