研究者データベース

安東 由佳子 (アンドウ ユカコ)

  • 看護学研究科 教授
Last Updated :2020/08/07

研究者情報

学位

  • 博士(保健学)(広島大学大学院保健学研究科)

J-Global ID

研究キーワード

  • マインドフルネス   看護職や学生のストレス   神経難病看護   キャリア教育   慢性期看護   

研究分野

  • ライフサイエンス / 臨床看護学

経歴

  • - 現在  名古屋市立大学大学院看護学研究科Graduate School of Nursing准教授,教授
  • 北里大学看護学部School of Nursing助手,講師
  • 広島大学医学部保健学科Institute of Health Sciences, Faculty of Medicine助手

学歴

  • 2004年04月 - 2007年03月   広島大学大学院 保健学研究科   Graduate School of Health Sciences
  •         - 1999年   広島大学大学院   医学系研究科   保健学専攻
  •         - 1990年   北里大学   Faculty of Nursing

所属学協会

  • 日本マインドフルネス学会   日本看護研究学会   日本看護科学学会   

研究活動情報

論文

講演・口頭発表等

  • マインドフルネスと自己の「強み」の認識の関連について
    山内加奈子; 安東由佳子; 小林敏生
    第66回日本学校保健学会 2019年11月
  • 国内を対象としたDNARに関する看護文献の検討
    青木駿介; 安東由佳子
    日本看護研究学会東海地方会学術集会 2019年03月
  • Relationship between Mindfulness and Stress Response in Japanese Nursing Students,~Focus on the Impact of Sense of Coherence~
    Yukako Ando; Kanako Yamauchi; Ryoko Ohara; Yuki Ito; Shiho Hasegawa; Shunsuke Aoki; Toshio Kobayashi
    The 5th IAFOR International Conference on education 2019年01月
  • 成人期発症1型糖尿病患者におけるセルフケア能力に関連する心理・社会的要因
    中島啓子; 安東由佳子
    第31回日本看護福祉学会学術大会 2018年07月
  • 看護系大学生への体験交流型キャリア教育の試み
    安東由佳子; 山内加奈子; 小林敏生
    第31回日本看護福祉学会学術大会 2018年07月
  • 地域高齢者のADLの関連要因としてのソーシャルキャピタルおよび首尾一貫感覚
    小林敏生; 山内加奈子; 安東由佳子
    第31回日本看護福祉学会学術大会 2018年07月
  • 在宅パーキンソン病患者の抑うつ,QOLおよびSOCの関連
    安東由佳子; 植木美乃; 山脇健盛; 饗場郁子; 齋藤由扶子; 犬飼晃; 阿部朱美; 松川則之; 小林敏生
    第82回日本健康学会
  • Japanese Nursing Students’ Sense of Belongingness During the Clinical Placement  [通常講演]
    Yukako Ando; Takako Yasuda; Ryoko Ohara; Mizue Yuge; Mieko Sokabe; Mina Yonekawa
    The 2nd Asia-Pacific Nursing Research Conference,2017,Taipei 2017年
  • Perception of Safety and Security During the Clinical Placement at Japanese Nursing Students,  [通常講演]
    Ryoko Ohara; Mieko Sokabe; Takako Yasuda; Misuzu Yuge; Yukako Ando; Mina Yonekawa
    The 2nd Asia-Pacific Nursing Research Conference,2017,Taipei 2017年
  • パーキンソン病患者における1年後のうつ発症率およびうつ発症とSOCの関連  [通常講演]
    安東 由佳子; 阿部 朱美; 奥田 鈴美; 植木 美乃; 山脇 健盛; 小林 敏生
    パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 2016年10月
  • 大学入学早期の看護学生における社会人基礎力と性格傾向および職業キャリアレディネスの関連  [通常講演]
    安東 由佳子; 金子 典代; 池田 由紀; 小林 敏生
    日本看護研究学会雑誌 2016年07月
  • パーキンソン病患者の疾病自己管理の実態および抑うつとの関連  [通常講演]
    安東 由佳子; 阿部 朱美; 植木 美乃; 山脇 健盛; 尾崎 伊都子; 大谷 玲子; 小林 敏生
    日本健康教育学会誌 2016年05月
  • Association between QOL and the sense of coherence in patients with Parkinson’s disease  [通常講演]
    Yukako Ando; Akemi Abe; Yoshino Ueki; Takemori Yamawaki; Itsuko Ozaki; Akira Inukai; Ikuko Aiba; Yufuko Saito; Noriyuki; Matsukawa; Toshio Kobayashi
    4th World Parkinson Congress,2016.,Portland 2016年
  • Depression and its related factors in patients with Parkinson’s disease  [通常講演]
    Toshio Kobayashi; Akemi Abe; Yoshino Ueki; Takemori Yamawaki; Itsuko Ozaki; Akira Inukai; Ikuko Aiba; Yufuko Saito; Noriyuki Matsukawa
    4th World Parkinson congress,2016,Portland 2016年
  • パーキンソン病患者のQOLに関連する心理・社会的因子の検討
    安東由佳子; 植木美乃; 山脇健盛; 尾崎伊都子; 阿部朱美; 犬飼晃; 饗場郁子; 斎藤由扶子; 川南勝彦; 松川則之; 小林敏生
    第9回 パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2015年10月
  • Self-management behaviors and psychological and social factors influencing QOL in patients with parkinson disease  [通常講演]
    Yukako Ando; Yoshino Ueki; Takemori Yamawaki; Itsuko Ozaki; Akemi Abe; Akira Inukai; Ikuko Aiba; Yufuko Saito; Katsuhiko Kawaminami; Noriyuki Matsukawa; Toshio Kobayashi
    ISO QOL 22nd Annual Conference,2015,Canada 2015年
  • 実習への取り組みに関する自己決定関連要因の検討
    伊藤美幸; 安東由佳子; 加藤亜妃子; 池田由紀
    第34回日本看護科学学会学術集会 2014年11月
  • 神経難病専門病棟に勤務する看護職のQOLと離職願望の関連
    安東由佳子; 片岡健; 小林敏生
    日本健康心理学会第27回大会 2014年11月
  • 高齢者ケア施設で働く看護職員の実態調査について【第二報】-看護職が看取りケアに対して感じている課題-
    岡庭直子; 安東由佳子; 村中峯子; 齋藤訓子
    第44回 日本看護学会-老年看護-学術集会 2013年
  • 高齢者ケア施設で働く看護職員の実態調査について【第一報】-労働条件・労働環境の実態-
    村中峯子; 岡庭直子; 安東由佳子; 齋藤訓子
    第44回 日本看護学会-老年看護-学術集会 2013年
  • 神経難病患者をケアする看護師の抑うつ・離職に影響を及ぼす仕事ストレッサーの探索
    安東由佳子; 田中克俊
    第26回日本ストレス学会 2010年11月
  • 神経難病患者をケアする看護師の精神的健康度とバーンアウト後の行動的ストレス反応のリスク
    安東由佳子; 片岡健; 小林敏生
    第47回日本医療・病院管理学会学術総会 2009年10月
  • 神経難病患者をケアする看護師におけるバーンアウト因果モデルの作成と検証
    安東由佳子; 北岡和代
    日本健康心理学会第21回大会 2008年09月
  • 神経難病患者をケアする看護師の仕事ストレッサー尺度開発(第1報)-仕事ストレッサー尺度の作成-
    安東由佳子; 片岡健; 小林敏生; 岡村仁
    第27回日本看護科学学会学術集会 2007年12月
  • 神経難病患者をケアする看護師の仕事ストレッサー尺度開発(第2報)-仕事ストレッサー尺度の信頼性・妥当性検証-
    安東由佳子; 片岡健; 小林敏生; 岡村仁
    第27回日本看護科学学会学術集会 2007年12月
  • 神経難病患者と密接に関わる看護師をBurnoutに導く要因の 構造化
    安東由佳子; 片岡健
    第35回日本看護学会抄録集~看護管理~ 2004年10月
  • 神経難病患者の病みの体験過程  [通常講演]
    檜垣 由佳子; 鈴木 正子
    日本看護科学学会学術集会講演集 1999年11月
  • Effect of differences in nursing method on patient's body viewpoint  [通常講演]
    Journal of Japan Intractable Illness Nursing Society 1999年
  • The Constitution of the Phenomenon of "Burn out Syndrome" as Perceived by Nurses in the Palliative Care Unit  [通常講演]
    Journal of Japanese Nursing Research 1999年

MISC

受賞

  • 2019年11月 日本健康学会 優秀論文賞
     
    受賞者: 安東由佳子
  • 2007年 日本看護研究学会 日本看護研究学会奨励賞
     
    受賞者: 安東 由佳子
  • 2006年 広島大学大学院 広島大学大学院保健学研究科優秀論文賞
     
    受賞者: 安東 由佳子

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 看護学生のキャリア教育につながるマインドフルネスを活用したストレス対処力育成
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2017年04月 -2021年03月 
    代表者 : 安東 由佳子; 小林 敏生; 山内 加奈子; 大原 良子
  • 労働者の健康保持増進のための森林資源を活用した職域と地域が連携した健康支援の開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2016年04月 -2020年03月 
    代表者 : 小林 敏生; 張 峻屹; 影山 隆之; 安東 由佳子
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2015年04月 -2019年03月 
    代表者 : 大原 良子; 安東 由佳子; 曽我部 美恵子; 唐沢 泉; 安田 孝子; 弓削 美鈴; 神谷 摂子; 米川 美那; 勝村 友紀
     
    This research was conducted to know the self-valuation of students about competence as nurse or midwife after the clinical placement. Data was gathered from 255 nursing students and 84 midwifery students by using the five-point Likert scale. Although, midwifery students experience longer clinical placement than nursing students at the same medical institution, nursing student are significantly higher self competence point than midwifery students at the below three items (p<.05):“As a result of the placement I am more committed to patient-centered care”; “During the placement I was able to improve my time management skills”; and “I am more able to integrate theory and practice as a result of the placement.”It was unable to identify by the self-valuation that the length of same place of clinical placement would improve competence of students' nursing or midwifery skill.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 池田 由紀; 福岡 篤彦; 安東 由佳子; 加藤 亜妃子; 天野 薫
     
    The present study was to train supporters for the elderly and to investigate an elderly support model using this program in underpopulated areas. We surveyed health conditions of the elderly in such areas and investigated Laughter Care Exercise that are incorporated in this program and preventive care activity. The results suggest that individuals who live with laughter every day have better health view and higher physical fitness, suggesting the support for making a habit of laughter. The blood pressure was improved in subjects who did Laughter Care Exercise under the instruction of qualified local residents who participate in a preventive care activity as supporters for the elderly.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 安東 由佳子; 池田 由紀; 金子 典代; 渕田 英津子; 小林 敏生
     
    Along with the expansion of the health and medical field, nursing occupation has been increasingly expanding. In order to ensure smooth career development for nurses, profession focused career ducation is necessary from the early student life. In this research, "Interactive Experience Education for career development" was conducted among nursing college students, and its effectiveness was examined. As a result, it was shown that students with high motivation recognized improved career readiness after the career development education. Moreover, students’ strategic career planning ability was also improved. It is suggested that the effective implementation of "Interactive Experience Education for career development" will be attained after improving the motivation of nursing students.
  • パーキンソン病患者におけるうつ症状の発症・進行に関与する心理・社会的要因の検討
    公益財団法人 メンタルヘルス岡本記念財団:研究活動助成
    研究期間 : 2015年04月 -2016年03月 
    代表者 : 安東由佳子
  • 在宅パーキンソン病患者が療養生活を継続していくための疾病自己管理方略に関する研究
    公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団:2013年度(後期)在宅医療研究への助成
    研究期間 : 2013年 -2015年 
    代表者 : 安東由佳子
  • 神経難病患者をケアする看護師の職場定着を目指したストレス・離職因果モデルの検証
    日本私立看護系大学協会 研究助成事業:若手研究者助成
    研究期間 : 2007年 -2009年
  • 神経難病患者と密接に関わる看護者をBurnoutに導く要因の構造化
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2002年 -2004年 
    代表者 : 安東 由佳子

その他のリンク

researchmap



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.