研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

青木 孝義アオキ タカヨシ

所属部署芸術工学研究科建築都市領域
職名教授
メールアドレスaokisda.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://www.sda.nagoya-cu.ac.jp/aoki/
生年月日
Last Updated :2019/11/30

研究者基本情報

学歴

  •  - 1984年, 豊橋技術科学大学, 工学部, 建設工学

学位

  • 東京大学工学研究科建築学/博士(工学)

所属学協会

  • 日本建築学会
  • 日本コンクリート工学協会
  • 芸術工学会
  • 日本建築学会
  • 国際シェル空間構造学会(IASS)

経歴

  • 1988-1993 長崎大学1993-1994 長崎大学大学院

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 建築構造・材料
  • 建築学, 建築史・意匠
  • 土木工学, 構造工学・地震工学・維持管理工学

研究キーワード

    構造ヘルスモニタリング, 調査・診断, 同定

論文

  • A frequency-domain noniterative algorithm for structural parameter identification of shear buildings subjected to frequent earthquakes, Zhang Jingyao, Aoki Takayoshi, COMPUTER-AIDED CIVIL AND INFRASTRUCTURE ENGINEERING,   2019年09月19日, 査読有り
  • A DIRECT FREQUENCY-DOMAIN METHOD FOR STRUCTURAL PARAMETER IDENTIFICATION OF LOW- AND MIDDLE-RISE BUILDINGS, J.Y. Zhang, T. Aoki, 第十三回日中建築構造技術交流会, 1 - 6,   2019年09月
  • A frequency-domain noniterative algorithm for structural parameter identification of shear buildings subjected to frequent earthquakes, J.Y. Zhang, T. Aoki, Comput-Aided Civil and Infrastructure Engineering, 1 - 13,   2019年09月, 査読有り
  • Construction management of Test facility in Bhutan, Pema, Kunzang T., Shrestha K.C., Aoki T., 201 - 207,   2019年08月, 査読有り, 招待有り
  • Assessment of out-of-plane behavior of rammed earth walls by pull-down tests, Phuntsho Wangmo, Kshitij C. Shrestha, Mitsuhiro Miyamoto, Takayoshi Aoki, International Journal of Architectural Heritage, 13, 273 - 287,   2019年02月17日, © 2018, © 2018 Taylor & Francis. This article reports pull-down tests performed on rammed earth construction in Bhutan. The pull–down specimens involved an old rammed earth building component as well as a newly prepared rammed earth wall. Both the wall specimens were tested in out-of-plane direction. Theoretical rigid body formulation and finite element (FE) models were developed to predict the response of the rammed earth structures under out-of-plane loading. The validated FE model was further extended to parametric study of material and physical characteristics of rammed earth construction and their effect on critical response quantities. The change in elastic modulus showed effect in the pre-cracking phase of the wall. Density of rammed earth on the other hand affected the post-peak response of the rammed earth wall. Furthermore, an increase in the physical characteristics, namely, the thickness of wall and the vertical superimposed load on top of the wall, enhanced the rocking resistance capacity of the out-of-plane loaded rammed earth walls.
  • 煉瓦造建築物の耐震性能に関する研究, 青木秀敬,青木孝義, 2018年度東海支部研究集会, (57) 245 - 248,   2019年02月
  • Full–Scale Pull–Down Tests on a Two–Storied Rammed Earth Building with Possible Strengthening Interventions, Kshitij C. Shrestha, Takayoshi Aoki, Takaaki Konishi, Mitsuhiro Miyamoto, Jingyao Zhang, Noriyuki Takahashi, Phuntsho Wangmo, Takumi Aramaki, Noboru Yuasa, RILEM Bookseries, 18, 1557 - 1565,   2019年01月01日, © 2019, RILEM. This paper reports pull–down tests performed on full–scale two–storied rammed earth (RE) buildings to assess the out–of–plane performance of RE construction in Bhutan. An innovative strengthening technique is also proposed for strength enhancement of the RE walls. The tests involved two types of specimens, an unreinforced RE structure and an identical reinforced counterpart. The pull–down load was applied on top of the facade. The strengthening strategy involved reinforced concrete sections of dowels and wedges inserted between the RE blocks at regular intervals. The wooden floor beams at the first–floor level were also anchored to the RE blocks in the reinforced specimen. Micro–tremor measurements of the structures were done prior to the pull–down tests. A maximum of 59% increment in peak pull–down load was observed for the reinforced RE specimen compared to its unreinforced counterpart. The unreinforced RE wall showed damage to a larger area of façade, whereas, the reinforced RE specimen showed damage to a relatively smaller zone with controlled failure mechanism.
  • Studies on dynamic identification of the Ghirlandina Tower in Modena, T. Aoki, G.V. Demarie, R. Lancellotta, D. Sabia, Convegno internazionale di studi campanile di Giotto 2018,   2018年11月, 招待有り
  • 歴史的建造物の耐震改修を考慮した経済性能評価に基づく要求スペクトル, 片貝勇介, 高橋典之, 青木孝義, コンクリート工学年次論文集(CD-ROM), 40,   2018年06月15日
  • Post-earthquake controls and damage detection through structural health monitoring: applications in l’Aquila, Filippo Lorenzoni, Mauro Caldon, Francesca da Porto, Claudio Modena, Takayoshi Aoki, Journal of Civil Structural Health Monitoring, 8, 217 - 236,   2018年04月01日, © 2018, Springer-Verlag GmbH Germany, part of Springer Nature. The paper presents structural health monitoring (SHM) activities performed on some representative cultural heritage (CH) buildings in the city of l’Aquila after the strong earthquake (Mw = 6.3) that struck the Abruzzo region (central Italy) on April 6, 2009. The severity and the extent of damages caused by the earthquake to historical buildings and monument were never reached before in the recent Italian earthquake history. Emergency activities started immediately after the earthquake to protect CH structures, including damage survey and design/implementation of temporary safety measures. Some historic buildings were soon equipped with monitoring systems in order to assess the level of damage and verify the effectiveness of the executed provisional interventions. The paper focuses in particular on two case studies, i.e. the Spanish Fortress and the Civic Tower. The results of preliminary investigations are reported, including damage survey and operational modal analysis for modal parameter identification using ambient vibration tests. 3-year static and dynamic monitoring features, automatically extracted from raw data acquired by continuous monitoring systems, were then processed using a data-driven approach based on regression analysis to filter out the environmental effects. Following this approach data are decomposed into their reversible and irreversible components, the latter being associated with active damaging processes and the residual structural performance of the two buildings assessed.
  • Relationship between fundamental natural periods and structural specifications of lighthouses, Minami Kawase, Takayoshi Aoki, Jingyao Zhang, Daisuke Sato, Journal of Structural and Construction Engineering, 83, (745) 397 - 407,   2018年03月01日, © 2018 Architectural Institute of Japan. All rights reserved. This paper presents the relationship between the fundamental natural periods and the structural specifications of lighthouses, including those made in brick, stone and reinforced concrete. Structural specifications are the structure height, the structure classification, the elevation shape, the plane shape, the foundation type and the weight of the top. According to the correlation analysis, it was indicated that the structure height is related to other structural specifications. In addition, it was shown that the fundamental natural period of the lighthouses could be estimated using only the structure height.
  • Long-term observation of static and dynamic charactes of the Lighthouse - Long-term variations Part 1, Minami Kawase, Takayoshi Aoki, Daisuke Sato, AIJ Journal of Technology and Design, 24, (56) 69 - 74,   2018年02月01日, © 2018 Architectural Institute of Japan. All rights reserved. Structural health monitoring is a method of estimating the presence of the damage of the structure, and its position and degree by the change of static and dynamic characteristics before and after the secular change or the action of external force. However, the static and dynamic characteristics of the actual structural fluctuate on daily, seasonal and diachronic variations basis without depending on damage or not. These characteristics of reinforced concrete lighthouse were observed for about one and a half year by the authors. This paper presents long-term variations of crack widths, inclination angles, temperatures and natural frequencies of this lighthouse.
  • 灯台の静的・動的特性の長期観測 : 長期的変動(その1), 川瀬 みなみ, 青木 孝義, 佐藤 大輔, 日本建築学会技術報告集 = AIJ journal of technology and design, 24, (56) 69 - 74,   2018年02月
  • 灯台の静的・動的特性の長期観測 ?長期的変動 その1?, 川瀬 みなみ, 青木 孝義, 佐藤 大輔, 日本建築学会技術報告集, (56) ,   2018年02月
  • 灯台の静的・動的特性の長期観測:−長期的変動 その1−, 川瀬 みなみ, 青木 孝義, 佐藤 大輔, 日本建築学会技術報告集, 24, (56) 69 - 74,   2018年, Structural health monitoring is a method of estimating the presence of the damage of the structure, and its position and degree by the change of static and dynamic characteristics before and after the secular change or the action of external force. However, the static and dynamic characteristics of the actual structural fluctuate on daily, seasonal and diachronic variations basis without depending on damage or not. These characteristics of reinforced concrete lighthouse were observed for about one and a half year by the authors. This paper presents long-term variations of crack widths, inclination angles, temperatures and natural frequencies of this lighthouse.
  • 航路標識構造物外壁の鉄筋腐食に関する実態調査, 川瀬みなみ, 青木孝義, 佐藤大輔, コンクリート工学年次論文集(CD-ROM), 39,   2017年06月15日
  • 小径ドリル型削孔試験機を用いたコンクリートの圧縮強度推定, 朴相俊, 藤森繁, 青木孝義, 畑中重光, コンクリート工学年次論文集(CD-ROM), 39,   2017年06月15日
  • Vibrational characteristics of reinforced concrete building during demolition work (reduction process), Takahito Tsuchida, Katsunobu Yadori, Takayoshi Aoki, AIJ Journal of Technology and Design, 23, (54) 437 - 440,   2017年06月01日, In this paper, we present the experimental results of a series of microtremor measurements of a RC building during demolition work (reduction process) in order to clarify their properties in dynamics. The RC building was reduced from 5 stories + 1 story penthouse to 4 stories. We conducted microtremor measurements before, during and after reduction process. Natural frequencies of the RC building were increased in accordance with its reduction process and strengthening works. Based on the equivalent single degree of freedom system, influence of weight reduction and stiffness increment on natural frequencies by reduction process and seismic strengthening is clarified.
  • 解体(減築)工事にともなう鉄筋コンクリート造建物の振動特性, 土田 崇仁, 宿里 勝信, 青木 孝義, 日本建築学会技術報告集, (54) ,   2017年06月
  • Damage detection of multi-story shear buildings due to earthquakes by model updating method, J. Y. Zhang, T. Aoki, Structural Control and Health Monitoring, 24,   2017年04月01日, Copyright © 2016 John Wiley & Sons, Ltd. In this paper, we present a novel model updating method for damage detection of multi-story shear buildings during severe earthquakes. The story stiffnesses are explicitly presented in an incremental manner; this enables a simple and robust algorithm for the purpose of identification of the story stiffnesses. The estimated modal data, including natural frequencies and mode shapes of lower modes, are used in the proposed algorithm; moreover, sensitivity analysis of natural circular frequencies is incorporated to reduce possible errors. The story stiffnesses are identified by an iterative algorithm, and the window shift technique is adopted to present change of the story stiffness due to damages in the buildings during earthquakes. Numerical examples demonstrate that the proposed method is of high accuracy, even when the recorded responses are polluted by a relatively high level of (white) noises. Copyright © 2016 John Wiley & Sons, Ltd.
  • (44) ブータン王国における伝統的民家の耐震補強工法に関する実験的研究, 小西 孝明, 宮本 慎宏, 青木 孝義, 江原 夏季, ペマ, プンツォ ワングモ, 構造工学論文集.B, (63) 359 - 368,   2017年03月25日
  • ブータン王国における伝統的民家の耐震補強工法に関する実験的研究, 小西孝明, 宮本慎宏, 青木孝義, 江原夏季, PEMA, WANGMO Phuntsho, 構造工学論文集 B, 63,   2017年03月25日
  • Study on improvement of small-diameter drilling tester and it's application examination for concrete, Shigeru Fujimori, Tetsuya Hasegawa, Shigemitsu Hatanaka, Takayoshi Aoki, Sangjun Park, AIJ Journal of Technology and Design, 23, (53) 25 - 30,   2017年02月01日, A small-diameter drilling tester developed by the authors is one of the slight-destructive testers, with which the damage of materials tested can be very small. To apply the tester for checking the strength of compound materials e.g. Portland cement mortars, concretes etc., a series of experiments was carried out 1) to avoid the ill effect of cement powder discharged around a drill, 2) to avoid drilling coarse aggregates, and 3) to know the best magnitude of pressure for drilling. As a result, it is clarified that the testing method may be improved by considering the obtained data.
  • 小径ドリル型削孔試験機の改良とコンクリートへの適用のための検討, 藤森 繁, 長谷川 哲也, 畑中 重光, 青木 孝義, 朴 相俊, 日本建築学会技術報告集, (53) ,   2017年02月
  • 小径ドリル型削孔試験機の改良とコンクリートへの適用のための検討, 藤森 繁, 長谷川 哲也, 畑中 重光, 青木 孝義, 朴 相俊, 日本建築学会技術報告集, 23, (53) 25 - 30,   2017年, A small-diameter drilling tester developed by the authors is one of the slight-destructive testers, with which the damage of materials tested can be very small. To apply the tester for checking the strength of compound materials e.g. Portland cement mortars, concretes etc., a series of experiments was carried out 1) to avoid the ill effect of cement powder discharged around a drill, 2) to avoid drilling coarse aggregates, and 3) to know the best magnitude of pressure for drilling. As a result, it is clarified that the testing method may be improved by considering the obtained data.
  • Deformation prediction of brick masonry in coke oven, Noriko Kubo, Takayoshi Aoki, Shunichi Kamezaki, Jun Okada, Tetsu-To-Hagane/Journal of the Iron and Steel Institute of Japan, 102, (12) 669 - 676,   2016年01月01日, © 2016, Iron and Steel Institute of Japan. All rights reserved. Various types of brick masonry are used in the handling and treatment of hot materials in steelmaking processes. Although trouble related to damage of the bricks and joints is an important issue, it is difficult to predict and prevent damage of brick masonry because masonry is characterized by heterogeneity, nonlinearity and nonequilibrium. In this paper, the brick masonry in a coke oven is studied as an example, and a method of deformation prediction under external force is developed as a basic study. First, a compression test of a sample consisting of two bricks with one mortar joint is performed. Second, a part of a heating flue of a coke oven made of bricks is constructed as a test sample, and brick masonry deformation under external force is measured experimentally. Third, a model of the same heating flue in the experiment is prepared, and a numerical elasto-plastic analysis is carried out using the total strain rotating crack model based on the measured mechanical properties. Finally, the experimental and numerical deformation results are compared. The results validated this method of predicting masonry deformation.
  • Structural health monitoring for post-earthquake controls: Applications in l'Aquila, F. Lorenzoni, M. Caldon, C. Modena, T. Aoki, 2015 IEEE Workshop on Environmental, Energy, and Structural Monitoring Systems, EESMS 2015 - Proceedings, 162 - 167,   2015年08月03日, © 2015 IEEE. In the last decades structural health monitoring (SHM) has been increasingly applied in the study of Cultural Heritage (CH) buildings, as a key activity to improve the knowledge on their structural behavior and identify the presence/activation of possible damage mechanisms. This knowledge allows engineers to carry out with more confidence and only if necessary a strengthening intervention, and it helps to prevent the execution of intrusive repair works, if not justified by an experimentally demonstrated worsening of the structural conditions. The use of monitoring systems applied under ordinary conditions and installed on CH structures may allow to: (i) validate the functioning of the adopted structural models; (ii) identify ongoing damaging processes; (iii) validate the effectiveness of the strengthening interventions. In case of a seismic event, SHM can furthermore prove its usefulness in order to: (i) evaluate quantitatively the progression of the damage pattern, (ii) carry out effective and urgent interventions if an unsafe displacement patterns is recorded; (iii) define an early warning procedure for the safety of the workers employed in the strengthening interventions. Monitoring can also be effective when implemented on seriously damaged buildings, if the time schedule for the interventions is difficult to be a priori planned. In this framework, the authors designed and installed SHM systems on six representative and emblematic CH buildings in L'Aquila after the devastating earthquake occurred on the 6th of April 2009 in the Abruzzi Region. Two selected case studies (Spanish fortress and Civic tower) report the experience gained on the use of monitoring during the emergency activities after a seismic event. Monitoring and damage detection algorithms have been successfully applied to control the evolution of the seismic-induced damages and verify the effectiveness of the provisional interventions executed immediately after the earthquake.
  • Identification of building damage using vibrational eigenvalue and eigenmode pairs, Kazuma Tago, Takayoshi Aoki, Hideyuki Azegami, Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, 32, 297 - 313,   2015年07月28日, © 2015, The JJIAM Publishing Committee and Springer Japan. The present paper describes a solution to a problem of identifying damage in a building based on experimentally measured vibrational eigenvalue and eigenmode pairs. The healthy rate, which is defined as the stiffness rate with respect to a perfect material, is chosen as the design target to be identified. The range of the healthy rate is restricted to within the range of 0–1. In order to overcome this restriction, we define a function with no restriction on the range defined in the domain of a linear elastic body for a building as a design variable and assume that the healthy rate is given by a sigmoid function of the function of the design variable. The linear coupling of the mean squared errors of vibrational eigenvalues and eigenmodes with respect to the measured values are used as a cost function. The derivative of the cost function with respect to the design variable is evaluated by the adjoint variable method. In order to resolve the identification problem of the damaged area, we use an iterative algorithm based on the $$H^{1}$$H1 gradient method using the finite-element method to obtain numerical solutions. A numerical example using experimental data demonstrates that a damaged area can be identified by the proposed approach.
  • 補強工法の違いによるRC造灯台の振動特性, 日高みなみ, 青木孝義, コンクリート工学年次論文集(CD-ROM), 37,   2015年06月15日
  • Estimation of vibration characteristics of a lighthouse by microtremor measurements, Minami Hidaka, Takayoshi Aoki, AIJ Journal of Technology and Design, 21, (47) 71 - 76,   2015年02月01日, It is extremely important to obtain reliable information about actual structural and dynamic properties to evaluate the earthquake-resistance performance of a structure. However, examples of vibration experiments performed for a lighthouse are scarce. This study focuses on estimating the dynamic parameters of the Ujina Lighthouse by performing microtremor measurements and forced oscillation experiments. Although some variation is observed between the damping factors obtained from the measurements and experiments, the natural frequencies obtained from both the methods agree well up to higher modes of vibration. Therefore, microtremor measurement is a useful method to obtain reliable dynamic properties simply and easily.
  • 常時微動測定による灯台の振動特性推定, 日高 みなみ, 青木 孝義, 日本建築学会技術報告集, (47) ,   2015年02月
  • Model updating to forecast the dynamic behavior of the Ghirlandina tower in modena, Italy, Donato Sabia, Takayoshi Aoki, Renato Maria Cosentini, Renato Lancellotta, Journal of Earthquake Engineering, 19, 1 - 24,   2015年01月01日, © A. S. Elnashai. Historical masonry towers survive at an alarming angle of inclination and may be in danger of leaning instability due to the lack of stiffness of the supporting soil. Therefore, careful investigation is required to estimate the seismic vulnerability as well as its long-term behavior. These problems require a multidisciplinary approach to properly model the behavior of the structure and its interaction with the supporting soil. This article is intended to contribute to these aspects, by showing how identification analyses can highlight the role of soil-structure interaction, and focuses on the model-updating techniques to forecast its behavior under seismic events.
  • Deformation Prediction of Brick Masonry in Coke Oven, Kubo Noriko, Aoki Takayoshi, Kamezaki Shunichi, Okada Jun, ISIJ INTERNATIONAL, 55, (9) 1841 - 1848,   2015年, 査読有り
  • RC造灯台の振動特性, 日高みなみ, 佐藤大輔, 青木孝義, 高瀬剛, コンクリート工学年次論文集(CD-ROM), 36,   2014年06月15日
  • 組積造建築物の耐震診断法に関する研究, 中村光, 青木孝義, 構造工学論文集 B, 58, (58) 85 - 90,   2012年03月25日
  • 229 組積造建築物の耐震診断法に関する考察(2.構造), 中村 光, 青木 孝義, 東海支部研究報告集, (50) 221 - 224,   2012年02月18日
  • Structural health monitoring of historical buildings: Preventive and post-earthquake controls, Filippo Casarin, Claudio Modena, Takayoshi Aoki, Francesca Da Porto, Filippo Lorenzoni, SHMII-5 2011 - 5th International Conference on Structural Health Monitoring of Intelligent Infrastructure,   2011年12月01日, Structural health monitoring (SHM) has been recently more and more utilized in the study of Cultural Heritage (CH) buildings, as a key activity to increase the knowledge on their structural behavior and to have a deeper insight into their conditions. This knowledge allows engineers to carry out with more confidence and only if necessary a strengthening intervention, and it helps to prevent the execution of intrusive repair works, if not justified by an experimentally demonstrated worsening of the structural conditions. The use of monitoring systems applied under ordinary conditions and installed on CH structures may allow to: (i) validate the functioning of the adopted structural models; (ii) identify the ongoing damaging processes; (iii) validate the effectiveness of the strengthening interventions. In case of a seismic event, SHM can furthermore prove its usefulness in order to: (i) evaluate quantitatively the progression of the damage pattern, (ii) carry out effective and urgent interventions if an unsafe displacement patterns is recorded; (iii) define an early warning procedure for the safety of the workers employed in the strengthening interventions. Monitoring can also be effective when implemented on seriously damaged buildings, if the time schedule for the interventions is difficult to be a priori planned. In this framework, the authors and the university of Padua in collaboration with the officer of the Cultural Heritage Authority, the university of Nagoya (Japan), the National Institute of the Conservation and Restoration (ISCR) designed and installed SHM systems on six representative and emblematic CH buildings in L'Aquila after the devastating earthquake occurred on the 6th of April 2009 in the Abruzzi Region. The selected case studies SHM systems-presented in the paper-report the experience gained on the use of monitoring in "normal" conditions and after the emergency activities following a seismic event.
  • Safety assessment of the Sanctuary of Vicoforte, Italy, Takayoshi Aoki, Noboru Yuasa, Hitoshi Hamasaki, Yoshiaki Nakano, Noriyuki Takahashi, Yasuo Tanigawa, Tatsuhito Komiyama, Tomoyuki Ina, Donato Sabia, Giacomo Vincenzo Demarie, International Journal of Materials and Structural Integrity, 5, 215 - 240,   2011年08月01日, In order to evaluate safety assessment of the Sanctuary of Vicoforte, Italy, a series of non-destructive tests were carried out for diagnostic inspection of its deterioration. Delamination of stone finishing and fresco painting were detected. Dynamic ambient vibration test was carried out and the relevant modes of vibration were identified resorting to the stochastic subspace identification method. The first two natural frequencies of the Sanctuary of Vicoforte were estimated to be about 1.93 Hz and 2.07 Hz in East-West and North-South directions, respectively. Therefore, the dome seems to be vulnerable to severe earthquakes characteristic of the local seismicity such as we experienced in recent years. © 2011 Inderscience Enterprises Ltd.
  • Reconnaissance investigation on the damage of the 2009 L'Aquila, Central Italy earthquake, Kazuhiko Kawashima, Ömer Aydan, Takayoshi Aoki, Ichizo Kishimoto, Kazuo Konagai, Tomoya Matsui, Joji Sakuta, Noriyuki Takahashi, Sven Peter Teodori, Atsushi Yashima, Journal of Earthquake Engineering, 14, 817 - 841,   2010年07月01日, This is a reconnaissance report on the damage to buildings, bridges, and other structures caused by the 2009 L'Aquila, Italy earthquake. The authors conducted site investigation during the period of April 18-21, 2009. A detailed discussion on the damage of buildings, bridges, and other facilities, as well as possible damage mechanisms, is presented. Geotechnical damage and ground motions are also presented. Copyright © A.S. Elnashai & N.N. Ambraseys.
  • イタリアにおける歴史的建造物の調査, 青木 孝義, 非破壊検査 = JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR NON-DESTRUCTIVE INSPECTION, 57, (2) 59 - 64,   2008年02月01日
  • Influence of experimental data and FE model on updating results of a brick chimney., Takayoshi Aoki,D. Sabia,D. Rivella, Advances in Engineering Software, 39, (4) 327 - 335,   2008年, 査読有り
  • 歴史的構造物の診断・修復研究委員会の活動と成果の概要, 谷川恭雄, 辻正哲, 畑中重光, 濱崎仁, 青木孝義, 佐々木孝彦, 澤本武博, 花里利一, コンクリート工学年次論文集, 29, (1) 9 - 18,   2007年07月30日
  • 委員会報告 歴史的構造物の診断・修復研究委員会の活動と成果の概要, 谷川 恭雄, 辻 正哲, 畑中 重光, 濱崎 仁, 青木 孝義, 佐々木 孝彦, 澤本 武博, 花里 利一, コンクリート工学年次論文集, 29, (1) 9 - 18,   2007年, 歴史的構造物の保存・修復事業は,従来から木造建築物を中心として行われてきたが,最近では煉瓦造や石造,RC造を中心とする近代建造物の保存・修復にも目が向けられるようになった。歴史的構造物の保存・修復にあたっては,構造物への損傷は許容されない場合がほとんどであり,また建設当時の材料や技術の再現も重要な課題である。本委員会では,歴史的構造物の調査・診断・補修・補強に関する技術を取りまとめるとともに,我が国において重要文化財,または登録文化財に指定されている歴史的構造物を中心としたガイドブックを作成した。
  • 羅漢寺橋の劣化現況調査, 込山 貴仁, 青木 孝義, コンクリート工学年次論文集, 28, (1) 2015 - 2020,   2006年07月30日, 適切な維持保全を行えば数百年以上の耐久性を持つ石橋を,一時的・経済的な理由から放置し,あるいは撤去することは歴史的・文化的に観て大きな損失であり,日本民族の伝統と誇りを放棄することであるといえる。本報は,こうした観点から,羅漢寺橋の劣化現況の把握,補修・補強案の立案を行い,歴史的資産の保全に資することを目的として実施された調査の結果について報じるものである。
  • Model updating of a real multi-span masonry bridge, T. Aoki, D. Sabia, D. Rivella, Civil-Comp Proceedings, 83,   2006年01月01日, A 19th century multi-span masonry arch bridge over the Tanaro River, in the city of Alessandria, in the north-western Italy, was demolished and replaced by a new one and its demolition allowed carrying out some destructive test. For the purpose of obtaining the data concerning the dynamic structural properties of the remained two spans bridge, acceleration time histories due to impulsive loading were measured in the two cases, without fill materials as well as spandrels. From the results of dynamic tests, eight fundamental frequencies and mode shapes were identified by ERA (eigensystem realization algorithm) technique. A comparison of the fundamental frequencies and mode shapes determined by ERA technique and the results determined by FEA (finite element analysis) based on IEM (inverse eigensensitivity method) was discussed. © 2006 Civil-Comp Press.
  • アウグスタの飛行船格納庫の劣化現況調査(材料施工), 青木 孝義, 濱崎 仁, 込山 貴仁, 湯浅 昇, 谷川 恭雄, 日本建築学会技術報告集, 12, (23) 53 - 58,   2006年, This paper presents the results of deterioration investigation of the ancient airship military Hangar in Augusta, Italy, which construction began in 1917. The stability of the airship hangar is now threatened by the differential settlements of its spread footings and a research project is currently underway to strengthen the hangar. In this paper, 1) deterioration of the wall and roof, 2) bar arrangement and its corrosion, 3) depth of neutralization and included chloride ion, 4) fundamental frequency, and 5) monitoring of temperature, inclination of buttress pier, width of the significant cracks and extension of the wire are discussed.
  • 33年間供用された実構造梁部材の曲げ実験(構造), 師橋 憲貴, 湯浅 昇, 青木 孝義, 桜田 智之, 松井 勇, 日本建築学会技術報告集, 12, (24) 137 - 142,   2006年, When a 33-year-old schoolhouse of a university was dismantled, a beam that had been used as a structural member was removed, and its flexural crack properties and flexural load capacity were examined. It was found that the maximum flexural crack width at the main reinforcement position before flexural load was applied had become smaller than the durability limit. On the other hand, the maximum flexural crack width at the service loading after flexural load had been applied was larger than the limit value. The flexural yield load corresponded well to the ultimate flexural strength of the standard for structural calculation of reinforced concrete structures.
  • Dynamic identification of RC building No.5 of the College of Industrial Technology at Nihon University, T. Aoki, N. Yuasa, D. Sabia, D. Rivella, H. Muto, Proceedings of the 10th International Conference on Civil, Structural and Environmental Engineering Computing, Civil-Comp 2005,   2005年12月01日, The present study deals with dynamic identification and model updating of the reinforced concrete (RC) building No.5 of the College of Industrial Technology, Nihon University, Japan. From the results of microtremor measurement by ambient vibration, the fundamental frequencies of the RC building No.5 are estimated to be about 2.76 Hz and 3.56 Hz in longitudinal and span directions, respectively. The natural modes and damping factors are identified by ARMAV (Auto Regressive Moving Average Vectors) model. From the results of model updating based on IEM (Inverse Eigensensitivity Method), the changes of live load and the damaged areas are identified and these correspond well to the removal work and the positions where the destructive tests are applied. © 2005 Civil-Comp Press.
  • 高速道路のインターチェンジ勢力圏域モデルに関する研究, 大橋昭宏, 青木孝義, 小浜芳朗, 都市計画論文集(CD-ROM), 40, (40-2/40-3) 40.2,45-50 - 50,   2005年10月25日, 本研究は高速道路の IC勢力圏域について,簡便かつ実践的な解析モデルを構築し,その勢力圏域の現実に対する評価と料金設定等による制御の基礎を作ることを目的としている。高速道路利用者の費用最小化問題として,車両の運転者・同乗者が有する時間価値,車両の走行経費,高速道路料金等を簡便な数理モデルで表し, IC勢力圏域について乗用車類・貨物車類別,上り・下り方面別に面的に勢力圏域を求める手法を提案した。現在供用中の東名高速道路の愛知県と静岡県内に位置する ICについて,本モデルによる解析結果と現状の利用圏域の比較を行った結果,一般道路が均一に整備されている範囲において,現状の利用圏域をモデル化できていると考えられるが,他の高速道路ネットワーク状況や幹線道路の整備状況, IC勢力圏域内の車両発生台数を検証するための地域特性等を加味することで,本モデルの推定精度の向上が可能である。
  • Limit analysis of masonry walls with rectangular openings by equivalent shear panel model, T. Takada, T. Aoki, G. Genovese, Advances in Architecture, 15, 297 - 306,   2003年12月01日, The present study deals with the limit analysis of masonry walls with rectangular openings by an equivalent shear panel model. Many experimental results on masonry walls with rectangular openings subject to both vertical and horizontal loads show importance of shear resistance of wall panels. Based upon these experimental results, in-plane failure patterns of single masonry walls are categorized into a) the shear diagonal crack opening, b) local panel rocking, c) bed joint sliding, and d) full or partial overturning of an entire wall. The equivalent shear panel model can evaluate strength for typical in-plane failure patterns due to earthquake damages. By means of the present model the limit analysis of masonry walls can be formulated as a searching problem for a collapse mode with minimum failure load, to which the genetic algorithm (GA) can be applied. The application of both the present shear panel model and the GA is illustrated in a numerical example of a masonry wall with rectangular openings subjected to constant vertical and incremental horizontal loads.
  • ビコフォルテ教会堂の劣化現況に関する非破壊検査, 青木孝義, 込山貴仁, 谷川恭雄, 湯浅昇, コンクリート工学年次論文集, 25, (1) 1613 - 1618,   2003年07月01日
  • 歴史的な組積造建造物の消化灰モルタルの色彩と力学特性の関係, 青木孝義, 伊藤憲雄, 宮村篤典, 角舎輝典, 構造工学論文集 B, 47B, 557 - 554,   2001年03月20日
  • Fundamental study on the relationship between color and mechanical characteristics of cement mortar, Takayoshi Aoki, Shigeru Fujimori, Hiroshi Mori, Yasuo Tanigawa, Transactions of the Japan Concrete Institute, 22, 485 - 492,   2000年12月01日, In the present paper, in order to establish a non-destructive testing method by color for concrete, the relationship between surface color, and water content of mortar, cement type, water-cement ratio, curing condition, age, mechanical characteristics such as dynamic elastic modulus, and flexural and compressive strengths is investigated. It is clarified from the experimental results that there is a good correlation between color and mechanical characteristics, and it is possible to predict the water-cement ratio, age, and mechanical characteristics by color measurement under ideal conditions.
  • Fundamental study on mechanical characteristics of mortar used for historical masonry structures, Takayoshi Aoki, Norio Ito, Terunori Kadoya, Atsunori Miyamura, Transactions of the Japan Concrete Institute, 21, 95 - 106,   1999年12月01日, This paper deals with a series of material tests of the mortar used for historical masonry structures such as Hagia Sophia, Istanbul. According to historical documents, the mixing ratio by volume for the mortar was estimated. In terms of mechanical characteristics of the mortar, experimental equations of its compressive strength are obtained. Young's modulus of the mortar corresponds well to that of the masonry used for minarets determined from the micro tremor measurements.
  • Fundamental study on color and mechanical characteristics of mortar used for historical masonry structures, Takayoshi Aoki, Norio Ito, Terunori Kadoya, Atsunori Miyamura, Transactions of the Japan Concrete Institute, 21, 115 - 120,   1999年12月01日, A number of studies have been carried out in recent years on the conservation of historical structures designated as 'World Heritage' sites by the World Heritage Committee of UNESCO. In the present research, the influence of water content and mix proportions on surface color is investigated and expressions for mix proportions as well as for mechanical characteristics of the mortar are proposed within the age of 4 to 13 weeks in terms of historical masonry structures.
  • セメントモルタルの色彩と力学特性に関する基礎的研究 (芸術工学会1999年秋期大会(韓国大会)号), 青木 孝義, 伊藤 憲雄, 宮村 篤典, 芸術工学会誌, (21) 239 - 242,   1999年11月
  • 歴史的な組積建造物のモルタルの色彩と力学特性に関する基礎的研究, 青木 孝義, 伊藤 憲雄, 角舎 輝典, 宮村 篤典, コンクリート工学年次論文報告集, 21, (3) 1573 - 1578,   1999年06月01日, 近年,歴史的建造物をユネスコの世界遺産委員会で世界遺産条約の「世界遺産」に指定して保存しようという気運が高まってきている。本研究は,このような歴史的な組積造建造物の保存を目標に,使用されている消石灰モルタルの調合を色彩と水分量の変化として捉え,それが力学特性とどのような関連性を示しているかをあきらかにすることにより,色彩と水分量からモルタルの調合推定,及びその力学特性推定の可能性を検討している。材齢4週から13週におけるモルタルの色彩に及ぼす水分量と調合の影響をあきらかにし,調合の推定式と重要な力学特性である圧縮強度の推定式を提案している。
  • デッサン室における温熱環境の冬期実測結果--在室者が存在する場合, 角舎 輝典, 青木 孝義, 伊藤 憲雄, 芸術工学会誌, (20) 51 - 57,   1999年05月
  • (24)ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの色彩と力学特性に関する基礎的研究, 青木 孝義, 伊藤 憲雄, 角舎 輝典, 宮村 篤典, 構造工学論文集.B, (45) 195 - 200,   1999年03月10日, This paper deals with a series of material test relating to especially color and mechanical characteristics of mortar used for historical masonry structures such as Hagia Sophia, Istanbul. Test results show that compressive strength of the mortar under saturated surface-dried condition is obtained 0.3 to 0.7 times of the value of the mortar under absolute dry condition. Relationship between the mix proportion of the mortar, its color, and its water content is clarified. Experimental equation of estimating the mix proportion of the mortar is given and mechanical characteristics of mortar such as compressive strength are obtained.
  • 人工知能工学を応用した空港旅客タ-ミナルビル計画試論 (芸術工学会1998年春季大会準備号 デザイン・研究・教育), 葛川 かおる, 青木 孝義, 宮村 篤典, 芸術工学会誌, (17) 68 - 72,   1998年06月
  • 52 スレイマニエモスクのドームの構造解析 : メインドームのクラック, 青木 孝義, 構造工学論文集.B, (44) 423 - 428,   1998年03月20日, This paper consists of two parts. The first part deals with the investigation of crack pattern of Suleymaniye Mosque. The crack pattern drawings of the main dome are presented here as a brief result of the investigation. The second part covers the Finite Element Analysis of the dome. As a preliminary step, I analyzed the dome alone, applying three-dimensional models composed of 9-node Heterosis shell elements. Structural characteristics of the dome are considered through material and geometrical non-linear analysis in case of dead load. Analytical results show that the maximum strength of the dome becomes 2.45 times of dead load. The crack development is analyzed comparing with the one investigated.
  • 57 ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの炭酸化による強度発現への影響, 青木 孝義, 伊藤 憲雄, 角舎 輝典, 構造工学論文集.B, (44) 471 - 476,   1998年03月20日, For the purpose of obtaining the data concerning structural characteristics of Hagia Sophia and some related structures, a series of micro tremor measurements, material test, and structural analyses are carried out. This paper deals with a series of material test of the mortar under the condition of carbonization. Test results show that compressive strength and tensile one of the carbonated mortar are obtained 2.3 to 3.6 times and 1.7 to 3.4 times of the values of the non-carbonated mortar, respectively. The dynamic modulus of elasticity of the carbonated mortar is also estimated 1.8 to 2.7 times of the value of the mortar before carbonization.
  • 72 ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの強度と弾性係数, 青木 孝義, 伊藤 憲雄, 角舎 輝典, 日高 健一郎, 構造工学論文集.B, (43) 635 - 640,   1997年03月20日, For the purpose of obtaining the data concerning structural characteristics of Hagia Sophia and some related structures, a series of micro tremor measurements, experiments, and structural analyses of them were carried out. This paper deals with a series of experiments of the mortar as well as of the masonry which consists of brick and mortar. From the results of experiments, the tensile strength of the mortar is estimated as 1/10 of compressive strength. Static and dynamic modulus of elasticity for mortar and masonry corresponds well to the Young's modulus of the masonry used for Minarets determined by the micro tremor measurements.
  • 73 ハギア・ソフィア大聖堂のドームの変形性状と耐震強度, 青木 孝義, 加藤 史郎, 石川 浩一郎, 日高 健一郎, 構造工学論文集.B, (43) 641 - 646,   1997年03月20日, For the purpose of obtaining the data concerning structural characteristics of Hagia Sophia, we have carried out a series of micro tremor measurements, experiments, and structural analyses of the dome. From the results of Finite Element analyses, the oval displacement pattern of the base of the dome is in accordance with the actual state of the structure. Comparison of the displacements of two transverse arches, N-S arch and double arch, seems to give an information that the north to south arch is weaker than the west to east arch. According to our structural analyses, the dome of Hagia Sophia seems to be vulnerable to severe earthquakes.
  • 2253 ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの強度特性について(補修・補強(構造)), 青木 孝義, 伊藤 憲雄, コンクリート工学年次論文報告集, 18, (2) 1523 - 1528,   1996年, 史料に基づきハギア・ソフィア大聖堂に使用されていたモルタルの構成材料の容積比勧砂2,消石灰1,レンガ28と推定した。レンガ粒径0.6mm未満を入れた試験体はα6mm以上を入れたものより圧縮強度が大きくなっているがこれは微細分レンガが試験体内の空隙を埋め密実になっているためである。このことが既にアルベルティの『建築論』で言及されていることは興味深い。また,曲げ弓鍍は圧縮強度の約1/2,引張強度は約1/10であることがわかった。動弾性係数はミナレットの常時微動測定から同定されたヤング係数と良い一致をみた。
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物の常時微動測定に基づく振動特性(一般講演), 青木 孝義, 加藤 史郎, 石川 浩一郎, ヨルルマズ ミュフィト, チュル フェリドゥン, 構造工学論文集.B, (40) 87 - 98,   1994年03月15日, For the purpose of obtaining the data concerning dynamic structural properties of Hagia Sophia, we have carried out a series of micro tremor measurements on four different levels inside the huge structure and some related historical structures. We conclude that the fundamental frequency is around 2 Hz in both north-south and east-west directions. For three of the four minarets in Hagia Sophia and for two of the four minarets in Siileymaniye Mosque, the micro tremors were also measured and their fundamental frequencies were estimated to be around 1 Hz. From the measurements, the young's moduli of the brick and the stone used for those structures are estimated 2.8 and 6.8(×10^4kgf/cm^2), respectively.
  • Analytical Studies of the Historical Masonry Structure - The Florentine Dome of Santa Maria del Fiore, Shells, Membranes and Space Frames (Developments in Civil Engineering, Volume 14), Elsevier Science Ltd, 1/,225-232,   1986年
  • 弾塑性接合要素のトラス置換による定式化?有効強度理論の一応用例, 加藤史郎, 日高健一郎, 青木孝義, 日本建築学会構造系論文報告集, /370,50-59, (370) 50 - 59,   1986年12月
  • Structural Study on Renaissance Masterpiece of the Florentine Duomo of Santa Maria del Fiore, Fondazione Callisto Pontello, Tecnologia Scienza e Storia per la Conservazione del Costruito - Seminari e Letture, Annali marzo-giugno 1987, Dipartimento di Costruzioni, Universita, 1/,239-281,   1988年
  • Structural Role of the Wooden Ring of the Dome of Santa Maria del Fiore in Florence, DOMES from Antiquity to the Present, /,261-270,   1988年
  • Finite Element Analysis of Masonry Domes, DOMES from Antiquity to the Present, /,327-336,   1988年
  • Structural Stability and Profile in the Dome of Santa Maria del Fiore, Florence, /,211-220,   1989年
  • Structural Stability and Profile in the Dome of Hagia Sophia, Istanbul, /,267-276,   1989年
  • サンタ・マリア・デル・フィオ?レ大聖堂のド?ムの木製リングの構造的役割について, 日高健一郎, 青木孝義, 加藤史郎, 建築史学, /14,23-56, (14) 23 - 56,   1990年03月
  • Crack Pattern in Hagia Sophia Dome and its Comparison with those from Analysis, 1/,730-741,   1992年
  • Structural Characteristics of the Dome of Hagia Sophia from Measurement of Micro Tremor, Structural Studies, Repairs and Maintenance of Historical Buildings III, /,115-122,   1993年
  • Structural Characteristics of the Dome of Hagia Sophia from Measurement of Micro Tremor, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, /,915-922,   1993年
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物の常時微動測定に基づく振動特性, 青木孝義, 加藤史郎, 石川浩一郎, YORULMAZ M, CILI F, 構造工学論文集, 40B/,87-98, 87 - 98,   1994年03月
  • Vibrational Characteristics of the Minarets in Hagia Sophia and Suleymaniye Mosque Based on Measurement of Micro Tremors, Spatial Structures: Heritage, Present and Future, /2,1135-1142,   1995年
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの強度特性について, 青木孝義, 伊藤憲雄, コンクリート工学年次論文報告集, 18/2,1523-1528, (2) 1523 - 1528,   1996年06月
  • ハギア・ソフィア大聖堂メイン・ドームの施工線の形状, 佐藤達生, 日高健一郎, 河辺泰宏, 青木孝義, 山下王世, 日本建築学会計画系論文集, /485,219-226, (485) 219 - 226,   1996年07月
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの強度と弾性係数, 青木孝義, 伊藤憲雄, 角舎輝典, 日高健一郎, 構造工学論文集, 43B/,635-640, 635 - 640,   1997年03月
  • ハギア・ソフィア大聖堂のドームの変形性状と耐震強度, 青木孝義, 加藤史郎, 石川浩一郎, 日高健一郎, 構造工学論文集, 43B/,641-646, 641 - 646,   1997年03月
  • 芸術工学序論, 芸術工学への誘い,リバティ書房, /,24-45,   1997年
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの変形について, 青木孝義, 伊藤憲雄, 角舎輝典, コンクリート工学年次論文報告集, 19/2,1671-1676, (2) 1671 - 1676,   1997年06月
  • Principle of Structural Restoration for Hagia Sophia Dome, Structural Studies, Repairs and Maintenance of Historical Buildings V, /,467-476,   1997年
  • A Case Study of Engineering Curricula with Arts and Humanities, Humanities and Arts in a Balanced Engineering Education, /,149-152,   1997年
  • スレイマニエモスクのドームの構造解析?メインドームのクラック?, 青木孝義, 構造工学論文集, 44B/,423-428, 423 - 428,   1998年03月
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの炭酸化による強度発現への影響, 青木孝義, 伊藤憲雄, 角舎輝典, 構造工学論文集, 44B/,471-476, 471 - 476,   1998年03月
  • 人工知能工学を応用した空港旅客ターミナルビル計画試論, 芸術工学会誌, /17,68-72,   1998年
  • ハギア・ソフィア大聖堂の崩壊機構に関する考察?固定荷重の場合?, 青木孝義, 日本建築学会構造系論文集, /508,79-85, (508) 79 - 85,   1998年06月
  • サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームのレンガ造水平アーチの構造的役割について, 青木孝義, 日本建築学会計画系論文集, /508,225-231, (508) 225 - 231,   1998年06月
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの耐薬品性について, 青木孝義, 伊藤憲雄, 角舎輝典, 宮村篤典, コンクリート工学年次論文報告集, 20/1,599-604, (1) 599 - 604,   1998年06月
  • Failure Analysis of Masonry Arches, Advances in Civil and Structural Engineering Computing for Practice, Civil-Comp Press, /,213-219,   1998年
  • 歴史的な組積造建造物のモルタルの色彩に関する基礎的研究?ウィトルーウィウスからアルベルティまで?, 芸術工学会誌, /19,14-15,   1998年
  • 歴史的な組積造建造物のモルタルの力学特性に関する基礎的研究, コンクリート工学論文集, 10/1,41-50,   1999年
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの色彩と力学特性に関する基礎的研究, 青木孝義, 伊藤憲雄, 角舎輝典, 宮村篤典, 構造工学論文集, 45B/,195-200, 195 - 200,   1999年03月10日
  • デッサン室における温熱環境の冬季実測結果?在室者が存在する場合?, 芸術工学会誌, /20,51-57,   1999年
  • 歴史的な組積造建造物のモルタルの色彩と力学特性に関する基礎的研究, 青木孝義, 伊藤憲雄, 角舎輝典, 宮村篤典, コンクリート工学年次論文報告集, 21/3,1573-1578, (3) 1573 - 1578,   1999年06月21日
  • セメントモルタルの色彩と力学特性に関する基礎的研究, 術工学会誌, /21,239-242,   1999年
  • A Fundamental Study on Mechanical Characteristics of Mortar Used for Historical Masonry Structures, 21/,95-106,   2000年
  • A Fundamental Study onColor andMechanical Characteristics of Mortar Used for Historical Masonry Structures, 21/,115-120,   2000年
  • 歴史的な組積造建造物の消石灰モルタルの力学特性と色彩, 青木孝義, 伊藤憲雄, 宮村篤典, 角舎輝典, 構造工学論文集, 46B/,253-259, 253 - 259,   2000年03月20日
  • セメントモルタルの色彩と力学特性の関係に関する基礎的研究, 青木孝義, 藤森繁, 森博嗣, 谷川恭雄, コンクリート工学年次論文報告集, 22/1,331-336, (1) 331 - 336,   2000年06月01日
  • Limit Analysis of Masonry Wall with Openings by GA, Computational Engineering using Metaphors from Nature, Civil-Comp Press, /,135-142,   2000年
  • A Fundamental Study on Relationship between Color and Mechanical Characteristics of Cement Mortar, Transactions of the Japan Concrete Institute, 22/,485-492,   2001年
  • 歴史的な組積造建造物の消石灰モルタルの色彩と力学特性の関係, 構造工学論文集, 47B/,557-564,   2001年
  • 屋外暴露をした歴史的な組積造建造物の消石灰モルタルの色彩値と力学特性, 青木孝義, 伊藤憲雄, 宮村篤典, 角舎輝典, コンクリート工学年次論文報告集, 23/2,679-684, (2) 679 - 684,   2001年06月08日
  • Optimal TLD Vibration Control of Structures using Cone-shaped Liquid Reservoirs, Shaping Future with Simulation, Eurosim2001, /,1-6 (CD-ROM),   2001年
  • A Fundamental Study on Relationship between Color and Mechanical Characteristics of Slaked Lime Mortar Used for Historical Masonry Structures, Studies in Ancient Structures, SAS2001, 2/,541-550,   2001年
  • Analisi Sismica di Parete in Muratura: Metodi e Tecniche a Confronto, Proc. of X Convegno Nazionale ANIDIS on L, /,1-12 (CD-ROM),   2001年
  • Strategia per l, /,1-9 (CD-ROM),   2001年
  • A Fast Self-learning Seismic Vulnerability Assessment Procedure: Application to Chemical Industrial Plants, Safety and Reliability, Towards a Safer World, ESREL 2001, 3/,1707-1714,   2001年
  • Optimal Shape of Liquid Container for TLD Vibration Control of Structures, Proc. of the Eighth East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction EASEC-8, /,1-6 (CD-ROM),   2001年
  • モルタルの色彩値と力学特性の関係に関する実験的研究, 藤森繁, 谷川恭雄, 森博嗣, 黒川善幸, 青木孝義, 日本建築学会構造系論文集, /555,17-24, (555) 17 - 24,   2002年05月30日
  • 組積造壁体の地震時挙動に関する実験的研究, 青木孝義, 宮村篤典, 谷川恭雄, 大橋幾世, コンクリート工学年次論文報告集, 24/1,1105-1110, (2) 1105 - 1110,   2002年06月08日
  • Seismic Vulnerability Assessment of Chemical Plants through Probabilistic Neural Networks, Reliability Engineering, 77/3,263-268,   2002年
  • Structural Characteristics of the Elliptical Masonry Dome of the Sanctuary of Vicoforte, Proc. of First International Congress on Construction History, 1/,203-212,   2003年
  • Application of Bott-Duffin Inverse to Static and Dynamic Analysis of Masonry Structures, Structural Studies, Repairs and Maintenance of Heritage Architecture VIII, /,277-286,   2003年
  • Limit Analysis of Masonry Wall with Rectangular Openings by Equivalent Shear Panel Model, Structural Studies, Repairs and Maintenance of Heritage Architecture VIII, /,297-306,   2003年
  • ヴィコフォルテ教会堂の劣化現況に関する非破壊検査, コンクリート工学年次論文報告集, 25/1,1613-1618,   2003年
  • Collapse Analysis of Masonry Arch Bridges, Proc. of the 9th International Conference on Civil and Structural Engineering Computing, Egmond aan Zee, B H V Topping Ed., Civil Comp Press, /,1-14 (CD-ROM),   2003年
  • Structural Analysis with F.E. Method of the Elliptical Dome of the Sanctuary of Vicoforte, Innovative Materials and Technologies for Construction and Restoration, 2/,417-429,   2004年
  • Non-destructive Testing of the Sanctuary of Vicoforte, Proc. of 13th International Brick and Block Masonry Conference, 4/,1109-1118,   2004年
  • Theoretical and Experimental Dynamic Analysis of Rakanji Stone Arch Bridge, Honyabakei, Oita, Japan, Proc. of 7th International Conference on Motion and Vibration Control MOvIC, /,1-9 (CD-ROM),   2004年
  • Theoretical and Experimental Analysis of Brick Chimneys, Tokoname, Japan, Computational Mechanics, WCCM VI in conjunction with APCOM, /,1-12 (CD-ROM),   2004年
  • Research on Deterioration for Rakanji Stone Arch Bridge, Honyabakei, Oita, Japan, Arch Bridge IV, Advances in Assessment, Structural Design and Construction, P. Roca and C. Molins (Eds.), CIMNS, /,202-210,   2004年
  • Dynamic Identification and Model Updating of the Howa Brick Chimney, Tokoname, Japan, Structural Studies, Repairs and Maintenance of Heritage Architecture IX, /,265-275,   2005年
  • 高速道路のインターチェンジ利用圏域モデルに関する研究, 日本都市計画学会論文集, /40-2,45-50,   2005年
  • Structural Identification and Seismic Performance of Brick Chimneys, Tokoname, Japan, An International Journal of Structural Engineering, 21/5,553-570,   2005年
  • 6年半の実測データに基づく歴史的な組積造建造物の補修に関する消石灰モルタルの色彩と力学特性, 青木孝義, 伊藤憲雄, 日本建築学会構造系論文集, /602,73-79, (602) 73 - 79,   2006年04月30日
  • アウグスタの飛行船格納庫の劣化現況調査, 青木孝義, 濱崎仁, 込山貴仁, 湯浅昇, 谷川恭雄, 日本建築学会技術報告集, /23,53-58, (23) 53 - 58,   2006年06月20日
  • 常時微動測定に基づく鉄筋コンクリート建築物の振動モードの同定とモデル・アップデーティング, 青木孝義, 武藤治子, 湯浅昇, 師橋憲貴, コンクリート工学年次論文報告集, 28/2,1063-1068, (2) 1063 - 1068,   2006年07月30日
  • Structural Characterization of a Brick Chimney by Experimental Tests and Numerical Model Updating, Masonry International, 19/2,41-52,   2006年
  • Structural Characterization of Rakanji Stone Arch Bridge by Experimental Tests and Numerical Model Updating, Proc. of the V International Conference on Structural Analysis of Historical Constructions, /,887-895,   2006年
  • Structural Identification and Seismic Vulnerability of the Tower of Matilde in Italy, Proc. of the V International Conference on Structural Analysis of Historical Constructions, /,897-904,   2006年
  • Monitoring and Modeling Strategies for the World, Proc. of the V International Conference on Structural Analysis of Historical Constructions, /,1167-1176,   2006年
  • 33年間供用された実構造梁部材の曲げ実験, 師橋憲貴, 湯浅昇, 青木孝義, 桜田智之, 松井勇, 日本建築学会技術報告集, /24,137-142, (24) 137 - 142,   2006年12月20日
  • Influence of Experimental Data and FE Model on Updating Results of a Brick Chimney, Journal of Advances in Engineering Software, Elsevier, /,in press,   2007年
  • Model Updating of a Real Multi-Span Masonry Bridg, Proc. of the Eighth International Conference on Computational Structures Technology, B.H.V. Topping, G. Montero and R. Montenegro, (Editors), Civil-Comp Press, Paper 81, 1-13 (CD-ROM),   2006年
  • Dynamic Identification of the RC Building No.5 of College of Industrial Technology at Nihon University, Proc. of the 10th International Conference on Civil, Structural and Environmental Engineering Computing, B H V Topping Ed., Civil Comp Press, Paper 246, 1-14 (CD-ROM),   2005年
  • 羅漢寺橋の劣化現況調査と振動モード同定, 芸術工学への誘いIX,岐阜新聞社, /,227-249,   2005年
  • 常滑市のレンガ煙突, 芸術工学への誘いVIII,岐阜新聞社, /,166-198,   2004年
  • サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の形態及び性能設計的観点からみたドーム形状の評価, 芸術工学への誘いII,中日新聞本社, /,210-226,   1998年
  • Structural Characterization of Rakanji Stone Arch Bridge by Experimental Tests and Numerical Model Updating, Aoki Takayoshi, Sabia Donato, Rivella Diego, Komiyama Tatsuhito, International Journal of Architectural Heritage: Conservation, Analysis, and Restoration, Taylor, in press, (3) 227 - 250,   2007年, 査読有り
  • 材料、形態及び性能設計的観点からみた諫早眼鏡橋の評価, 芸術工学への誘いII,中日新聞本社, /,227-246,   1998年

MISC

  • 博士論文 保存を目的とした既存灯台の耐震性評価, 川瀬 みなみ, 青木 孝義, コンステックHDテクニカルレポート = Constec Holdings technical report, (22) 87 - 94,   2019年04月
  • (35)名古屋市立大学大学院芸術工学研究科・建築構造研究室 : 歴史的建造物の保存を目指して(<連載>研究室探訪), 青木 孝義, 建築雑誌,   2017年06月20日
  • 塩害環境下で20~92年間供用されたRC造建造物の鉄筋腐食に関する一考察, 川瀬 みなみ, 佐藤 大輔, 青木 孝義, コンステックHDテクニカルレポート = Constec Holdings technical report, (21) 39 - 43,   2018年04月
  • 保存を目的とした既存灯台の耐震性評価, 川瀬みなみ, 青木孝義, コンステックHD・テクニカルレポート,   2019年04月
  • イタリア教会の維持保全修理 : ヴィコフォルテ教会堂の調査とイタリア中部地震を通して, 青木 孝義, 建築の研究, (235) 7 - 12,   2016年06月
  • 灯台の振動計測調査, 日髙 みなみ, 佐藤 大輔, 青木 孝義, コンステックHDテクニカルレポート = Constec Holdings technical report, (18) 63 - 68,   2015年04月
  • 土木技術アーカイブス(第23回)諫早水害と諫早眼鏡橋の復元--篠原謹爾「諫早の水害をみて」昭和32年12月号, 青木 孝義, 土木技術, 66, (11) 91 - 99,   2011年11月
  • 災害報告 2009年4月6日イタリア・ラクイラ地震による建築物の被害調査, 青木 孝義, 岸本 一蔵, 迫田 丈志, 建築防災, (380) 51 - 68,   2009年09月
  • イタリアにおける歴史的な組積造建築とRC建築 : ヴィコフォルテ教会堂と飛行船格納庫, 青木 孝義, 芸術工学への誘い, 11,   2007年03月31日
  • 羅漢寺橋の劣化現況調査と構造安定性に関する検討(その2)劣化現況調査と振動モードの同定, 青木 孝義, 込山 貴仁, コンステックテクニカルレポート, (9) 13 - 17,   2005年07月
  • ドームの《治療》のために日本から, 青木 孝義, コンクリート工学 = Concrete journal, 41, (4) 78 - 79,   2003年04月01日
  • サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の形態及び性能設計的観点からみたドーム形状の評価 (<第2部>芸術工学へのアプローチ), 青木 孝義, 宮村 篤典, 芸術工学への誘い, 2,   1998年03月31日
  • 材料、形態及び性能設計的観点からみた諫早眼鏡橋の評価 (<第2部>芸術工学へのアプローチ), 青木 孝義, 宮村 篤典, 芸術工学への誘い, 2,   1998年03月31日
  • 芸術工学序論 (<第1部>芸術工学を考える), 宮村 篤典, 青木 孝義, 芸術工学への誘い, 1,   1997年02月28日
  • ハギア・ソフィア大聖堂のド-ムの構造特性に関する実験的および解析的研究, 青木 孝義, 旭硝子財団助成研究成果報告, (1995) p577 - 584,   1995年
  • サンタ・マリア・デル・フィオ-レ大聖堂のド-ムのレンガ造水平ア-チの構造的役割について, 青木 孝義, 長崎大学工学部研究報告, 22, (39) p169 - 186,   1992年07月, The dome of Santa Maria del Fiore consists of two shells, an inner one and an outer one, which are connected by eight massive ribs and sixteen intermediate ribs. The principal rib and the intermediate rib are linked through little horizontal brick arches. As to the structural role of the horizontal brick arches, there are currently four opinions. 1) They are connecting rings, 2) They are load-transmitting rings, 3) They contributed to the self-support of the outer shell during its construction, and 4) Thgy are for their geometrical rather than their structural properties. From the structural point of view, the horizontal brick arches must have been an appropriate contribution to the self-supporting of the outer shell.
  • サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂交差部円蓋の構造特性と架構法に関する研究(構造)(学位論文要旨), 青木 孝義, 建築雑誌. 建築年報,   1991年09月

書籍等出版物

  • Finite-Element Modeling of The First and Second Domes of Hagia Sophia,   1992年
  • Formulation of Elastic-plastic Joint Elements and Their Application to Practical Structures, Edited by J.W. Bull, Computational Modelling of Masonry, Brickwork and Blockwork Structures, Saxe-Coburg Publications,   2001年
  • ボット・ダフィン逆行列とその応用?計算工学シリーズ5?, コロナ社,   2003年
  • 建築材料を学ぶ -その選択から施工まで-, 理工図書,   2009年
  • やさしい構造材料実験, 森北出版,   2010年

講演・口頭発表等

  • ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その11 新築石積造の引き倒し実験による補強効果の検証, 青木秀敬, 青木孝義, SHRESTHA K.C., 宮本慎宏, WANGMO P., 村井颯希, 金井新, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2019年07月20日
  • ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その10 既存石造壁の要素試験と引き倒し試験による耐震補強効果の検証, 村井颯希, 宮本慎宏, 青木孝義, SHRESTHA Kshitij C., WANGMO Phuntsho, 青木秀敬, 金井新, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2019年07月20日
  • 小径ドリル型削孔試験機を用いた煉瓦の圧縮強度推定, 加藤万梨香, 青木孝義, 青木秀敬, PARK Sang Jun, 長谷川哲也, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2019年07月20日
  • ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その15 伝統的石造建物の常時微動計測, 宮本慎宏, 青木孝義, 高橋典之, SHRESTHA K.C., 村井颯希, 金井新, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2019年07月20日
  • 歴史的建造物の調査・診断・補修・補強方法提案システムの構築, 久保隆成, 青木孝義, 長谷川直司, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2019年07月20日
  • ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その9 既存および新築版築壁の引き倒し実験による耐震補強効果の検証, 金井新, 青木孝義, SHRESTHA K.C., 宮本慎宏, WANGMO P., 青木秀敬, 村井颯希, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2019年07月20日
  • 既存鉄筋コンクリート造4枚組合せHPシェル屋根の振動測定, ZHANG Jingyao, 青木孝義, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2019年07月20日
  • ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その8 石積み裏込モルタルの品質確保に関する検討, 湯浅昇, 申相てつ, 青木孝義, SHRESTHA K. C., WANGMO Phuntsho, 宮本慎宏, 高橋典之, 張景耀, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2019年07月20日
  • ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その7 版築の圧縮強度に及ぼす加水率および乾燥温度の影響, SHIN Sangchul, 湯浅昇, 青木孝義, WANGMO Phuntsho, SHRESTHA K. C., 宮本慎宏, 高橋典之, 張景耀, 日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM),   2019年07月20日
  • 20240 不連続変形法による組積造建造物の静的解析, 張 景耀, 青木 孝義, 構造I,   2018年07月20日
  • 21054 混合構造物の施工過程における固有周期の変化について その3 微動レベルの1次固有周期の推定式, 河登 健太郎, 髙味 えり, 青木 秀敬, 宿里 勝信, 張 景耀, 青木 孝義, 構造II,   2018年07月20日
  • 23425 混合構造文化財建造物の耐震改修を考慮した経済性能評価に基づく要求スペクトル, 片貝 勇介, 高橋 典之, 青木 孝義, 構造IV,   2018年07月20日
  • 23452 ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その1 プロジェクトの概要と伝統的版築造住宅のモニタリング, 青木 孝義, 宮本 慎宏, Shrestha Kshitij C., 湯浅 昇, 高橋 典之, 張 景耀, 荒巻 卓見, 構造IV,   2018年07月20日
  • 23435 INAXライブミュージアム 窯のある広場・資料館の耐震性能に関する研究 その1 常時微動測定結果と静的弾性解析結果, 青木 秀敬, 青木 孝義, 構造IV,   2018年07月20日
  • 23453 ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その2 版築の材料強度の検討, 湯浅 昇, 青木 孝義, 荒巻 卓見, 宮本 慎宏, Shrestha Kshitij C., 高橋 典之, 張 景耀, Wangmo Phuntsho, 構造IV,   2018年07月20日
  • 23455 ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その4 引き倒し実験の概要と材料実験結果, 小西 孝明, 宮本 慎宏, 青木 孝義, シュレスタ チティジチャラナ, 湯浅 昇, 高橋 典之, 張 景耀, 荒巻 卓見, ワングモ プンツォ, 青木 秀敬, 構造IV,   2018年07月20日
  • 23457 ブータンにおける組積造建築の耐震化技術に関する研究 その6 伝統的版築造建物の常時微動計測, 宮本 慎宏, 青木 孝義, 高橋 典之, シュレスタ チティジチャラナ, 張 景耀, 構造IV,   2018年07月20日
  • 1289 煉瓦の焼成温度と強度・非破壊試験値との関係, 荒巻 卓見, 湯浅 昇, 青木 孝義, 材料施工,   2018年07月20日
  • 20484 天井の補強効果に関する研究 その1 体育館の補強前後における常時微動測定および振動実験結果, 中村 友輔, 加藤 工匠, 青木 孝義, 青木 秀敬, 構造I,   2017年07月20日
  • 23406 ブータン王国における民家等の伝統的建造物保存修復に関する研究 その7 木材による版築ブロックの水平方向補強方法の一提案, 江原 夏季, 青木 孝義, 宮本 慎宏, 小西 孝明, 構造IV,   2017年07月20日
  • 1268 小径ドリル型削孔試験機を用いたコンクリートの圧縮強度推定 その1 試験機の仕様および粗骨材を避けて削孔する方法, 藤森 繁, 長谷川 哲也, 畑中 重光, 青木 孝義, 朴 相俊, 材料施工,   2017年07月20日
  • 1269 小径ドリル型削孔試験機を用いたコンクリートの圧縮強度推定 その2 実験室供試体での圧縮強度と削孔速度の関係, 朴 相俊, 藤森 繁, 青木 孝義, 畑中 重光, 長谷川 哲也, 材料施工,   2017年07月20日
  • 1564 半田赤レンガ建物の構造特性に関する研究 その1 材料実験結果, 于 泓, 青木 孝義, 青木 秀敬, 材料施工,   2017年07月20日
  • 1565 半田赤レンガ建物の構造特性に関する研究 その2 常時微動測定結果, 青木 孝義, 于 泓, 青木 秀敬, 材料施工,   2017年07月20日
  • 253 混合構造物の施工過程における固有周期の変化について その3 解析による固有周期の変化に関する考察, 坂本 良祐, 河登 健太郎, 髙味 えり, 宿里 勝信, 張 景耀, 青木 孝義, 東海支部研究報告集,   2017年02月20日
  • 254 減築を伴う鉄筋コンクリート造建物の動力学特性について その4 減築前後の固有振動数の変化に関する考察, 田中 達也, 土田 崇仁, 坂本 良祐, 髙味 えり, 宿里 勝信, 青木 孝義, 東海支部研究報告集,   2017年02月20日
  • 自然災害による航路標識の被害傾向の分析, 日高 みなみ, 青木 孝義, 西川 忠, 都市計画,   2016年08月24日
  • 混合構造物の施工過程における固有周期の変化について その1 常時微動測定結果, 河登 健太郎, 坂本 良祐, ~味 えり, 宿里 勝信, 張 景耀, 青木 孝義, 構造II,   2016年08月24日
  • 混合構造物の施工過程における固有周期の変化について その2 解析と常時微動測定との比較検討, 坂本 良祐, 河登 健太郎, ~味 えり, 宿里 勝信, 張 景耀, 青木 孝義, 構造II,   2016年08月24日
  • せん断系建物の層剛性同定に関する研究, 張 景耀, 青木 孝義, 構造II,   2016年08月24日
  • ブータン王国における民家等の伝統的建造物保存修復に関する研究 その6 実大版築壁体の引き倒し実験による耐震補強の有効性検証, 宮本 慎宏, 青木 孝義, 江原 夏季, 森藤 祥裕, 奥廣 晴香, 構造IV,   2016年08月24日
  • 208 常時微動測定による中間階免震建物の動特性について(2.構造), 坂本 良祐, 河登 健太郎, 高味 えり, 久瀬 由衣, 于 泓, 人見 真由, 宿里 勝信, 張 景耀, 青木 孝義, 東海支部研究報告集,   2016年02月22日
  • 9012 ブータン王国における民家等の伝統的建造物保存に関する研究 : その5 版築職人への聞き取り調査(東洋建築史:カンボジア・ブータン,建築歴史・意匠,学術講演会・建築デザイン発表会), 佐藤 桂, 友田 正彦, 江面 嗣人, 青木 孝義, 冨永 善啓, 宮本 慎宏, 建築歴史・意匠,   2015年09月04日
  • 23312 減築を伴う鉄筋コンクリート造建物の動力学特性について : その3.減築過程における建物の振動特性(RC耐震補強:柱・梁ほか(1),構造IV,学術講演会・建築デザイン発表会), 人見 真由, 久瀬 由依, 高見 えり, 坂本 良祐, 土田 崇仁, 宿里 勝信, 青木 孝義, 構造IV,   2015年09月04日
  • 23311 減築を伴う鉄筋コンクリート造建物の動力学特性について : その2.減築前の建物の振動特性と地震観測結果(RC耐震補強:柱・梁ほか(1),構造IV,学術講演会・建築デザイン発表会), 久瀬 由依, 高味 えり, 土田 崇仁, 坂本 良祐, 宿里 勝信, 人見 真由, 青木 孝義, 構造IV,   2015年09月04日
  • 247 木造寺院建築「佛眼寺」の振動特性(2.構造), 森田 麻鈴, 青木 孝義, 東海支部研究報告集,   2015年02月23日
  • 249 半田赤レンガ建物の振動特性と材料試験結果(2.構造), 酒井 晴子, 青木 孝義, 東海支部研究報告集,   2015年02月23日
  • 251 減築を伴う鉄筋コンクリート造建物の動力学特性について : その1. 減築前の建物の振動特性(2.構造), 久瀬 由依, 高味 えり, 土田 崇仁, 坂本 良祐, 宿里 勝信, 青木 孝義, 人見 真由, 東海支部研究報告集,   2015年02月23日
  • 9352 ブータン王国における民家等の伝統的建造物保存修復に関する研究 : その4 パガ・ラカン寺院版築壁体の材料実験結果と構造解析(東洋建築史:ベトナム(3)・ブータン,建築歴史・意匠,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 鳥澤 麻衣子, 青木 孝義, 宮本 慎宏, 冨永 善啓, 江面 嗣人, 友田 正彦, 佐藤 桂, 建築歴史・意匠,   2014年09月12日
  • 101 レンガの塩類劣化と立地条件に関する基礎的検討(1.材料・施工), 橋本 大地, 丸山 一平, 五十嵐 豪, 濱崎 仁, 青木 孝義, 東海支部研究報告集,   2014年02月17日
  • 235 大正時代に建てられた木造住宅の耐震改修に伴う振動特性の変化の評価(2.構造), 朝 ティリ, 袋 早紀, 古川 忠稔, 青木 孝義, 東海支部研究報告集,   2014年02月17日
  • 1413 階上解体工事における建築物の安全性評価に関する研究 : 解体用重機のアームおよびキャタピラー位置の変化が床版サポートに与える影響(解体,材料施工,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 南谷 崇文, 青木 孝義, 藤本 郷史, 湯浅 昇, 材料施工,   2013年08月30日
  • 21327 常時微動測定および固有値解析に基づく組積造建築物の振動特性の推定(建物常時微動(2),2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 石原 大輝, 中村 光, 青木 孝義, 宿里 勝信, 張 景耀, 構造II,   2013年08月30日
  • 9282 ブータン王国における民家等の伝統的建造物保存修復に関する研究 : その3 版築の工法について(東洋建築史:ブータン・内モンゴル・ラオス・カンボジア(1),建築歴史・意匠,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 江面 嗣人, 友田 正彦, 青木 孝義, 冨永 善啓, 宮本 慎宏, 境野 飛鳥, 佐藤 桂, 建築歴史・意匠,   2013年08月30日
  • 9281 ブータン王国における民家等の伝統的建造物保存修復に関する研究 : その2 パガ・ラカン寺院の版築壁体引き倒し実験結果(東洋建築史:ブータン・内モンゴル・ラオス・カンボジア(1),建築歴史・意匠,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 中村 光, 青木 孝義, 冨永 善啓, 江面 嗣人, 友田 正彦, 境野 飛鳥, 建築歴史・意匠,   2013年08月30日
  • 127 階上解体工事における建築物の安全性に関する研究 : 解体工事時に解体用重機が床版サポートに与える影響(1.材料・施工), 南谷 崇文, 青木 孝義, 藤本 郷史, 東海支部研究報告集,   2013年02月18日
  • 220 組積造建築物の振動特性に関する研究 : 東急鯱バス女子寮の常時微動測定(2.構造), 中村 光, 青木 孝義, 宿里 勝信, 東海支部研究報告集,   2013年02月18日
  • 9248 ブータン王国における民家等の伝統的建造物保存修復に関する研究 : その1 常時微動測定結果(東洋:アジア民家・集落,建築歴史・意匠,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 青木 孝義, 冨永 善啓, 江面 嗣人, 友田 正彦, 境野 飛鳥, 建築歴史・意匠,   2012年09月12日
  • 1601 解体工事中における建築物の安全性評価に関する研究 : その1 予備調査(解体,材料施工,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 南谷 崇文, 青木 孝義, 湯浅 昇, 材料施工,   2012年09月12日
  • 21013 イタリア・ラクイラ地震により被災した文化遺産建築 : その1 調査概要とモニタリングシステム(地震被害(1):ニュージーランド地震ほか,構造II), 青木 孝義, 迫田 丈志, 高橋 典之, 松井 智哉, 岸本 一蔵, 濱崎 仁, 湯浅 昇, 丸山 一平, 奥田 耕一郎, 谷川 恭雄, 中埜 良昭, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント,   2011年07月20日
  • 21014 イタリア・ラクイラ地震により被災した文化遺産建築 : その2 調査対象文化遺産建築の概要(地震被害(1):ニュージーランド地震ほか,構造II), 奥田 耕一郎, 濱崎 仁, 青木 孝義, 湯浅 昇, 迫田 丈志, 丸山 一平, 高橋 典之, 谷川 恭雄, 松井 智哉, 中埜 良昭, 岸本 一蔵, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント,   2011年07月20日
  • 21015 イタリア・ラクイラ地震により被災した文化遺産建築 : その3 静的モニタリングの概要と結果(地震被害(1):ニュージーランド地震ほか,構造II), 岸本 一蔵, 濱崎 仁, 迫田 丈志, 高橋 典之, 松井 智哉, 湯浅 昇, 青木 孝義, 丸山 一平, 奥田 耕一郎, 谷川 恭雄, 中埜 良昭, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント,   2011年07月20日
  • 1077 イタリア国宝RC造飛行船格納庫における劣化現状調査 : その4 建築物における塩化物イオン量分布(耐久性(1),材料施工), 太田 圭祐, 湯浅 昇, 青木 孝義, 濱崎 仁, 谷川 恭雄, 高橋 英孝, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   2009年07月20日
  • 1112 各種非破壊試験法による低強度コンクリートの強度推定方法に関する研究 : その1:反発度法、超音波速度法およびウィンザーピン貫入抵抗法(試験検査(3),材料施工), 谷川 恭雄, 木股 典良, 寺西 浩司, 青木 孝義, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   2007年07月31日
  • 23432 歴史的建築物の常時微動測定に基づく振動特性評価 : その1 ヴィコフォルテ教会堂(組積造建築)の振動特性評価(無筋組積造・耐震補強,構造IV), 高橋 典之, 中埜 良昭, 青木 孝義, 学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造,   2007年07月31日
  • 1118 イタリアRC造飛行船格納庫における劣化現況調査 : その3 非・微破壊試験による強度推定方法の検証(試験検査(4),材料施工), 湯浅 昇, 谷川 恭雄, 青木 孝義, 濱崎 仁, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   2007年07月31日
  • 1116 イタリアRC造飛行船格納庫における劣化現況調査 : その1 調査概要およびコンクリート強度と中性化深さに関する調査結果(試験検査(4),材料施工), 青木 孝義, 谷川 恭雄, 湯浅 昇, 濱崎 仁, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   2007年07月31日
  • 1117 イタリアRC造飛行船格納庫における劣化現況調査 : その2 塩化物イオン量に関する調査結果(試験検査(4),材料施工), 濱崎 仁, 谷川 恭雄, 青木 孝義, 湯浅 昇, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   2007年07月31日
  • 9188 ジャワ島中部地震により被災した世界遺産プランバナン遺跡群 : その2地震応答解析による被害の解釈(保存:被災,建築歴史・意匠), 花里 利一, 大和 智, 小野 邦彦, 是澤 紀子, 清永 洋平, 青木 孝義, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠,   2007年07月31日
  • 日常動作評価のための生体情報可視化・分析システムの開発, 松河 剛司, 横山 清子, 梅谷 智弘, 青木 孝義, 人間工学,   2007年06月02日
  • 日常動作評価のための生体状態可視化・分析システムの開発, 松河 剛司, 横山 清子, 梅谷 智弘, 青木 孝義, 日本人間工学会大会講演集,   2007年
  • 21454 鉄筋コンクリート建築物の振動モードの同定結果を用いたモデル・アップデーティングによる損傷同定(損傷検出アルゴリズム (1), 構造II), 武藤 治子, 青木 孝義, 湯浅 昇, 師橋 憲貴, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント,   2006年07月31日
  • 21034 日本大学生産工学部5号館の常時微動測定に基づく振動モードの同定(システム同定(1),構造II), 武藤 治子, 青木 孝義, 湯浅 昇, 師橋 憲貴, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント,   2005年07月31日
  • 108 消石灰モルタルの力学的性状と非破壊検査法による強度推定に関する研究(材料・施工), 宮部 喬司, 青木 孝義, 森 博嗣, 黒川 善幸, 谷川 恭雄, 東海支部研究報告集,   2005年02月
  • 1082 色彩値による赤外線画像補正手法のタイル貼り壁面への適用性に関する実験的研究(改修・解体(改修試験・検査(1)),材料施工), 藤森 繁, 谷川 恭雄, 森 博嗣, 黒川 善幸, 青木 孝義, 宮部 喬司, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   2004年07月31日
  • 228 伝統木造社寺建築物の動特性調査(構造), 青木 孝義, 小浜 芳朗, 高岸 孝介, 東海支部研究報告集,   2004年02月14日
  • 歴史的建築物の非破壊検査, 込山 貴仁, 青木 孝義, 湯浅 昇, 濱崎 仁, 畑中 重光, 谷川 恭雄, 評価・診断に関するシンポジウム講演論文集,   2004年
  • 1418 モルタルの表面色を考慮した赤外線サーモグラフィ画像の補正手法に関する基礎的研究(改修・維持保全(3),材料施工), 藤森 繁, 谷川 恭雄, 森 博嗣, 黒川 善幸, 青木 孝義, 宮部 喬司, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   2003年07月30日
  • 1077 ヴィコフォルテ教会堂を中心とする歴史的建築物の劣化現況調査と保存修復方法の提案 : その3.材料強度の推定法に関する研究(メーソンリー(2),材料施工), 込山 貴仁, 青木 孝義, 谷川 恭雄, 湯浅 昇, 畑中 重光, 濱崎 仁, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   2003年07月30日
  • 1078 ヴィコフォルテ教会堂を中心とする歴史的建築物の劣化現況調査と保存修復方法の提案 : その4.常時微動測定に基づく振動特性(メーソンリー(2),材料施工), 青木 孝義, 込山 貴仁, 濱崎 仁, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   2003年07月30日
  • 135 ヴィコフォルテ教会堂を中心とする歴史的建築物の劣化現況調査と保存修復方法の提案 : その2:目視と非破壊検査技術を用いた劣化現況調査(材料・施工), 大橋 幾世, 青木 孝義, 込山 貴仁, 谷川 恭雄, 畑中 重光, 濱崎 仁, 湯浅 昇, 東海支部研究報告集,   2003年02月15日
  • 129 モルタルおよびセメントペーストの表面性状が色彩値に及ぼす影響に関する基礎的研究(材料・施工), 藤森 繁, 谷川 恭雄, 森 博嗣, 黒川 善幸, 青木 孝義, 寺嶋 哲夫, 東海支部研究報告集,   2003年02月15日
  • 1002 ヴィコフォルテ教会堂を中心とする歴史的建築物の劣化現況調査と保存修復方法の提案 : その 1. 非破壊検査技術を用いた劣化・構造調査, 込山 貴仁, 青木 孝義, 大橋 幾世, 谷川 恭雄, 学術講演梗概集. 構造系,   2002年08月
  • 1180 石膏の表面性状が色彩値に及ぼす影響に関する基礎的実験, 藤森 繁, 谷川 恭雄, 森 博嗣, 黒川 善幸, 青木 孝義, 寺嶋 哲夫, 学術講演梗概集. 構造系,   2002年08月
  • 318 テントの空気・温熱環境に関する実験的研究 : 屋外及び屋内実測結果, 角舎 輝典, 大澤 徹夫, 青木 孝義, 青木 哲, 東海支部研究報告集,   2002年02月16日
  • 1251 各種養生条件下におけるモルタルの色彩値と力学特性の関係に関する基礎的研究(評価方法・その他,材料施工), 藤森 繁, 谷川 恭雄, 森 博嗣, 黒川 善幸, 青木 孝義, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   2001年07月31日
  • 21156 Tuned Liquid Damperのタンク形状に関する研究(制振/制震設計・応答評価,構造II), 曽我 充弘, 青木 孝義, 宮村 篤典, 学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント,   2001年07月31日
  • 7259 高速道路におけるインターチェンジの最適配置計画(都市交通,都市計画), 大橋 昭宏, 青木 孝義, 宮村 篤典, 学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題,   2001年07月31日
  • 106 各種養生条件下におけるモルタルの色彩値と力学特性の関係に関する実験的研究(材料・施工), 藤森 繁, 青木 孝義, 黒川 善幸, 森 博嗣, 谷川 恭雄, 東海支部研究報告集,   2001年02月10日
  • 1170 モルタルの色彩値と力学特性の関係に関する基礎的研究, 藤森 繁, 青木 孝義, 黒川 善幸, 森 博嗣, 谷川 恭雄, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   2000年07月31日
  • 5291 高速道路におけるインターチェンジ, サービスエリア, パーキングエリアの最適配置計画に関する研究 : その1 配置計画の現状とパラメータの抽出, 大橋 昭宏, 青木 孝義, 宮村 篤典, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎,   2000年07月31日
  • 117. セメントモルタルの色彩と力学特性の関係に関する基礎的研究(材料・施工), 藤森 繁, 青木 孝義, 森 博嗣, 谷川 恭雄, 宮村 篤典, 東海支部研究報告集,   2000年02月19日
  • 5271 分岐した直線状に並ぶ建築設備機器の最適配置計画の研究, 久翁 知巳, 葛川 かおる, 青木 孝義, 宮村 篤典, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎,   1999年07月30日
  • 5360 空港旅客ターミナルビルにおける施設設備の最適配置に関する研究, 葛川 かおる, 青木 孝義, 宮村 篤典, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎,   1998年07月30日
  • 5361 直線状に並ぶ建築設備機器の最適配置計画の研究, 久翁 知巳, 青木 孝義, 宮村 篤典, 学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎,   1998年07月30日
  • 1337 ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの性状について : その5 中性化試験結果, 伊藤 憲夫, 青木 孝義, 角舎 輝典, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   1997年07月30日
  • 1537 ハギヤ・ソフィア大聖堂を中心とした歴史的建築物のモルタルの性状について : その4 耐薬品性試験, 伊藤 憲雄, 青木 孝義, 角舎 輝典, 学術講演梗概集. A-1, 材料施工,   1996年07月30日
  • 41049 密度差換気の成される中空壁体の伝熱特性に関する研究 その11 : 定常条件下における熱流解析, 青山 三男, 角舎 輝典, 本間 宏, 青木 孝義, 青木 恭介, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用,   1996年07月30日
  • 41050 密度差換気の成される中空壁体の伝熱特性に関する研究 その12 : 本社制御・熱伝達促進を行った場合, 角舎 輝典, 青山 三男, 本間 宏, 青木 孝義, 青木 恭介, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用,   1996年07月30日
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの性状について : その2 圧縮強度と曲げ強度(材料・施工系), 青木 孝義, 伊藤 憲雄, 角舎 輝典, 水尾 麻奈, 日本建築学会東北支部研究報告集,   1996年06月22日
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの性状について : その3 圧縮強度,引張強度と動弾性係数(材料・施工系), 青木 孝義, 伊藤 憲雄, 角舎 輝典, 水尾 麻奈, 日本建築学会東北支部研究報告集,   1996年06月22日
  • ハギア・ソフィア大聖堂のドームの耐震強度に関する基礎的研究(構造系), 青木 孝義, 加藤 史郎, 石川 浩一郎, 日本建築学会東北支部研究報告集,   1996年06月22日
  • 9217 ドーム殻に設置された円筒管と中央ドームの形態的特徴について : ハギア・ソフィア大聖堂調査報告(その3), 河辺 泰宏, 青木 孝義, 日高 健一郎, 佐藤 達生, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠,   1995年07月20日
  • 9216 ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物のモルタルの性状について : その1 基礎実験, 青木 孝義, 伊藤 憲雄, 学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠,   1995年07月20日
  • 2569 ハギア・ソフィア大聖堂の常時微動測定 : その4 ミナレットの耐震性能, 畠山 博明, 青木 孝義, 加藤 史郎, 石川 浩一郎, 学術講演梗概集. B, 構造I,   1994年07月25日
  • 2568 ハギア・ソフィア大聖堂の常時微動測定 : その3 ミナレットの固有振動数とレンガ, 石のヤング係数, 青木 孝義, 加藤 史郎, 石川 浩一郎, 畠山 博明, 学術講演梗概集. B, 構造I,   1994年07月25日
  • 9081 ハギア・ソフィア大聖堂のドームの構造特性 : その1 全体的構造特性からみたペンデンティヴの腰積みの役割, 滝 雅美, 青木 孝義, 加藤 史郎, 日高 健一郎, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1994年07月25日
  • 207 ミナレットの常時微動測定に基づく振動特性(構造), 青木 孝義, 加藤 史郎, 石川 浩一郎, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系,   1994年03月
  • 247 周辺を柱梁部材で拘束された補強コンクリートブロック壁体の解析的研究(構造), カマチョ オルデマル, 末岡 禎佑, 吉村 浩二, 白濱 敏行, 青木 孝義, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系,   1994年03月
  • 236 鉄筋コンクリート多段配筋短柱のせん断耐力(構造), 蓼原 真一, 嶋津 孝之, 青木 孝義, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系,   1994年03月
  • 2454 ハギア・ソフィア大聖堂の常時微動測定 : その1 ハギア・ソフィア大聖堂の振動性状について, 青木 孝義, 石川 浩一郎, 加藤 史郎, 学術講演梗概集. B, 構造I,   1993年07月25日
  • 2455 ハギア・ソフィア大聖堂の常時微動測定 : その2 ハギア・ソフィア大聖堂のミナレット, スレイマニエモスク, ハギア・イレーネ, ミフリマクスルタンモスク, 市壁の振動性状について, 石川 浩一郎, 青木 孝義, 加藤 史郎, 学術講演梗概集. B, 構造I,   1993年07月25日
  • 302 周辺を柱梁部材で拘束された補強コンクリートブロック壁体の地震時挙動に関する実験的および解析的研究-1(構造), 青木 孝義, 末岡 禎佑, 白濱 敏行, 吉村 浩二, 菊池 健児, 中村 博志, オルデマル カマチョ, 日本建築学会研究報告. 中国・九州支部. 1, 構造系,   1993年03月
  • 219 Hellinger-Reissnerの原理に基礎をおく平面構造要素の解析法に関する一考察(構造), 白濱 敏行, 末岡 禎佑, 近藤 一夫, 花井 正実, 青木 孝義, 日本建築学会研究報告. 中国・九州支部. 1, 構造系,   1993年03月
  • 253 諫早眼鏡橋の構造特性1 : ヘドロ基礎の構造的役割について(構造), 青木 孝義, 日本建築学会研究報告. 九州支部. 1, 構造系,   1992年03月
  • 9121 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームの構造特性 -4- : 木製リングの構造的役割について, 日高 健一郎, 青木 孝義, 加藤 史郎, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築歴史・意匠,   1988年09月
  • 21079 薄肉床壁構造におけるパネルゾーンの復元力特性実験 : その1 : 目的と実験計画, 半谷 裕彦, 高山 誠, 青木 孝義, 今川 憲英, 村野 清文, 関口 直史, 学術講演梗概集. C, 構造II,   1987年08月25日
  • 21080 薄肉床壁構造におけるパネルゾーンの復元力特性実験 : その2 : 実験結果と考察, 半谷 裕彦, 高山 誠, 青木 孝義, 今川 憲英, 村野 清文, 関口 直史, 学術講演梗概集. C, 構造II,   1987年08月25日
  • 9142 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームの構造特性-3- : ドーム基部に設けられた木製リングの構造特性, 青木 孝義, 日高 健一郎, 加藤 史郎, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築史・建築意匠,   1986年07月25日
  • 9100 パッツィ家礼拝堂のドームの構造特性-1-, 青木 孝義, 日高 健一郎, 加藤 史郎, 学術講演梗概集. F, 都市計画, 建築経済・住宅問題, 建築史・建築意匠,   1985年09月10日
  • サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の形態 : 正方形システムによる作図(歴史・意匠), 五島 利兵衛, 日高 健一郎, 加藤 史郎, 青木 孝義, 河辺 泰宏, 東海支部研究報告集,   1985年02月16日
  • サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームの構造特性 2 : 全体的構造特性からみたドラムとピアの役割 : 建築歴史・建築意匠, 青木 孝義, 日高 健一郎, 加藤 史郎, 河辺 泰宏, 学術講演梗概集. 計画系,   1984年09月10日
  • サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームの構造特性-1 : 完成時と施工時におけるドームの構造要素の役割 : 建築歴史・建築意匠, 日高 健一郎, 青木 孝義, 加藤 史郎, 河辺 泰宏, 学術講演梗概集. 計画系,   1984年09月10日

特許

  • 建築物の層剛性を同定する方法及びその装置, 特願2016-069596
  • レンガ構造物の変形量算出方法, 特許第5994086号

受賞

  •   2014年, Best Paper Award
  •   2009年, First Honourable Mention H.W.H (Timber) West Best Paper Award
  •   1998年, 日本コンクリート工学協会賞(奨励賞)
  •   1997年, 日本コンクリート工学協会優秀講演賞

競争的資金

  • ブータンにおける組積造建築の地震リスク評価と減災技術の開発, 科学技術振興機構, 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム,   2016年 - 2022年, 青木 孝義
  • 歴史的建造物のオーセンティシティと耐震性確保のための保存再生技術の開発,   2016年 - 2020年, 青木孝義
  • 北地中海地域における文化遺産建築の構造・材料と修復・補強に関する調査研究,   2016年 - 2019年, 青木孝義
  • ラクイラ震災被害における文化遺産建築の修復・補強と保護に関する調査・研究,   2010年 - 2013年, 青木孝義
  • 光学的非接触全視野計測法による建設構造物のマルチスケール損傷診断法の開発,   2007年 - 2008年, 松田浩
  • イタリアにおける歴史的な組積造建築とRC建築の構造・材料と修復に関する調査,   2006年 - 2008年, 青木孝義
  • 日本大学生産工学部5号館解体・新5号館竣工に伴う微破壊試験の適用と耐久性,   2004年 - 2005年, 湯浅昇
  • レンガ造を中心とする歴史的建築物への非破壊検査技術の適用性,   2003年 - 2005年, 谷川恭雄
  • ヴィコフォルテ教会堂を中心とする歴史的建築物の劣化現況調査と保存修復方法の提案,   2002年 - 2003年, 青木孝義
  • 人工知能技術応用による病院建築計画の総合的最適化法に関する基礎的研究,   1997年 - 1998年, 柳澤忠
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物の劣化診断法の確立と保全方法の提案,   1995年 - 1997年, 青木孝義
  • ハギア・ソフィア大聖堂のドームの耐震強度に関する研究, 青木孝義
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物の劣化現況調査と保存修復計画の立案,   1994年 - 1996年, 日高健一郎
  • ハギア・ソフィア大聖堂のドームの耐震強度に関する基礎的研究, 青木孝義
  • ハギア・ソフィア大聖堂のドームの耐震強度に関する基礎的研究, 青木孝義
  • 小アジアとその周辺地域における大規模な組積造ドームの構造と歴史に関する学術調査,   1990年 - 1992年, 日高健一郎
  • 歴史的な組積造ド-ムの構造と保存に関する日本ートルコ国際共同研究の企画, 日高健一郎

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 萩反射炉保存修理委員会委員, 行政,   2013年01月08日 - 2013年03月22日, 「九州・山口の近代化産業遺産群」として世界遺産登録を目標とした萩反射炉保存修理委員会の委員を務めた。全2回
  • 文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業(文化庁補助事業), 地域団体・NPO,   2012年06月18日 - 2013年02月21日,  スマートフォンを活用した熱田界隈・本町通の文化財案内システムの構築(2012年6月18日、8月9日、9月10日、10月26日、12月12日、2013年2月21日)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.