研究者データベース

山本 明代 (ヤマモト アキヨ)

  • 人間文化研究科文化と共生分野(欧米の文化) 教授
メールアドレス: yamamotohum.nagoya-cu.ac.jp
Last Updated :2021/12/04

研究者情報

学位

  • 千葉大学社会文化科学研究科都市研究専攻/博士(学術)

J-Global ID

研究キーワード

  • 強制移住・強制移動   難民   多文化社会   マイノリティ   移民   

研究分野

  • 人文・社会 / 史学一般
  • 人文・社会 / ヨーロッパ史、アメリカ史

所属学協会

  • 日本移民学会   歴史科学協議会   日本西洋史学会   歴史学研究会   東欧史研究会   日本アメリカ史学会   アメリカ学会   

研究活動情報

論文

  • 第二次世界大戦期の東中欧におけるセーケイ人の移動と地域の形成
    山本 明代
    『歴史学研究』、2019年10月増刊号 134 - 143 2019年
  • マイノリティがつくりだす社会運動
    山本 明代
    田中ひかる編『社会運動のグローバル・ヒストリー』ミネルヴァ書房 125 - 155 2018年
  • 難民による社会運動
    山本 明代
    田中ひかる編『社会運動のグローバル・ヒストリー』ミネルヴァ書房 159- - 191 2018年
  • 第二次世界大戦期ハンガリーにおけるドイツ系住民の強制移住と地域社会
    山本 明代
    『歴史の理論と教育』 148・149 27 - 40 2018年
  • US Hungarian Refugee Policy, 1956-1957
    山本 明代
    The Japanese Journal of American Studies 28 127 - 148 2017年 [査読有り]
  • 第二次世界大戦後チェコスロヴァキアとハンガリー間の住民交換の社会的影響
    山本 明代
    山本明代・パプ・ノルベルト編『移動がつくる東中欧・バルカン史』刀水書房 85 - 115 2017年 [査読有り]
  • 移民の流出:世界のハンガリー系コミュニティ(1)北米、移民の流出:世界のハンガリー系コミュニティ(2)南米、オーストラリア、西ヨーロッパ
    山本 明代
    羽場久美子編『ハンガリーを知る60章』明石書店 278 - 287 2016年
  • 戦時下の朝鮮人の強制連行
    山本 明代
    平田雅己・菊地夏野編『ナゴヤ・ピース・ストリーズ』風媒社 51 - 69 2015年
  • 民族浄化・ジェノサイド研究の現状と課題
    山本 明代
    ノーマン・M・ナイマーク著、山本明代訳『民族浄化のヨーロッパ史―憎しみの連鎖の20世紀』刀水書房 294 - 321 2014年
  • 闘う移民と支援ネットワークの形成:1926年パセーイク・ストライキにおける東欧移民労働者
    山本 明代
    小沢弘明・山本明代・秋山晋吾『つながりと権力の世界史』彩流社 207 - 229 2014年
  • 近代社会のダイナミズム:移民
    山本 明代
    大津留厚ほか編『ハプスブルク史研究入門』昭和堂 168 - 173 2014年
  • 移民ネットワークの結節点:ドイツ人移民センター:多様な移動の歴史を知る
    山本 明代
    北米エスニシティ研究会編『北米の小さな博物館3』彩流社 214 - 223 2014年
  • Forced resettlements of residents and population exchangesin Baranya County, Hungary, after WWII.
    Mediterran es Balkan Forum 7 1 9 - 23 2013年
  • 第二次世界大戦後ハンガリーにおける住民交換と強制移住―ドナウ川以西地域を中心に―
    山本 明代
    東中欧・バルカン地域における職能集団をめぐるインターカルチュラル圏の形成と変容 13 - 23, 52-54 2012年
  • 18世紀ペーチのなめし革職人とギルド
    東中欧・バルカン地域における職能集団をめぐるインターカルチュラル圏の形成と変容 30 - 31, 65-66 2011年
  • 東欧移民のコスモポリタニズムと「市民権」―20世紀初頭オハイオ州クリーヴランドにおける文化多元主義の試み
    アメリカ史研究 33 40 - 58 2010年
  • ペーチ(ハンガリー)の観光政策とヨーロッパ文化首都2010
    パプ・ノルベルト
    人間文化研究所年報 4 37 - 42 2009年
  • Reorganization of Gender Relations among East European Immigrants in the United States: Realities and Representations
    Nanzan Review of American Studies, Nagoya American Studies Summer Seminars (NASSS)2008 121 - 130 2008年
  • EUのヨーロッパ文化首都2010年ペーチ
    文化的多元性の保存と発展に関するペーチ大学(ハンガリー)との共同研究の基盤形成と促進のための研究 31 - 33 2008年
  • 多文化都市ペーチの近現代
    文化的多元性の保存と発展に関するペーチ大学(ハンガリー)との共同研究の基盤形成と促進のための研究 21 - 30 2008年
  • ハンガリー越境作家の経験と作品、その社会的意味―アゴタ・クリストフを中心に
    人間文化研究所年報 2 15 - 18 2007年
  • ハンガリーにおけるロマ研究の現状と問題点
    記憶のペストリー―マイノリティ、ナチズム、戦争をめぐる現代文化の諸相、2002-2004年度科学研究費補助金萌芽研究「20世紀国際関係における「少数民族問題」―「少数民族保護政策と国際連盟を中心に」」 19 - 30 2005年
  • シカゴ万博とハンガリー系集団の文化
    歴史評論 658 58 - 71 2005年
  • アメリカ合衆国東欧移民のアーカイブズ
    歴史学研究 789 31 - 41 2004年
  • ハンガリー社会の現在―EU加盟とマイノリティ問題
    歴史地理教育 640 84 - 89 2002年
  • 移民集団の形成と故国の国民化―アメリカ合衆国のスロヴァキア系移民
    歴史評論 625 44 - 58 2002年
  • アメリカ合衆国におけるハンガリー王国移民の集団形成過程に関する研究―教会、家族、労働の場、エスニック集団を巡って
    千葉大学大学院社会文化科学研究科博士課程2000年度博士論文 2001年
  • ハンガリー政府の移民政策とアメリカ合衆国のハンガリー系移民
    ハンガリーにおける諸外国認識の史的研究、千葉大学大学院社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書 30 - 45 1998年
  • アメリカ合衆国におけるハンガリー系エスニック集団の形成とコシュート像建設運動
    スラヴ研究 45 197 - 219 1998年

書籍

  • アナキズムを読む
    田中ひかる編 (担当:分担執筆範囲:本の紹介:レベッカ・ソルニット『定本 災害ユートピア』;シャートット・ブロンテ『ジェイン・エア』)2021年11月
  • 中欧・東欧文化事典
    中欧; 東欧文化事典編集委員会編 (担当:分担執筆範囲:ハンガリーの人の移動;中東欧からアメリカ合衆国への移民)丸善出版 2021年08月
  • 『転換期・名古屋の都市公共政策』
    伊藤恭彦ほか編著 (担当:分担執筆範囲:都市と多文化共生)2020年09月
  • 『近代ヨーロッパと人の移動―植民地・労働・家族・強制』
    北村暁夫; 田中ひかる (担当:分担執筆範囲:「ハンガリー王国からアメリカ合衆国への移民女性とジェンダー関係の再編」)山川出版社 2020年05月
  • 『仮面のダンス』
    (担当:監修範囲:監訳・解説「社会のマイノリティとして生きる技術」)現代企画室 2017年06月
  • 『移動がつくる東中欧・バルカン史』
    山本明代; パプ・ノルベルト編 刀水書房 2017年
  • 『北米の小さな博物館3』
    北米エスニシティ研究会編 (担当:分担執筆範囲:ドイツ人移民センター)2014年01月
  • 翻訳・解説・ノーマン・M・ナイマーク著『民族浄化のヨーロッパ史―憎しみの連鎖の20世紀』
    ノーマン・M・ナイマーク著; 山本明代翻訳 刀水書房 2014年
  • 『つながりと権力の世界史』
    小沢弘明; 山本明代; 秋山晋吾編 彩流社 2014年
  • 『ハプスブルク史研究入門』
    大津留厚ほか編 (担当:分担執筆範囲:第14章 近代社会のダイナミズム 1移民)昭和堂 2013年05月
  • 翻訳『総覧・東欧ロシア史学史』
    ニーデルハウゼル・エミル著; 渡邊昭子ほか (担当:分担執筆範囲:スロヴァキアの歴史叙述)北海道大学出版会 2013年
  • 『大西洋を越えるハンガリー王国の移民』
    山本明代 彩流社 2013年
  • 『反響する文学』
    土屋勝彦編 (担当:分担執筆範囲:アメリカ合衆国スロヴァキア系集団の祝祭)風媒社 2011年03月
  • 『ヨーロッパ・ロシア・アメリカのディアスポラ』グローバル・ディアスポラ叢書第4巻、
    駒井洋; 江成幸編 (担当:分担執筆範囲:ハンガリー国民共同体の形成と移民のネットワーク)明石書店 2009年11月
  • 『越境する文学』
    土屋勝彦編 (担当:分担執筆範囲:国民文学から越境文学へ―ハンガリー文学の軌跡)水声社 2009年11月
  • 『北米の小さな博物館2』
    北米エスニシティ研究会編 (担当:分担執筆範囲:二つのホームランドの再現―チェコ・スロヴァキア国定博物館・図書館:移民の経験と故国の歴史の共有)彩流社 2009年03月
  • 『北米の小さな博物館』
    北米エスニシティ研究会編 (担当:分担執筆範囲:戦争、革命そして亡命者たち―ハンガリー遺産博物館)彩流社 2006年06月
  • 『国境を貫く歴史認識・教科書・日本、そして未来』
    菅原憲二; 安田浩編 (担当:分担執筆範囲:移民集団の歴史認識のあり方?アメリカのハンガリー系移民)青木書店 2002年09月
  • 『ハンガリーを知るための47章』
    羽場久美子編 (担当:分担執筆範囲:移民の流出:世界のハンガリー系コミュニティ(1),(2))明石書店 2002年04月

講演・口頭発表等

  • 第二次世界大戦後チェコスロヴァキアとハンガリー間の住民交換の社会的影響  [通常講演]
    東欧史研究会12月例会「東中欧とバルカン諸国における移動と地域の形成」 2015年
  • The Hungarian Refugee Students in the New World after the Hungarian Revolution of 1956  [通常講演]
    ICCEES World Congress, Encountering the New World: Emigration and Cross-Cultural Adjustments(Panel) 2015年
  • 「東欧史におけるネットワーク」コメント  [通常講演]
    東欧史研究会大会シンポジウム 2015年
  • ハンガリー王国からアメリカ合衆国への移民女性とジェンダー関係の再編  [通常講演]
    国際シンポジウム「近世・近代における女性と移動の論理」 2014年
  • 「『移民の国』アメリカ合衆国」コメント  [通常講演]
    日本アメリカ史学会シンポジウムA 2013年
  • 日本のムスリム―移住と居住―  [通常講演]
    ワークショップ「東中欧・バルカン地域の人・モノの移動に関する考察」 2013年
  • 第二次世界大戦期ハンガリー・バラニャ県 における強制移住と住民交換  [通常講演]
    ワークショップ:地域の「対外的境界」と「内なる境界」 2013年
  • アメリカにおけるハンガリー王国出身の移民コミュニティと国民化  [通常講演]
    第110回史学会大会公開シンポジウム「エスニシティと歴史学」 2012年
  • Regime Change and Border Crossings in Modern Asia:Transnational Politics, Religion and Social spaces(Discussant)  [通常講演]
    American Anthropological Association, Annual Meeting 2012年
  • 歴史から学ぶ共生を阻むメカニズム ―第二次世界大戦後ハンガリーにおける強制移住と住民交換を考える―  [通常講演]
    名古屋歴史科学研究会・歴史学入門講座 2012年
  • A lakossagcsere es kenyszermigracio Magyarorszagon a masodik vilaghaborut kovet? evekben(第二次世界大戦後ハンガリーにおける住民交換と強制移住―ドナウ川以西地域を中心に―)  [通常講演]
    ワークショップ「東中欧・バルカン地域におけるインターカルチュラル圏の形成と変容」 2011年
  • 1926年パセーイク・ストライキにおける東欧移民労働者の実践と支援活動  [通常講演]
    九州西洋史学会2011年度秋季大会シンポジウム、九州大学 2011年
  • A pecsi timarok es cehuk a 18. szazadban (18世紀ペーチのなめし革職人とギルド)  [通常講演]
    日本・ハンガリー・バルカン研究グループ会議、ペーチ大学(ハンガリー) 2010年
  • コメント「東欧移民(ハンガリー系移民)の視点から」  [通常講演]
    日本アメリカ史学会第6回年次大会シンポジウムA「市民の境界―移民と先住民をめぐる排除と包摂」 2009年
  • Reorganization of Gender Relations among East European Immigrants in the United States: Realities and Representations  [通常講演]
    The Nagoya American StudiesSummer Seminar, July 25-29, 2008, Social Sciences II 2008年
  • 東欧移民の祝祭とパレード  [通常講演]
    第42回アメリカ学会年次大会部会D「文化的ボーダーランドと祝祭空間」 2008年
  • 第一次世界大戦と移民コミュニティの再編―アメリカ合衆国のハンガリー王国出身移民  [通常講演]
    日本西洋史学会第57回大会シンポジウム「国民国家とアイデンティティ複合―中欧における帝国、国民、民族」 2007年
  • 移民史研究における資料と記述  [通常講演]
    国立民族学博物館共同研究「地域研究における記述」 2006年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 冷戦期アメリカ合衆国の難民政策と社会的支援―1956年ハンガリー革命後の難民学生
    日本学術振興会:科学研究費補助金基盤研究(C)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 山本 明代
  • 第二次世界大戦後東中欧における複合的強制移住のメカニズムの解明
    日本学術振興会:科学研究費補助金基盤研究(C )
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 山本明代
  • チェコスロヴァキアとハンガリー間の住民交換にみる国民的地域的再編と記憶の継承
    日本学術振興会:科学研究費補助金基盤研究(C)
    研究期間 : 2011年04月 -2014年03月 
    代表者 : 山本明代
  • 東欧の政治・社会変動とディアスポラ社会の相互関係に関する研究?両大戦間期を中心に
    日本学術振興会:科学研究費補助金基盤研究(C)
    研究期間 : 2007年04月 -2010年03月 
    代表者 : 山本明代
  • 20世紀東欧とアメリカ合衆国の移民の社会史―第一次世界大戦期を中心に
    日本学術振興会:科学研究費補助金基盤研究(C)
    研究期間 : 2004年04月 -2007年03月 
    代表者 : 山本明代

社会貢献活動

  • 名古屋市中区選挙管理委員
    期間 : 2012年04月01日 - 2013年03月31日
    主催者・発行元 : 行政
     名古屋市中区役所 名古屋市中区の選挙管理委員として、定例の委員会や選挙の際の委員会活動に参加

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.