研究者データベース

奥野 友介 (オクノ ユウスケ)

  • 医学研究科ウイルス学分野 教授
Last Updated :2024/05/24

研究者情報

学位

  • 博士(医学)(名古屋大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 00725533

J-Global ID

研究キーワード

  • Epstein-Barrウイルス   慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症   感染がん   小児がん   稀少がん   CRISPRスクリーニング   シングルセル解析   Epstein-Barrウイルス関連胃癌   先天性骨髄不全症候群   若年性骨髄単球性白血病   網羅的遺伝子解析   急性リンパ性白血病   MEF2D融合遺伝子   

研究分野

  • ライフサイエンス / ウイルス学
  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学
  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

経歴

  • 2021年06月 - 現在  名古屋市立大学大学院医学研究科 ウイルス学分野教授
  • 2019年04月 - 2021年05月  名古屋大学医学部附属病院 ゲノム医療センター病院講師
  • 2015年01月 - 2019年03月  名古屋大学医学部附属病院 先端医療・臨床研究支援センター特任講師
  • 2013年10月 - 2014年12月  名古屋大学医学部附属病院 小児がん治療センター病院助教

学歴

  • 2008年04月 - 2012年03月   名古屋大学   大学院医学系研究科   小児科学
  • 2000年04月 - 2006年03月   名古屋大学   医学部

所属学協会

  • 日本ウイルス学会   米国血液学会   日本造血細胞移植学会   日本癌学会   日本血液学会   

研究活動情報

論文

講演・口頭発表等

  • Epstein-Barrウイルスが難治性感染症やがんを引き起こす遺伝学的機構  [招待講演]
    奥野友介
    第25回東海小児感染症研究会 2022年11月
  • 慢性活動性Epstein-Barrウイルス(EBV)感染症とEBV感染がんにおける欠損ウイルスとその役割  [招待講演]
    奥野友介
    第63回日本臨床ウイルス学会 2022年06月
  • 血液悪性疾患と上皮性悪性腫瘍におけるEpstein-Barrウイルスゲノムの構造変化
    奥野友介; 村田貴之; 佐藤好隆; 伊藤嘉規; 澤田明久; 大島孝一; 加藤省一; 中黒匡人; 佐藤啓; 木村宏
    第68回日本ウイルス学会学術集会 2021年11月
  • Epstein-Barrウイルスによる発がん機構の理解と制圧  [招待講演]
    奥野友介
    令和3年度順清会総会 2021年10月
  • 血液悪性疾患と上皮性悪性腫瘍における欠損Epstein-Barrウイルスの存在  [通常講演]
    Yusuke Okuno; Takayuki Murata; Yoshitaka Sato; Yoshinori Ito; Akihisa Sawada; Koichi Oshima; Seiichi Kato; Masato Nakaguro; Akira Satou; Hiroshi Kimura
    第83回日本血液学会学術集会 2021年09月
  • Epstein–Barr virus carrying structural variations in hematological and epithelial cell malignancies  [通常講演]
    Yusuke Okuno; Takayuki Murata; Yoshitaka Sato; Yoshinori Ito; Akihisa Sawada; Koichi Oshima; Seiichi Kato; Masato Nakaguro; Akira Satou; Hiroshi Kimura
    19th International Symposium on Epstein-Barr Virus and associated diseases 2021年07月
  • Genetics of chronic active EBV infection (CAEBV) and defective EBV in hematological malignancy  [招待講演]
    奥野友介
    U.S.-Japan Cooperative Medical Sciences Program (USJCMSP) 22nd International Conference on Emerging Infectious Diseases in the Pacific Rim 2020年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) Bangkok, Thailand U.S.-Japan Cooperative Medical Sciences Program (USJCMSP)
  • Comprehensive Mutational Analysis of Juvenile Myelomonocytic Leukemia using Whole-genome Sequencing  [通常講演]
    Yusuke Okuno; Hideki Muramatsu; Norihiro Murakami; Nozomu Kawashima; Manabu Wakamatsu; Hironobu Kitazawa; Tomoo Ogi; Yoshiyuki Takahashi
    61st American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition 2019年12月 ポスター発表
  • 若年性骨髄単球性白血病の全ゲノム解析  [通常講演]
    Yusuke Okuno; Hideki Muramatsu; Norihiro Murakami; Manabu Wakamatsu; Hironobu Kitazawa; Tomoo Ogi; Yoshiyuki Takahashi
    第81回日本血液学会学術集会 2019年10月 口頭発表(一般)
  • 若年性骨髄単球性白血病における全ゲノム解析  [招待講演]
    Yusuke Okuno; Hideki Muramatsu; Norihiro Murakami; Manabu Wakamatsu; Hironobu Kitazawa; Tomoo Ogi; Yoshiyuki Takahashi
    第78回日本癌学会学術総会 2019年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 慢性活動性Epstein–Barrウイルス(EBV)感染症と血液悪性疾患における欠損EBVの発見  [招待講演]
    Yusuke Okuno
    第78回日本癌学会学術総会 2019年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • The Presence of Defective Epstein-Barr virus (EBV) Infection in Patients with EBV-associated Hematological Malignancy  [通常講演]
    Yusuke Okuno; Takayuki Murata; Yoshitaka Sato; Hideki Muramatsu; Yoshinori Ito; Takahiro Watanabe; Tatsuya Okuno; Norihiro Murakami; Kenichi Yoshida; Akihisa Sawada; Masami Inoue; Keisei Kawa; Masao Seto; Koichi Ohshima; Yuichi Shiraishi; Kenichi Chiba; Hiroko Tanaka; Satoru Miyano; Yohei Narita; Masahiro Yoshida; Fumi Goshima; Jun-ichi Kawada; Tetsuya Nishida; Hitoshi Kiyoi; Seiichi Kato; Shigeo Nakamura; Satoko Morishima; Shigeyoshi Fujiwara; Norio Shimizu; Yasushi Isobe; Masaaki Noguchi; Atsu
    60th American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition 2018年12月 口頭発表(一般)
  • 慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症における網羅的遺伝子解析  [通常講演]
    奥野友介; 村田貴之; 佐藤好隆; 村松秀城; 伊藤嘉規; 奥野達矢; 村上典寛; 吉田健一; 澤田明久; 井上雅美; 河敬世; 瀬戸加大; 大島孝一; 白石友一; 千葉健一; 田中洋子; 宮野悟; 成田洋平; 吉田全宏; 渡辺崇広; 五島典; 川田潤一; 西田徹也; 清井仁; 加藤省一; 中村栄男; 森島聡子; 藤原成悦; 清水則夫; 磯部泰司; 野口雅章; 菊田敦; 岩月啓氏; 高橋義行; 小島勢二; 小川誠司; 木村宏
    第80回日本血液学会学術集会 2018年10月 口頭発表(招待・特別)
  • Epstein-Barrウイルス関連血液悪性疾患における欠損EBVの存在  [通常講演]
    Yusuke Okuno; Takayuki Murata; Yoshitaka Sato; Yoshinori Ito; Kenichi Yoshida; Akihisa Sawada; Yuichi Shiraishi; Satoru Miyano; Yoshiyuki Takahashi; Seiji Kojima; Seishi Ogawa; Hiroshi Kimura
    第77回日本癌学会学術総会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • 網羅的遺伝子解析に基づく血液悪性疾患の原因遺伝子同定  [招待講演]
    奥野友介
    名古屋大学大学院医学系研究科プレミアムレクチャー(第3回) 2018年01月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Genetic background of chronic active Epstein-Barr virus disease  [通常講演]
    Yusuke Okuno; Takayuki Murata; Yoshitaka Sato; Hideki Muramatsu; Tatsuya Okuno; Kenichi Yoshida; Yoshinori Ito; Akihisa Sawada; Koichi Ohshima; Yuichi Shiraishi; Kenichi Chiba; Hiroko Tanaka; Satoru Miyano; Yoshiyuki Takahashi; Seiji Kojima; Seishi Ogawa; Hiroshi Kimura
    59th American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition 2017年12月 口頭発表(一般)
  • 遺伝性造血不全疾患群のクリニカルシーケンス  [招待講演]
    奥野友介
    第79回日本血液学会学術集会 2017年10月 口頭発表(一般)
  • Next-generation sequencing-based minimal residual disease detectoin in ALL  [招待講演]
    Yusuke Okuno
    2017 The Korean Society of Pediatric Hematology-Oncology spring meeting 2017年04月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Next-generation sequencing in Leukemia  [招待講演]
    Yusuke Okuno
    Precision Oncology: Clinical and Genomics Data from Thai patients vs. Global Counterparts 2017年03月 口頭発表(一般)
  • 若年性骨髄単球性白血病における急性転化の網羅的遺伝子解析  [通常講演]
    Okuno Y; Kawashima N; Muramatsu H; Sakaguchi H; Yoshida K; Shiraishi Y; Murakami N; Chiba K; Tanaka H; Narita A; Nishio N; Hama A; Kojima S; Miyano S; Ogawa S; Takahashi Y
    第78回日本血液学会学術集会 2016年10月 口頭発表(一般)
  • 家族性骨髄異形成症候群におけるGATA2遺伝子変異および二次性遺伝子変異の解析  [通常講演]
    Okuno Y; Wang X; Muramatsu H; Sakaguchi H; Yoshida K; Kawashima N; Shiraishi Y; Chiba K; Tanaka H; Saito S; Nakazawa Y; Xu Y; Masunari T; Hirose T; Narita A; Doisaki S; Hama A; Miyano S; Takahashi Y; Ogawa S; Kojima S
    第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 先天性骨髄不全症の遺伝子診断におけるターゲットシークエンスの臨床的有用性  [通常講演]
    Okuno Y; Muramatsu H; Yoshida K; Shiraishi Y; Doisaki S; Narita A; Kawashima N; Wang X; Xu Y; Sekiya Y; Chiba K; Tanaka H; Nishio N; Hama A; Takahashi Y; Ogawa S; Miyano S; Kojima S
    第77回日本血液学会学術集会 2015年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 難治性小児急性リンパ性白血病に対する臨床応用を目的としたトランスポゾン法による抗CD19キメラ抗原受容体導入T細胞の培養法の確立  [通常講演]
    奥野友介; 西尾信博; 川島希; 鈴木哲; 関屋由子; 村松秀城; 濱麻人; 中沢洋三; 高橋義行; 小島勢二
    第37回日本造血細胞移植学会総会 2015年03月 口頭発表(一般)
  • Whole-exome sequencing reveals a paucity of somatic gene mutations in aplastic anemia and refractory cytopenia of childhood.  [通常講演]
    Okuno Y; Narita A; Muramatsu H; Yoshida K; Hama A; Wang X; Xu Y; Kawashima N; Sakaguchi H; Doisaki S; Takahashi Y; Shiraishi Y; Chiba K; Tanaka H; Miyano S; Ogawa S; Kojima S
    56th ASH Annual Meeting & Exposition 2014年12月 口頭発表(一般)
  • CRISPR/Casシステムを用いた若年性骨髄単球性白血病におけるRAS関連候補遺伝子スクリーニング  [通常講演]
    Okuno Y; Kawashima N; Muramatsu H; Hama A; Takahashi Y; Kojima S
    第56回日本小児血液・がん学会学術集会 2014年11月 口頭発表(一般)
  • Diagnostic efficacy of whole-exome sequencing in 250 patients with congenital bone marrow failure (Scientific Exchange Training Program)  [通常講演]
    Okuno Y; Muramatsu H; Yoshida K; Doisaki S; Shiraishi Y; Hama A; Chiba K; Tanaka H; Sanada M; Takahashi Y; Miyano S; Ogawa S; Kojima S
    第76回日本血液学会学術集会 Scientific Exchange Training Program (SETP) 2014年11月 口頭発表(一般)
  • 先天性骨髄不全症250例における全エクソーム解析の診断的価値  [通常講演]
    奥野友介; 村松秀城; 吉田健一; 土居崎小夜子; 白石友一; 濱麻人; 千葉健一; 田中洋子; 真田昌; 高橋義行; 宮野悟; 小川誠司; 小島勢二
    SETBP1 mutations in aplastic anemia evolving into myelodysplastic syndromes and acute myeloid leukemia with the acquisition of monosomy 7. 2014年11月 口頭発表(一般)
  • SETBP1 mutations in aplastic anemia evolving into myelodysplastic syndromes and acute myeloid leukemia with the acquisition of monosomy 7.  [通常講演]
    Okuno Y; Xu Y; Muramatsu H; Wang X; Hama A; Yoshida K; Shiozawa Y; Shiraishi Y; Makishima H; Chiba K; Tanaka H; Yoshida N; Sanada M; Takahashi Y; Miyano S; Maciejewski JP; Ogawa S; Kojima S
    4th International Bone Marrow Failure Disease Scientific Symposium 2014 2014年03月 口頭発表(一般)
  • De novo IL2RG遺伝子変異のmosaicismによる 遅発発症型重症複合型免疫不全症の一例  [通常講演]
    奥野友介; 村松秀城; 王希楠; 川島希; 岩田敦; 堀壽成; 鬼頭敏幸; 吉田健一; 宮野悟; 小川誠司; 小島勢二; 金兼弘和
    第7回日本免疫不全症研究会 2014年01月 口頭発表(一般)
  • Clonal architecture and evolution of pediatric AML.  [通常講演]
    Okuno Y; Shiba N; Shiraishi Y; Yoshida K; Nagata Y; Sato Y; Ohki K; Kato M; Park MJ; Kanazawa T; Kudo K; Ito E; Takita J; Sanada M; Hayashi Y; Miyano S; Ogawa S
    第74回日本血液学会学術集会 2012年10月 ポスター発表
  • 腎淡明細胞癌の全ゲノム解析  [通常講演]
    Okuno Y; Sato Y; Maekawa S; Sato-Otsubo A; Suzuki H; Fujimoto A; Shiraishi Y; Chiba K; Tanaka H; Honma Y; Tsunoda T; Miyano S; Ogawa S
    第71回日本癌学会学術総会 2012年09月 ポスター発表

MISC

産業財産権

  • 特願2017-162389:若年性骨髄単球性白血病治療薬  2017年08月25日
    村松秀城, 奥野友介, 村上典寛  村松秀城、奥野友介、村上典寛
  • 特願2016-209066:チオプリン高感受性キメラ抗原受容体遺伝子改変リンパ球  2016年11月14日
    村松秀城, 奥野友介, 高橋義行, 中沢洋三, 松田和之  村松秀城、奥野友介、高橋義行、中沢洋三、松田和之
  • 特願2015-255179:急性リンパ性白血病関連の新規遺伝学的異常及びその利用  2015年12月25日
    奥野友介, 小島勢二, 鈴木喬悟, 川島希, 関屋由子  奥野友介、小島勢二、鈴木喬悟、川島希、関屋由子

受賞

  • 2019年09月 日本癌学会 2019年度(第38回)日本癌学会奨励賞
     慢性活動性Epstein–Barrウイルス(EBV)感染症と血液悪性疾患における欠損EBVの発見 JPN international_society 
    受賞者: 奥野友介
  • 2016年10月 日本血液学会 第77回日本血液学会奨励賞
     先天性骨髄不全症の遺伝子診断におけるターゲットシークエンスの臨床的有用性 JPN 
    受賞者: 奥野友介
  • 2015年11月 日本小児血液・がん学会 第57回日本小児血液・がん学会プレナリー賞
     家族性骨髄異形成症候群におけるGATA2遺伝子変異および二次性遺伝子変異の解析 
    受賞者: 奥野友介
  • 2014年11月 名古屋大学順清会 第39回名古屋大学順清会研究奨励賞
     ダウン症候群に合併する一過性異常骨髄増殖症および 急性巨核芽球性白血病の網羅的遺伝子解析 
    受賞者: 奥野友介
  • 2014年11月 公益信託日本白血病基金 公益信託日本白血病基金一般研究賞
     CRISPR/Casシステムを用いた若年性骨髄単球性白血病における新規原因遺伝子の解析 
    受賞者: 奥野友介
  • 2014年02月 名古屋癌治療国際シンポジウム 第29回名古屋癌治療国際シンポジウム BMS Award
     Exome sequencing identifies secondary mutations of SETBP1 and JAK3 in juvenile myelomonocytic leukemia JPN international_academic_award 
    受賞者: 坂口大俊;奥野友介;吉田健一;村松秀城
  • 2014年02月 名古屋大学医学部大学院医学系研究科 第1回名古屋大学医学部大学院医学系研究科研究奨励賞
     全エクソーム解析により明らかとなった 若年性骨髄単球性白血病の遺伝学的機構 JPN international_society 
    受賞者: 奥野友介

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2022年04月 -2026年03月 
    代表者 : 杉浦 真弓; 奥野 友介; 松浦 栄次; 大石 久史
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2022年04月 -2025年03月 
    代表者 : 成田 敦; 村松 秀城; 奥野 友介; 高橋 義行
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2022年04月 -2025年03月 
    代表者 : 奥野 友介
  • Epstein-Barrウイルス関連疾患を理解し制圧するための情報基盤の構築
    大幸財団:
    研究期間 : 2023年10月 -2025年03月
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 加藤 省一; 奥野 友介
     
    リンパ節に病変の主座があり細胞傷害性分子が陽性となる末梢性T細胞リンパ腫-非特定型(PTCL-NOS)すなわち,節性細胞傷害性T細胞リンパ腫(nodal cytotoxic T-cell lymphoma [nCTL])は細胞傷害性分子陰性のPTCL-NOSより予後不良である.nCTLにはEBV陽性例と陰性例がある.また細胞傷害性分子が陽性となる成熟T/NK細胞リンパ腫の中で,EBVも陽性となる疾患としては,上気道を中心に侵す,節外性NK/T細胞リンパ腫,鼻型(NKTL)が広く知られている.上気道浸潤がなくリンパ節に病変の主座があり,EBVが陽性となる成熟T/NK細胞リンパ腫,すなわちEBV陽性nCTL(EBV-positive nCTL) は本研究の対象であるり,約20症例について,症例を集積し,全エクソームシークエンス,EBVゲノムのシークエンスを施行できた.また正常対応検体についても約半数の症例で全エクソームシークエンス等のデータの取得ができた.全ゲノムシークエンスも一部の症例で施行できた.現在得られたデータの解析及び,追加免疫染色等の病理学的検索が必要な症例について追加で検討を行っているところである. 現時点で解析できた範囲では,NKTLとEBV-positive nCTLはいずれもEBV陽性,細胞傷害性分子陽性の成熟T/NK細胞リンパ腫であるものの,既報のNKTLの変異プロファイルと比べ今回得られたEBV-positive nCTLの変異プロファイルは異なる可能性が示唆された.さらに解析を進め両者の違い,EBV-positive nCTLの生物学的特徴を明らかにしていく.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 村松 秀城; 奥野 友介
     
    若年性骨髄単球性白血病(juvenile myelomonocytic leukemia; JMML)は、主に5歳未満の小児に発症する予後不良な造血器腫瘍である。唯一の根治療法は同種造血細胞移植であるが、一部の症例は無治療で長期生存することも知られており、予後を正確に予測するバイオマーカーに基づく最適医療(Precision Medicine)の実現が求められている。我々は、これまでの研究で網羅的遺伝子解析の技術を用いて遺伝子変異/遺伝子発現/遺伝子メチル化の各プロファイリングを行い、多くのJMMLの予後予測因子を明らかにした。 本研究では、クロマチン免疫沈降シーケンス(ChIP-Seq)を用いてヒストン修飾の網羅的プロファイリングを行い、JMMLの疾患特異的なエンハンサー領域の同定およびこれまでに得られている網羅的ゲノム情報との統合解析を通じて、分子学的発症メカニズムの全体像を明らかにすることを目標としている。これまでに、24例のJMML臨床検体を用いてChIP-Seq解析を完了し、JMML特異的にH3K27acのヒストンマークが濃縮しているエンハンサー領域の候補を抽出した。さらに、2021年度内にSingle-cell RNA-seqの解析手法を確立し、少数例ではあるがJMML臨床検体での解析を実施した。現在、すでに完了している他のゲノム解析結果(DNAシーケンス、RNAシーケンス、遺伝子メチル化解析)との統合解析を遂行中である。
  • 慢性活動性Epstein-Barrウイルス感染症の起因となるウイルス感染細胞の特定
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構:難治性疾患実用化研究事業
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 奥野友介; 渡辺崇広; 村松秀城
  • 診断困難・治療抵抗性小児がんの全ゲノム解析による治療成績の改善
    名古屋小児がん基金:
    研究期間 : 2023年10月
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 木村 宏; 奥野 友介; 渡辺 崇広; 伊藤 嘉規
     
    Epstein-Barr virus (EBV) は、ほとんどの成人に感染している普遍的なウイルスである一方、様々なリンパ腫/上皮系腫瘍の原因ともなる。我々は最近、慢性活動性EBウイルス感染症に対して、次世代シーケンサーを用いた網羅的遺伝子解析を行い、高率にEBV遺伝子の一部が欠失していることを発見した。これまでの予備実験により、共通する複数の欠失遺伝子が、ある種のEBV関連リンパ腫に高頻度に認められることを見出している。本研究では、疾患に特有の欠失遺伝子をノックアウトした変異ウイルスを作成し、培養細胞を用いたin vitroおよびヒト化マウスを用いたin vivoモデルにより、ゲノム欠失の役割を解明することを目指している。 初年度は、先行研究にて欠損頻度の高かったC promoter (Cp)の意義を明らかにするために、Cp欠損株を作成し、Cp欠損により効率的にB細胞の形質転換を引き起こすこと、免疫不全マウスを用いたin vivoリンパモデルでリンパ増殖性疾患の進行が早まることを明らかにした。 二年目にあたる本年度は、EBV陽性バーキットリンパ腫で時に見られるEBNA2欠損についての解析を試みた。EBNA2を欠損したEBVをB細胞に感染させたところ、RNAseqにより免疫チェックポイント分子である宿主PD-L1の発現が減弱することを見出した。さらに、PD-L1の発現はEBV溶解感染を誘導し、NFκB、MAPK, AKT経路を活性化させ、EBNA2の欠損はこれらの発現を減弱させることを確認した。以上より、EBVはEBNA2の発現を介してPD-L1を誘導し、免疫回避を行っていることが推測された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 新美 薫; 奥野 友介
     
    次世代シーケンサーを用いた絨毛癌組織の全ゲノム解析を症例を追加して施行した。この結果から、遺伝子変異の同定を試みた。妊娠性絨毛癌肺転移検体を用いて抗腫瘍免疫応答の解析を行った。また、患者から樹立したxenograftモデルから、細胞株の樹立を試みた。 ①本人、パートナー、腫瘍の3検体を得ることができた絨毛癌3例と、絨毛癌細胞株6種類(JAR, BeWo, JEG3, CC1, CC3, CC4, CC6)に対して、DNAを抽出した。腫瘍検体は、パラフィン包埋ブロックからレーザーマイクロダイセクションを用いてDNAを抽出し、本人とパートナーからは頬粘膜からDNAを抽出した。それらを次世代シーケンサー(イルミナ社のHiSeq 2500)を用いて、全ゲノム解析を行い、遺伝子変異の同定を試みた。同様の症例と細胞株を用いて、コピー数の解析も行っている。 ②妊娠性絨毛癌の肺切除1例の組織から、抗腫瘍免疫応答の解析を行った。腫瘍先進部/傍腫瘍領域の各部位の組織から組織破砕法により組織浸潤免疫細胞を回収し、フローサイトメトリを使用して浸潤免疫細胞のサブセット解析を行った。妊娠性絨毛癌でも、非妊娠性絨毛癌と同様に通常のがん組織よりもNK細胞が多いことが示唆された。 ③非妊娠性絨毛癌患者の手術検体からPatient-derived xenograft(PDXモデル)を作成した。その腫瘍組織をヌードマウスに移植し、生着後、シスプラチンにて治療を行い、感受性を確認した。さらに、不死化細胞株の樹立を行い、hCG分泌を確認した。
  • 診断困難・治療抵抗性小児がんの全ゲノム解析による治療成績の改善
    名古屋小児がん基金:
    研究期間 : 2022年10月
  • 網羅的遺伝子解析とウイルス解析による慢性活動性EBウイルス感染症の病態解明
    武田科学振興財団:武田科学振興財団 生命科学研究助成
    研究期間 : 2019年10月 -2022年09月 
    代表者 : 奥野友介
  • 診断困難・治療抵抗性小児がんの全ゲノム解析による治療成績の改善
    NPO法人deleteC:
    研究期間 : 2022年09月
  • The Interstellar Initiative (FY21)
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構:
    研究期間 : 2021年10月 -2022年03月 
    代表者 : 奥野友介
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 成田 敦; 奥野 友介; 高橋 義行
     
    再生不良性貧血(Aplastic anemia; AA)は、末梢血での汎血球減少と骨髄の低形成を特徴とする疾患群である。造血幹細胞に対する自己免疫反応が原因で起こると考えられているが、病態の解明は十分ではない。我々は、小児AA患者41症例の全エクソーム解析を通じて、新規遺伝子Xの体細胞変異を2例で同定した。さらに、小児AA140症例についてPyro sequencing法を実施し、8症例(6%)で同様に遺伝子Xの変異を確認した。遺伝子Xはがん悪性化に関与する遺伝子の制御因子として知られているが、血液疾患との関連性についてはこれまでに報告がない。我々は遺伝子Xの変異マウスモデルを用いて、AAにおける新規遺伝子Xの変異アリルの機能的意義を検討した。 遺伝子Xの変異マウスおよび野生型マウス由来の骨髄細胞を採取し、MethoCult M3434を用いたコロニーアッセイを実施した。10日後にアッセイで得られたCFU-GM、BFU-Eをカウントしたが、両者でコロニー増殖能に差異を認めなかった。さらに、遺伝子Xの変異マウスおよび野生型マウス由来の骨髄細胞からRNAを抽出して、RNAシーケンスにより転写産物の発現を比較検討した。遺伝子Xの変異マウスで優位に発現している遺伝子のうち、造血に関与するものはみられなかった。また、AA患者の一部では、T細胞からの免疫攻撃から逃れるためにHLAの欠失がみられることが知られている。遺伝子Xの変異マウス、野生型マウス由来の骨髄におけるMHC(Major Histocompatibility Antigen Complex)の欠失についてFACSCaliberを用いて比較検討したが、いずれもMHCの欠失を認めなかった。
  • 多中心性細網組織球症の疫学および治療法に関する調査研究
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月
  • 網羅的遺伝子解析を用いた診断・治療困難な小児がんの治療成績改善
    愛知健康増進財団:
    研究期間 : 2022年01月
  • Epstein-Barrウイルス感染がん治療薬の開発
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構:革新的がん医療実用化研究事業
    研究期間 : 2019年11月 -2021年03月 
    代表者 : 奥野友介; 佐藤好隆; 村松秀城
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 村松 秀城; 奥野 友介
     
    若年性骨髄単球性白血病(JMML)は予後不良な小児骨髄増殖性疾患である。我々はイルミナ社450kメチル化アレイを用いたメチル化プロファイリングを行い、高メチル化群の予後が不良であることを明らかにした(Murakami N, et al. Blood 2018)。 イルミナ社の450kメチル化アレイは豊富な実績がある安定したDNAメチル化解析プラットフォームである。しかしながら、その解析コストは安価ではなく、実臨床の現場に実装する上では、より低コストかつハイスループットな検査法の開発が求められる。本研究では、450kメチル化アレイ解析を実施済みの臨床検体を用いて、Digital restriction enzyme analysis of methylation (DREAM)法によるメチル化解析を実施した。DREAM法は、同じCCCGGG配列を認識するが、シトシンがメチル化していると切断しない制限酵素(SmaI)およびメチル化していても切断する制限酵素(XmaI)で順番にDNAを処理し、その後イルミナ社の次世代シーケンサーでショートリードシーケンスを行う方法である。 同法を用いて、101例のJMML患者のメチル化解析を行った。教師なしクラスタリングを施行したところ、2つのサブグループ(高メチル化群・低メチル化群)に分類することが可能であった。450kによる分類と、今回のDREAM法による分類の一致率は、95.0%であった。 ドイツ、サンフランシスコと協力して、約300例のJMML患者検体の450kメチル化アレイデータの共同解析を行い、解析方法のハーモナイゼーションを完了し、国際共同研究として論文投稿準備中である。また、患者年齢、HbF、RAS経路遺伝子変異など、シンプルな臨床情報によるメチル化分類の予測統計モデルを作成に成功した。あわせて論文投稿準備中である。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : AlKzayer Likaa; 奥野 友介
     
    Dried blood spot-derived DNA was proved successful for the molecular diagnosis of hematological malignancies. As genetic analysis is not yet available in Iraq, we proceed with the genetic evaluation of Iraqi childhood acute lymphoblastic leukemia (ALL) and acute myeloid leukemia (AML), using next generation sequencing (NGS). Since April 2018, we collected 99 cases of ALL, AML and acute undifferentiated leukemia (AUL), from 4 centers in Iraq, including 2 hospitals in the Northern Iraq (Sulaymaniyah and Duhok), as well as one in Baghdad and one from Basra. Out of 99 cases, 67 had paired samples (at diagnosis and at remission), including 54, 11 and 2 cases of ALL, AML and AUL, respectively. The rest 32 cases were either not sufficient in regard to DNA concentration (n=3), died before reaching remission (n=10), transferred to be treated outside Iraq (n=2), abandon therapy (n=8), or pending the next samples (n=9). Whole exome sequencing using Flinders Technology Associates (FTA)-derived DNA was satisfactory in terms of sequencing coverage, sensitivity, and error rate. The spectrum of somatic mutations was comparable to other countries, with a higher RAS-mutation frequency in ALL (13/40, 32.5%), in agreement with our previous report. We presented the progress in our data (since 2016) in the 81st Japanese Society of Hematology in Tokyo 2019 (October 11-13, 2019). Our work was planned to be presented at the 19th annual Japan Iraq Medical Network (JIM-NET) meeting in Iraq (April 3-4, 2020), (but the meeting was canceled due to COVID-19 Pandemic).
  • 網羅的遺伝子解析による小児がんの治療成績改善
    NPO法人deleteC:NPO法人deleteC 研究助成
    研究期間 : 2019年12月 -2020年11月 
    代表者 : 奥野友介
  • ありふれたウイルスが「がん」をもたらす謎の解明
    公益財団法人堀科学芸術振興財団:公益財団法人堀科学芸術振興財団研究助成
    研究期間 : 2018年06月 -2020年05月 
    代表者 : 木村
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究
    研究期間 : 2018年04月 -2020年03月 
    代表者 : 奥野 友介
     
    急性リンパ性白血病(ALL)の新規原因遺伝子として同定されたMEF2D融合遺伝子を有するALL(MEF2D-ALL)は、治療の鍵となるステロイド薬に抵抗性を示す。抵抗性の機序を遺伝子発現分析から検討した結果、MEF2D-ALLではステロイドによる細胞内シグナルが十分に活性化せず、細胞死に至らないことが明らかになった。シグナルが十分に活性化しない原因として、ステロイド受容体(NR3C1)遺伝子の欠失や、IKZF1遺伝子の欠失が判明した。欠失を有さない例でもNR3C1遺伝子の発現が低下しており、MED2D-ALLのステロイド抵抗性は、NR3C1遺伝子の発現低下を経由して生じることが示唆された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 木村 宏; 奥野 友介; 伊藤 嘉規; 村田 貴之
     
    慢性活動性EBV感染症患者の検体・細胞株を用い、次世代シーケンサーによる統合的遺伝子解析により、以下のごとくの結果を得た。1) 患者における頻度は低いものの、生殖細胞に保持されている遺伝子欠損/多型を少なくとも2つ見出した。2) 感染細胞に生じた体細胞変異を認め、一部患者で経時的解析によりクローン進化が明らかとなった。3) 患者では高率にEBV遺伝子の一部が欠失することを見出し、機能解析により遺伝子を欠失することがリンパ腫形成能に寄与していることを明らかにした。
  • 新規臨床データと革新的技術の融合で読み解くEBウイルス再活性化
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構:国立研究開発法人日本医療研究開発機構 感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月
  • ゲノム不安定性疾患群を中心とした希少難治性疾患の次世代マルチオミクス診断拠点構築
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構:国立研究開発法人日本医療研究開発機構 難治性疾患等実用化研究事業
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2017年04月 -2019年03月 
    代表者 : 成田 敦; 高橋 義行; 村松 秀城; 奥野 友介; 中杤 昌弘
     
    小児再生不良性貧血(AA)の57症例を後方視的に解析した。観察期間中に5例がPNHを発症し、10年累積発症率は10.2% (95% CI, 3.6%-20.7%)であった。AA診断時とPNH発症時の検体をターゲットシーケンス解析した結果、AA診断時には遺伝子変異を認めなかったが、PNH発症後にPIGA遺伝子変異を全例で検出した。 小児AA患者41症例について全エクソーム解析を実施した。複数例に同定された変異遺伝子の中に新規遺伝子X(2例)を認めた。追加検討で小児AA140症例のうち8症例(6%)に遺伝子X変異を同定した。遺伝子Xの変異部位は同一であることから、機能獲得型変異であると考えられた。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2017年04月 -2019年03月 
    代表者 : 鈴木 喬悟; 奥野 友介
     
    MEF2D遺伝子の再構成は、急性リンパ性白血病(acute lymphoblastic leukemia; ALL)の予後不良な一群を特徴づける遺伝子変異である。本課題においては、MEF2D遺伝子再構成陽性ALLの診断法を確立するとともに、治療法開発への足がかりを得るための研究を行った。初発ALL患児でスクリーニングを行い、新たに3例の再構成陽性例を同定し、これらの症例でMEF2D遺伝子のsplit FISH解析の有用性を確認した。また、細胞株を用いた試験管内の薬剤感受性試験により、このタイプのALLに対する分子標的薬、ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤とプロテアソーム阻害剤の相乗効果を確認した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 川島 希; 奥野 友介; 伊藤 雅文
     
    血液・悪性疾患患者における出血性膀胱炎は難治性で重篤化することが知られているが、猪苓湯漢方エキス製剤によりアルキル化剤誘発性あるいは造血細胞移植後BKウイルス・アデノウイルス感染に起因する肉眼的血尿が止血するまでの期間を小児血液・腫瘍患者において有意に短縮する。猪苓湯の作用機序は画像所見の変化から膀胱ならびに膀胱周囲組織の炎症の低下が推定され、漢方医学的にも投与は妥当であり尿路系炎症の低下を支持する所見であった。以上の知見から出血性膀胱炎治療モデル動物を作成して猪苓湯の作用機序の検討を行ったが、このモデルでは膀胱出血に対する止血効果を証明することができず、作用機序のさらなる研究が行えなかった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2016年04月 -2018年03月 
    代表者 : 木村 宏; 佐藤 好隆; 奥野 友介
     
    Epstein-Barr virus (EBV)は、多彩な難治性感染症・腫瘍性疾患と関連している。ヒト由来ハプロイド細胞であるHAP-1細胞は、ゲノムを1セットしか有しないため、機能喪失型の遺伝子スクリーニングに適している。本研究では、EBVの潜伏感染維持・不死化/腫瘍化に関与する宿主遺伝子を同定することを目的とし、EBVを感染させたHAP-1細胞と次世代シーケンス技術を組み合わせ、網羅的な遺伝子スクリーニングを試みた。組換えEBVをHAP-1細胞に感染させたHAP-1/EBV細胞の樹立には成功したが、安定した維持ができず、宿主遺伝子を同定には至らなかった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 村松 秀城; 奥野 友介; 小島 勢二; 奥野 友介
     
    小児再生不良性貧血患者113例の解析を行い、PNH血球陰性・テロメア長短縮が独立した免疫抑制療法反応の予後不良因子であることを同定した。(Haematologica 2015)。また、トロンボポイエチン(TPO)値が高値の症例では有意に反応不良であった(Pediatr Blood Cancer. 2016)。さらに先天性造血不全に関連した184遺伝子のターゲットシーケンスを開発し(Genetics in Medicine 2017)、特発性再生不良性貧血患者 181例を対象に実施したところ、26例で関連する遺伝子変異が同定され、先天性造血不全遺伝子のスクリーニングの有用性が示された。
  • 稀少小児遺伝性血液疾患に対する次世代シークエンサーを利用した診断システムの開発に関する研究
    国立研究開発法人日本医療研究開発機構:国立研究開発法人日本医療研究開発機構 革新的な医薬品等の開発を促進させる研究
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 小島 勢二
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 濱 麻人; 小川 誠司; 奥野 友介
     
    ダウン症(DS)児において、一過性異常骨髄増殖症(TAM)から急性巨核芽球性白血病(AMKL)を発症するメカニズムを解明するために、DSの新生児期の血液検体において次世代ーシークエンサーを用いて遺伝子解析を行った。DS新生児39例のうちTAMを発症した27例中18例(67%)でGATA1遺伝子変異が確認された。DS-AMKL30例のうちGATA1遺伝子変異は26例(87%)で確認された。さらに、GATA1変異に加えて、JAK3変異、p53変異、およびRAD21変異がそれぞれ3例ずつ確認された。
  • ドナー細胞由来白血病の遺伝学的基盤の解明
    日比野基金:日比野基金 医学研究助成
    研究期間 : 2016年04月 -2017年03月
  • 次世代シーケンスによる小児急性リンパ性白血病治療成績の改善
    公益財団法人日本対がん協会:公益財団法人日本対がん協会「プロジェクト未来」研究助成
    研究期間 : 2015年10月 -2016年10月 
    代表者 : 奥野友介
  • 若年性骨髄単球性白血病の網羅的遺伝子解析に基づく分子標的薬の開発
    科学研究費助成事業
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 小島 勢二; 奥野 友介; 加藤 太一
     
    川崎病の病因は未だ不明である。我々は、最近、川崎病発病時のCD4+CD25+Foxp3+制御性T細胞(Treg)が極度に減少していることを発見した。一方、従来の研究では、川崎病発病時の30%の患児から市中感染でしばしばみられる病原体が検出される。以上から、川崎病の発病以前に、Tregを減少させる感染症が起こり、さらに川崎病の発症には第2の感染症が関わるとの仮説を持つにいたった。しかしながら、この仮説に基づいて、収集できた発病前あるいは発病直後と考えられる4検体について全DNA/RNA解析を行ったが、いずれについても病原体の確定には至らなかった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 木村 宏; 奥野 友介; 伊藤 嘉規; 川田 潤一
     
    小児に対する造血幹細胞移植では、様々なウイルス関連合併症が相次いで現れるため、ウイルス感染症制御が移植の成否の鍵を担っている。しかし、我々の眼に触れているウイルス感染は、氷山の一角に過ぎない。本研究では、次世代シーケンサーより、包括的なウイルス遺伝子解析を行い、生体内ウイルス集団(Virome)を解き明かした。4例の造血幹細胞移植患者から経時的に末梢血を採取、MiSeqにより網羅的遺伝子解析を行ったところ、血液中から、TTウイルス、SENウイルス、ヒトヘルペスウイルス6B型などが検出され、これらウイルス動態と臨床経過が一致するなど興味深い結果が得られた。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 奥野 友介; 村松 秀城; 小島 勢二
     
    若年性骨髄単球性白血病(juvenile myelomonocytic leukemia; JMML)は、稀少疾患ではあるが長期生存率が50%前後の予後不良な疾患である。同種造血幹細胞移植が唯一の根治的治療法であるが、同治療を行なったとしても予後は依然として厳しい。死因の1つに急性転化(blast crisis)が挙げられるが、この分子遺伝学的機構は明らかではない。本研究においては、全エクソーム解析を軸として3例のJMMLの急性転化例を解析した。各症例において、疾患を進展させる病的遺伝子変異(NRASヘテロ接合性消失、人白血球抗原消失、IGH-MYC遺伝子等)の獲得を明らかにした。

社会貢献活動

  • ウイルスとは何か:新型コロナウイルスを正しく理解するための基礎知識
    期間 : 2022年05月27日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 令和4年度名古屋市立大学オープンカレッジ「コロナを知って、賢く備える8ヶ条」
  • ウイルスや細菌が起こす病気を解決する
    期間 : 2021年11月03日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 名古屋市立大学×名古屋市科学館サイエンスパートナーシップイベント「生命の源としくみを探る」
  • ウイルスと研究で戦う(その過程で名古屋市に貢献する)
    期間 : 2021年10月07日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : PAN倶楽部2022年10月木曜サロン
  • 網羅的遺伝子解析による小児がんの治療成績改善
    期間 : 2020年02月01日
    役割 : 出演
    主催者・発行元 : NPO法人deleteC
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 2020 -HOPE-
  • 遺伝子解析に基づく小児がん・稀少がんの治療法開発
    期間 : 2019年10月19日
    役割 : 出演
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : リレー・フォー・ライフ・ジャパン 大阪あさひ 2019年度
  • 次世代シーケンスによる 小児急性リンパ性白血病治療成績の改善
    期間 : 2019年02月04日
    役割 : 出演
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 日本対がん協会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : リレー・フォー・ライフ・ジャパン 2019年度 キックオフミーティング
  • 網羅的遺伝子解析に基づく小児がん・稀少がんの治療法開発
    期間 : 2017年07月01日
    役割 : 出演
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 名古屋大学
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成29年度名古屋大学協力会総会・講演会 がん治療開発の最前線

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.