研究者データベース

植田 高史 (ウエダ タカシ)

  • 医学研究科機能組織学分野 准教授
メールアドレス: tuedamed.nagoya-cu.ac.jp
Last Updated :2022/06/11

研究者情報

学位

  • 名古屋市立大学/博士(医学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 90244540

J-Global ID

研究キーワード

  • TRPチャネル   受容体   生体センサー   

研究分野

  • ライフサイエンス / 解剖学
  • ライフサイエンス / 神経形態学

経歴

  • 2010- 名古屋市立大学大学院医学研究科准教授
  • 2006-2010 名古屋市立大学大学院医学研究科講師
  • 1995-2006 名古屋市立大学医学部学内講師
  • 1992-1995 名古屋市立大学医学部助手
  • 1986-1991 名古屋市立大学医学部研究員

学歴

  •         - 1986年   藤田保健衛生大学

所属学協会

  • 米国神経科学会   日本神経化学会   日本神経科学会   日本解剖学会   

研究活動情報

論文

講演・口頭発表等

  • マウス消化管におけるASIC4チャネルの発現  [通常講演]
    植田 高史
    第123回日本解剖学会総会・全国学術集会 2018年03月
  • マウス鼻腔上皮におけるTRPV4チャネルの機能発現  [通常講演]
    植田 高史
    第120回日本解剖学会総会・全国学術集会、第92回日本生理学会大会 合同大会 2015年03月
  • 下垂体におけるTRPVチャネルの発現と機能解析.  [通常講演]
    第118回日本解剖学会総会 2013年
  • 下垂体における浸透圧感受性TRPチャネルの解析.  [通常講演]
    第36回日本神経科学大会/第56回日本神経化学会大会/第23回日本神経回路学会大会・合同大会 (Neuro2013) 2013年
  • 神経性下垂体におけるTRPチャネルの機能解析.  [通常講演]
    第35回日本神経科学大会/第55回日本神経化学会大会・合同大会 (Neuro2012) 2012年
  • 消化管上皮におけるthermoTRPチャネルの発現と機能解析.  [通常講演]
    第116回日本解剖学会総会 2011年
  • ヒト食道上皮細胞における機械刺激とATP放出.  [通常講演]
    第71回日本解剖学会中部支部学術集会 2011年
  • ガイソシジンメチルエーテルのセロトニンおよびドーパミン受容体に対する抗精神病薬様作用.  [通常講演]
    第33回日本神経科学大会/第53回日本神経化学会大会・合同大会 (Neuro2010) 2010年
  • 食道上皮細胞におけるTRPV4チャネルの発現と機能解析.  [通常講演]
    第70回日本解剖学会中部支部学術集会 2010年
  • 遠位大腸粘膜上皮に発現するTRPV3チャネルの解析.  [通常講演]
    第114回日本解剖学会総会 2009年
  • Gタンパク質との会合を指標にしたGi共役型受容体アッセイ系の確立.  [通常講演]
    第52回日本神経化学大会 2009年
  • Gタンパク質共役型アミノ酸受容体に相同性をもつオーファン受容体の解析.  [通常講演]
    第113回日本解剖学会総会 2008年
  • 種々のGタンパク質に共役するセロトニン受容体機能の単一解析法.  [通常講演]
    第51回日本神経化学大会 2008年

MISC

受賞

  • 1996年 Young Histochemist Award. The International Federation of Societies of Histochemistry and Cytochemistry.

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 酸感受性イオンチャネルを介した新しい味覚受容機構の解明
    研究期間 : 2015年04月 -2019年03月 
    代表者 : 植田 高史
  • 酸感受性イオンチャネルを介した新規内分泌調節機構の解明
    研究期間 : 2012年 -2014年 
    代表者 : 植田高史; 鵜川眞也
  • 呼吸上皮に存在する新規CO_2受容体の単離と機能解析
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 植田高史; 鵜川眞也; 島田昌一
  • 新規CO_2受容器の同定およびその分子基盤に関する研究
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 植田高史; 鵜川眞也; 島田昌一
  • Gタンパク質共役型味覚受容体遺伝子の単離および解析
    研究期間 : 2002年 -2005年 
    代表者 : 植田高史; 鵜川眞也; 島田昌一; 藤森修; 平林義章
  • 神経 特異的新規V-ATPaseサブユニットの解析
    研究期間 : 1999年 -2000年 
    代表者 : 植田高史

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.