研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

高桑 修タカクワ オサム

所属部署医学研究科高度医療教育研究センター
職名准教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2020/06/03

研究者基本情報

学位

  • 名古屋市立大学大学院医学研究科修了/博士(医学)

研究活動情報

研究キーワード

    呼吸器内視鏡検査, 癌個別化医療, 癌緩和医療, 肺癌化学療法

論文

  • A Case of Pulmonary Mycobacterium abscessus Subspecies abscessus Disease That Showed a Discrepancy Between the Genotype and Phenotype of Clarithromycin Resistance., Yamaba Y, Takakuwa O, Saito M, Kawae D, Yoshihara M, Mori Y, Kunii E, Ito Y, Yoshida S, Akita K, Internal medicine (Tokyo, Japan),   2019年06月, 査読有り
  • Aortoesophageal Fistula Occurring During Lung Cancer Treatment: A Case Treated by Thoracic Endovascular Aortic Repair., Ito K, Oguri T, Nakano A, Fukumitsu K, Fukuda S, Kanemitsu Y, Takakuwa O, Ohkubo H, Takemura M, Maeno K, Ito Y, Niimi A, Internal medicine (Tokyo, Japan),   2019年06月, 査読有り
  • Genetic variation in the ATP binding cassette transporter ABCC10 is associated with neutropenia for docetaxel in Japanese lung cancer patients cohort., Sone K, Oguri T, Uemura T, Takeuchi A, Fukuda S, Takakuwa O, Maeno K, Fukumitsu K, Kanemitsu Y, Ohkubo H, Takemura M, Ito Y, Niimi A, BMC cancer, 19, (1) ,   2019年03月, 査読有り
  • Tiotropium Attenuates Refractory Cough and Capsaicin Cough Reflex Sensitivity in Patients with Asthma., Fukumitsu K, Kanemitsu Y, Asano T, Takeda N, Ichikawa H, Yap JMG, Fukuda S, Uemura T, Takakuwa O, Ohkubo H, Maeno K, Ito Y, Oguri T, Nakamura A, Takemura M, Niimi A, The journal of allergy and clinical immunology. In practice, 6, (5) 1613 - 1620.e2,   2018年09月, 査読有り
  • Prevention of hypoxemia during endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration: Usefulness of high-flow nasal cannula., Takakuwa O, Oguri T, Asano T, Fukuda S, Kanemitsu Y, Uemura T, Ohkubo H, Takemura M, Maeno K, Ito Y, Niimi A, Respiratory investigation, 56, (5) 418 - 423,   2018年09月, 査読有り
  • TTF-1 Expression Predicts the Merit of Additional Antiangiogenic Treatment in Non-squamous Non-small Cell Lung Cancer., Takeuchi A, Oguri T, Yamashita Y, Sone K, Fukuda S, Takakuwa O, Uemura T, Maeno K, Fukumitsu K, Kanemitsu Y, Ohkubo H, Takemura M, Ito Y, Niimi A, Anticancer research, 38, (9) 5489 - 5495,   2018年09月, 査読有り
  • A suspected case of inflammatory bronchial polyp induced by bronchial thermoplasty but resolved spontaneously., Takeuchi A, Kanemitsu Y, Takakuwa O, Ito K, Kitamura Y, Inoue Y, Takeda N, Fukumitsu K, Asano T, Fukuda S, Ohkubo H, Takemura M, Maeno K, Ito Y, Oguri T, Niimi A, Journal of thoracic disease, 10, (9) E678 - E681,   2018年09月, 査読有り
  • Bronchial Thermoplasty for Severe Asthmatic Cough., Kanemitsu Y, Takakuwa O, Fukumitsu K, Asano T, Niimi A, Annals of internal medicine, 169, (1) 61 - 62,   2018年07月, 査読有り
  • Combined measurements of fractional exhaled nitric oxide and nasal nitric oxide levels for assessing upper airway diseases in asthmatic patients., Asano T, Takemura M, Kanemitsu Y, Yokota M, Fukumitsu K, Takeda N, Ichikawa H, Hijikata H, Uemura T, Takakuwa O, Ohkubo H, Maeno K, Ito Y, Oguri T, Nakamura A, Maki Y, Nakamura Y, Suzuki M, Niimi A, The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma, 55, (3) 300 - 309,   2018年03月, 査読有り
  • Predictive and Prognostic Value of CYFRA 21-1 for Advanced Non-small Cell Lung Cancer Treated with EGFR-TKIs, Akira Takeuchi, Tetsuya Oguri, Kazuki Sone, Keima Ito, Yuki Kitamura, Yoshitsugu Inoue, Takamitsu Asano, Satoshi Fukuda, Yoshihiro Kanemitsu, Osamu Takakuwa, Hirotsugu Ohkubo, Masaya Takemura, Ken Maeno, Yutaka Ito, Akio Niimi, ANTICANCER RESEARCH, 37, (10) 5771 - 5776,   2017年10月, 査読有り, Background: Tyrosine kinase inhibitors (TKIs) directed against epidermal growth factor receptor (EGFR) are important in the treatment of non-small cell lung cancer (NSCLC), especially those harboring EGFR mutations. But little is known regarding the clinical value of serum tumor marker levels measured prior to treatment. Patients and Methods: We retrospectively reviewed 95 patients with advanced NSCLC treated with EGFR-TKIs, and inspected the relationship between serum tumor marker levels and clinical outcome. Results: Forty-three patients with an elevated serum level of cytokeratin 19 fragment (CYFRA 21-1) had shorter progression-free (PFS) and overall (OS) survival than 52 patients with normal serum CYFRA 21-1 levels (99 vs. 123.5 days p=0.011; and 385 vs. 607 days, respectively, p=0.001). Regardless of EGFR mutation status, patients had shorter progression-free survival when serum CYFRA 21-1 was elevated. Conclusion: Serum CYFRA 21-1 level may be a predictive factor for patients with NSCLC treated with EGFR-TKIs, regardless of EGFR mutation status.
  • Osimertinib-induced interstitial lung disease in a patient with non-small cell lung cancer pretreated with nivolumab: A case report., Takakuwa O, Oguri T, Uemura T, Sone K, Fukuda S, Okayama M, Kanemitsu Y, Ohkubo H, Takemura M, Ito Y, Maeno K, Niimi A, Molecular and clinical oncology, 7, (3) 383 - 385,   2017年09月, 査読有り
  • Predictive Role of CYFRA21-1 and CEA for Subsequent Docetaxel in Non-small Cell Lung Cancer Patients, Kazuki Sone, Tetsuya Oguri, Keima Ito, Yuki Kitamura, Yoshitsugu Inoue, Akira Takeuchi, Satoshi Fukuda, Osamu Takakuwa, Ken Maeno, Takamitsu Asano, Yoshihiro Kanemitsu, Hirotsugu Ohkubo, Masaya Takemura, Yutaka Ito, Akio Niimi, ANTICANCER RESEARCH, 37, (9) 5125 - 5131,   2017年09月, 査読有り, Background/Aim: The aim of the present study was to determine the clinical value of tumor marker levels for previously treated NSCLC patients. Patients and Methods: We retrospectively screened 113 previously treated patients with advanced NSCLC who were treated with docetaxel monotherapy regarding the pretreatment serum level of cytokeratin 19 fragment (CYFRA21-1) and carcinoembryonic antigen (CEA). Results: The thirty-two patients with normal CYFRA21-1 levels and high CEA levels had a significantly higher response rate than the other 81 patients (25% vs. 8.6%, p= 0.031). The former group showed statistically longer progression-free survival (PFS) and overall survival (OS) than the latter group (median PFS, 180 vs. 59 days, p< 0.001; median OS, 579 vs. 255 days, p= 0.002). In multivariate analysis, tumor marker levels had a significant impact on PFS and OS. Conclusion: Combination of the two tumor markers is a predictive and prognostic marker of docetaxel monotherapy for previously treated NSCLC patients.
  • Serum Periostin as a Biomarker for Comorbid Chronic Rhinosinusitis in Patients with Asthma., Asano T, Kanemitsu Y, Takemura M, Yokota M, Fukumitsu K, Takeda N, Ichikawa H, Uemura T, Takakuwa O, Ohkubo H, Maeno K, Ito Y, Oguri T, Maki Y, Ono J, Ohta S, Nakamura Y, Izuhara K, Suzuki M, Niimi A, Annals of the American Thoracic Society, 14, (5) 667 - 675,   2017年05月, 査読有り
  • Diagnostic utility of fractional exhaled nitric oxide in prolonged and chronic cough according to atopic status, Takamitsu Asano, Masaya Takemura, Kensuke Fukumitsu, Norihisa Takeda, Hiroya Ichikawa, Hisatoshi Hijikata, Yoshihiro Kanemitsu, Takehiro Uemura, Osamu Takakuwa, Hirotsugu Ohkubo, Ken Maeno, Yutaka Ito, Tetsuya Oguri, Atsushi Nakamura, Akio Niimi, ALLERGOLOGY INTERNATIONAL, 66, (2) 344 - 350,   2017年04月, 査読有り, Background: Cough-variant asthma (CVA) and cough-predominant asthma (CPA) are the major causes of persistent cough in Japan. The utility of fractional exhaled nitric oxide (FeNO) measurement in the differential diagnosis of persistent cough has been reported, but the influence of atopic status, which is associated with higher FeNO levels, on the diagnostic utility of FeNO has been unknown. Methods: We retrospectively analyzed 105 non-smoking patients with prolonged and chronic cough that were not treated with corticosteroids and anti-leukotrienes. Results: CPA was diagnosed in 37 patients, CVA in 40, and non-asthmatic cough (NAC) in 28. FeNO levels were significantly higher in the CPA [35.8 (7.0-317.9) ppb] and CVA [24.9 (3.1-156.0) ppb] groups than in the NAC group [18.2 (6.9-49.0) ppb] (p < 0.01 by Kruskal Wallis test). The optimal cut-off for distinguishing asthmatic cough (AC; CPA and CVA) from NAC was 29.2 ppb [area under the curve (AUC) 0.74, p < 0.01]. Ninety-one percent of subjects with FeNO levels >= 29.2 ppb had AC. Meanwhile, 40% of AC patients had FeNO levels <29.2 ppb. Stratified cut-off levels were 31.1 ppb (AUC 0.83) in atopic subjects vs. 19.9 ppb (AUC 0.65) in non-atopic subjects (p = 0.03 for AUC). Conclusions: Although high FeNO levels suggested the existence of AC, lower FeNO levels had limited diagnostic significance. Atopic status affects the utility of FeNO levels in the differential diagnosis of prolonged and chronic cough. Copyright (C) 2016, Japanese Society of Allergology. Production and hosting by Elsevier B.V.
  • Dramatic intracranial response to osimertinib in a poor performance status patient with lung adenocarcinoma harboring the epidermal growth factor receptor T790M mutation: A case report., Uemura T, Oguri T, Okayama M, Furuta H, Kanemitsu Y, Takakuwa O, Ohkubo H, Takemura M, Maeno K, Ito Y, Niimi A, Molecular and clinical oncology, 6, (4) 525 - 528,   2017年04月, 査読有り
  • CYFRA 21-1 as a Predictive Marker for Non-small Cell Lung Cancer Treated with Pemetrexed-based Chemotherapy, Kazuki Sone, Tetsuya Oguri, Makoto Nakao, Yusuke Kagawa, Ryota Kurowaka, Hiromi Furuta, Satoshi Fukuda, Takehiro Uemura, Osamu Takakuwa, Yoshihiro Kanemitsu, Hirotsugu Ohkubo, Masaya Takemura, Ken Maeno, Yutaka Ito, Hidefumi Sato, Hideki Muramatsu, Akio Niimi, ANTICANCER RESEARCH, 37, (2) 935 - 939,   2017年02月, 査読有り, Background: Pretreatment serum tumor marker levels predict outcome in non-small cell lung cancer (NSCLC). However, little is known about the clinical value of such measurements for patients treated with pemetrexed plus a platinum-derivative. Patients and Methods: We retrospectively screened 100 chemotherapy-naive patients with advanced non-squamous NSCLC treated with pemetrexed plus a platinum-derivative in relation to the pretreatment level of cytokeratin 19 fragment (CYFRA 21-1) and carcinoembryonic antigen (CEA). Results: Sixty one patients with a high CYFRA 21-1 level had statistically shorter progression-free and overall survival than 39 patients with a normal CYFRA 21-1 level (median progression-free survival=127 days vs. 191 days, respectively; p=0.046; median overall survival=360 days vs. 781 days, respectively, p<0.001). Serum CEA level was not related to survival. Conclusion: Serum CYFRA 21-1 level is a predictive and prognostic marker in patients with NSCLC treated with pemetrexed plus a platinum-derivative.
  • A folylpoly-γ-glutamate synthase single nucleotide polymorphism associated with response to pemetrexed treatment combined with platinum for non-small cell lung cancer., Fukuda S, Oguri T, Kunii E, Sone K, Uemura T, Takakuwa O, Maeno K, Kanemitsu Y, Ohkubo H, Takemura M, Ito Y, Niimi A, Lung cancer (Amsterdam, Netherlands), 102, 15 - 20,   2016年12月, 査読有り
  • Organic cation transporter 6 directly confers resistance to anticancer platinum drugs., Oguri T, Kunii E, Fukuda S, Sone K, Uemura T, Takakuwa O, Kanemitsu Y, Ohkubo H, Takemura M, Maeno K, Ito Y, Niimi A, Biomedical reports, 5, (5) 639 - 643,   2016年11月, 査読有り
  • Normal Lung Quantification in Usual Interstitial Pneumonia Pattern: The Impact of Threshold-based Volumetric CT Analysis for the Staging of Idiopathic Pulmonary Fibrosis., Ohkubo H, Kanemitsu Y, Uemura T, Takakuwa O, Takemura M, Maeno K, Ito Y, Oguri T, Kazawa N, Mikami R, Niimi A, PloS one, 11, (3) ,   2016年, 査読有り
  • Correction: Normal Lung Quantification in Usual Interstitial Pneumonia Pattern: The Impact of Threshold-based Volumetric CT Analysis for the Staging of Idiopathic Pulmonary Fibrosis., Ohkubo H, Kanemitsu Y, Uemura T, Takakuwa O, Takemura M, Maeno K, Ito Y, Oguri T, Kazawa N, Mikami R, Niimi A, PloS one, 11, (8) ,   2016年, 査読有り
  • Reversal of c-MET-mediated Resistance to Cytotoxic Anticancer Drugs by a Novel c-MET Inhibitor TAS-115, Eiji Kunii, Hiroaki Ozasa, Tetsuya Oguri, Ken Maeno, Satoshi Fukuda, Takehiro Uemura, Osamu Takakuwa, Hirotsugu Ohkubo, Masaya Takemura, Akio Niimi, ANTICANCER RESEARCH, 35, (10) 5241 - 5247,   2015年10月, 査読有り, Background: The cellular N-methyl-N'-nitrosoguanidine human osteosarcoma transforming gene (c-MET) protein is the receptor tyrosine kinase for hepatocyte growth factor. We recently found that c-MET protein expression and activation were enhanced in the majority of small cell lung cancer cell lines with cytotoxic anticancer drug resistance, and that down-regulation of c-MET reduced resistance to these drugs. Materials and Methods: Expression of c-MET was studied in three non-small cell lung cancer (NSCLC) cell lines, including six resistant cell strains to cytotoxic anticancer drugs. To assess the effect of c-MET activation on drug resistance, we studied drug sensitivity in the presence of a novel c-MET inhibitor TAS-115. Results: c-MET expression and activation are also enhanced in some cytotoxic anticancer drug-resistant NSCLC cell lines, and inhibition of c-MET activation by TAS-115 reduced resistance of these cell lines to anticancer drugs. Conclusion: The mechanism of cellular resistance to anticancer drugs via hepatocyte growth factor/c-MET signal activation is not restricted to small cell lung cancer cell lines, and TAS-115 might be able to reverse the drug resistance of these cancer cells.
  • The effect of bevacizumab for bone scintigraphy imaging: A case report, Takamitsu Asano, Osamu Takakuwa, Ken Maeno, Tetsuya Oguri, Akio Niimi, JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND THERAPEUTICS, 11, (3) ,   2015年07月, 査読有り, A 65-year-old man presented with pulmonary nodules and a right humeral fracture. The 99mTc-hydroxy-methylene-diphosphonate (HMDP) bone scintigraphy showed high-intensity radioisotope (RI) uptake by a tumor of the right arm. Adenocarcinoma of the lung with an epidermal growth factor receptor (EGFR) mutation was diagnosed on pathological examination of the computed tomography (CT) -guided needle biopsy of the right humerus. Although, gefitinib therapy was initiated, the tumor progressed. The patient was then treated with second-line chemotherapy including bevacizumab. The CT scan showed a new bone metastasis in the ilium and right sacroiliac articulation. However, this new bone metastasis was not detected by HMDP-bone scintigraphy. Physicians should be wary of the interpretations of the findings of the 99mTc HMDP bone scintigraphy after the bevacizumab treatment.
  • Organic cation transporter OCT6 mediates cisplatin uptake and resistance to cisplatin in lung cancer., Kunii E, Oguri T, Kasai D, Ozasa H, Uemura T, Takakuwa O, Ohkubo H, Takemura M, Maeno K, Niimi A, Cancer chemotherapy and pharmacology, 75, (5) 985 - 991,   2015年05月, 査読有り
  • Long-term use of a once-a-day fentanyl citrate transdermal patch in lung cancer patients., Takakuwa O, Oguri T, Maeno K, Murase H, Asano T, Ichikawa H, Kawaguchi Y, Uemura T, Ohkubo H, Takemura M, Niimi A, Oncology letters, 9, (5) 2105 - 2108,   2015年05月, 査読有り
  • Significance of c-MET overexpression in cytotoxic anticancer drug-resistant small-cell lung cancer cells, Hiroaki Ozasa, Tetsuya Oguri, Ken Maeno, Osamu Takakuwa, Eiji Kunii, Yoshitaka Yagi, Takehiro Uemura, Daishi Kasai, Mikinori Miyazaki, Akio Niimi, CANCER SCIENCE, 105, (8) 1032 - 1039,   2014年08月, 査読有り, The c-MET receptor tyrosine kinase is the receptor for hepatocyte growth factor. Recently, activation of the c-MET/hepatocyte growth factor signaling pathway was associated with poor prognosis in various solid tumors and was one of the mechanisms of acquired resistance to epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor, gefitinib. But the link between c-MET activation and the cytotoxic anticancer drug has not been fully examined. Here, we found that the enhanced expression and activation of c-MET in cytotoxic anticancer agent-resistant small-cell lung cancer cells. Downregulation of c-MET expression by siRNA against the c-MET gene or inhibition of c-MET activation by SU11274, a c-MET inhibitor, in the resistant cells altered resistance to the cytotoxic anticancer agent. These results indicated that c-MET overexpression might play an important role in acquired resistance to cytotoxic anticancer drugs. Furthermore, the number of c-MET gene loci was increased in the resistant cells compared to the parental cells. In conclusion, increased c-Met expression through an increase in the number of c-MET gene loci is one of the mechanisms of acquired resistance to cytotoxic anticancer drugs. Our results add a new strategy, the targeting of c-MET, for overcoming resistance to cytotoxic agents in small-cell lung cancer.
  • ABCB1 Polymorphism as a Predictive Biomarker for Amrubicin-induced Neutropenia, Osamu Takakuwa, Tetsuya Oguri, Takehiro Uemura, Eiji Kunii, Makoto Nakao, Hisatoshi Hijikata, Yuko Kawaguchi, Hirotsugu Ohkubo, Masaya Takemura, Ken Maeno, Akio Niimi, ANTICANCER RESEARCH, 34, (7) 3517 - 3522,   2014年07月, 査読有り, Background: Amrubicin is a promising therapy for lung cancer, but is associated with a high incidence of severe neutropenia. The present study assessed the utility of ABCB1 and NAD(P) H quinone oxidoreductase 1 (NQO1) polymorphism as a predictor of amrubicin-induced neutropenia. Materials and Methods: Fifty-four Japanese lung cancer patients who received amrubicin chemotherapy were consecutively recruited and toxicities and SNPs (MDR1; C1236T, C3435T and G2677T/A, NQO1; C609T) were evaluated. Results: The incidence of neutropenia was higher in patients treated with 40 mg/m(2) of amrubicin (n=32) compared to patients treated with 35 mg/m(2) of amrubicin (n=22) (53.1% vs. 22.7%). Patients who were homogenous for the wild-type allele of C3435T were at significantly higher risk of neutropenia compared to patients with other genotypes. By contrast, the C609T genotype of NQO1 was not related to neutropenia. Conclusion: C3435T polymorphisms of ABCB1 might be able to predict severe amrubicin-induced neutropenia.
  • Esophagitis resulting from treatment with crizotinib for anaplastic lymphoma kinase rearrangement-positive lung adenocarcinoma: A case report., Takakuwa O, Oguri T, Yokoyama M, Hijikata H, Uemura T, Ohkubo H, Maeno K, Niimi A, Molecular and clinical oncology, 2, (1) 121 - 123,   2014年01月, 査読有り
  • Analgesic Effect of Switching From Oral Opioids to a Once-a-Day Fentanyl Citrate Transdermal Patch in Patients With Lung Cancer, Osamu Takakuwa, Tetsuya Oguri, Ken Maeno, Midori Yokoyama, Hisatoshi Hijikata, Takehiro Uemura, Hiroaki Ozasa, Hirotsugu Ohkubo, Mikinori Miyazaki, Akio Niimi, AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE, 30, (7) 726 - 729,   2013年11月, 査読有り, A new once-a-day fentanyl citrate transdermal patch was developed in Japan. We retrospectively investigated analgesic and adverse effects of this drug in 24 patients with lung cancer. All patients were started on this patch by switching from an oral opioid. The mean pain score before switching was 2.45 (0-5); 48 hours after switching, 15 of the 24 patients showed a decreased pain score and the mean score (2.00) was significantly lower than that before switching. Of the 16 patients who had adverse effects of oral opioids, 7 patients showed improvement in their symptoms after switching. Two patients showed adverse effects of the drug but their symptoms were mild, and no patient required dose decrease. This new transdermal patch could be a useful treatment option for cancer pain.
  • Involvement of intermediate filament nestin in cell growth of small-cell lung cancer, Osamu Takakuwa, Ken Maeno, Eiji Kunii, Hiroaki Ozasa, Hisatoshi Hijikata, Takehiro Uemura, Daishi Kasai, Hirotsugu Ohkubo, Mikinori Miyazaki, Tetsuya Oguri, Akio Niimi, LUNG CANCER, 81, (2) 174 - 179,   2013年08月, 査読有り, Background: Nestin is a class VI intermediate filament protein expressed in stem/progenitor cells during the development of the central nervous system. Nestin is detected in various types of tumors and is involved in malignant processes. This study investigated the expression and function of nestin in small-cell lung cancer (SCLC). Methods: Expression of nestin and achaete-scute homolog 1 (ASH1) was studied in 21 lung cancer cell lines. To assess the function of nestin, a short hairpin RNA (shRNA) targeting nestin was transfected into two SCLC cell lines (DMS53 and SBC3), and cloned cells that showed apparent down-regulation of nestin were obtained. Nestin expression was also studied immunohistochemically in surgically resected SCLC primary tumors and metastatic SCLC tumors obtained from autopsy cases. Result: Nestin was expressed in nine of 10 SCLC cell lines. The nestin expression level was significantly higher in SCLC cell lines than in NSCLC cell lines (P<0.01). There was a statistically significant positive correlation between the expression levels of nestin and ASH1 in SCLC cell lines. Nestin knock-down cells created by transfection with shRNA exhibited decreased invasion and cell proliferation capabilities. Furthermore, nestin was detected in SCLC tumor cells and tumor vessels in all clinical tumor specimens. Conclusion: Nestin is expressed in SCLC in association with neuroendocrine features and participates in malignant phenotypes, including cell growth. Therefore, nestin may be a novel therapeutic target for SCLC. (C) 2013 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
  • Transformed lymphoplasmacytic lymphoma involving the main carina: A case report, Makoto Nakao, Tetsuya Oguri, Mikinori Miyazaki, Hisatoshi Hijikata, Midori Yokoyama, Eiji Kunii, Takehiro Uemura, Osamu Takakuwa, Hirotsugu Ohkubo, Ken Maeno, Akio Niimi, ONCOLOGY LETTERS, 6, (2) 542 - 544,   2013年08月, 査読有り, A 41-year-old male was admitted to Nagoya City University Hospital subsequent to experiencing a cough with bloody sputum for a few days. The patient had a 4-year history of lymphoplasmacytic lymphoma (LPL) and had achieved a good partial response to anticancer chemotherapy. Chest computed tomography (CT) showed an endobronchial tumor of the main carina. A bronchoscopy revealed an exophytic tumor at the main carina, and autofluorescence imaging bronchovideoscopy showed that the tumor and surrounding area were magenta in color. The biopsy specimens demonstrated that the endobronchial tumor was composed of large atypical lymphoid cells. The patient was diagnosed with a high-grade transformation of LPL. In addition to describing a rare case of transformed LPL involving the main carina, the present study also summarizes and discusses endobronchial lymphomas, with a brief review of a number of published studies.
  • Thymidylate Synthase Gene Copy Number as a Predictive Marker for Response to Pemetrexed Treatment of Lung Adenocarcinoma, Daishi Kasai, Hiroaki Ozasa, Tetsuya Oguri, Mikinori Miyazaki, Takehiro Uemura, Osamu Takakuwa, Eiji Kunii, Hirotsugu Ohkubo, Ken Maeno, Akio Niimi, ANTICANCER RESEARCH, 33, (5) 1935 - 1940,   2013年05月, 査読有り, Background: Pemetrexed is a key drug for therapy of non-small cell lung cancer (NSCLC). Materials and Methods: In a search for biomarkers for study of the efficacy of pemetrexed treatment, we examined the thymidylate synthase (TYMS) copy number in NSCLC cell lines and in clinical NSCLC samples treated with pemetrexed, combined with platinum drugs. Results: TYMS copy numbers in lung adenocarcinoma cell lines were significantly lower than in squamous cell carcinoma (p=0.0105), and a significant correlation was found between the TYMS copy number and the 50% inhibitory concentration value for pemetrexed in all 17 lung cancer cell lines tested (r=0.6814, p=0.0026). Moreover, TYMS copy number was significantly lower in clinical NSCLC samples responsive to treatment with pemetrexed combined with platinum drugs (p=0.0067). Furthermore, the decrease in the baseline CT size measurement of pemetrexed combined with platinum drug treatment correlated significantly with TYMS copy number (r=0.7967, p=0.0011). Conclusion: To our knowledge, this is the first report of a significant association between TYMS copy number and response to pemetrexed treatment in tumor biopsy specimens. Our results suggest that TYMS copy number could be a predictive biomarker for pemetrexed based chemotherapy.
  • Preclinical rationale for synergistic interaction of pemetrexed and cytotoxic nucleoside analogues, Tetsuya Oguri, Hiroaki Ozasa, Takehiro Uemura, Osamu Takakuwa, Eiji Kunii, Daish Kasai, Hirotsugu Ohkubo, Mikinori Miyazaki, Ken Maeno, Shigeki Sato, ONCOLOGY LETTERS, 4, (3) 571 - 575,   2012年09月, 査読有り, Cytotoxic nucleoside analogues are widely used in cancer chemotherapy. We used the cytosine arabinoside (Ara-C)-resistant erythroleukaemia cell line K562 and the Ara-C-sensitive myeloid leukaemia cell line HL60 to examine the differential expression of molecular markers. We found increased expression levels of deoxycytidine kinase (dCK) and human equilibrative nucleoside transporter 1 (hENT1) and decreased levels of multidrug resistance protein 5 (ABCC5) and ribonucleoside reductase subunit M1 (RRM1) expression in Ara-C-sensitive HL60 cells. We previously established the pemetrexed (MTA)-resistant small cell lung cancer cell lines PC6/MTA-0.4 and PC6/MTA-1.6 and found that MTA-resistant cells are more sensitive to gemcitabine (GEM) and Ara-C compared with parental PC-6 cells. We examined the molecular markers for GEM and Ara-C sensitivity in MTA-resistant cells and found increased gene expression of dCK and hENT1. Furthermore, treatment with MTA resulted in increased expression of dCK and hENT1 and decreased expression of ABCC5 and RRM1, concomitant with the alteration of the resistance to Ara-C in Ara-C-resistant K562 cells. These results provide evidence that the chemotherapeutic activity of the combination of MTA and cytotoxic nucleoside analogues is synergistic with regard to the alteration of metabolic molecules.
  • Diagnosis of ovarian cancers using thoracoscopy: Three case reports and review of the literature, Makoto Nakao, Tetsuya Oguri, Mikinori Miyazaki, Takehiro Uemura, Osamu Takakuwa, Eiji Kunii, Hirotsugu Ohkubo, Ken Maeno, Shigeki Sato, EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE, 4, (1) 141 - 145,   2012年07月, 査読有り, Thoracoscopy is a useful method for diagnosing plural lesions. We diagnosed 3 cases of ovarian adenocarcinoma by thoracoscopy. All patients were middle-aged and elderly women. Initial examination revealed intrathoracic lesions including pleural effusion, but intraperitoneal lesions were unclear. In all cases, adequate samples of tumor cells obtained using thoracoscopy were used in the identification of tumor origin. Elevated serum levels of cancer antigen 125 (CA-125) and Krebs von den lungen-6 (KL-6) were observed in 2 of the 3 patients. Diagnoses of ovarian cancer were based on immunohistochemical examinations and clinical course. This report describes the diagnostic usefulness of thoracoscopy and serum KL-6 in cases of ovarian cancer with predominantly intrathoracic lesions.
  • S-1 monotherapy for previously treated non-small cell lung cancer: A retrospective analysis by age and histopathological type, Yuki Tomita, Tersuya Oguri, Osamu Takakuwa, Makoto Nakao, Eiji Kunii, Takehiro Uemura, Hiroaki Ozasa, Mikinori Miyazaki, Ken Maeno, Shigeki Sato, ONCOLOGY LETTERS, 3, (2) 405 - 410,   2012年02月, 査読有り, S-1, an oral fluoropyrimidine derivative, has been approved for the treatment of non-small cell lung cancer (NSCLC) in Japan. In the present study, the efficacy and safety of S-I monotherapy for elderly patients with previously treated NSCLC were retrospectively evaluated, and the efficacy of S-1 monotherapy was compared by histopathological type. This retrospective study included 54 patients with advanced or recurrent NSCLC who had received S-1 monotherapy following the failure of previous chemotherapy regimens at our institutes. Patient outcomes were compared based on their age and histopathological type. S-1 was administered orally, twice daily, while the duration and interval were modified according to the medical condition of each patient. The default delivery schedule, the mean number of S-I cycles, did not differ significantly between the two age groups (<70 and >= 70 years). The rate of therapy discontinuation, schedule modification or dose reduction due to intolerable toxicities or patient refusal was relatively frequent in the older group (40.7 and 55.6% for ages <70 and 00 years, respectively; p=0.414), and the incidence of grade 3 anemia was relatively high in the older group (3.7 and 18.5%, respectively; p=0.192). The response rates (13.0 and 4.8%, respectively; p=0.609) and disease control rates (39.1 and 33.3%, respectively; p=0.761) did not differ significantly between the two age groups. According to histopathological type, the disease control rate was significantly higher in adenocarcinoma (57.9%) compared to non-adenocarcinoma (20.0%, p=0.013). Thus, S-I monotherapy may be equally effective and tolerated in patients <70 years and those >= 70 years. Additionally, adenocarcinoma may have a higher disease control rate than non-adenocarcinoma.
  • C609T Polymorphism of NAD(P)H Quinone Oxidoreductase 1 As a Predictive Biomarker for Response to Amrubicin, Osamu Takakuwa, Tetsuya Oguri, Hiroaki Ozasa, Takehiro Uemura, Eiji Kunii, Daishi Kasai, Mikinori Miyazaki, Ken Maeno, Shigeki Sato, JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY, 6, (11) 1826 - 1832,   2011年11月, 査読有り, Introduction: Amrubicin is a promising agent in the treatment of lung cancer, but predictive biomarkers have not yet been described. NAD(P) H: quinone oxidoreductase 1 (NQO1) is an enzyme known to metabolize amrubicinol, the active metabolite of amrubicin, to an inactive compound. We examined the relationship between NQO1 and amrubicinol cytotoxicity. Methods: Gene and protein expression of NQO1, amrubicinol cytotoxicity, and C609T single-nucleotide polymorphism of NQO1 were evaluated in 29 lung cancer cell lines: 14 small cell lung cancer (SCLC) and 15 non-SCLC (NSCLC). The involvement of NQO1 in amrubicinol cytotoxicity was evaluated by small interfering RNA against NQO1. Results: A significant inverse relationship between both gene and protein expression of NQO1 and amrubicinol cytotoxicity was found in all cell lines. Treatment with NQO1 small interfering RNA increased amrubicinol cytotoxicity and decreased NQO1 expression in both NSCLC and SCLC cells. Furthermore, cell lines genotyped homozygous for the 609T allele showed significantly lower NQO1 protein expression and higher sensitivity for amrubicinol than those with the other genotypes in both NSCLC and SCLC cells. Conclusions: NQO1 expression is one of the major determinants for amrubicinol cytotoxicity, and C609T single-nucleotide polymorphism of NQO1 could be a predictive biomarker for response to amrubicin treatment.
  • Over-expression of MDR1 in amrubicinol-resistant lung cancer cells, Osamu Takakuwa, Tetsuya Oguri, Hiroaki Ozasa, Takehiro Uemura, Daishi Kasai, Mikinori Miyazaki, Ken Maeno, Shigeki Sato, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 68, (3) 669 - 676,   2011年09月, 査読有り, Amrubicin, a totally synthetic 9-aminoanthracycline anticancer drug, has shown promising activity for lung cancer, but little is known about the mechanism of resistance for this agent. This study was aimed to clarify the role of P-glycoprotein (P-gp) in amrubicinol, an active metabolite of amrubicin, resistance in lung cancer cells. Amrubicinol-resistant cell line PC-6/AMR-OH was developed by continuously exposing the small-cell lung cancer cell line PC-6 to amrubicinol. Gene expression level of MDR1, which encodes P-gp, and intracellular accumulation of amrubicinol were evaluated by PC-6 and PC-6/AMR-OH cells. The involvement of MDR1 in amrubicinol resistance was evaluated by treatment with P-gp inhibitor verapamil and small interfering RNA (siRNA) against MDR1. Also, expression levels and single-nucleotide polymorphisms (SNPs) of MDR1 in 22 lung cancer cell lines were examined, and the relationships between these factors and sensitivity to amrubicinol were evaluated. The MDR1 gene was increased approximately 4,500-fold in PC-6/AMR-OH cells compared with PC-6 cells, and intracellular accumulation of amrubicinol in PC-6/AMR-OH cells was decreased to about 15 percent of that in PC-6 cells. Treatment with verapamil and siRNA against MDR1 significantly increased the sensitivity to amrubicinol in PC-6/AMR-OH cells with increased cellular accumulation of amrubicinol. Meanwhile, neither MDR1 gene expression levels nor SNPs of the gene were associated with amrubicinol sensitivity. Results of this study indicate that increased MDR1 expression and P-gp activity confer acquired resistance to amrubicinol. In contrast, neither expression level nor SNPs of MDR1 are likely to be predictive markers for amrubicin activity.
  • ABCC11/MRP8 confers pemetrexed resistance in lung cancer, Takehiro Uemura, Tetsuya Oguri, Hiroaki Ozasa, Osamu Takakuwa, Mikinori Miyazaki, Ken Maeno, Shigeki Sato, Ryuzo Ueda, CANCER SCIENCE, 101, (11) 2404 - 2410,   2010年11月, 査読有り, We have previously shown that overexpression of thymidylate synthetase (TS) resulted in pemetrexed (MTA) resistance. To investigate another mechanism of MTA resistance, we investigated the expression of ATP-binding cassette (ABC)-transporters in MTA-resistant lung cancer cell lines and found that the gene and protein expression of ABCC11/MRP8 (ABCC11) was higher in MTA-resistant cells than in the parental cells. The MTA resistant cells showed cross-resistance to methotrexate (MTX), which is a substrate for ABCC11, and intracellular MTX accumulation in MTA-resistant cells was lower than in the parental cells. We then tested the effect of decreasing the expression of ABCC11 by siRNA and found that decreased expression of ABCC11 enhanced MTA cytotoxicity and increased intracellular MTX accumulation in MTA-resistant cells. These findings suggested that ABCC11 directly confers resistance to MTA by enhancing efflux of the intracellular anti-cancer drug. Next, we analyzed the relationship between ABCC11 gene expression and MTA sensitivity of 13 adenocarcinoma cells, but there was no correlation. The ABCC11 gene has been shown to have a functional single-nucleotide polymorphism (SNP), 538G > A. We then classified 13 lung adenocarcinoma cell lines into three groups based on the genotype of this ABCC11 SNP: G/G, G/A and A/A. The A/A group showed a significant reduction in the IC(50) of MTA compared with the combined G/G and G/A groups, indicating that the SNP (538G > A) in the ABCC11 gene is an important determinant of MTA sensitivity. These results showed that ABCC11 may be one of the biomarkers for MTA treatment in adenocarcinomas. (Cancer Sci 2010; 101: 2404-2410).
  • [A case of spinal osteomyelitis due to Mycobacterium intracellulare with pulmonary Mycobacterium avium complex]., Takakuwa O, Oguri T, Kasai D, Nakamura A, Sato S, Ueda R, Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society, 48, (10) 759 - 764,   2010年10月, 査読有り
  • Efficacy of S-1 monotherapy for non-small cell lung cancer after the failure of two or more prior chemotherapy regimens, Osamu Takakuwa, Tetsuya Oguri, Ken Maeno, Hiroaki Ozasa, Yasuhito Iwashima, Mikinori Miyazaki, Hideharu Kunii, Yuko Takano, Toshiyuki Mori, Shigeki Sato, Ryuzo Ueda, ONCOLOGY LETTERS, 1, (1) 147 - 150,   2010年01月, 査読有り, The efficacy and safety of S-1 monotherapy for patients with advanced or recurrent non-small cell lung cancer (NSCLC) after the failure of two or more prior chemotherapy regimens were investigated Records of 36 patients with advanced or recurrent NSCLC who received 5-1 monotherapy between January 2005 and December 2008, following the failure of previous chemotherapy, were reviewed retrospectively at two institutions S-1 was given orally twice daily on days 1-28 every six weeks, the dose was based on body surface area The median number of prior chemotherapy regimens was three (range 2-5), and that of courses given per patient was two (range 1-10) No patient achieved complete response, 4 patients (11 1%) achieved partial response, 10 patients (27%) had stable disease and 18 patients (50%) had progressive disease The median progression-free survival was 3 months and the median overall survival was 15 2 months No grade 4 hematological toxicity was noted Grade >= 3 non-hematological toxicities were observed in 5 patients (13 9%) No deaths related to S-1 monotherapy occurred S-1 monotherapy exhibits activity with acceptable toxicity as third-line or subsequent chemotherapy for advanced NSCLC
  • Small-cell lung cancer arising after chemotherapy for a patient with lymphoma of pulmonary mucosa-associated lymphoid tissue-a case report., Nakao M, Oguri T, Maeno K, Kusumoto S, Ota C, Takakuwa O, Uemura T, Ozasa H, Iwashima Y, Miyazaki M, Kutsuna T, Nakamura A, Inagaki H, Sato S, Ueda R, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 36, (10) 1711 - 1714,   2009年10月, 査読有り
  • [Two cases of recurrent non-small cell lung cancer successfully treated with S-1 as fifth-line chemotherapy]., Takakuwa O, Oguri T, Sato S, Nakao M, Ohta C, Iwashima Y, Miyazaki M, Maeno K, Kutsuna T, Nakamura A, Ueda R, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 36, (10) 1721 - 1724,   2009年10月, 査読有り
  • [Successful treatment of Legionella pneumonia with moxifloxacin in a hemodialysis patient]., Takakuwa O, Yamamoto T, Kawai A, Torii M, Nakamura A, Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society, 47, (7) 625 - 630,   2009年07月, 査読有り
  • Endobronchial Metastasis from Primary Papillary Serous Carcinoma of the Peritoneum, Makoto Nakao, Tetsuya Oguri, Ken Maeno, Chiharu Ota, Osamu Takakuwa, Yasuhito Iwashima, Mikinori Miyazaki, Takeo Kutsuna, Atsushi Nakamura, Shigeki Sato, Ryuzo Ueda, INTERNAL MEDICINE, 48, (13) 1165 - 1168,   2009年, 査読有り, A 59-year-old woman was admitted to our hospital with a left lower lobe opacity and mediastinal shift on the chest X-ray. She had been complaining of intermittent nonproductive cough and exertional dyspnea. Chest computed tomography (CT) showed an endobronchial tumor of the left main to the lower bronchus, atelectasis of the left lower lobe, and mediastinal shift. Bronchoscopy revealed a polypoid tumor at the distal portion of the left main bronchus that occluded the bronchus. Biopsy specimens from the endobronchial tumor were shown to be serous papillary adenocarcinoma. Since the patient had been treated surgically for primary papillary serous carcinoma of the peritoneum (PSCP) 10 years earlier, immunohistochemical examinations were performed. The diagnosis of endobronchial metastasis of PSCP was confirmed by immunohistochemical staining with cancer antigen 125 (CA125), vimentin, and Wilms tumor-1 (WT-1). This is a rare case of endobronchial metastasis from PSCP.
  • [Successful macrolide therapy for recurrent pneumococcal pneumonia in a man with X-linked agammaglobulinemia]., Takakuwa O, Kato T, Ishihara A, Yokoyama T, Katou K, Torii M, Yamamoto T, Usami I, Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society, 46, (1) 19 - 24,   2008年01月, 査読有り
  • [A case of pulmonary nocardiosis with a polypoid lesion in a bronchus]., Morita H, Torii M, Yokoyama T, Ebi M, Takakuwa O, Nakamura A, Usami I, Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society, 42, (10) 893 - 896,   2004年10月, 査読有り

MISC

  • 慢性咳嗽で発症した気道異物の1例, 山本 清花, 伊藤 穣, 伊藤 圭馬, 井上 芳次, 福光 研介, 福田 悟史, 金光 禎寛, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 気管支学, 41, (2) 213 - 213,   2019年03月
  • 再発非扁平上皮非小細胞肺癌に対するドセタキセルの治療効果とTTF-1発現, 竹内 章, 小栗 鉄也, 山下 依子, 曽根 一輝, 福田 悟史, 高桑 修, 前野 健, 福光 研介, 金光 禎寛, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 伊藤 穣, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 8, (増刊) 210 - 210,   2019年03月
  • カプサイシン咳感受性は喘息の重症化を反映する, 金光 禎寛, 福光 研介, 武田 典久, 黒川 良太, 福田 悟史, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 竹村 昌也, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 8, (増刊) 249 - 249,   2019年03月
  • Liquid biopsyが治療方針決定に有効であった肺腺癌の1例, 松波 舞衣子, 山羽 悠介, 吉原 実鈴, 國井 英治, 高桑 修, 秋田 憲志, 日向 崇教, 木下 章, 橋本 信和, 幸 大輔, 中前 勝視, 原 眞咲, 肺癌, 58, (7) 1011 - 1011,   2018年12月
  • 進行期非小細胞肺癌治療におけるベバシズマブ併用療法効果予測因子としてのTTF-1発現の有用性, 竹内 章, 小栗 鉄也, 山下 依子, 曽根 一輝, 福田 悟史, 高桑 修, 前野 健, 福光 研介, 金光 禎寛, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 伊藤 穣, 新実 彰男, 肺癌, 58, (6) 589 - 589,   2018年10月
  • nivolumab投与終了1年半後に、水疱性類天疱倉を発症した肺癌の一例, 中前 勝視, 幸 大輔, 山中 菜摘, 秋田 憲志, 高桑 修, 國井 英治, 山羽 悠介, 吉原 実鈴, 原 眞咲, 澤田 啓生, 小林 瑞穂, 肺癌, 58, (6) 718 - 718,   2018年10月
  • 副作用によりNivolumab治療中断後、1年以上無増悪を維持した非小細胞肺癌2症例の検討, 河江 大輔, 國井 英治, 山羽 悠介, 吉原 実鈴, 幸 大輔, 中前 勝視, 原 眞咲, 小林 瑞穂, 高桑 修, 秋田 憲志, 肺癌, 58, (6) 755 - 755,   2018年10月
  • 特発性上葉限局型肺線維症に合併した原発性肺癌の1例, 幸 大輔, 山中 菜摘, 中前 勝視, 秋田 憲志, 高桑 修, 國井 英治, 山羽 悠介, 吉原 実鈴, 小林 瑞穂, 原 眞咲, 肺癌, 58, (6) 765 - 765,   2018年10月
  • ABCC10の遺伝子多型はドセタキセルの好中球減少と関連する(Genetic Variation in the ABCC10 gene is Associated with Neutropenia in Patients Treated with Docetaxel), 曽根 一輝, 小栗 鉄也, 上村 剛大, 竹内 章, 福田 悟史, 高桑 修, 前野 健, 新美 彰男, 日本癌学会総会記事, 77回,   2018年09月
  • 気管支サーモプラスティ療法により発生し,自然消退した炎症性気管支ポリープの1例, 金光 禎寛, 竹内 章, 高桑 修, 浅野 貴光, 福光 研介, 武田 典久, 黒川 良太, 竹村 昌也, 新実 彰男, アレルギー, 67, (4-5) 660 - 660,   2018年05月
  • 腫瘍部位によりNivolumabとPembrolizumabで治療効果に差を認めた肺腺癌の1例, 河江 大輔, 森 祐太, 國井 英治, 吉原 実鈴, 高桑 修, 秋田 憲志, 幸 大輔, 中前 勝視, 原 眞咲, 肺癌, 58, (2) 140 - 140,   2018年04月
  • 血清CEA値が著明に上昇した肺葉内肺分画症の1例, 幸 大輔, 中前 勝視, 秋田 憲志, 高桑 修, 國井 英治, 森 祐太, 吉原 実鈴, 原 眞咲, 小林 瑞穂, 肺癌, 58, (2) 140 - 141,   2018年04月
  • 難治性喘息性咳嗽に対して気管支サーモプラスティが有用であった1例, 北村 有希, 金光 禎寛, 高桑 修, 浅野 貴光, 大久保 仁嗣, 伊藤 穣, 伊藤 圭馬, 井上 芳次, 福光 研介, 武田 典久, 福田 悟史, 前野 健, 小栗 鉄也, 竹村 昌也, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 7, (増刊) 326 - 326,   2018年03月
  • 悪性腫瘍との鑑別を要する画像を呈した結核性髄膜炎の一例, 水谷 佳祐, 水野 将行, 加藤 大輔, 高桑 修, 伊藤 穣, 櫻井 圭太, 松川 則之, 臨床神経学, 57, (12) 795 - 795,   2017年12月
  • 下肢切断にて社会復帰可能となった肺癌術後左下腿転移の1例, 中前 勝視, 幸 大輔, 秋田 憲志, 高桑 修, 國井 英治, 森 祐太, 吉原 美鈴, 堀内 実, 原 眞咲, 馬場 二三八, 小林 瑞穂, 肺癌, 57, (7) 908 - 908,   2017年12月
  • TBLB検体による腫瘍組織のPD-L1陽性率の検討, 森 祐太, 秋田 憲志, 高桑 修, 國井 英治, 堀内 実, 吉原 実鈴, 中前 勝視, 幸 大輔, 小林 瑞穂, 気管支学, 39, (5) 463 - 463,   2017年09月
  • 薬剤トランスポーターの遺伝子多型はドセタキセルの血液毒性を予測する, 竹内 章, 小栗 鉄也, 曽根 一輝, 福田 悟史, 上村 剛大, 高桑 修, 前野 健, 新実 彰男, 日本癌学会総会記事, 76回,   2017年09月
  • 進行期非小細胞肺癌に対するドセタキセル効果予測因子としての治療前血清CEA・CYFRA 21-1の検討, 曽根 一輝, 小栗 鉄也, 竹内 章, 福田 悟史, 上村 剛大, 高桑 修, 前野 健, 竹村 昌也, 新実 彰男, 肺癌, 57, (5) 543 - 543,   2017年09月
  • 術前診断可能であった、肺癌術後虫垂転移の一例, 中前 勝視, 幸 大輔, 秋田 憲志, 高桑 修, 國井 英治, 森 祐太, 吉原 実鈴, 堀内 実, 原 眞咲, 小林 瑞穂, 肺癌, 57, (5) 579 - 579,   2017年09月
  • 高CEA血症を伴い原発性肺癌との鑑別を要した肺葉内肺分画症の1例, 幸 大輔, 中前 勝視, 秋田 憲志, 國井 英治, 森 祐太, 吉原 実鈴, 堀内 実, 高桑 修, 小林 瑞穂, 原 眞咲, 肺癌, 57, (5) 588 - 588,   2017年09月
  • Nivolumabによる甲状腺機能異常の発現と抗腫瘍効果の関連の検討, 國井 英治, 森 祐太, 吉原 実鈴, 堀内 実, 木村 了介, 幸 大輔, 中前 勝視, 原 眞咲, 高桑 修, 秋田 憲志, 肺癌, 57, (5) 613 - 613,   2017年09月
  • 内視鏡室で実施する気管支サーモプラスティ 治療中の経時的記録からみた課題の検討, 高桑 修, 金光 禎寛, 岡山 未奈美, 市川 博也, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 気管支学, 39, (Suppl.) S277 - S277,   2017年05月
  • 気管支喘息(成人) 気管支サーモプラスティー 重症喘息患者における気管支サーモプラスティの有用性の検討, 金光 禎寛, 福光 研介, 武田 典久, 市川 博也, 浅野 貴光, 岡山 未奈実, 高桑 修, 上村 剛大, 大久保 博嗣, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 竹村 昌也, 新実 彰男, アレルギー, 66, (4-5) 613 - 613,   2017年05月
  • 気管支サーモプラスティー療法が有効であった低肺機能の1例, 市川 博也, 金光 禎寛, 岡山 未奈実, 高桑 修, 上村 剛大, 武田 典久, 福光 研介, 浅野 貴光, 竹村 昌也, 新実 彰男, アレルギー, 66, (4-5) 674 - 674,   2017年05月
  • 未治療喘息患者における吸入ステロイド治療反応性に寄与する因子の検討, 福光 研介, 金光 禎寛, 岡山 未奈美, 武田 典久, 浅野 貴光, 市川 博也, 上村 剛大, 竹村 昌也, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 伊藤 穣, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 6, (増刊) 145 - 145,   2017年03月
  • EGFR遺伝子変異陰性あるいは不明進行期肺癌に対するエルロチニブ治療効果予測因子としての腫瘍マーカーの検討, 竹内 章, 小栗 鉄也, 曽根 一輝, 福田 悟史, 上村 剛大, 金光 禎寛, 大久保 仁嗣, 高桑 修, 竹村 昌也, 前野 健, 伊藤 穣, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 6, (増刊) 313 - 313,   2017年03月
  • がん疼痛に対するフェンタニル貼付剤早期導入の有用性の検討, 高桑 修, 前野 健, 金光 禎寛, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 日本内科学会雑誌, 106, (Suppl.) 235 - 235,   2017年02月
  • EBUS-TBNAが診断に有用であった縦隔リンパ節腫大を伴う肺クリプトコッカス症の1例, 堀内 実, 高桑 修, 市川 博也, 岡山 未奈実, 金光 禎寛, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 気管支学, 39, (1) 58 - 63,   2017年01月, 背景. Endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration(EBUS-TBNA)は縦隔・肺門リンパ節疾患を伴う肺癌やサルコイドーシスの診断に有用性が確立しているが、近年では感染性疾患の診断にも有用性が報告されている。今回、EBUS-TBNAでクリプトコッカス症を診断した1例を経験したので報告する。症例. 75歳男性。IgG4関連腎臓病に対しステロイド治療中であったX-4年にクリプトコッカス髄膜炎を発症。Liposomal amphotericin Bにより治療が開始され、Itraconazole(ITCZ)がX-1年11月まで継続された。X年5月に胸部CTで気管分岐下リンパ節腫大と左S6結節影を指摘され当科を紹介された。18F-fluorodeoxy glucose-positron emission tomographyで両病変に集積を認めたことから、悪性疾患も考慮し左S6肺結節影に対して気管支鏡検査を行ったが診断に至らず、気管分岐下リンパ節に対するEBUS-TBNAで病理学的にクリプトコッカス症と診断した。ITCZの再開により縦隔病変、肺結節影ともに改善し一元的にクリプトコッカス症と考えられた。結果. 肺野病変への気管支鏡検査で診断に至らなかったクリプトコッカス症をEBUS-TBNAで診断することができた。結論. EBUS-TBNAはクリプトコッカス症の診断手法になりえる。(著者抄録)
  • 気管支サーモプラスティー療法が有効であった低肺機能の1例, 金光 禎寛, 高桑 修, 岡山 未奈実, 竹村 昌也, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 哲也, 中村 敦, 新実 彰男, 気管支学, 39, (1) 103 - 103,   2017年01月
  • 進行期肺癌に対するプラチナ製剤+ペメトレキセド療法効果予測因子としての治療前血清CYFRA値の検討, 曽根 一輝, 小栗 鉄也, 中尾 心人, 香川 友祐, 黒川 良太, 福田 悟史, 上村 剛大, 高桑 修, 竹村 昌也, 中村 敦, 村松 秀樹, 新実 彰男, 肺癌, 56, (6) 627 - 627,   2016年11月
  • EGFR遺伝子変異陽性肺癌症例における殺細胞性化学療法の実施・効果の検討, 香川 友祐, 村松 秀樹, 鈴木 悠斗, 黒川 良太, 中尾 心人, 曽根 一輝, 福田 悟史, 上村 剛大, 高桑 修, 前野 健, 小栗 鉄也, 新実 彰男, 肺癌, 56, (6) 788 - 788,   2016年11月
  • サルコイドーシスに対するステロイド治療中に発症し、汎血球減少を呈した脾臓原発悪性リンパ腫の1例, 加藤 千博, 前野 健, 福光 研介, 武田 典久, 上村 剛大, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌, 36, (1-2) 97 - 97,   2016年10月
  • 肺癌治療中に生じた食道大動脈瘻に対してステントグラフト内挿術を施行して救命した1例, 伊藤 圭馬, 上村 剛大, 小栗 鉄也, 岡山 未奈実, 金光 禎寛, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 伊藤 穣, 中村 敦, 新実 彰男, 肺癌, 56, (5) 415 - 416,   2016年10月
  • プラチナ系抗癌剤シスプラチンとオキサリプラチンの薬剤耐性化とOCT6発現との関連性, 曽根 一輝, 福田 悟史, 小栗 鉄也, 國井 英治, 上村 剛大, 高桑 修, 前野 健, 新実 彰男, 日本癌学会総会記事, 75回,   2016年10月
  • 気管支温熱療法を施行した1例, 作井 マリア, 金光 禎寛, 竹村 昌也, 岡山 未奈実, 村瀬 博紀, 上村 剛大, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 哲也, 新実 彰男, 気管支学, 38, (5) 442 - 442,   2016年09月
  • EBUS-TBNAにおけるHigh flow nasal cannulaの有用性 経鼻カニューラ法との比較, 市川 博也, 高桑 修, 武田 典久, 福光 研介, 金光 禎寛, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 気管支学, 38, (Suppl.) S246 - S246,   2016年05月
  • 吸入ステロイド薬抵抗性の難治性喘息性咳嗽に対してTiotropium bromideの併用が有効であった1例, 福光 研介, 金光 禎寛, 武田 典久, 浅野 貴光, 市川 博也, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 高桑 修, 竹村 昌也, 伊藤 穣, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 5, (増刊) 179 - 179,   2016年03月
  • 非小細胞肺癌におけるプラチナ製剤とペメトレキセド併用治療効果とFolylpoly-γ-glutamate synthase(FPGS)の遺伝子多型との関連, 福田 悟史, 小栗 鉄也, 國井 英治, 上村 剛大, 高桑 修, 前野 健, 村瀬 博紀, 金光 禎寛, 竹村 昌也, 大久保 仁嗣, 伊藤 穣, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 5, (増刊) 320 - 320,   2016年03月
  • 超高齢者に認めたIgG4関連胸膜炎の1例, 加藤 千博, 伊藤 穣, 市川 博也, 上村 剛大, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 気管支学, 38, (1) 70 - 70,   2016年01月
  • 呼吸器疾患患者における便秘評価ツールの有用性の検討, 村田 有希, 徳田 佳美, 鈴木 伴枝, 新実 彰男, 高桑 修, 日本がん看護学会誌, 30, (Suppl.) 264 - 264,   2016年01月
  • 肺癌患者の癌性胸膜炎の胸膜癒着術における滅菌調整タルクの使用経験, 長谷川 千恵, 上村 剛大, 小栗 鉄也, 國井 英治, 金光 禎寛, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 伊藤 穣, 中村 敦, 新実 彰男, 肺癌, 55, (7) 1114 - 1114,   2015年12月
  • 癌性胸膜炎の胸膜癒着術におけるユニタルクの有用性の検討, 上村 剛大, 小栗 鉄也, 國井 英治, 高桑 修, 竹村 昌也, 前野 健, 新実 彰男, 肺癌, 55, (5) 705 - 705,   2015年10月
  • FPGSの遺伝子多型と非小細胞肺癌に対するペメトレキセド感受性との関連についての検討, 福田 悟史, 小栗 鉄也, 國井 英治, 上村 剛大, 高桑 修, 前野 健, 新実 彰男, 日本癌学会総会記事, 74回,   2015年10月
  • EBUS-TBNA検査中の酸素化維持におけるネーザルハイフローの有用性, 佐々木 宏和, 高桑 修, 市川 博也, 金光 禎寛, 國井 英治, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 新実 彰男, 気管支学, 37, (5) 604 - 604,   2015年09月
  • 経過中に副腎転移からの出血をきたし、短期間で死亡に至った肺腺癌の1例, 梅下 会美, 高桑 修, 小栗 鉄也, 下平 政史, 上村 剛大, 新実 彰男, 肺癌, 55, (3) 183 - 187,   2015年06月, 背景. 副腎は原発性肺癌の頻度の高い転移部位であるが、肺癌副腎転移巣からの出血の報告は稀である。今回、副腎転移からの出血を契機に診断から短期間で死亡した症例を経験したので報告する。症例. 68歳男性。咳と倦怠感を主訴に当院を受診した。CTにて右上葉結節影と右胸水、両副腎腫大の所見があり、右胸水細胞診で腺癌細胞を認め、FDG-PET検査を含めた全身精査の結果、IV期原発性肺腺癌と診断した。抗癌剤治療のため入院予定であったが、初診から12日目に右腰部背側に皮下出血が出現し救急外来を受診。血液検査でヘモグロビン値の低下があり、腹部CTで右副腎の著明な腫大と周囲の液体貯留像を認め右副腎転移巣からの出血と診断した。輸血を行い保存的に経過をみたが、入院第9病日に再出血を認めたため右副腎動脈造影と塞栓術を施行した。その後は肺癌の進行による呼吸不全悪化のため緩和治療の方針となり、入院から25日目に死亡した。結論. 肺癌の副腎転移巣からの出血は予後不良な経過をたどることが多く、臨床上注意が必要である。(著者抄録)
  • 医学生実習の工夫 気管支内視鏡トレーニングシミュレータの有用性, 高桑 修, 市川 博也, 武田 典久, 福光 研介, 川口 裕子, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 気管支学, 37, (Suppl.) S183 - S183,   2015年05月
  • EBUS-TBNA中の酸素化維持におけるhigh-flow nasal cannulaの有用性, 市川 博也, 高桑 修, 武田 典久, 福光 研介, 川口 裕子, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 気管支学, 37, (Suppl.) S186 - S186,   2015年05月
  • 喘息患者におけるIOSを用いた末梢気道の過敏性の検討, 土方 寿聡, 竹村 昌也, 武田 典久, 福光 研介, 浅野 貴光, 市川 博也, 上村 剛大, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, アレルギー, 64, (3-4) 549 - 549,   2015年04月
  • 特発性肺線維症の急性増悪に対するピルフェニドン併用ステロイド治療の有用性, 大久保 仁嗣, 福光 研介, 武田 典久, 福田 悟史, 浅野 貴光, 市川 博也, 土方 寿聡, 國井 英治, 川口 裕子, 上村 剛大, 高桑 修, 竹村 昌也, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 4, (増刊) 159 - 159,   2015年03月
  • 非小細胞肺癌治療におけるDPD阻害フッ化ピリミジン製剤(DIF)感受性規定因子の検討, 上村 剛大, 小栗 鉄也, 武田 典久, 福光 研介, 福田 悟史, 川口 裕子, 國井 英治, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 伊藤 穣, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 4, (増刊) 265 - 265,   2015年03月
  • 特発性肺線維症におけるCT画像肺体積分析の臨床的有用性, 大久保 仁嗣, 福光 研介, 武田 典久, 福田 悟史, 浅野 貴光, 市川 博也, 國井 英治, 川口 裕子, 上村 剛大, 高桑 修, 竹村 昌也, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 4, (増刊) 301 - 301,   2015年03月
  • 遷延性・慢性咳嗽の鑑別診断における呼気NO濃度(FeNO)測定の有用性, 浅野 貴光, 竹村 昌也, 武田 典久, 福光 研介, 市川 博也, 土方 寿聡, 川口 裕子, 上村 剛大, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 4, (増刊) 321 - 321,   2015年03月
  • 髄膜炎治療寛解後に肺病変の再燃を来したクリプトコックス症の1例, 武田 典久, 中村 敦, 上村 剛大, 新実 彰男, 大喜多 賢治, 小栗 卓也, 小関 啓司, 高橋 広城, 川口 裕子, 高桑 修, 感染症学雑誌, 89, (1) 185 - 185,   2015年01月
  • 肺癌による無気肺を疑い施行した気管支鏡検査で診断された気管支結核の1例 画像所見の考察を中心に, 浅野 貴光, 高桑 修, 中村 敦, 市川 博也, 村瀬 博紀, 川口 裕子, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 前野 健, 小栗 鉄也, 新実 彰男, 気管支学, 37, (1) 106 - 111,   2015年01月, 背景. 気管支結核は特異的な症状や画像所見に乏しく、日常診療におけるピットフォールになる。今回、左下葉無気肺で発見され、肺癌を疑って施行した気管支鏡検査で気管支結核と診断した症例を経験したので報告する。症例. 61歳、男性。咳嗽を主訴に当院を受診。胸部画像上、左下葉無気肺を認めた。Sialyl Lewis X(SLX)が高値で、positron emission tomography computed tomography(PET-CT)では左下葉気管支から左下葉無気肺内部にまで連続する気管支壁への高度集積を認めた。気管支鏡検査では白苔を伴う隆起性病変による左底幹の閉塞を認め、気管支鏡検体の抗酸菌塗抹が陽性、結核菌群PCRも陽性であったことから気管支結核と診断した。その後、抗結核化学療法により無気肺は軽快し、再度の気管支鏡検査で悪性病変のないことを確認した。画像所見を再検討すると、CTでの気管支壁の肥厚所見やPETでの集積パターンから気管支結核を想定することが可能であったと考えられた。結論. 無気肺の鑑別診断において気管支結核を認識し、その画像的特徴を踏まえて評価することは重要である。(著者抄録)
  • EBUS-TBNAによるリンパ節生検が再発の診断に有用だった大腸癌の2例, 武田 典久, 高桑 修, 市川 博也, 福光 研介, 川口 裕子, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 気管支学, 37, (1) 125 - 126,   2015年01月
  • クリゾチニブ開始5ヵ月後に食道炎を来したALK融合遺伝子陽性肺腺癌の1例, 谷本 浩紀, 前野 健, 福光 研介, 武田 典久, 川口 裕子, 上村 剛大, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 伊藤 穣, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 肺癌, 54, (7) 1005 - 1005,   2014年12月
  • アムルビシン治療におけるアムルビシノール血中濃度と好中球減少症の関連の検討, 高桑 修, 小栗 鉄也, 上村 剛大, 國井 英治, 福光 研介, 武田 典久, 竹村 昌也, 前野 健, 新実 彰男, 肺癌, 54, (5) 571 - 571,   2014年10月
  • 縦隔リンパ節病変に対するEBUS-TBNAで診断した肺クリプトコッカス症の1例, 堀内 実, 高桑 修, 市川 博也, 武田 典久, 福光 研介, 川口 裕子, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 気管支学, 36, (5) 564 - 564,   2014年09月
  • OCT6はプラチナ製剤の細胞内取込と薬剤耐性に関与する(Organic cation transporter, OCT6 mediates uptake and resistance to platinum drugs), 國井 英治, 小栗 鉄也, 前野 健, 笠井 大嗣, 小笹 裕晃, 上村 剛大, 高桑 修, 新実 彰男, 日本癌学会総会記事, 73回,   2014年09月
  • 【COPD個別化治療のパラダイムシフト〜臨床における薬物療法の更なる可能性〜】 COPD患者における時間帯による症状強度の検討 症状の日内変動と新規LABAの有用性, 高桑 修, 新実 彰男, Pharma Medica, 32, (7) 146 - 147,   2014年07月, 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における時間帯ごとの症状強度の特徴について検討した。COPD患者83例を対象とした。治療は、長時間作用性抗コリン薬を含む治療45例、長時間作用性β2刺激薬を含む治療46例、吸入ステロイド薬を含む治療31例であった。午前中、午後、夕方から就寝までの「症状を有する」頻度はほぼ同等で、全体で約50%、III期、IV期の症例の約80%が症状を訴えた。症状強度のスコアは、夕方から就寝までが最も高く、夜間は低い傾向がみられた。全症例の約半数の43例、病期分類III期、IV期の症例25例中19例に症状強度の差を認め、「他の時間帯よりも症状が強い」と感じることが最も多い時間帯は夕方から就寝まで、次いで午後、起床から朝食までと続き、夜間は他の時間帯よりも症状が弱い症例が多かった。すべての時間帯において、ホルモテロール導入後に平均症状スコアが改善した。
  • 高齢症例における気管支鏡検査の安全性の検討, 市川 博也, 高桑 修, 浅野 貴光, 村瀬 博紀, 川口 裕子, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 中村 敦, 小栗 鉄也, 新実 彰男, 気管支学, 36, (Suppl.) S248 - S248,   2014年03月
  • Mycobacterium abscessus肺感染症における治療経過の検討, 川口 裕子, 高桑 修, 浅野 貴光, 村瀬 博紀, 國井 英治, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 結核, 89, (3) 415 - 415,   2014年03月
  • 脊椎炎を繰り返した肺Mycobacterium avium complex症の1例, 上村 剛大, 小栗 鉄也, 高桑 修, 浅野 貴光, 村瀬 博紀, 川口 裕子, 國井 英治, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 中村 敦, 新実 彰男, 結核, 89, (3) 450 - 450,   2014年03月
  • Mycobacterium abscessus肺感染症4例の臨床的検討, 川口 裕子, 高桑 修, 浅野 貴光, 市川 博也, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 3, (増刊) 194 - 194,   2014年03月
  • 小細胞肺癌治療における効果予測因子としてのBim遺伝子多型の検討, 國井 英治, 小栗 鉄也, 前野 健, 竹村 昌也, 大久保 仁嗣, 高桑 修, 川口 裕子, 上村 剛大, 浅野 貴光, 市川 博也, 土方 寿聡, 中村 敦, 新實 彰男, 日本呼吸器学会誌, 3, (増刊) 234 - 234,   2014年03月
  • エベロリムス治療中に新たに肺陰影が出現した腎癌症例の臨床的検討, 前野 健, 高桑 修, 上村 剛大, 川口 裕子, 大久保 仁嗣, 小栗 鉄也, 飯田 啓太郎, 戸澤 啓一, 郡 健二郎, 新実 彰男, 日本内科学会雑誌, 103, (Suppl.) 165 - 165,   2014年02月
  • 副腎転移からの出血をきたした肺腺癌の1例, 廣瀬 会美, 高桑 修, 小栗 鉄也, 市川 博也, 浅野 貴光, 村瀬 博紀, 川口 裕子, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 新実 彰男, 肺癌, 54, (1) 39 - 40,   2014年02月
  • 術後18年目に肺転移・気管支内進展をきたして再発した腎細胞癌の1例, 村瀬 博紀, 高桑 修, 小栗 鉄也, 市川 博也, 浅野 貴光, 川口 裕子, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 中村 敦, 新実 彰男, 気管支学, 36, (1) 101 - 101,   2014年01月
  • アムルビシンによる好中球減少におけるABCB1遺伝子多型の関与, 高桑 修, 小栗 鉄也, 上村 剛大, 國井 英治, 浅野 貴光, 市川 博也, 竹村 昌也, 前野 健, 新実 彰男, 肺癌, 53, (5) 530 - 530,   2013年10月
  • 当院における遷延性・慢性咳嗽の原因疾患の検討, 土方 寿聡, 竹村 昌也, 浅野 貴光, 市川 博也, 横山 みどり, 上村 剛大, 國井 英治, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, アレルギー, 62, (9-10) 1368 - 1368,   2013年10月
  • 小細胞肺癌の増殖におけるNestinの関与(Involvement of intermediate filament nestin in cell growth of small-cell lung cancer), 國井 英治, 前野 健, 高桑 修, 上村 剛大, 小栗 鉄也, 新實 彰男, 日本癌学会総会記事, 72回,   2013年10月
  • 肺癌術後縦隔リンパ節腫大における肺癌再発の鑑別にEBUS-TBNAが有用であった1例, 市川 博也, 高桑 修, 浅野 貴光, 横山 みどり, 川口 裕子, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 竹村 昌也, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 森山 悟, 気管支学, 35, (5) 565 - 565,   2013年09月
  • 肺癌術後再発疑い症例に対するEBUS-TBNAの有用性の検討, 土方 寿聡, 宮崎 幹規, 横山 みどり, 上村 剛大, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 気管支学, 35, (Suppl.) S197 - S197,   2013年05月
  • アレルギー性気管支肺真菌症が合併したアレルギー性肉芽腫性血管炎の1例, 土方 寿聡, 上村 剛大, 横山 みどり, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 宮崎 幹規, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 松久 隆之, 新実 彰男, アレルギー, 62, (3-4) 409 - 409,   2013年04月
  • 治療経過中に硬膜外膿瘍による脊椎横断症状を呈した慢性壊死性肺アスペルギルス症の1例, 中村 敦, 上村 剛大, 高桑 修, 佐藤 滋樹, 新実 彰男, 脇山 直樹, 山岸 由佳, 三鴨 廣繁, 宮崎 幹規, 野村 ゆづき, 末松 寛之, 感染症学雑誌, 87, (2) 315 - 316,   2013年03月
  • 進行性腎癌に対する分子標的薬使用中に生じた肺浸潤影の検討 感染症と薬剤性間質性肺炎の鑑別, 飯田 啓太郎, 戸澤 啓一, 高桑 修, 前野 健, 竹内 充, 水野 健太郎, 窪田 泰江, 河合 憲康, 佐々木 昌一, 林 祐太郎, 新実 彰男, 芝本 雄太, 郡 健二郎, 日本泌尿器科学会雑誌, 104, (2) 383 - 383,   2013年03月
  • 特発性肺線維症(IPF)の評価における3次元CT容量解析システムの有用性の検討, 大久保 仁嗣, 土方 寿聡, 横山 みどり, 上村 剛大, 國井 英治, 笠井 大嗣, 高桑 修, 宮崎 幹規, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 2, (増刊) 192 - 192,   2013年03月
  • 肺癌細胞におけるOrganic Cation Transporterとシスプラチン耐性, 笠井 大嗣, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 土方 寿聡, 横山 みどり, 上村 剛大, 國井 英治, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 宮崎 幹規, 前野 健, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 2, (増刊) 203 - 203,   2013年03月
  • 非小細胞肺癌におけるABCC11/MRP8の538位遺伝子多型とDPD阻害フッ化ピリミジン製剤(DIF)感受性, 上村 剛大, 小栗 鉄也, 土方 寿聡, 横山 みどり, 高桑 修, 大久保 仁嗣, 宮崎 幹規, 前野 健, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 2, (増刊) 205 - 205,   2013年03月
  • 肺癌患者における1日1回型フェンタニルクエン酸塩貼付剤の導入時の安全性・有効性と継続使用における認容性の検討, 横山 みどり, 高桑 修, 小栗 鉄也, 前野 健, 土方 寿聡, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 宮崎 幹規, 中村 敦, 新実 彰男, 日本呼吸器学会誌, 2, (増刊) 297 - 297,   2013年03月
  • 左下葉無気肺に対し施行した気管支鏡検査で診断された気管支結核の1例, 高桑 修, 宮崎 幹規, 中村 敦, 土方 寿聡, 横山 みどり, 上村 剛大, 大久保 仁嗣, 前野 健, 小栗 鉄也, 新実 彰男, 垂水 修, 気管支学, 35, (1) 118 - 118,   2013年01月
  • 外側胸動脈肺静脈瘻の1例, 藤田 陽奈, 大久保 仁嗣, 土方 寿聡, 上村 剛大, 國井 英治, 小笹 裕晃, 高桑 修, 宮崎 幹規, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 新実 彰男, 結核, 87, (11) 751 - 751,   2012年11月
  • 肺癌症例における1日1回型フェンタニルクエン酸塩貼付剤の有効性の検討, 高桑 修, 小栗 鉄也, 久方 寿聡, 上村 剛大, 國井 英治, 笠井 大嗣, 小笹 裕晃, 大久保 仁嗣, 宮崎 幹規, 前野 健, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 新実 彰男, 肺癌, 52, (5) 768 - 768,   2012年10月
  • 気管支鏡下に気管支内腔の真菌塊を観察できた慢性壊死性肺アスペルギルス症の1例, 高桑 修, 宮崎 幹規, 土方 寿聡, 上村 剛大, 小笹 裕晃, 大久保 仁嗣, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 新実 彰男, 気管支学, 34, (5) 521 - 521,   2012年09月
  • 新たなMETおよびVEGFR阻害剤TAS-115による細胞傷害性抗癌剤耐性変化に関する検討(TAS-115, a novel MET + VEGFRs dual inhibitors, overcomes the cytotoxic anticancer drug resistance in lung cancer), 國井 英治, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 上村 剛大, 高桑 修, 宮崎 幹規, 前野 健, 佐藤 滋樹, 新美 彰男, 日本癌学会総会記事, 71回,   2012年08月
  • チミジレートシンターゼコピー数は、肺癌におけるペメトレキセド感受性の予測因子となり得るか(Thymidylate synthase copy number as a predictive biomarker for pemetrexed sensitivity in lung cancer), 笠井 大嗣, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 上村 剛大, 國井 英治, 高桑 修, 宮崎 幹規, 前野 健, 佐藤 滋樹, 新実 彰男, 日本癌学会総会記事, 71回,   2012年08月
  • 既治療非小細胞肺癌に対するS-1単剤化学療法の検討, 浅野 貴光, 冨田 勇樹, 新美 岳, 小栗 鉄也, 高桑 修, 中尾 心人, 國井 英治, 上村 剛大, 小笹 裕晃, 大久保 仁嗣, 宮崎 幹規, 前野 健, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 肺癌, 52, (2) 270 - 270,   2012年04月
  • 超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)により診断したBurkitt lymphomaの1例, 中尾 心人, 宮崎 幹規, 小栗 鉄也, 冨田 勇樹, 上村 剛大, 高桑 修, 笠井 大嗣, 國井 英治, 大久保 仁嗣, 前野 健, 佐藤 滋樹, 気管支学, 34, (2) 148 - 153,   2012年03月, 症例。症例は73歳男性。嗄声を主訴に受診。胸部CTにて縦隔リンパ節腫大(#7および#4R)と左肺下葉の小結節影を認め、PET-CTでも同部位に集積亢進を認めた。気管分岐下リンパ節に対して、超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)を施行した。病理組織検査にて、中型でN/C比の高い異型リンパ系細胞の瀰漫性増殖を認め、免疫染色の結果からBurkitt lymphoma(BL)と診断した。結語。EBUS-TBNAによるBLの診断例は報告がなく、稀な症例と考えられた。(著者抄録)
  • Pemetrexed治療効果予測因子としてのTS遺伝子増幅の有用性についての基礎的検討, 笠井 大嗣, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 上村 剛大, 高桑 修, 国井 英治, 大久保 仁嗣, 宮崎 幹規, 前野 健, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 肺癌, 51, (5) 564 - 564,   2011年10月
  • アムルビシン感受性予測因子としてのNAD(P)H:quinone oxidoreductase 1(NQO1)遺伝子多型の検討(C609T polymorphism of NAD(P)H:quinone oxidoreductase 1 as a predictive biomarker for response to amrubicin), 高桑 修, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 上村 剛大, 國井 英治, 笠井 大嗣, 宮崎 幹規, 前野 健, 佐藤 滋樹, 日本癌学会総会記事, 70回,   2011年09月
  • ABCC11/MRP8のSNPP538(G>A)はDPD阻害フッ化ピリミジンの感受性を規定する(A SNP538(G>A) in ABCC11/MRP8 determine sensitivity for DPD inhibitory fluoropyrimidines), 上村 剛大, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 高桑 修, 笠井 大嗣, 宮崎 幹規, 前野 健, 佐藤 滋樹, 日本癌学会総会記事, 70回,   2011年09月
  • 肺癌細胞株におけるamrubicinolの殺細胞効果とNAD(P)H:quinine oxidoreductase 1発現, 高桑 修, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 上村 剛大, 笠井 大嗣, 國井 英治, 鈴木 勇史, 岩島 康仁, 宮崎 幹規, 前野 健, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 日本呼吸器学会雑誌, 49, (増刊) 164 - 164,   2011年03月
  • 脊椎炎を併発した肺Mycobacterium avium complex症の1例, 高桑 修, 小栗 鉄也, 笠井 大嗣, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 上田 龍三, 日本呼吸器学会雑誌, 48, (10) 759 - 764,   2010年10月, 症例は76歳女性。2007年10月、発熱と食思不振のため当院入院となった。胸部CTでは中葉・舌区に浸潤影、粒状影を認め、喀痰の抗酸菌培養でMycobacterium intracellulareを検出したことから肺Mycobacterium avium complex(MAC)症と診断した。2007年11月から、クラリスロマイシンとエタンブトールによる治療を開始し発熱は軽快したが、全身性皮疹などの副作用のため2008年1月から治療を中止した。2008年4月から腰痛が出現し、MRI検査所見から第4、5腰椎の脊椎炎が疑われた。同部の生検組織培養でMycobacterium intracellulareを検出したことからMACによる脊椎炎と診断し、クラリスロマイシン、リファンピシン、モキシフロキサシンによる化学療法を開始のうえ、外科的に病巣の掻爬と椎体固定術を行った。現在、化学療法を継続中で再燃を認めていない。肺MAC症に脊椎炎を併発した報告は稀であるが、近年の肺MAC症の増加に伴い留意が必要と考えられる。(著者抄録)
  • 高齢者肺癌に対するアムルビシンの安全性と有用性に関する検討, 國井 英治, 上村 剛大, 笠井 大嗣, 小笹 裕晃, 高桑 修, 鈴木 勇史, 宮崎 幹規, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 肺癌, 50, (5) 666 - 666,   2010年10月
  • 肺癌におけるMDR1遺伝子多型とアムルビシン効果予測, 高桑 修, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 上村 剛大, 國井 英治, 笠井 大嗣, 鈴木 勇史, 宮崎 幹規, 前野 健, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 肺癌, 50, (5) 679 - 679,   2010年10月
  • ABCC11/MRP8の一塩基変異多型とpemetrexed感受性(A SNP of ABCC11/MRP8 determines sensitivity for pemetrexed), 上村 剛大, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 高桑 修, 笠井 大嗣, 宮崎 幹規, 前野 健, 佐藤 滋樹, 日本癌学会総会記事, 69回,   2010年08月
  • 抗癌剤耐性化におけるヘパラナーゼの活性上昇(Enhanced heparanase activity in anticancer drug resistant cells), 笠井 大嗣, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 前野 健, 上村 剛大, 高桑 修, 宮崎 幹規, 佐藤 滋樹, 日本癌学会総会記事, 69回,   2010年08月
  • 細胞障害性抗癌剤耐性化におけるMET発現上昇(Increased MET expression in anticancer drug resistant cells), 小笹 裕晃, 前野 健, 小栗 鉄也, 上村 剛大, 高桑 修, 笠井 大嗣, 宮崎 幹規, 佐藤 滋樹, 日本癌学会総会記事, 69回,   2010年08月
  • 百日咳凝集素価からみた喘息患者の百日咳に対する易感染性について, 中村 敦, 岩島 康仁, 高桑 修, 佐藤 滋樹, 感染症学雑誌, 84, (3) 380 - 380,   2010年05月
  • 非小細胞肺癌細胞株における抗癌剤耐性化とヘパラナーゼ発現, 高桑 修, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 前野 健, 上村 剛大, 中尾 心人, 冨田 勇樹, 笠井 大嗣, 鈴木 勇史, 宮崎 幹規, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 上田 龍三, 日本呼吸器学会雑誌, 48, (増刊) 277 - 277,   2010年03月
  • 眼内炎の遷延により眼球摘出を要したB群溶血性連鎖球菌敗血症の1例, 岩島 康仁, 中村 敦, 沓名 健雄, 高桑 修, 佐藤 滋樹, 柴山 順子, 脇本 幸夫, 脇本 寛子, 矢野 久子, 南 正明, 長谷川 忠男, 感染症学雑誌, 83, (6) 711 - 711,   2009年11月
  • 五次治療でのS-1単剤化学療法が奏効した非小細胞肺癌の2例, 高桑 修, 小栗 鉄也, 佐藤 滋樹, 中尾 心人, 太田 千晴, 岩島 康仁, 宮崎 幹規, 前野 健, 沓名 健雄, 中村 敦, 上田 龍三, 癌と化学療法, 36, (10) 1721 - 1724,   2009年10月, 既治療非小細胞肺癌に対するS-1の有効性はいまだ明らかにされていない。われわれは、五次治療でのS-1単剤化学療法が奏効した非小細胞肺癌症例を2例経験したので報告する。症例1は75歳、男性。原発性肺腺癌(cT1N3M0、stage IIIB)に対しcisplatin(CDDP)+vinorelbine(VNR)、docetaxel(DOC)、gemcitabine(GEM)+VNR併用療法、amrubicin(AMR)で治療したがいずれも無効となった。五次治療としてS-1で治療したところ部分奏効し、血清CEA値も低下した。現在7コース目を終了したが、安定を保っており治療継続中である。症例2は65歳、女性。原発性肺腺癌の術後再発に対し、GEM+VNR併用療法、carboplatin(CBDCA)+paclitaxel(PTX)併用療法、DOC、gefitinibで治療したが、いずれも無効となった。五次治療としてS-1で治療したところ部分奏効し、7コース継続した。S-1によるgrade 3以上の副作用として症例1では貧血を、症例2では血清アミラーゼ値の上昇を認めたが、治療によるQOLの低下はみられなかった。今後、既治療非小細胞肺癌症例に対する治療選択肢としてのS-1単剤化学療法の検討が必要と考える。(著者抄録)
  • 肺癌細胞株におけるAmrubicin耐性規定因子の検討, 高桑 修, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 上村 剛大, 冨田 勇樹, 鈴木 勇史, 宮崎 幹規, 前野 健, 佐藤 滋樹, 上田 龍三, 肺癌, 49, (5) 814 - 814,   2009年10月
  • 非小細胞肺癌細胞株におけるABCトランスポーターとvinorelbine耐性との関連(ATP-binding cassette transporter family and vinorelbine in non-small cell lung cancer cells), 高桑 修, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 中尾 心人, 上村 剛大, 宮崎 幹規, 前野 健, 佐藤 滋樹, 上田 龍三, 日本癌学会総会記事, 68回,   2009年08月
  • 血液透析患者に発症したレジオネラ肺炎に対しmoxifloxacinが奏効した1例, 高桑 修, 山本 俊信, 川合 淳郎, 鳥居 正芳, 中村 敦, 日本呼吸器学会雑誌, 47, (7) 625 - 630,   2009年07月, 新規ニューキノロン系経口抗菌薬であるmoxifloxacinは優れた血中動態を示すとともに、主たる代謝経路が肝・胆道系であるため腎機能障害を有する症例で選択しやすい。我々は維持透析患者に発症したレジオネラ肺炎に対しmoxifloxacinが奏効した症例を経験したので報告する。症例は糖尿病性腎症のため血液透析を受けている76歳女性。発熱、咳嗽のため近医を受診し肺炎と診断された。セフェム系抗菌薬で治療されたが改善せず、呼吸困難が出現したため当院を受診した。胸部レントゲンで両肺野浸潤影と心拡大を認め、肺炎と心不全の診断で入院となった。尿中レジオネラ抗原が陽性であったことからレジオネラ肺炎と診断し、moxifloxacin 400mg 1日1回経口投与による治療で軽快した。moxifloxacinは腎機能障害を有するレジオネラ肺炎に対する貴重な治療選択肢になりうると考える。(著者抄録)
  • 健診で発見された浸潤性胸腺腫合併肺腺癌の1例, 上村 剛大, 小栗 鉄也, 中尾 心人, 坂本 英雄, 太田 千晴, 高桑 修, 岩島 康仁, 宮崎 幹規, 前野 健, 沓名 健雄, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 気管支学, 31, (4) 217 - 221,   2009年07月, 症例。79歳女性。胸部単純X線写真上右中肺野に結節影を指摘され、当院紹介。胸部CT上、右中葉(S4)の結節影とともに前縦隔腫瘍も認めた。Positron emission tomography(PET)-CTで、それぞれに集積を認めたが、その強度には相違を認めた。前縦隔腫瘍はCTガイド下生検で浸潤性胸腺腫、右S4の結節影は経気管支肺生検で肺腺癌と診断した。結論。PET-CTの集積から重複癌を疑い、浸潤性胸腺腫と肺癌の合併と診断した。(著者抄録)
  • 当院のEBUS-TBNA症例における検討 診断に足る病理検体採取のために, 宮崎 幹規, 中尾 心人, 上村 剛大, 太田 千晴, 高桑 修, 岩島 康仁, 前野 健, 沓名 健雄, 小栗 鉄也, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 気管支学, 31, (Suppl.) S168 - S168,   2009年05月
  • 当院におけるサルコイドーシス診断についての検討, 太田 千晴, 宮崎 幹規, 中尾 心人, 上村 剛大, 小笹 裕晃, 高桑 修, 岩島 康仁, 前野 健, 沓名 健雄, 小栗 鉄也, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 日本呼吸器学会雑誌, 47, (増刊) 163 - 163,   2009年05月
  • 成人百日咳と喘息との関連について, 中村 敦, 岩島 康仁, 沓名 健雄, 中尾 心人, 太田 千晴, 高桑 修, 宮崎 幹規, 前野 健, 小栗 鉄也, 佐藤 滋樹, 森田 博紀, 加藤 宗博, 加藤 高志, Juhn Young J, 日本呼吸器学会雑誌, 47, (増刊) 288 - 288,   2009年05月
  • Mycobacterium mageritenseによる肺非結核性抗酸菌症を合併した間質性肺炎の1例, 沓名 健雄, 中尾 心人, 太田 千晴, 高桑 修, 岩島 康仁, 宮崎 幹規, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 日本呼吸器学会雑誌, 47, (増刊) 317 - 317,   2009年05月
  • 摘出卵巣標本にて診断がついた肺癌・卵巣転移の1例, 太田 千晴, 宮崎 幹規, 前野 健, 中尾 心人, 高桑 修, 岩島 康仁, 沓名 健雄, 小栗 鉄也, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 上田 龍三, 肺癌, 49, (2) 234 - 234,   2009年04月
  • 気管支内腫瘤性病変にて再発した腹膜原発漿液性乳頭腺癌の1例, 中尾 心人, 小栗 鉄也, 前野 健, 上村 剛大, 小笹 裕晃, 太田 千晴, 高桑 修, 岩島 康仁, 宮崎 幹規, 沓名 健雄, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 気管支学, 31, (2) 107 - 107,   2009年03月
  • 眼内炎の遷延により眼球摘出を要したB群溶血性連鎖球菌敗血症の一例, 岩島 康仁, 中村 敦, 沓名 健雄, 高桑 修, 佐藤 滋樹, 柴山 順子, 脇本 幸夫, 脇本 寛子, 矢野 久子, 南 正明, 長谷川 忠男, 感染症学雑誌, 83, (臨増) 325 - 325,   2009年03月
  • 既治療非小細胞肺癌に対するS-1単独化学療法の臨床的検討, 高桑 修, 小栗 鉄也, 太田 千晴, 岩島 康仁, 宮崎 幹規, 前野 健, 沓名 健雄, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 上田 龍三, 日本内科学会雑誌, 98, (Suppl.) 238 - 238,   2009年02月
  • 肺MALTリンパ腫の化学療法後に発症した肺小細胞癌の1例, 中尾 心人, 加藤 宗博, 前野 健, 小栗 鉄也, 上村 剛大, 小笹 裕晃, 太田 千晴, 高桑 修, 岩島 康仁, 楠本 茂, 宮崎 幹規, 沓名 健雄, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 上田 龍三, 稲垣 宏, 肺癌, 48, (7) 867 - 867,   2008年12月
  • 多房化した膿胸腔のドレナージに局所麻酔下胸腔鏡が有用であった急性膿胸の1例, 田中 亮, 鳥居 正芳, 大島 雅則, 川合 淳郎, 山本 俊信, 高桑 修, 気管支学, 30, (5) 323 - 323,   2008年09月
  • 肺癌放射線化学療法後の無気肺に発症した肺アスペルギルス症の1例, 沓名 健雄, 中尾 心人, 太田 千晴, 高桑 修, 岩島 康仁, 宮崎 幹規, 前野 健, 小栗 鉄也, 中村 敦, 佐藤 滋樹, 気管支学, 30, (5) 325 - 325,   2008年09月
  • MXFXで治療したレジオネラ肺炎4例の検討, 高桑 修, 川合 淳郎, 鳥居 正芳, 山本 俊信, 感染症学雑誌, 82, (5) 594 - 595,   2008年09月
  • Pemetrexed耐性肺癌細胞株におけるGemcitabine感受性の検討(Alternation of cytotoxity for gemcitabine in pemetrexed-resistant lung cancer cell lines), 小笹 裕晃, 小栗 鉄也, 上村 剛大, 中尾 心人, 高桑 修, 宮崎 幹規, 前野 健, 佐藤 滋樹, 上田 龍三, 日本癌学会総会記事, 67回,   2008年09月
  • 肺癌細胞株における薬剤排出ポンプMRP8/ABCC11とpemetrexed耐性(MRP8/ABCC11 confers resistance to pemetrexed in lung cancer cell lines), 上村 剛大, 小栗 鉄也, 小笹 裕晃, 中尾 心人, 高桑 修, 宮崎 幹規, 佐藤 滋樹, 上田 龍三, 日本癌学会総会記事, 67回,   2008年09月
  • 当院における喀血症例に対するIVRの検討, 川合 淳郎, 山本 俊信, 高桑 修, 鳥居 正芳, 日本呼吸器学会雑誌, 46, (増刊) 160 - 160,   2008年05月
  • Pneumocystis肺炎発症により成人T細胞白血病を診断した1例, 有本 理恵, 高桑 修, 川合 淳郎, 鳥居 正芳, 山本 俊信, 感染症学雑誌, 82, (3) 272 - 272,   2008年05月
  • 維持透析患者に発症したレジオネラ肺炎にMFLXが有効であった1例, 伊藤 えりか, 高桑 修, 川合 淳郎, 鳥居 正芳, 山本 俊信, 感染症学雑誌, 82, (3) 274 - 275,   2008年05月
  • MXFXで治療したレジオネラ肺炎4例の検討, 高桑 修, 川合 淳郎, 鳥居 正芳, 山本 俊信, 感染症学雑誌, 82, (臨増) 287 - 287,   2008年03月
  • 反復性肺炎球菌肺炎にマクロライド療法が有効であったX連鎖無γグロブリン血症の1例, 高桑 修, 加藤 高志, 石原 明典, 横山 多佳子, 加藤 研, 鳥居 正芳, 山本 俊信, 宇佐美 郁治, 日本呼吸器学会雑誌, 46, (1) 19 - 24,   2008年01月, 症例は重症および反復細菌感染の既往のない55歳男性。発熱、咳嗽、喀痰、耳漏が出現して当院を受診。胸部画像上、中葉・舌区に浸潤影を認め、喀痰と耳漏培養で肺炎球菌が同定されたことから、肺炎球菌肺炎ならびに中耳炎と診断した。また、血清IgGが著しく低値で、フローサイトメトリーでBruton's tyrosine kinase蛋白の発現低下を認めたことから、X連鎖無γグロブリン血症と診断した。免疫グロブリン補充療法を行うも下気道感染を反復したため、エリスロマイシン少量長期療法を開始したところ、下気道感染の頻度が減少し、気道感染の制御にマクロライド療法が有効と考えられた。成人においても細菌性気道感染を反復する症例では本疾患の鑑別が必要である。液性免疫不全症例での慢性下気道感染に対するマクロライド療法についての報告は稀であり、その効果を認識する上で意義深い症例であると考えられた。(著者抄録)
  • 気管支動脈塞栓術にて消退した気管支動脈蔓状血管腫の1例, 吉田 達哉, 石原 明典, 横山 多佳子, 加藤 研, 加藤 高志, 宇佐美 郁治, 高桑 修, 気管支学, 29, (5) 314 - 314,   2007年09月
  • 胸腔鏡検査が診断に有効であった術後17年目に癌性胸膜炎で再発した乳癌の1例, 菅 敏樹, 高桑 修, 川合 淳郎, 鳥居 正芳, 山本 俊信, 気管支学, 29, (5) 314 - 315,   2007年09月
  • 生体接着剤の経気管支散布が著効した難治性気胸の1例, 川合 淳郎, 高桑 修, 鳥居 正芳, 山本 俊信, 気管支学, 29, (5) 315 - 315,   2007年09月
  • 肺癌合併じん肺症症例で見られた特徴的な所見を呈した気管支結核の1例, 石原 明典, 吉田 達哉, 横山 多佳子, 加藤 研, 加藤 高志, 宇佐美 郁治, 高桑 修, 気管支学, 29, (5) 317 - 317,   2007年09月
  • 侵入門戸がMRIポートと考えられたMRSA敗血症・心内膜炎の1例, 川合 淳郎, 山本 俊信, 高桑 修, 鳥居 正芳, 感染症学雑誌, 81, (2) 220 - 220,   2007年03月
  • 肺内を鉛直方向に進展する形態で再燃したと考えられる肺放線菌症の1例, 石原 明典, 高桑 修, 加藤 高志, 加藤 研, 宇佐美 郁治, 感染症学雑誌, 80, (3) 284 - 284,   2006年05月
  • 塵肺症を巡る諸問題 じん肺症患者の呼吸管理-当院におけるNPPVの使用経験, 高桑 修, 加藤 高志, 横山 多佳子, 加藤 研, 宇佐美 郁治, 日本職業・災害医学会会誌, 53, (臨増) 別143 - 別143,   2005年11月
  • じん肺患者に対するインフルエンザワクチン接種の有効性の検討, 水島 隆史, 高桑 修, 横山 多佳子, 森田 博紀, 鳥居 正芳, 宇佐美 郁治, 日本職業・災害医学会会誌, 53, (5) 261 - 266,   2005年09月, 慢性呼吸器疾患患者のインフルエンザ対策で最も有効なものはワクチン接種である.我々はその有効性をじん肺症の患者に対して検討した.旭労災病院に通院中のじん肺患者のうち,インフルエンザ抗体価測定のための採血・症状調査に文書で同意が得られた168名を対象とした.インフルエンザワクチン接種に同意した接種群は82名,同意しなかった非接種群は86名であった.両群間で性別,年齢,合併症,じん肺レントゲン分類に差を認めなかった.2001年11月から2002年3月の間に外来における症状(鼻汁,咽頭痛,咳,痰,発熱)の有無と,入院および死亡数について調査をおこなった.鼻汁,咽頭痛,痰,発熱に関しては両群に有意な差は認めなかったが,呼吸器感染症による入院は接種群で低い傾向にあり,死亡は接種群で有意に少なかった.じん肺患者に対するワクチン接種は,インフルエンザ様疾患の発病予防においては効果が認められなかったが,インフルエンザ様疾患に伴う入院・死亡などの重症化を予防し得る可能性があると考えられた(著者抄録)
  • 高周波スネアと高周波凝固子を用いて内視鏡的に切除した孤立性気管支乳頭腫の1例, 高桑 修, 中村 敦, 森田 博紀, 横山 多佳子, 鳥居 正芳, 宇佐美 郁治, 気管支学, 26, (7) 621 - 624,   2004年11月, 78歳女.血痰を自覚し,気管支鏡検査で中間気管支幹に有茎性のポリープ状腫瘍を認め,同部位の生検で孤立性気管支乳頭腫(腺型)と診断した.生検では悪性所見を認めなかったが,腫瘍は増大傾向を示し,臨床症状は悪化した.気管支壁外への浸潤はみられず,また,ポリープ状病変であったため,気管支鏡下に高周波スネアを用いて茎分を切除し,切断面に高周波凝固子での焼灼を追加した.摘出標本の組織に悪性所見はみられなかった.術後,咳嗽は消失し,切除1ヵ月後の気管支鏡検査でも腫瘍の残存は認めなかった.高周波電流を用いた内視鏡的切除術は,良性の気管支乳頭腫に対する有効な治療手段の1つとなり得ると思われた
  • 気管支内腔にポリープ様病変がみられた肺ノカルジア症の1例, 森田 博紀, 鳥居 正芳, 横山 多佳子, 海老 正秀, 高桑 修, 中村 敦, 宇佐美 郁治, 日本呼吸器学会雑誌, 42, (10) 893 - 896,   2004年10月, 62歳,女性.発熱・血痰を主訴に近医から紹介された.胸部X線・CTで左S3の腫瘤影と左B3の閉塞を認めた.閉塞性肺炎を疑い,cefotiam,imipenem/cilastatinを投与したが十分な臨床効果が得られなかった.気管支鏡検査で,左B3内腔に黄白色のポリープ様病変がみられ,生検を行ったがHE染色では診断には至らなかった.その後,喀痰からNocardia asteroidesが検出され,ST合剤とminocyclineを投与したところ,画像所見・炎症所見は改善した.後に生検組織でグラム陽性の菌体が確認され,肺ノカルジア症と診断した(著者抄録)
  • 在宅NPPV療法を施行したじん肺症症例の検討, 横山 多佳子, 鳥居 正芳, 高桑 修, 宇佐美 郁治, 日本職業・災害医学会会誌, 52, (臨増) 190 - 190,   2004年10月
  • じん肺患者における血漿心房性ナトリウム利尿ペプチド濃度の検討, 高桑 修, 鳥居 正芳, 横山 多佳子, 宇佐美 郁治, 日本職業・災害医学会会誌, 52, (臨増) 192 - 192,   2004年10月
  • 経皮ドレナージを施行した仙腸関節結核・流注膿瘍の1例, 片野 晃一, 鳥居 正芳, 森田 博紀, 高桑 修, 横山 多佳子, 宇佐美 郁治, 結核, 79, (8) 507 - 507,   2004年08月
  • 高周波スネアと高周波凝固子の併用で経気管支的に切除した孤立性気管支乳頭腫の一例, 高桑 修, 鳥居 正芳, 横山 多佳子, 森田 博紀, 宇佐美 郁治, 中村 敦, 気管支学, 26, (3) 286 - 286,   2004年05月
  • じん肺患者から分離された非結核性抗酸菌の検討, 森田 博紀, 鳥居 正芳, 高桑 修, 横山 多佳子, 宇佐美 郁治, 日本呼吸器学会雑誌, 42, (増刊) 238 - 238,   2004年03月
  • じん肺患者に対するインフルエンザワクチン接種の有効性の検討, 高桑 修, 塚本 宏延, 横山 多佳子, 海老 正秀, 平田 慶和, 水島 隆史, 森田 博紀, 鳥居 正芳, 宇佐美 郁治, 五藤 雅博, 日本職業・災害医学会会誌, 51, (臨増) 172 - 172,   2003年11月
  • NPPVを初回導入したじん肺症の検討, 横山 多佳子, 鳥居 正芳, 高桑 修, 森田 博紀, 宇佐美 郁治, 五藤 雅博, 日本職業・災害医学会会誌, 51, (臨増) 174 - 174,   2003年11月
  • じん肺症における血清KL-6値の検討, 高桑 修, 森田 博紀, 川田 多佳子, 鳥居 正芳, 宇佐美 郁治, 五藤 雅博, 日本呼吸器学会雑誌, 41, (増刊) 167 - 167,   2003年03月
  • 尿路結核の1例, 塚本 宏延, 高桑 修, 川田 多佳子, 海老 正秀, 平田 慶和, 水島 隆史, 森田 博紀, 鳥居 正芳, 宇佐美 郁治, 五藤 雅博, 結核, 78, (2) 115 - 115,   2003年02月
  • 肺Mycobacterium scrofulaceum症の2例, 森田 博紀, 高桑 修, 川田 多佳子, 海老 正秀, 平田 慶和, 水島 隆史, 鳥居 正芳, 宇佐美 郁治, 五藤 雅博, 結核, 77, (10) 701 - 701,   2002年10月
  • じん肺症における血清KL-6値の検討, 高桑 修, 森田 博紀, 鳥居 正芳, 宇佐美 郁治, 五藤 雅博, 日本職業・災害医学会会誌, 50, (臨増) 174 - 174,   2002年09月
  • 胃癌に対する化学療法により消失した腸管嚢腫様気腫症の一例, 平田 慶和, 塚本 延宏, 高桑 修, 海老 正秀, 水島 隆史, 内田 淳夫, 猪飼 昌弘, Gastroenterological Endoscopy, 44, (Suppl.2) 1545 - 1545,   2002年09月
  • 肝動脈化学・塞栓療法と経皮的ラジオ波焼灼療法の併用により治療した肝腫瘍の3症例, 高桑 修, 埜村 智之, 中尾 春寿, 堀米 秀夫, 兼松 孝好, 祖父江 聡, 水野 弥一, 野尻 俊輔, 千田 勝博, 伊藤 誠, 肝臓, 42, (Suppl.3) A547 - A547,   2001年11月
  • NO吸入が奏効した右室梗塞の一例, 鈴村 裕, 高桑 修, 武田 裕, 山田 義明, 堀尾 享, 鈴木 章古, 伊藤 重範, 伊藤 誠, 藤田 義人, 西田 修, Japanese Circulation Journal, 65, (Suppl.II) 623 - 623,   2001年04月
  • コントラストエコー法は慢性心房細動における左心耳内血栓症のリスク推定に有用か, 武田 裕, 鈴木 章古, 高桑 修, 鈴村 裕, 山田 義明, 堀尾 亨, 伊藤 重範, 伊藤 誠, 佐藤 泰正, 武内 俊彦, Japanese Circulation Journal, 65, (Suppl.II) 639 - 639,   2001年04月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.