研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

小川 了オガワ リョウ

所属部署医学研究科消化器外科学分野
職名講師
メールアドレスr-ogawamed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/09/19

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 消化器外科学

研究キーワード

    食道癌/栄養/microRNA/分子標的治療

論文

  • 【縦隔を覗き,さらにくり抜く-これからの食道・胃外科手術】食道胃接合部癌に対する手術 ここまでできる 進行食道胃接合部癌の腹腔鏡下手術, 瀧口 修司, 佐川 弘之, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宜弘, 石黒 秀行, 臨床外科, 73, (5) 560 - 565,   2018年05月, <文献概要>【ポイント】 ◆進行食道胃接合部癌に対する下縦隔郭清は十分な視野確保により安全に行うことが可能である.◆肝外側区域の完全授動および横隔膜斜切開による操作性の向上と視野確保で難度を下げることが可能となる.
  • 【食道胃接合部癌の手術】 経裂孔アプローチ 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡手術 No.16a2lat郭清, 瀧口 修司, 佐川 弘之, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宜弘, 石黒 秀行, 手術, 71, (11) 1511 - 1517,   2017年10月
  • NOTCH1 activates the Wnt/β-catenin signaling pathway in colon cancer., Ishiguro H, Okubo T, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Sugito N, Ogawa R, Katada T, Tanaka T, Shiozaki M, Mizoguchi K, Samoto Y, Matsuo Y, Takahashi H, Takiguchi S, Oncotarget, 8, (36) 60378 - 60389,   2017年09月, 査読有り
  • 【「がん治療と栄養」〜最近のトピックス〜】 がんと免疫栄養療法ならびにがん免疫と栄養療法, 小川 了, 竹山 廣光, 日本静脈経腸栄養学会雑誌, 32, (1) 847 - 850,   2017年03月, 栄養状態は術後合併症の発生に大きく関与し、手術予後を左右する重要な因子である。栄養不良の患者に対して、術前の中心静脈栄養による栄養管理を行うことで、術後の感染性合併症を減少させられることがわかってきたが、腸管粘膜の萎縮やそれに伴う腸管免疫能の低下といった問題もあり、経腸栄養を用いた栄養管理の有用性が明らかとなってきた。その中でも、n-3系脂肪酸、アルギニン、グルタミン、核酸等を含有した栄養剤を用いて、生体の免疫機能の増強、調節を目的とした経腸栄養法を免疫賦活栄養法といい、前述の免疫賦活栄養素を複合配合した経腸栄養剤を用いた臨床研究が欧米を中心に多く発表されている。本稿では、これまでに報告された免疫賦活栄養法の臨床研究のうち外科待機手術患者を中心とした報告と免疫賦活栄養素の効果・作用機序について概説する。(著者抄録)
  • Clinical significance of NOTCH1 intracellular cytoplasmic domain translocation into the nucleus in gastric cancer., Saito S, Ishiguro H, Kimura M, Ogawa R, Miyai H, Tanaka T, Mizoguchi K, Takeyama H, Biomedical reports, 5, (3) 344 - 348,   2016年09月, 査読有り
  • A New Method of Esophageal Bypass: Gastric Tube with Good Flexibility and a Safe Anastomosis., Kimura M, Ishiguro H, Ogawa R, Tanaka T, Mizoguchi K, Journal of the American College of Surgeons, 221, (6) e119 - 23,   2015年12月, 査読有り
  • 腹腔鏡補助下幽門側胃切除結腸前Billroth2型再建後の内ヘルニアを術前に診断し、腹腔鏡下で整復し得た1例, 寺田 満雄, 佐藤 幹則, 小川 了, 杉浦 元紀, 中村 善則, 東三医学会誌, (37) 34 - 37,   2015年03月, 54歳男。44歳時、胃癌に対して腹腔鏡補助下幽門側胃切除結腸前Billroth 2型再建を施行していた。今回、急激な腹痛、嘔吐が出現し、腹部CTより、絞扼性イレウスを疑った。腹部造影CTでは、腸管の拡張や虚血は認めなかったが、上腸間膜動脈の渦巻き様所見を認め、内ヘルニアと診断した。自然整復は困難と判断し、腹腔鏡下手術を施行した。術後、第2病日から経口摂取を開始した。経過良好で、第7病日に退院した。
  • A new technique for shaping the gastric tube, using both radial and linear staplers., Kimura M, Kuwabara Y, Ishiguro H, Ando T, Ogawa R, Shiozaki M, Tanaka T, Takeyama H, Journal of the American College of Surgeons, 219, (2) e15 - 8,   2014年08月, 査読有り
  • Upside down stomachを呈する食道裂孔ヘルニアに胃gastrointestinal stromal tumorを合併した1例, 塩崎 みどり, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 舟橋 整, 若杉 健弘, 安藤 拓也, 小川 了, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会雑誌, 47, (2) 100 - 107,   2014年02月, 症例は87歳の女性で,嘔気と嚥下困難を訴え来院した.CTで縦隔に脱出した胃と,胃壁に連続し造影効果を伴う腫瘤を認めた.上部消化管造影検査では,全胃が縦隔内に脱出し軸捻転を伴うupside down stomach像を呈し,前庭部に中心部に潰瘍を有する隆起性病変を認めた.上部消化管内視鏡検査では前庭部に潰瘍を伴う隆起性病変を認めた.同部の粘膜に腫瘍性変化は認めなかった.以上より,胃粘膜下腫瘍を合併した食道裂孔ヘルニアと診断した.開腹時,全胃の縦隔内への脱出を認めた.腫瘍と胃を腹腔内に戻したのち,幽門側胃切除術,食道裂孔縫縮術を行った.病理組織学的検査所見より胃gastrointestinal stromal tumor(以下,GISTと略記)と診断した.術後経過は良好で,経口摂取可能となり術後20日目に退院となった.食道裂孔ヘルニアに合併し縦隔内に脱出した胃GISTはまれであり,文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)
  • 名古屋市立大学病院におけるNST活動の紹介, 伊藤 明美, 祖父江 和哉, 小川 了, 嘉村 由美子, 太田 美穂, 竹山 廣光, 新実 彰男, 日本臨床栄養学会雑誌, 35, (1) 65 - 67,   2013年03月
  • 【癌患者に対する栄養療法】 癌患者と栄養介入 栄養療法の実践 癌患者の経静脈栄養療法, 小川 了, 竹山 廣光, コンセンサス癌治療, 12, (1) 18 - 21,   2013年02月
  • NOTCH1 expression predicts patient prognosis in esophageal squamous cell cancer., Ogawa R, Ishiguro H, Kimura M, Funahashi H, Wakasugi T, Ando T, Shiozaki M, Takeyama H, European surgical research. Europaische chirurgische Forschung. Recherches chirurgicales europeennes, 51, (3-4) 101 - 107,   2013年, 査読有り
  • Use of barbed suture for peritoneal closure in transabdominal preperitoneal hernia repair., Takayama S, Nakai N, Shiozaki M, Ogawa R, Sakamoto M, Takeyama H, World journal of gastrointestinal surgery, 4, (7) 177 - 179,   2012年07月, 査読有り
  • Laparoscopic intersphincteric resection with a SILS port for very low rectal cancer: a case report., Hara M, Sato M, Takayama S, Imafuji H, Ogawa R, Takeyama H, Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques, 22, (3) e138 - 41,   2012年06月, 査読有り
  • MicroRNA-34b has an oncogenic role in esophageal squamous cell carcinoma., Harata K, Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Ogawa R, Katada T, Tanaka T, Shiozaki M, Fujii Y, Oncology letters, 1, (4) 685 - 689,   2010年07月, 査読有り
  • 早期胃癌研究会症例 胃十二指腸に限局したCrohn病の1例, 鈴木 智貴, 深尾 俊一, 山崎 雅彦, 横田 広子, 小川 了, 舟曳 純仁, 溝口 公士, 前田 祐三, 片岡 誠, 下田 忠和, 胃と腸, 47, (2) 249 - 255,   2012年02月, 患者は若年男性.貧血のため消化管精査目的に当院を受診した.上部消化管内視鏡にて胃角部前後壁に深掘れ線状潰瘍を認め,また幽門前庭に多発性びらん,十二指腸に巨大深掘れ潰瘍を認めた.生検組織診にて粘膜深部に強い炎症性細胞浸潤と非乾酪性類上皮細胞性肉芽腫を認め,小腸造影,ダブルバルーン小腸内視鏡および大腸内視鏡にて異常を認めないことより,胃十二指腸に限局したCrohn病と診断した.集学的治療にて保存的に緩解状態となり,経過観察中である.(著者抄録)
  • 医療の現場から 小腸アミロイドーシスの典型的画像所見について, 鈴木 智貴, 桑原 義之, 池上 雅博, 深尾 俊一, 小川 了, 舟曳 純仁, 溝口 公士, 前田 祐三, 山崎 雅彦, 横田 広子, 片岡 誠, 現代医学, 57, (2) 287 - 293,   2009年12月, 小腸アミロイドーシスは比較的まれな疾患で、難病情報センターのホームページによればAL型は数百例、AA型は数千から数万例程度とされている。このため我々一般臨床医が目にする機会は決して多くない。今回我々は典型的画像所見を呈した原発性小腸ALアミロイドーシスを経験したため、その画像所見を中心に呈示し、臨床症状、治療法等、AA型アミロイドーシスも含めて文献的に考察した。(著者抄録)
  • Expression profiling of micro-RNAs in human esophageal squamous cell carcinoma using RT-PCR., Ogawa R, Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Katada T, Harata K, Tanaka T, Fujii Y, Medical molecular morphology, 42, (2) 102 - 109,   2009年06月, 査読有り
  • 遅発性外傷性横隔膜ヘルニア嵌頓の1例, 三井 章, 桑原 義之, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 小川 了, 堅田 武保, 日本腹部救急医学会雑誌, 29, (5) 789 - 792,   2009年07月, 【症例】85歳,男性。【主訴】食思不振,腹痛,嘔吐。【既往歴】腎機能障害,下肢静脈血栓症,転落による左肋骨骨折。【現病歴】数日間の食思不振に続き,腹痛,嘔吐が出現したため,本院を受診した。検査所見,既往歴から遅発性外傷性横隔膜ヘルニアの嵌頓と診断し,緊急手術を行った。横隔膜に異常裂孔が存在し,結腸脾彎曲部と大網が嵌入していた。嵌入していた結腸の口側端に裂孔の圧迫に一致して,線状の壊死がみられた。さらに,その口側の拡張した結腸(約20cm)の色調が不良であったため,壊死部から連続して摘出した。肛門側は閉鎖し,口側は人工肛門とした。裂孔は単純縫合閉鎖した。術後経過は問題なく術後28日目に退院した。今回,遅発性外傷性横隔膜ヘルニア嵌頓の1例を経験したので文献的考察を加え報告する。(著者抄録)
  • MicroRNA-21 induces cell proliferation and invasion in esophageal squamous cell carcinoma., Mori Y, Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Ogawa R, Katada T, Harata K, Tanaka T, Shiozaki M, Fujii Y, Molecular medicine reports, 2, (2) 235 - 239,   2009年03月, 査読有り
  • microRNA expression profile in undifferentiated gastric cancer., Katada T, Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitui A, Mori Y, Ogawa R, Harata K, Fujii Y, International journal of oncology, 34, (2) 537 - 542,   2009年02月, 査読有り
  • Adenocarcinoma arising in a colonic interposition following a total gastrectomy: report of a case., Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Ishiguro H, Tomoda K, Mori Y, Ogawa R, Harata K, Katada T, Fujii Y, Surgery today, 39, (9) 800 - 802,   2009年, 査読有り
  • Targeting beta1 integrin restores sensitivity to docetaxel of esophageal squamous cell carcinoma., Mori R, Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Tomoda K, Mori Y, Ogawa R, Katada T, Harata K, Fujii Y, Oncology reports, 20, (6) 1345 - 1351,   2008年12月, 査読有り
  • [Marked response to combination chemotherapy using S-1, CPT-11 for lymph node metastasis of gastric cancer]., Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Ogawa R, Fujii Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 35, (11) 1931 - 1933,   2008年11月, 査読有り
  • S-1+Irinotecan Hydrochloride(CPT-11)併用療法により胃癌リンパ節転移が消失した1例, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 小川 了, 藤井 義敬, 癌と化学療法, 35, (11) 1931 - 1933,   2008年11月, 症例は68歳、男性。腹部CTにて胃幽門部周囲のリンパ節腫大を指摘され、精査にて、胃幽門部の2型胃癌と診断された。手術を施行したが、No.13の転移リンパ節が膵に浸潤しており治癒切除は不可能であった。術後、S-1を中心としたpaclitaxel(PTX)、cisplatin(CDDP)を用いた多剤併用療法ではPDであったが、irinotecan hydrochloride(CPT-11)を併用したレジメン(S-1 100mg/body 2週投与2週休薬、CPT-11 125mg/m2day 1、15)で著明なリンパ節の縮小、消失とCA19-9の減少が認められ、現在も再発の徴候はみられない。進行胃癌においてS-1+CPT-11療法は、安全でかつ有効な治療法であると考える。(著者抄録)
  • PIK3CA mutation status in Japanese esophageal squamous cell carcinoma., Mori R, Ishiguro H, Kimura M, Mitsui A, Sasaki H, Tomoda K, Mori Y, Ogawa R, Katada T, Kawano O, Harada K, Fujii Y, Kuwabara Y, The Journal of surgical research, 145, (2) 320 - 326,   2008年04月, 査読有り
  • CT診断が有用であった子宮広間膜裂孔ヘルニアの1例, 三井 章, 桑原 義之, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 小川 了, 藤井 義敬, 日本腹部救急医学会雑誌, 28, (5) 717 - 720,   2008年07月, 症例は36歳,女性。主訴は腹痛。開腹の既往はなし。徐々に増強する腹痛にて本院を受診。急性腹症の診断にて入院となった。入院後のCT検査にて子宮広間膜裂孔ヘルニアと診断し,同日緊急手術を行った。右子宮広間膜に直径約2cmの裂孔がみられ,同裂孔に回腸末端より口側60cmの部位から約30cmにわたる小腸が嵌入していた。嵌入していた小腸の血行障害は軽度で同部を還納し,裂孔を縫合閉鎖し手術を終了した。術後経過は良好で第10病日に退院した。子宮広間膜裂孔ヘルニアは子宮広間膜に生じた異常裂孔に起因する内ヘルニアでまれな疾患である。術前診断は困難とされ,その診断の遅れから嵌入腸管が壊死をきたし腸切除が必要となることも多い。今回CTにて早期診断し得た子宮広間膜裂孔ヘルニアの1例を経験したので文献的考察を加え報告する。(著者抄録)
  • Decreased expression of RUNX3 is correlated with tumor progression and poor prognosis in patients with esophageal squamous cell carcinoma., Sugiura H, Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Mori Y, Ogawa R, Katada T, Harata K, Fujii Y, Oncology reports, 19, (3) 713 - 719,   2008年03月, 査読有り
  • Expression of ECRG4 is an independent prognostic factor for poor survival in patients with esophageal squamous cell carcinoma., Mori Y, Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Kurehara H, Mori R, Tomoda K, Ogawa R, Katada T, Harata K, Fujii Y, Oncology reports, 18, (4) 981 - 985,   2007年10月, 査読有り
  • The overexpression of caveolin-1 and caveolin-2 correlates with a poor prognosis and tumor progression in esophageal squamous cell carcinoma., Ando T, Ishiguro H, Kimura M, Mitsui A, Mori Y, Sugito N, Tomoda K, Mori R, Harada K, Katada T, Ogawa R, Fujii Y, Kuwabara Y, Oncology reports, 18, (3) 601 - 609,   2007年09月, 査読有り
  • Relationship between expression of 5-fluorouracil metabolic enzymes and 5-fluorouracil sensitivity in esophageal carcinoma cell lines., Ando T, Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Sugito N, Mori R, Ogawa R, Katada T, Fujii Y, Diseases of the esophagus : official journal of the International Society for Diseases of the Esophagus, 21, (1) 15 - 20,   2008年, 査読有り
  • Frequent loss of the long arm of chromosome 18 in esophageal squamous cell carcinoma., Ando T, Ishiguro H, Kimura M, Mitsui A, Mori Y, Sugito N, Tomoda K, Mori R, Harada K, Katada T, Ogawa R, Fujii Y, Kuwabara Y, Oncology reports, 17, (5) 1005 - 1011,   2007年05月, 査読有り
  • Gene expression profiling of the response of esophageal carcinoma cells to cisplatin., Takashima N, Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitui A, Mori Y, Mori R, Tomoda K, Hamaguchi M, Ogawa R, Katada T, Harada K, Fujii Y, Diseases of the esophagus : official journal of the International Society for Diseases of the Esophagus, 21, (3) 230 - 235,   2008年, 査読有り
  • A novel gene, RSRC2, inhibits cell proliferation and affects survival in esophageal cancer patients., Kurehara H, Ishiguro H, Kimura M, Mitsui A, Ando T, Sugito N, Mori R, Takashima N, Ogawa R, Fujii Y, Kuwabara Y, International journal of oncology, 30, (2) 421 - 428,   2007年02月, 査読有り
  • Identification of candidate genes involved in the radiosensitivity of esophageal cancer cells by microarray analysis., Ogawa R, Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Mori Y, Mori R, Tomoda K, Katada T, Harada K, Fujii Y, Diseases of the esophagus : official journal of the International Society for Diseases of the Esophagus, 21, (4) 288 - 297,   2008年, 査読有り
  • RNASEN regulates cell proliferation and affects survival in esophageal cancer patients., Sugito N, Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Kurehara H, Ando T, Mori R, Takashima N, Ogawa R, Fujii Y, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 12, (24) 7322 - 7328,   2006年12月, 査読有り
  • Expression of ACP6 is an independent prognostic factor for poor survival in patients with esophageal squamous cell carcinoma., Ando T, Ishiguro H, Kuwabara Y, Kimura M, Mitsui A, Kurehara H, Sugito N, Tomoda K, Mori R, Takashima N, Ogawa R, Fujii Y, Oncology reports, 15, (6) 1551 - 1555,   2006年06月, 査読有り
  • Decreased expression of NDRG1 is correlated with tumor progression and poor prognosis in patients with esophageal squamous cell carcinoma., Ando T, Ishiguro H, Kimura M, Mitsui A, Kurehara H, Sugito N, Tomoda K, Mori R, Takashima N, Ogawa R, Fujii Y, Kuwabara Y, Diseases of the esophagus : official journal of the International Society for Diseases of the Esophagus, 19, (6) 454 - 458,   2006年, 査読有り
  • 結節性肺アミロイドーシスの1例, 長縄 康浩, 遠藤 友美, 小川 了, 西脇 忠, 三井 章, 伊藤 和子, 佐藤 篤司, 齋藤 雄史, 辻 秀樹, 柄松 章司, 浦上 年彦, 佐竹 章, 山川 洋右, 岩田 全充, 田代 和弘, 三浦 克敏, トヨタ医報, 14, 64 - 71,   2004年09月, 61歳女.検診にて胸部異常陰影を指摘されたことを胸部CT上,左S1+2に12mm大の充実性結節を認めたが,諸検査で診断確定は得られなかった.そのため,胸腔鏡下肺部分切除術を施行した.その結果,結節内の血管周囲のみにアミロイド沈着を認め,限局性結節性アミロイドーシスと診断した.免疫染色では,Aλ型であった
  • ARDSに対する好中球エラスターゼ阻害薬の使用経験, 田中 達也, 佐竹 章, 浦上 年彦, 柄松 章司, 辻 秀樹, 齋藤 雄史, 伊藤 和子, 三井 章, 西脇 忠, 小川 了, 奥田 勝裕, 榊原 堅式, トヨタ医報, 13, 43 - 48,   2003年10月, 症例1は71歳女性で,交通外傷による全身打撲を主訴とした.画像所見で,右大腿骨骨幹部の骨折を認めた.搬送約2時間後から徐々に意識レベル,呼吸状態が悪化した.左心不全所見のない両側性肺浸潤影の出現により,大腿骨骨折に伴う脂肪塞栓症候群,全身性炎症症候群(SIRS)に伴う急性呼吸窮迫症候群と診断した.症例2は81歳男性で,呼吸困難を主訴とした.浴槽内で溺れ,吐物誤嚥も疑われた.気管支鏡下に水様性血性痰が多量に吸引され,肺血管透過性の亢進が疑われた.SIRSに伴う急性肺障害に加え,播種性血管内凝固症候群の併発と診断した.両例に対し,従来から使用されている薬剤に加え,好中球エラスターゼ阻害薬を投与した.両例ともP/F比200以下の重症呼吸不全症例であったが,急速に改善し,早期に人工呼吸器から離脱できた
  • 在宅酸素療法(HOT)施行中の患者に発生した肺癌に対する1手術例, 棚橋 雅幸, 佐野 正明, 小川 了, 平本 明徳, 深谷 俊介, 松尾 洋一, 植田 拓也, 中村 善則, 加藤 克己, 石川 雅一, 林 周作, 宇佐見 詞津夫, 日本胸部臨床, 60, (12) 1115 - 1119,   2001年12月, 75歳男.慢性肺気腫で在宅酸素療法中で胸部X線像上異常影を指摘され,胸部CT・MRI施行後,CT下肺生検により肺癌と診断された.胸部CT,肺換気・血流シンチグラフィーにより腫瘍は右上葉(S2)の換気,血流が共に低下しているtarget areaに存在していることがわかり,cT2N0M0 stage IBと判断された.本症例は肺気腫に対しては肺容量減少手術(LVRS)の適応であり,肺癌がLVRSのtarget areaに存在することから,右肺をLVRSの術式に準じ,肺尖部を腫瘍と共に鎌状に完全切除した.切除標本の病理組織学的所見から低分化扁平上皮癌と診断された.術後経過は良好で6日目に胸腔ドレーンを抜去し,26日目に退院となった.術後呼吸機能は術前に比べて改善しており,本術式は肺癌の完全切除と呼吸機能の温存が期待できる有効な術式と考えられた

書籍等出版物

  • いまさら訊けないがん支持療法, 小川 了, 分担執筆, p9-16, 中外医学社,   2018年06月

講演・口頭発表等

  • NOTCH1はWnt/B-catenin経路を活性化する, 大久保 友貴, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 佐本 洋介, 中屋 誠一, 松尾 洋一, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • 当院における食道癌手術症例の血中IgG値と予後の検討, 中屋 誠一, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 松尾 洋一, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • 癌-間質相互作用からみた膵癌肝転移における血管新生とサイトカインネットワークの役割, 松尾 洋一, 上田 悟郎, 林 祐一, 今藤 裕之, 齊藤 健太, 佐藤 崇文, 社本 智也, 志賀 一慶, 廣川 高久, 坪井 謙, 田中 達也, 森本 守, 小川 了, 坂本 宣弘, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • 高齢者胃癌手術におけるNCDリスクカリキュレーターの予後予測と実際, 田中 達也, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 中屋 誠一, 植松 宏, 松尾 洋一, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • 進行胃癌腹腔鏡手術における術前3D-CTAを用いた郭清Planning, 佐川 弘之, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 中屋 誠一, 植松 宏, 松尾 洋一, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • 当院における4K専用内視鏡手術室の増設, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 中屋 誠一, 松尾 洋一, 高橋 広城, 瀧口 修司, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • 胃全摘-開腹vs腹腔鏡- 腹腔鏡, 瀧口 修司, 佐川 弘之, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2018年04月
  • 食道扁平上皮癌(ESCC)におけるmiR-96の発現解析, 中屋 誠一, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宜弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 佐本 洋介, 瀧口 修司, 日本消化管学会雑誌,   2018年02月
  • 食道癌術後イレウスに対する手術症例の検討, 中屋 誠一, 田中 達也, 植松 宏, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 佐川 弘之, 小川 了, 坂本 宣弘, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 瀧口 修司, 日本腹部救急医学会雑誌,   2018年02月
  • 腹腔鏡下に修復した大網小網裂孔網嚢ヘルニアの1例, 上田 悟郎, 松尾 洋一, 社本 智也, 植松 宏, 柳田 剛, 林 祐一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 志賀 一慶, 佐川 弘之, 廣川 高久, 坪井 謙, 森本 守, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宣弘, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 瀧口 修司, 日本腹部救急医学会雑誌,   2018年02月
  • 手術患者における予後マーカーとしてのPNI, 小川 了, 日本静脈経腸栄養学会雑誌,   2018年01月
  • Minimally invasive gastrectomy for advanced gastric cancer:current status and future perspective NAC後進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除の現状, 瀧口 修司, 佐川 弘之, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宜弘, 松尾 洋一, 高橋 広城, 石黒 秀行, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2017年12月
  • 当院における腹腔鏡下幽門側胃切除術における小彎リンパ節郭清手技の変遷, 佐川 弘之, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2017年12月
  • 当院における4K専用内視鏡手術室増設の経験, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 瀧口 修司, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2017年12月
  • 経食道心エコー施行後に発生した縦隔膿瘍に対してドレナージを施行した1例, 正木 祥太, 田中 達也, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宣弘, 小川 了, 佐川 弘之, 植松 宏, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌,   2017年11月
  • TG13に基づいた急性胆嚢炎重症度別緊急手術の検討と問題点, 坪井 謙, 松尾 洋一, 今藤 裕之, 齋藤 健太, 佐川 弘之, 社本 智也, 田中 達也, 森本 守, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広城, 石黒 秀行, 早川 哲史, 田中 守嗣, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌,   2017年10月
  • 腹腔鏡下直腸切断術における後腹膜経路ストーマ造設法の開発, 高橋 広城, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 原 賢康, 小川 了, 志賀 一慶, 柳田 剛, 瀧口 修司, 日本臨床外科学会雑誌,   2017年10月
  • 黄疸を伴う大腸癌肝転移に対し集学的治療が奏功した2例, 佐藤 幹則, 高橋 広城, 原 賢康, 小川 了, 志賀 一慶, 柳田 剛, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2017年09月
  • 食道扁平上皮癌におけるmiR-96の発現解析, 佐本 洋介, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宜弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 齊藤 健太, 前田 祐三, 安藤 菜奈子, 瀧口 修司, 日本癌学会総会記事,   2017年09月
  • Notch1はWnt/β-catenin経路を活性化する, 大久保 友貴, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 坂本 宜弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 齊藤 健太, 前田 祐三, 佐本 洋介, 瀧口 修司, 日本癌学会総会記事,   2017年09月
  • 食道癌術後合併症に対する鏡視下手術, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 日本消化器外科学会総会,   2017年07月
  • 当教室における食道穿孔に対する治療成績と治療戦略, 佐川 弘之, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 竹山 廣光, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2017年06月
  • 頭頸部癌と食道癌の重複癌に対する治療方法の検討, 田中 達也, 石黒 秀幸, 坂本 宣弘, 小川 了, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 竹山 廣光, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2017年06月
  • 縦隔鏡下に修復した食道癌術後胃管縫合不全の1例, 大久保 友貴, 石黒 秀行, 坂本 宜弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 佐本 洋介, 竹山 廣光, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2017年06月
  • 胸腔鏡下腫瘍核出術を施行した食道平滑筋種の1例, 佐本 洋介, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2017年06月
  • 胸腔鏡下に切除した食道嚢腫の1例, 小川 了, 佐本 洋介, 大久保 友貴, 佐川 弘之, 田中 達也, 坂本 宣弘, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2017年06月
  • 食道癌切除手術症例における治療前血清p53抗体値の解析, 石黒 秀行, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2017年06月
  • 術後離開創にオルニチン含有食品の投与と局所陰圧閉鎖療法を併用した一症例の報告, 藤田 順子, 鈴木 絵美, 藤井 善章, 小川 了, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,   2017年05月
  • 再発食道癌の治療戦略 外科的介入の有用性は 当科における再発食道癌の治療戦略, 石黒 秀行, 坂本 宜弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 大久保 友貴, 佐本 洋介, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2017年04月
  • 栄養障害を有する症例に対する外科手術成績の向上にむけて 食道癌手術症例におけるPNI及びTLCと術後合併症及び予後との検討, 小川 了, 佐川 弘之, 田中 達也, 坂本 宣弘, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本外科学会定期学術集会抄録集,   2017年04月
  • 胃癌手術症例における栄養学的指標と予後の検討(Prognostic value of the nutritional index in patients with gastric cancer), 小川 了, 佐川 弘之, 田中 達也, 坂本 宣弘, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本胃癌学会総会記事,   2017年03月
  • 在宅介護患者のレスパイト入院でNSTが介入して栄養改善がはかれた1症例, 鈴木 絵美, 鈴木 かな子, 小椋 里佳, 平野 ツヤ子, 竹内 勝彦, 佐宗 俊, 小川 了, 日本静脈経腸栄養学会雑誌,   2017年01月
  • 食道癌手術症例における栄養学的指標と術後合併症および予後との検討, 小川 了, 佐川 弘之, 田中 達也, 坂本 宣弘, 寺下 幸夫, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本静脈経腸栄養学会雑誌,   2017年01月
  • 胸腔鏡下に修復した食道癌術後胃管縫合不全の一例, 石黒 秀行, 寺下 幸夫, 坂本 宣弘, 小川 了, 田中 達也, 佐川 弘之, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2016年12月
  • 腹腔鏡下直腸S状結腸切除における助手展開の工夫 oar methodを用いたミラーイメージの克服, 坪井 謙, 高橋 広城, 原 賢康, 柳田 剛, 社本 智也, 佐川 弘之, 森本 守, 田中 達也, 小川 了, 坂本 宣弘, 寺下 幸夫, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2016年12月
  • Postlethwait変法による食道バイパス手術の1例, 藤井 善章, 小川 了, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 杉浦 元紀, 日本臨床外科学会雑誌,   2016年10月
  • 多型慢性痒疹にて発症した胆嚢内分泌細胞癌の一例, 藤井 善章, 杉浦 元紀, 小川 了, 佐藤 幹則, 中村 善則, 日本臨床外科学会雑誌,   2016年09月
  • 腹腔鏡補助下幽門側胃切除空腸結腸前再建後の内ヘルニアの2例, 佐藤 幹則, 小川 了, 杉浦 元紀, 中村 善則, 日本臨床外科学会雑誌,   2015年10月
  • 腹腔鏡下に切除した後腹膜粘液嚢胞腺腫の1例, 藤幡 士郎, 坂本 宣弘, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 高橋 広城, 原 賢康, 小川 了, 宮井 博隆, 田中 達也, 柴田 孝弥, 今神 透, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2014年09月
  • 食道癌の増殖能に対するエイコサペンタエン酸(EPA)が及ぼす影響, 溝口 公士, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 小川 了, 田中 達也, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2014年07月
  • Radial型の縫合器を併用した胃管作成法, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 小川 了, 田中 達也, 斉藤 慎一郎, 溝口 公士, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2014年07月
  • 大腸癌においてNOTCH1がベータカテニン核移行に関与する, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 松尾 洋一, 高橋 広城, 原 賢康, 小川 了, 田中 達也, 溝口 公士, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2014年07月
  • 切除不能食道癌に対するY字胃管バイパス術の有用性, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 小川 了, 田中 達也, 溝口 公士, 竹山 廣光, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2014年07月
  • 胃管作製の工夫, 田中 達也, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 小川 了, 溝口 公士, 竹山 廣光, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2014年07月
  • エイコサペンタ塩酸(EPA)の食道癌に対する増殖抑制効果, 溝口 公士, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 小川 了, 田中 達也, 竹山 廣光, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2014年07月
  • 集学的治療により長期生存を得ている胃内分泌細胞癌の一例, 齋藤 慎一郎, 木村 昌弘, 舟橋 整, 石黒 秀行, 安藤 拓也, 小川 了, 宮井 博隆, 塩崎 みどり, 柴田 孝弥, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2014年06月
  • 気道系臓器浸潤食道癌に対する治療, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 小川 了, 田中 達也, 斉藤 慎一郎, 舟橋 整, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2014年03月
  • 胃癌合併食道癌手術の検討, 田中 達也, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 小川 了, 齋藤 慎一郎, 溝口 公士, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2014年03月
  • 食道癌における次世代シークエンサーを用いたターゲットシークエンス解析, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 松尾 洋一, 小川 了, 田中 達也, 斉藤 慎一郎, 溝口 公士, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2014年03月
  • 腹腔鏡下胃全摘術後の食道空腸吻合法 Overlap法とCircular stapler法の比較検討, 森元 守, 早川 哲史, 北上 英彦, 田中 守嗣, 清水 保延, 山本 稔, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 舟橋 整, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 高橋 広城, 原 賢康, 小川 了, 宮井 博隆, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2014年03月
  • 食道癌手術症例におけるPNI及びTLCと予後との検討, 小川 了, 木村 昌弘, 舟橋 整, 石黒 秀行, 宮井 博隆, 田中 達也, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2014年03月
  • 大腸癌の予後に対する血中IL-6値、VEGF値の有用性, 原 賢康, 長崎 高也, 小川 了, 高橋 広城, 石黒 秀行, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本大腸肛門病学会雑誌,   2014年03月
  • 完全皮下埋込み式カテーテル術前後の患者の意識調査, 坪井 謙, 早川 哲史, 森本 守, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広城, 松尾 洋一, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 静脈経腸栄養,   2014年01月
  • 化学療法と栄養管理 大腸癌化学療法における味覚障害についての検討, 今神 透, 原 賢康, 小川 了, 高橋 広城, 松尾 洋一, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 静脈経腸栄養,   2014年01月
  • 胃GISTに対する内視鏡・腹腔鏡併用手術の経験, 舟橋 整, 宮井 博隆, 小川 了, 石黒 秀行, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2013年11月
  • 安全な中結腸動脈根部を郭清する 当院での安全で確実な中結腸動脈根部周囲の郭清を伴う腹腔鏡下横行結腸切除術の実際, 森本 守, 早川 哲史, 北上 英彦, 田中 守嗣, 山本 稔, 清水 保延, 坪井 謙, 宮井 博隆, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広樹, 石黒 秀行, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2013年11月
  • 食道癌におけるmicroRNA34bとmicroRNA21の発現解析(Expression analysis of miR34b and miR21 in esophageal squamous cell carcinoma), 石黒 秀行, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 舟橋 整, 松尾 洋一, 高橋 広城, 原 賢康, 小川 了, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事,   2013年10月
  • 胃癌におけるNOTCH1発現についての検討(Expression of NOTCH1 is associated with gastric cancer survival), 齋藤 慎一郎, 石黒 秀行, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 舟橋 整, 松尾 洋一, 高橋 広城, 小川 了, 日本癌学会総会記事,   2013年10月
  • 切除不能食道癌に対するY字胃管バイパス術の検討, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 舟橋 整, 小川 了, 宮井 博隆, 田中 達也, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2013年10月
  • 食道癌におけるCOX2発現と臨床病理学的因子との検討, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 舟橋 整, 松尾 洋一, 高橋 広城, 原 賢康, 坂本 宣弘, 小川 了, 宮井 博隆, 田中 達也, 斉藤 慎一郎, 溝口 公士, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌,   2013年09月
  • 食道扁平上皮癌の放射線耐性と血管新生の関連についての基礎的研究, 柴田 孝弥, 松尾 洋一, 小川 了, 高橋 広城, 石黒 秀行, 岡田 祐二, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 芝本 雄太, 日本癌治療学会誌,   2013年09月
  • n-6多価不飽和脂肪酸の膵癌細胞増殖能、血管新生能に対する影響, 舟橋 整, 宮井 博隆, 塩崎 みどり, 小川 了, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 岡田 祐二, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2013年07月
  • 切除不能進行食道癌に対するバイパス手術の検討, 木村 昌弘, 舟橋 整, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 安藤 拓也, 小川 了, 塩崎 みどり, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2013年07月
  • 直腸癌術後側方リンパ節転移再発に対し、腹膜外アプローチにて切除し得た3例, 佐藤 幹則, 高橋 広城, 塩崎 みどり, 小川 了, 安藤 拓也, 松尾 洋一, 舟橋 整, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2013年07月
  • 当科食道癌手術症例におけるPNIと合併症および予後との検討, 小川 了, 竹山 廣光, 木村 昌弘, 舟橋 整, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 安藤 拓也, 塩崎 みどり, 日本消化器外科学会総会,   2013年07月
  • GPS(Glasgow Prognostic Score)と食道癌の予後および術後合併症の検討, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 舟橋 整, 若杉 健弘, 小川 了, 塩崎 みどり, 柴田 孝弥, 斉藤 慎一郎, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2013年07月
  • 放射線耐性株を作製して検討した食道扁平上皮癌の放射線耐性能における血管新生の関与の研究, 柴田 孝弥, 松尾 洋一, 長崎 高也, 廣川 高久, 坪井 謙, 小川 了, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 芝本 雄太, 日本消化器外科学会総会,   2013年07月
  • 頸胸境界部食道癌に対する喉頭食道切除・縦隔気管孔造設術の検討, 塩崎 みどり, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 安藤 拓也, 小川 了, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2013年07月
  • 表在型食道類基底細胞癌2切除例の検討, 小川 了, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 安藤 拓也, 塩崎 みどり, 竹山 廣光, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2013年06月
  • 食道癌における次世代シークエンサーを用いたターゲットシークエンス解析, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 舟橋 整, 松尾 洋一, 安藤 拓也, 小川 了, 塩崎 みどり, 柴田 孝弥, 斉藤 慎一郎, 竹山 廣光, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2013年06月
  • Aktの基質であるGirdinは癌細胞の移動に関与しており、食道扁平上皮癌の予後因子である, 柴田 孝弥, 松尾 洋一, 齋藤 慎一郎, 佐川 弘之, 社本 智也, 長崎 高也, 廣川 高久, 塩崎 みどり, 小川 了, 安藤 拓也, 高橋 広城, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 舟橋 整, 竹山 廣光, 坪井 謙, 日本外科学会雑誌,   2013年03月
  • 食道癌周術期管理における術後経腸栄養の有用性, 木村 昌弘, 舟橋 整, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 安藤 拓也, 小川 了, 塩崎 みどり, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2013年03月
  • 人工肛門造設・閉鎖症例の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 宮井 博隆, 塩崎 みどり, 小川 了, 坂本 雅樹, 安藤 拓也, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 舟橋 整, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2013年03月
  • 膵癌細胞の転移・浸潤能に対するグリア細胞由来神経栄養因子の役割, 舟橋 整, 塩崎 みどり, 宮井 博隆, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広域, 坂本 雅樹, 安藤 拓也, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2013年03月
  • 切除不能食道癌に対するY字胃管バイパス術の検討, 安藤 拓也, 塩崎 みどり, 小川 了, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 舟橋 整, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2013年03月
  • 食道扁平上皮癌におけるGPS(Glasgow Prognostic Score)と臨床病理学的因子との検討, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 安藤 拓也, 小川 了, 塩崎 みどり, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2013年03月
  • 当院における食道癌術後患者の経口摂取へ向けての取り組み 呼吸訓練法の導入に取り組んで, 大串 陽子, 後藤 七重, 栗本 成子, 小川 了, 竹山 廣光, 静脈経腸栄養,   2013年01月
  • 腹腔鏡手術にて摘出した骨盤内の腹腔内遊離体の1例, 安藤 拓也, 塩崎 みどり, 宮井 博隆, 小川 了, 原 賢康, 高橋 広城, 坂本 雅樹, 石黒 秀行, 高山 悟, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2012年12月
  • 手術映像の保存 技術的進歩と運用上の課題 当院での手術画像保存の現状, 高山 悟, 塩崎 みどり, 小川 了, 宮井 博隆, 高橋 広成, 坂本 雅樹, 安藤 拓也, 石黒 秀行, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2012年12月
  • 食道扁平上皮癌における好中球/リンパ球比と臨床病理学的因子の検討, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 安藤 拓也, 小川 了, 塩崎 みどり, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2012年10月
  • 食道癌術後吻合部狭窄についての検討, 安藤 拓也, 木村 昌弘, 舟橋 整, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 小川 了, 塩崎 みどり, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2012年10月
  • 上行結腸未分化癌の1例, 塩崎 みどり, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 石黒 秀行, 安藤 拓也, 小川 了, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2012年10月
  • 膵頭十二指腸切除後の合併症、特に膵液漏の発生とその治療, 岡田 祐二, 松尾 洋一, 林 祐一, 宮井 博隆, 小川 了, 坂本 雅樹, 安藤 拓也, 高橋 広城, 若杉 健弘, 石黒 秀行, 高山 悟, 舟橋 整, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2012年10月
  • 電子カルテシステムを利用した効率的かつ安全なレジメンシステムの構築と運用, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 塩崎 みどり, 小川 了, 宮井 博隆, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 石黒 秀行, 安藤 拓也, 高山 悟, 舟橋 整, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌,   2012年10月
  • 膵切除術後の腹腔内出血についての検討, 岡田 祐二, 松尾 洋一, 塩崎 みどり, 小川 了, 宮井 隆博, 坂本 雅樹, 安藤 拓也, 若杉 健弘, 高橋 広城, 石黒 秀行, 高山 悟, 舟橋 整, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌,   2012年10月
  • Beta-D-グルカン高値が遷延した、十二指腸憩室穿孔の1例, 若杉 健弘, 塩崎 みどり, 宮井 博隆, 小川 了, 坂本 雅樹, 安藤 拓也, 高橋 広城, 石黒 秀行, 松尾 洋一, 舟橋 整, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本外科感染症学会雑誌,   2012年10月
  • 科学的根拠に基づいたNSTの実践と未来への提言 ここを変えたい日本の臨床栄養治療 NSTが治療戦略として機能するために, 伊藤 明美, 太田 美穂, 嘉村 由美子, 小川 了, 竹山 廣光, 祖父江 和哉, New Diet Therapy,   2012年09月
  • 軟性内視鏡の腹腔内手術への応用, 高山 悟, 塩崎 みどり, 小川 了, 安藤 拓也, 坂本 雅樹, 高橋 広城, Gastroenterological Endoscopy,   2012年09月
  • イレウスに対する一時的PEG留置術, 高山 悟, 小川 了, 安藤 拓也, 日本消化器病学会雑誌,   2012年09月
  • 当院における食道小細胞癌3例の検討, 森 義徳, 田中 守, 尾関 啓司, 塚本 宏延, 岡本 泰幸, 海老 正秀, 溝下 勤, 谷田 諭史, 片岡 洋望, 神谷 武, 小川 了, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 城 卓志, 日本消化器病学会雑誌,   2012年09月
  • 食道扁平上皮癌における膜タンパク(Eカドヘリン、ベータカテニン)の関わり, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 舟橋 整, 若杉 健弘, 安藤 拓也, 小川 了, 塩崎 みどり, 竹山 廣光, 日本消化器病学会雑誌,   2012年09月
  • 膵癌におけるLeptinの細胞増殖効果の検討(Leptin is involved in the cell proliferation of pancreatic cancer), 石黒 秀行, 岡田 祐二, 佐藤 幹則, 舟橋 整, 松尾 洋一, 高橋 広城, 小川 了, 塩崎 みどり, 竹山 廣光, 日本癌学会総会記事,   2012年08月
  • 肛門側鏡視下手縫い吻合、反転法を駆使したsingle stapling technique法による確実な直腸吻合, 原 賢康, 小川 了, 高橋 広城, 安藤 拓也, 高山 悟, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2012年07月
  • 大腸癌におけるCD44v6発現の検討, 塩崎 みどり, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 安藤 拓也, 小川 了, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2012年07月
  • 食道癌周術期管理におけるリスク因子, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 舟橋 整, 若杉 健弘, 安藤 拓也, 小川 了, 塩崎 みどり, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2012年07月
  • 食道扁平上皮癌におけるGPS(Glasgow Prognostic Score)の有用性, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 舟橋 整, 若杉 健弘, 安藤 拓也, 小川 了, 塩崎 みどり, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2012年07月
  • 当科における喉頭食道全摘術症例の検討, 小川 了, 塩崎 みどり, 安藤 拓也, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 舟橋 整, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2012年07月
  • 切除不能食道癌に対する食道バイパス術の検討, 安藤 拓也, 木村 昌弘, 舟橋 整, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 小川 了, 塩崎 みどり, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2012年07月
  • 進行・再発大腸癌に対するベバシズマブ併用症例の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 小川 了, 安藤 拓也, 松尾 洋一, 高山 悟, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2012年07月
  • 当科における食道癌手術症例におけるPNIと予後の検討, 小川 了, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 安藤 拓也, 塩崎 みどり, 竹山 廣光, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2012年06月
  • 食道癌におけるmicroRNA発現, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 舟橋 整, 若杉 健弘, 安藤 拓也, 小川 了, 塩崎 みどり, 柴田 孝弥, 斉藤 慎一郎, 竹山 廣光, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2012年06月
  • 当院における十二指腸乳頭部癌の治療成績から考える適正な切除範囲, 岡田 祐二, 松尾 洋一, 越智 靖夫, 大見 関, 塩崎 みどり, 小川 了, 原 賢康, 坂本 雅樹, 安藤 拓也, 若杉 健弘, 高山 悟, 舟橋 整, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2012年03月
  • 効率的かつ安全ながん化学療法レジメンシステムの構築と運用, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 塩崎 みどり, 小出 修司, 小川 了, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 安藤 拓也, 高山 悟, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本外科学会雑誌,   2012年03月
  • 大腸癌化学療法中の低栄養、炎症改善のためのプロシュア内服, 原 賢康, 小川 了, 安藤 拓也, 高橋 広城, 佐藤 幹則, 木村 昌弘, 竹山 廣光, 静脈経腸栄養,   2012年01月
  • 最大舌圧値の低下は何を意味するのか? 栄養療法施行時の指標としての有用性, 伊藤 明美, 小川 了, 嘉村 由美子, 山田 悠史, 太田 美穂, 竹山 廣光, 祖父江 和哉, 静脈経腸栄養,   2012年01月
  • single stapling techniqueの反転法による下部直腸癌器械吻合の安定化, 原 賢康, 塩崎 みどり, 小川 了, 高橋 広城, 安藤 拓也, 高山 悟, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 竹山 廣光, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2011年12月
  • 幽門側胃切除後の残胃壊死にて残胃全摘術後、十二指腸断端縫合不全に起因する重篤な合併症から救命し得た1列, 若杉 健弘, 塩崎 みどり, 小出 修司, 小川 了, 原 賢康, 越智 靖夫, 高橋 広城, 坂本 雅樹, 松尾 洋一, 高山 悟, 舟橋 整, 木村 昌弘, 佐藤 幹則, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本外科感染症学会雑誌,   2011年11月
  • 食道裂孔ヘルニアに合併した胃GISTの1例, 塩崎 みどり, 木村 昌弘, 舟橋 整, 石黒 秀行, 若杉 健弘, 安藤 拓也, 小川 了, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2011年10月
  • 高齢者食道癌手術の問題点, 小川 了, 木村 昌弘, 塩崎 みどり, 安藤 拓也, 若杉 健弘, 舟橋 整, 竹山 廣光, 日本臨床外科学会雑誌,   2011年10月
  • 食道扁平上皮癌におけるW R N mRNAの発現と臨床病理学的意義, 長縄 康浩, 石黒 秀行, 斉藤 慎一郎, 柴田 孝弥, 塩崎 みどり, 小川 了, 三井 章, 木村 昌弘, 桑原 義之, 竹山 廣光, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2011年09月
  • 進行・再発大腸癌に対する抗EGRF抗体薬治療症例の検討, 佐藤 幹則, 原 賢康, 高橋 広城, 塩崎 みどり, 小出 修司, 小川 了, 若杉 健弘, 松尾 洋一, 安藤 拓也, 高山 悟, 舟橋 整, 木村 昌弘, 岡田 祐二, 竹山 廣光, 日本癌治療学会誌,   2011年09月
  • 高齢者食道癌手術の問題点 周術期合併症を中心に, 木村 昌弘, 桑原 義之, 三井 章, 石黒 秀行, 小川 了, 塩崎 みどり, 舟橋 整, 若杉 健弘, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2011年07月
  • Hemi-Double stapling法を用いた幽門側および噴門側胃切除後の再建術, 三井 章, 桑原 義之, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 小川 了, 塩崎 みどり, 舟橋 整, 若杉 健弘, 原 賢康, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2011年07月
  • 食道再建術・吻合法の工夫 器械吻合器を用いた食道-胃管吻合法の工夫, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 石黒 秀行, 小川 了, 塩崎 みどり, 舟橋 整, 若杉 健弘, 長縄 康浩, 竹山 廣光, 日本消化器外科学会総会,   2011年07月
  • 腹腔鏡下に切除し得た腸重積合併回腸悪性リンパ腫の1例, 鈴木 智貴, 小川 了, 前田 祐三, 前田 頼佑, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2010年10月
  • 胆嚢原発神経線維腫の1例, 小川 了, 鈴木 智貴, 前田 祐三, 前田 頼佑, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2010年10月
  • 胆嚢異所性胃粘膜の1例, 前田 頼佑, 深尾 俊一, 鈴木 智貴, 奥嶋 一武, 小川 了, 舟曳 純仁, 前田 祐三, 山崎 雅彦, 横田 広子, 片岡 誠, 日本臨床外科学会雑誌,   2010年10月
  • 胃空腸結腸瘻の1例, 溝口 公士, 深尾 俊一, 鈴木 智貴, 小川 了, 舟曵 純仁, 前田 祐三, 山崎 雅彦, 横田 広子, 日本臨床外科学会雑誌,   2010年06月
  • 腹腔鏡下に切除した尿膜管遺残症の一例, 鈴木 智貴, 深尾 俊一, 小川 了, 舟曳 純仁, 溝口 公士, 前田 祐三, 山崎 雅彦, 横田 広子, 日本内視鏡外科学会雑誌,   2009年12月
  • 食道癌におけるVEGFC(vascular endothelial growth factor C)の発現解析, 田中 達也, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 石黒 秀行, 小川 了, 原田 幸志朗, 堅田 武保, 藤井 義敬, 日本消化器外科学会雑誌,   2009年07月
  • 食道扁平上皮癌におけるmicroRNA-21の発現と細胞増殖との関連, 森 洋一郎, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 小川 了, 堅田 武保, 原田 幸志朗, 田中 達也, 塩崎 みどり, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2009年06月
  • 食道癌67例におけるCD44v6の発現と臨床病理学的因子の検討, 塩崎 みどり, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 原田 幸志朗, 小川 了, 堅田 武保, 田中 達也, 藤井 義敬, 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,   2009年06月
  • 横隔膜ヘルニア嵌頓の1手術例, 田中 達也, 三井 章, 桑原 義之, 木村 昌弘, 石黒 秀行, 原田 幸志朗, 小川 了, 堅田 武保, 藤井 義敬, 日本臨床外科学会雑誌,   2009年03月
  • 食道扁平上皮癌におけるNotch receptor遺伝子変異検索, 堅田 武保, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 小川 了, 原田 幸志朗, 田中 達也, 塩崎 みどり, 藤井 義敬, 日本外科学会雑誌,   2009年02月
  • 食道扁平上皮癌におけるmiRNA 34bの発現とその意義, 篤田 幸志朗, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 小川 了, 堅田 武保, 塩崎 みどり, 田中 達也, 藤井 義敬, 日本外科学会雑誌,   2009年02月
  • 食道癌におけるHypoxia-inducible factor-1aの発現, 田中 達也, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 石黒 秀行, 小川 了, 原田 幸志朗, 堅田 武保, 藤井 義敬, 日本外科学会雑誌,   2009年02月
  • 腸管ベーチェットにて大腸穿孔をきたした1例, 堅田 武保, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 石黒 秀行, 小川 了, 原田 幸志朗, 田中 達也, 塩崎 みどり, 日本腹部救急医学会雑誌,   2009年02月
  • 内ヘルニア4例の検討, 原田 幸志朗, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 石黒 秀行, 小川 了, 堅田 武保, 田中 達也, 藤井 義敬, 日本臨床外科学会雑誌,   2008年10月
  • 器械吻合を用いた結腸右半切除術後の再建法の工夫, 田中 達也, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 石黒 秀行, 小川 了, 原田 幸志朗, 堅田 武保, 藤井 義敬, 日本臨床外科学会雑誌,   2008年10月
  • 噴門側胃切除後のHemi-double stapling法を用いた再建術, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 小川 了, 堅田 武保, 原田 幸志朗, 田中 達也, 藤井 義敬, 日本臨床外科学会雑誌,   2008年10月
  • 食道扁平上皮癌におけるドセタキセル感受性とインテグリンβ1(Targeting beta 1 integrin restores sensitivity to docetaxel of esophageal squamous cell carcinoma), 原田 幸志朗, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 小川 了, 堅田 武保, 田中 達也, 藤井 義敬, 日本癌学会総会記事,   2008年09月
  • 未分化型胃癌におけるmicroRNA発現量解析(microRNA expression profile in undifferentiated gastric cancer), 堅田 武保, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 原田 幸志朗, 小川 了, 田中 達也, 藤井 義敬, 日本癌学会総会記事,   2008年09月
  • 食道癌におけるmicroRNAの発現プロファイルとその解析(Expression profiling of microRNAs in human esophageal squamous cell carcinoma using RT-PCR), 小川 了, 石黒 秀行, 桑原 義之, 原田 幸志朗, 堅田 武保, 田中 達也, 藤井 義敬, 日本癌学会総会記事,   2008年09月
  • 食道扁平上皮癌においてRUNX3 mRNA発現低下は腫瘍進行と予後悪化に関与する, 杉浦 弘典, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 森 洋一郎, 小川 了, 堅田 武保, 原田 幸志朗, 藤井 義敬, 日本消化器外科学会雑誌,   2008年07月
  • 食道小細胞癌の10例, 原田 幸志朗, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 石黒 秀行, 森 洋一郎, 小川 了, 堅田 武保, 溝口 公士, 藤井 義敬, 日本消化器外科学会雑誌,   2008年07月
  • 未分化型胃癌の予後に関与するmicroRNA発現解析, 堅田 武保, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 石黒 秀行, 森 洋一郎, 原田 幸志朗, 小川 了, 藤井 義敬, 日本消化器外科学会雑誌,   2008年07月
  • 食道癌治癒切除後の再発治療方針, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 森 洋一郎, 原田 幸志朗, 小川 了, 堅田 武保, 藤井 義敬, 日本消化器外科学会雑誌,   2008年07月
  • 食道扁平上皮癌におけるmiRNAの発現の検討, 小川 了, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 森 洋一郎, 原田 幸志朗, 堅田 武保, 藤井 義敬, 日本消化器外科学会雑誌,   2008年07月
  • GP73が食道癌細胞株において抗がん剤感受性に与える影響, 堅田 武保, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 森 洋一郎, 小川 了, 原田 幸志朗, 藤井 義敬, 日本外科学会雑誌,   2008年04月
  • 食道扁平上皮癌におけるDocetaxel感受性関連遺伝子ITGB1の解析, 森 亮太, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 三井 章, 森 洋一郎, 原田 幸志郎, 小川 了, 堅田 武保, 桑原 義之, 藤井 義敬, 日本外科学会雑誌,   2008年04月
  • 大網裂孔ヘルニアの1例, 小川 了, 木村 昌弘, 三井 章, 石黒 秀行, 桑原 義之, 日本腹部救急医学会雑誌,   2008年02月
  • 放射線化学療法が奏効した肛門管類基底細胞癌の1例, 原田 幸志朗, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 石黒 秀行, 森 洋一郎, 小川 了, 堅田 武保, 藤井 義敬, 日本臨床外科学会雑誌,   2007年11月
  • 当科で経験した4型結腸直腸癌症例の検討, 堅田 武保, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 森 洋一郎, 原田 幸志朗, 小川 了, 藤井 義敬, 日本臨床外科学会雑誌,   2007年11月
  • p53標的遺伝子の食道癌における予後規定因子の検討, 堅田 武保, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 森 洋一郎, 森 亮太, 小川 了, 原田 幸志朗, 藤井 義敬, 日本消化器外科学会雑誌,   2007年07月
  • 食道扁平上皮癌におけるPIK3CA遺伝子変異の検討, 森 亮太, 石黒 秀行, 木村 昌弘, 三井 章, 森 洋一郎, 原田 幸志郎, 濱口 真帆, 小川 了, 堅田 武保, 藤井 義敬, 日本消化器外科学会雑誌,   2007年07月
  • 気管ステント損傷が原因になった食道気管瘻の1例, 木村 昌弘, 桑原 義之, 三井 章, 石黒 秀行, 森 洋一郎, 友田 佳介, 森 亮太, 小川 了, 堅田 武保, 原田 幸志朗, 日本消化器外科学会雑誌,   2007年07月
  • 定量的RT-PCRを用いた食道扁平上皮癌におけるmiRNAの発現量解析, 小川 了, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 森 洋一郎, 森 亮太, 原田 幸志朗, 堅田 武保, 藤井 義敬, 日本消化器外科学会雑誌,   2007年07月
  • T2T3食道癌手術症例における予後因子の検討, 石黒 秀行, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 安藤 拓也, 呉原 裕樹, 杉戸 伸好, 森 亮太, 高嶋 伸宏, 小川 了, 日本消化器外科学会雑誌,   2006年07月
  • 食道癌におけるマイクロアレイを用いたDocetaxel感受性関連遺伝子の解析, 森 亮太, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 石黒 秀行, 安藤 拓也, 呉原 裕樹, 杉戸 伸好, 高嶋 伸宏, 小川 了, 日本消化器外科学会雑誌,   2006年07月
  • 食道癌細胞株におけるシスプラチン(CDDP)の感受性と,マイクロアレイによる解析, 高嶋 伸宏, 桑原 義之, 木村 昌弘, 三井 章, 石黒 秀行, 安藤 拓也, 呉原 裕樹, 杉戸 伸好, 森 亮太, 小川 了, 日本消化器外科学会雑誌,   2006年07月
  • 十二指腸結腸瘻を伴う十二指腸潰瘍の1例, 小川 了, 高嶋 伸宏, 森 亮太, 杉戸 伸好, 安藤 拓也, 呉原 裕樹, 石黒 秀行, 三井 章, 木村 昌弘, 桑原 義之, 藤井 義敬, 日本臨床外科学会雑誌,   2006年05月
  • 乳癌腋窩郭清手術患者に対する周術期セルフリンパドレナージ指導導入の試み, 伊藤 和子, 柄松 章司, 佐竹 章, 浦上 年彦, 辻 秀樹, 斎藤 雄史, 佐藤 篤司, 三井 章, 西脇 忠, 小川 了, 長縄 康浩, 遠藤 友美, 山川 洋右, 日本臨床外科学会雑誌,   2004年09月
  • カルシトニン陰性甲状腺髄様癌の1例, 伊藤 和子, 柄松 章司, 浦上 年彦, 辻 秀樹, 斎藤 雄史, 佐藤 篤司, 三井 章, 西脇 忠, 小川 了, 田中 達也, 長縄 康浩, 佐竹 章, 日本臨床外科学会雑誌,   2003年10月
  • 膀胱及びS状結腸に浸潤し膀胱瘻を合併した小腸悪性リンパ腫の一例, 三井 章, 佐竹 章, 柄松 章司, 浦上 年彦, 辻 秀樹, 斎藤 雄史, 佐藤 篤司, 伊藤 和子, 西脇 忠, 小川 了, 田中 達也, 長縄 康浩, 日本臨床外科学会雑誌,   2003年10月
  • 小児腹部外傷症例の検討, 榊原 堅式, 小川 了, 齋藤 雄史, 奥田 勝裕, 田中 達也, 日本小児外科学会雑誌,   2003年05月
  • 小児外傷性肝損傷症例の検討, 小川 了, 榊原 堅式, 齋藤 雄史, 奥田 勝裕, 田中 達也, 日本小児外科学会雑誌,   2003年04月
  • 間歇的大量下血のみを主訴とした小腸クローン病の1例, 小川 了, 成田 洋, 小谷 彦蔵, 宇佐見 詞津夫, 中村 明茂, 佐野 正明, 加藤 克己, 福井 拓治, 中村 善則, 植田 拓也, 日本消化器外科学会雑誌,   2002年07月
  • 原発性胆嚢管癌の一例, 平本 明徳, 小川 了, 松尾 洋一, 棚橋 雅幸, 植田 拓也, 中村 善則, 加藤 克巳, 佐野 正明, 石川 雅一, 成田 洋, 日本臨床外科学会雑誌,   2002年04月
  • 当院における偽膜性大腸炎10例の検討, 内田 博起, 浜島 英司, 井本 正巳, 中江 康之, 今田 数実, 廣瀬 善道, 仲島 さより, 川瀬 淳, 小川 了, 小川 裕, Gastroenterological Endoscopy,   2001年09月
  • H.pylori除菌治療で縮小した十二指腸MALTリンパ腫の1例, 浜島 英司, 井本 正巳, 中江 康之, 今田 数実, 廣瀬 善道, 内田 博起, 仲島 さより, 川瀬 淳, 小川 了, 小川 裕, Gastroenterological Endoscopy,   2001年09月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.