研究者データベース


フリーワードで探す

全文検索となっています

植田 高史ウエダ タカシ

所属部署医学研究科機能組織学分野
職名准教授
メールアドレスtuedamed.nagoya-cu.ac.jp
ホームページURLhttp://www.med.nagoya-cu.ac.jp/anat2.dir/index.html
生年月日
Last Updated :2019/07/06

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:90244540

学歴

  •  - 1986年, 藤田保健衛生大学

学位

  • 名古屋市立大学/博士(医学)

所属学協会

  • 日本解剖学会
  • 日本神経科学会
  • 日本神経化学会
  • 米国神経科学会

経歴

  • 1986-1991 名古屋市立大学医学部研究員
  • 1992-1995 名古屋市立大学医学部助手
  • 1995-2006 名古屋市立大学医学部学内講師
  • 2006-2010 名古屋市立大学大学院医学研究科講師 
  • 2010- 名古屋市立大学大学院医学研究科准教授

研究活動情報

研究分野

  • 神経科学, 神経解剖学・神経病理学
  • 基礎医学, 解剖学一般(含組織学・発生学)

研究キーワード

    生体センサー, 受容体, TRPチャネル

論文

  • Basal cells express functional TRPV4 channels in the mouse nasal epithelium., Ueda T, Hoshikawa M, Shibata Y, Kumamoto N, Ugawa S, Biochemistry and biophysics reports, 4, 169 - 174,   2015年12月, 査読有り
  • The role of TRPV1 channels in carrageenan-induced mechanical hyperalgesia in mice., Watanabe M, Ueda T, Shibata Y, Kumamoto N, Ugawa S, Neuroreport, 26, (3) 173 - 178,   2015年02月, 査読有り
  • Expression and Regulation of Cav3.2 T-Type Calcium Channels during Inflammatory Hyperalgesia in Mouse Dorsal Root Ganglion Neurons., Watanabe M, Ueda T, Shibata Y, Kumamoto N, Shimada S, Ugawa S, PloS one, 10, (5) ,   2015年, 査読有り
  • Geissoschizine methyl ether has third-generation antipsychotic-like actions at the dopamine and serotonin receptors., Ueda T, Ugawa S, Ishida Y, Shimada S, Eur J Pharmacol, 671, (1-3) 79 - 86,   2011年
  • Acid inhibits TRPV4-mediated Ca(2+) influx in mouse esophageal epithelial cells., Shikano M, Ueda T*, Kamiya T, Ishida Y, Yamada T, Mizushima T, Shimura T, Mizoshita T, Tanida S, Kataoka H, Shimada S, Ugawa S, Joh T., Neurogastroenterol Motil, 23, (11) 1020 - 1028,   2011年
  • Indispensable role of factor for adipocyte differentiation 104 (fad104) in lung maturation., Kishimoto K, Nishizuka M, Ueda T, Kajita K, Ugawa S, Shimada S, Osada S, Imagawa M., Exp Cell Res, 317, (15) 2110 - 23,   2011年
  • The TRPV4 channel is a novel regulator of intracellular Ca(2+) in human esophageal epithelial cells., Ueda T, Shikano M, Kamiya T, Joh T, Ugawa S, Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol, 301, (1) G138 - 147,   2011年
  • TRPM8-expressing dorsal root ganglion neurons project dichotomizing axons to both skin and bladder in rats., Shibata Y, Ugawa S, Imura M, Kubota Y, Ueda T, Kojima Y, Ishida Y, Sasaki S, Hayashi Y, Kohri K, Shimada S., Neuroreport, 22, (2) 61 - 7,   2011年
  • TRPV2 activation induce apoptotic cell death in human T24 bladder cancer cells: A potential therapeutic target for bladder cancer., Yamada T*, Ueda T*, Shibata Y, Ikegami Y, Saito M, Ishida Y, Ugawa S, Kohri K, Shimada S., Urology, 76, 509.e1 - 7,   2010年
  • Distinct expression of cold receptors (TRPM8 and TRPA1) in the rat nodose-petrosal ganglion complex., Hondoh A, Ishida Y, Ugawa S, Ueda T, Shibata Y, Yamada T, Shikano M, Murakami S, Shimada S., Brain Res, 1319C, 60 - 9,   2010年
  • Functional expression of transient receptor potential vanilloid3 (TRPV3) in corneal epithelial cells: Involvement in thermosensation and wound healing., Yamada T, Ueda T*, Ugawa S, Ishida Y, Imayasu M, Koyama S, Shimada S., Exp Eye Res, 90, 121 - 9,   2010年
  • Fad24 causes hyperplasia in adipose tissue and improves glucose metabolism., Johmura Y, Watanabe K, Kishimoto K, Ueda T, Shimada S, Osada S, Nishizuka M, Imagawa M., Biol Pharm Bull, 32, 1656 - 64,   2009年
  • Development of generic calcium imaging assay for monitoring Gi-coupled receptors and G protein interaction., Ueda T, Ugawa S, Ishida Y, Hondoh A, Shimada S, J Biomol Screen, 14, (7) 781 - 788,   2009年
  • TRPV3, a thermosensitive channel is expressed in mouse distal colon epithelium., Ueda T, Yamada T, Ugawa S, Ishida Y, ShimadaS, Biochem Biophys Res Commun, 383, (1) 130 - 134,   2009年
  • P2X(2)- and P2X(3)-positive fibers in fungiform papillae originate from the chorda tympani but not the trigeminal nerve in rats and mice., Ishida Y, Ugawa S, Ueda T, Yamada T, Shibata Y, Hondoh A, Inoue K, Yu Y, Shimada S., J Comp Neurol, 514, 131 - 44,   2009年
  • Upregulation of the P2X7 receptor after cryogenic injury to rat brain., Yu Y, Ishida Y, Ugawa S,Ueda T, Oka Y, Yamada K, Shimada S., Neuroreport, 20, 393 - 7,   2009年
  • Differential Localizations of the Transient Receptor Potential Channels TRPV4 and TRPV1 in the Mouse Urinary Bladder., Yamada T, Ugawa S, Ueda T, Ishida Y, Kajita K, Shimada S., J Histochem Cytochem, 57, 277 - 87,   2009年
  • Functional interaction between T2R taste receptors and G-protein alpha subunits expressed in taste receptor cells., Ueda T, Ugawa S, Yamamura H, Imaizumi Y, Shimada S., J Neurosci, 23, (19) 7376 - 7380,   2003年
  • A novel putative M9.2 isoform of V-ATPase expressed in the nervous system., Ueda T, Ugawa S, Shimada S, Neuroreport, 14, (1) 25 - 30,   2003年
  • Expression of receptor-activity modifying protein(RAMP) mRNAs in the mouse brain., Ueda T, Ugawa S, Saishin Y, Shimada S, Brain Res Mol Brain Res., 93, (1) 36 - 45,   2001年
  • Identification of Coding Single-Nucleotide Polymorphisms in Human Taste Receptor Genes Involving Bitter tasting., Ueda T, Ugawa S, Ishida Y, Shibata Y, Murakami S, Shimada S., Biochem Biophys ResCommun, 285, (1) 147 - 151,   2001年

講演・口頭発表等

  • マウス消化管におけるASIC4チャネルの発現, 植田 高史, 第123回日本解剖学会総会・全国学術集会,   2018年03月30日
  • マウス鼻腔上皮におけるTRPV4チャネルの機能発現, 植田 高史, 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会、第92回日本生理学会大会 合同大会,   2015年03月
  • 下垂体における浸透圧感受性TRPチャネルの解析., 第36回日本神経科学大会/第56回日本神経化学会大会/第23回日本神経回路学会大会・合同大会 (Neuro2013),   2013年
  • 下垂体におけるTRPVチャネルの発現と機能解析., 第118回日本解剖学会総会,   2013年
  • 神経性下垂体におけるTRPチャネルの機能解析., 第35回日本神経科学大会/第55回日本神経化学会大会・合同大会 (Neuro2012),   2012年
  • ヒト食道上皮細胞における機械刺激とATP放出., 第71回日本解剖学会中部支部学術集会,   2011年
  • 消化管上皮におけるthermoTRPチャネルの発現と機能解析., 第116回日本解剖学会総会,   2011年
  • 食道上皮細胞におけるTRPV4チャネルの発現と機能解析., 第70回日本解剖学会中部支部学術集会,   2010年
  • ガイソシジンメチルエーテルのセロトニンおよびドーパミン受容体に対する抗精神病薬様作用., 第33回日本神経科学大会/第53回日本神経化学会大会・合同大会 (Neuro2010),   2010年
  • Gタンパク質との会合を指標にしたGi共役型受容体アッセイ系の確立., 第52回日本神経化学大会,   2009年
  • 遠位大腸粘膜上皮に発現するTRPV3チャネルの解析., 第114回日本解剖学会総会,   2009年
  • 種々のGタンパク質に共役するセロトニン受容体機能の単一解析法., 第51回日本神経化学大会,   2008年
  • Gタンパク質共役型アミノ酸受容体に相同性をもつオーファン受容体の解析., 第113回日本解剖学会総会,   2008年

受賞

  •   1996年, Young Histochemist Award. The International Federation of Societies of Histochemistry and Cytochemistry.

競争的資金

  • 酸感受性イオンチャネルを介した新しい味覚受容機構の解明,   2015年04月 - 2019年03月, 植田 高史
  • 酸感受性イオンチャネルを介した新規内分泌調節機構の解明,   2012年 - 2014年, 植田高史
  • 呼吸上皮に存在する新規CO_2受容体の単離と機能解析,   2009年 - 2011年, 植田高史
  • 新規CO_2受容器の同定およびその分子基盤に関する研究,   2003年 - 2005年, 植田高史
  • Gタンパク質共役型味覚受容体遺伝子の単離および解析,   2002年 - 2005年, 植田高史
  • 神経 特異的新規V-ATPaseサブユニットの解析,   1999年 - 2000年, 植田高史


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.