研究者データベース

青木 孝義 (アオキ タカヨシ)

  • 芸術工学研究科建築都市領域 教授
メールアドレス: aokisda.nagoya-cu.ac.jp
Last Updated :2020/09/30

研究者情報

学位

  • 東京大学工学研究科建築学/博士(工学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 同定   調査・診断   構造ヘルスモニタリング   

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築史、意匠
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

経歴

  • 1988-1993 長崎大学1993-1994 長崎大学大学院

学歴

  •         - 1984年   豊橋技術科学大学   工学部   建設工学

所属学協会

  • 国際シェル空間構造学会(IASS)   日本建築学会   芸術工学会   日本コンクリート工学協会   日本建築学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • やさしい構造材料実験
    森北出版 2010年
  • 建築材料を学ぶ -その選択から施工まで-
    理工図書 2009年
  • ボット・ダフィン逆行列とその応用?計算工学シリーズ5?
    コロナ社 2003年
  • Formulation of Elastic-plastic Joint Elements and Their Application to Practical Structures
    Edited by J.W. Bull, Computational Modelling of Masonry, Brickwork and Blockwork Structures, Saxe-Coburg Publications 2001年
  • Finite-Element Modeling of The First and Second Domes of Hagia Sophia
    1992年

講演・口頭発表等

MISC

産業財産権

  • 特許第5994086号:レンガ構造物の変形量算出方法  
  • 特願2016-069596:建築物の層剛性を同定する方法及びその装置  

受賞

  • 2014年 Best Paper Award
  • 2009年 First Honourable Mention H.W.H (Timber) West Best Paper Award
  • 1998年 日本コンクリート工学協会賞(奨励賞)
  • 1997年 日本コンクリート工学協会優秀講演賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ブータンにおける組積造建築の地震リスク評価と減災技術の開発
    科学技術振興機構:地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム
    研究期間 : 2016年 -2022年 
    代表者 : 青木 孝義
  • 歴史的建造物のオーセンティシティと耐震性確保のための保存再生技術の開発
    研究期間 : 2016年 -2020年 
    代表者 : 青木孝義
  • 北地中海地域における文化遺産建築の構造・材料と修復・補強に関する調査研究
    研究期間 : 2016年 -2019年 
    代表者 : 青木孝義
  • ラクイラ震災被害における文化遺産建築の修復・補強と保護に関する調査・研究
    研究期間 : 2010年 -2013年 
    代表者 : 青木孝義
  • 光学的非接触全視野計測法による建設構造物のマルチスケール損傷診断法の開発
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 松田浩
  • イタリアにおける歴史的な組積造建築とRC建築の構造・材料と修復に関する調査
    研究期間 : 2006年 -2008年 
    代表者 : 青木孝義
  • 日本大学生産工学部5号館解体・新5号館竣工に伴う微破壊試験の適用と耐久性
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 湯浅昇
  • レンガ造を中心とする歴史的建築物への非破壊検査技術の適用性
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 谷川恭雄
  • ヴィコフォルテ教会堂を中心とする歴史的建築物の劣化現況調査と保存修復方法の提案
    研究期間 : 2002年 -2003年 
    代表者 : 青木孝義
  • 人工知能技術応用による病院建築計画の総合的最適化法に関する基礎的研究
    研究期間 : 1997年 -1998年 
    代表者 : 柳澤忠
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物の劣化診断法の確立と保全方法の提案
    研究期間 : 1995年 -1997年 
    代表者 : 青木孝義
  • ハギア・ソフィア大聖堂を中心とする歴史的建築物の劣化現況調査と保存修復計画の立案
    研究期間 : 1994年 -1996年 
    代表者 : 日高健一郎
  • 小アジアとその周辺地域における大規模な組積造ドームの構造と歴史に関する学術調査
    研究期間 : 1990年 -1992年 
    代表者 : 日高健一郎
  • 歴史的な組積造ド-ムの構造と保存に関する日本ートルコ国際共同研究の企画
    代表者 : 日高健一郎
  • ハギア・ソフィア大聖堂のドームの耐震強度に関する基礎的研究
    代表者 : 青木孝義
  • ハギア・ソフィア大聖堂のドームの耐震強度に関する基礎的研究
    代表者 : 青木孝義
  • ハギア・ソフィア大聖堂のドームの耐震強度に関する研究
    代表者 : 青木孝義

社会貢献活動

  • 萩反射炉保存修理委員会委員
    期間 : 2013年01月08日 - 2013年03月22日
    主催者・発行元 : 行政
     山口県萩市 「九州・山口の近代化産業遺産群」として世界遺産登録を目標とした萩反射炉保存修理委員会の委員を務めた。全2回
  • 文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業(文化庁補助事業)
    期間 : 2012年06月18日 - 2013年02月21日
    主催者・発行元 : 地域団体・NPO
     名古屋市 スマートフォンを活用した熱田界隈・本町通の文化財案内システムの構築(2012年6月18日、8月9日、9月10日、10月26日、12月12日、2013年2月21日)

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.